2017年 09月 19日 ( 2 )

新潟県秋季高校テニス選手権大会での成果

なじらね~

強風の中で行われた新潟県秋季高校テニス選手権大会で中野亜美(開志国際高2年)がシングルスで見事優勝した。

e0156339_20095486.jpg


高体連の大会にはシード順位が明記されていないので定かではないが上位シード2人(第2シードと第1シード)を破っての優勝は快挙と言える。
中野亜美は後輩の西川綾音(開志国際高1年)と組んだダブルスでも準優勝し単複ともに成長を見せた。

足にけいれんが来たりまぶたをブヨに刺されて見えにくくなったり、あれこれとアクシデントがあったようだが準決勝で第2シードを8-3で破ると、決勝は第1シード相手に8-2。

この夏に練習してきたことが出せました!との報告。
試合は試し合いなんだよ、勇気を出して試さなきゃね、といつも言っているのだがまさにその勇気を振り絞ってプレーしたとのこと。
コーチとしてはこんな嬉しいことはない。

新しい武器を身につけても使わなければ意味がない。
その武器がどんな場面でどんな風に使えるのかは使ってみなければ分かるはずがない。
使って効果があれば戦力が増えるし自信にもなるし、使ってうまくいかなければもっともっと練習して使えるようにしようという動機が生まれる。
だからこそ、試合は練習の成果を試し合う場なのだ。

更に嬉しいことに、優勝しても新たな課題を発見したので積極的に練習に取り組んでいくという。
その7項目がメールで送られてきた。
決意のほどが見て取れる。

練習は不可能を可能にするものであり、試合はそれらを試す場だ!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-09-19 21:15 | テニス | Comments(0)

2017北信越未来テニスフェスティバルを終えて

なじらね~
e0156339_19003517.jpg

2017北信越未来テニスフェスティバルは今年が第一回。
台風18号の日本列島縦断の影響が少なからずあったが出場者と引率ご父母、引率コーチの皆さまのご協力を得て無事に終えることができた。
感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
e0156339_19023940.jpg

e0156339_19011077.jpg

e0156339_19022182.jpg

e0156339_19013003.jpg

e0156339_13330631.jpg


強風でサーブのトスが思うように上げられなかったり、ボールのバウンドが高くなって頭の上を越えてしまったり、ボールに急ブレーキがかかって意図しないドロップショットなったり・・・いつもと違う光景が各コートで繰り広げられた。

子どもたち、この強風を嫌がるかと思いきや、風があると面白い!と言う選手が割と多かったのが心強い。
そうです、風をいやがるのでなく風を友だちにしようという心を持つことが最強の自分に近づく方法ですよね!

e0156339_19032320.jpg
陽太郎、散歩しているわけではありません。
初日の試合、セット間にトイレットブレークを取っているところなのです。
第1シードとの対戦、6-7、7-6そしてファイナルセット。
勝負の行方やいかん!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-09-19 20:17 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧