2017年 07月 15日 ( 2 )

初日の興奮

なじらね〜

e0156339_23195811.jpg

抽選でどの位置に入るかも試合のうちなら試合前にネットを挟んで握手をしてよろしくお願いしますと言うのも試合の一部。
その際、相手の目を見ながら挨拶をし、握手も相手の手をしっかり握ること。
テニスプレーヤーである前に一人の人間として相対することを忘れるわけにはいかない。
テニスも一流だが人柄も一流だと言われる人になろうよ。

試合前の選手ミーティングではそのための練習を実際にやってみた。
手をちゃんと握れない者、相手の目を見ることができず下を向いたままの者、声が小さくて挨拶の声が聞き取れない者など、すぐにうまくできるジュニアは少ない。
でも、何回か練習するうちにほとんどのジュニアができるようになってきた。
そう、やればできるのです、やって来なかっただけなのです。
思うに、ジュニア達が大会において挨拶も満足にできないとしたらそれは大人達の怠慢と愛情不足をさらけ出していることを意味するのだと思う。
ただ口頭で注意するだけで実際にやって見なければ具体的なイメージが脳内で作られないため、イメージの再現とその行為の実現は難しい。

やってみて、
言って聞かせて
させてみて、
ほめてやらねば人は育たぬ、
とは山本五十六の残した言葉だ。
けだし名言なり!

全日本ジュニア北信越予選初日の結果。
e0156339_00274357.jpg
12歳以下男子シングルスの部、1回戦
齋藤葵平 7-6(4) 6-2
e0156339_00284012.jpg
12歳以下女子シングルスの部、1回戦
畑川ひかり 6-2 6-1

14歳以下男子シングルスの部、1回戦
内山照英 7-6(1) 6-1
佐々木康大 6-0 6-0

14歳以下女子シングルスの部、1回戦
松山紗奈 2-6 1-6
e0156339_00322144.jpg
12歳以下男子ダブルスの部、1回戦
齋藤葵平・(加藤駿一) 6-2 6-0
e0156339_00293380.jpg
14歳以下男子ダブルスの部、1回戦
内山照英・(臼田功太) 6-4 6-2
佐々木康大・(斎藤翔太) 6-1 6-0

勝った者には次の試合の場が与えられ、負けた者には気づきというプレゼントがある。


16歳以下女子シングルスの部、1回戦
沼野菜海 3-6 5-7

18歳以下女子シングルスの部、1回戦
中野亜美 6-1 6-0






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-15 23:50 | テニス | Comments(0)

小松の街はお寺が多い

なじらね〜

どうやら日本中が熱暑のようだ。
相手と自分と暑さとの戦いになるのは必至。
良い準備が欠かせない。
e0156339_06444015.jpg

e0156339_06445992.jpg

e0156339_06452983.jpg

e0156339_06455705.jpg
5時30分に散歩とコンディショニングに出発。
小松の街を散策しながら。

立派なお寺があちこちにあることに驚く。
で、必勝祈願。

コンビニで買い物をしてホテルに戻り朝ごはんを食べて7時に出発!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-15 06:50 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧