カテゴリ:テニス( 1429 )

なじらねという笑顔あり夏来たる

なじらね~


e0156339_1930187.jpg

なじらね~から始まるこのブログを見てくれている新潟のジュニアに、

なじらねってどんな意味なんですか?と聞かれてしまいました。


ありゃ、新潟のしかも長岡の子がなじらねを知らないの?と聞き返し

ましたが、言葉は生きてるっていうことの反対で、言葉は消えていく

んですね、こうして。


使わなければ消えていく・・・。


そこで今日はなじらねについてのお話を。

はい、これは新潟の挨拶のことばなんですね。


調子はどうですか?と相手を気遣うようなニュアンスがあると言えば

いいでしょうか。


英語の方がわかりやすいかも知れません、How are you? だと思え

ばいいみたいですよ。

詳しくはこちらをどうぞ。
    ↓
なじらねの考察


そう言えばジャンボも似たようなものです。

アフリカのスワヒリ語で「こんにちは」という意味なんですよ。


となるとジャンボ尾崎の私は「こんにちは尾崎」で、

ジャンボテニスは「こんにちはテニス」ですね。



ジャンボ~!

なじらね~!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-29 18:39 | テニス | Comments(0)

松ちゃんとは写真とテニスでつながった

なじらね~

e0156339_23381268.jpg
(2009年のジャパンオープンでヒューイットの試合前撮影をする
松ちゃん。白いポロシャツ、白いシューズで。)



テニスカメラマンの松本昭夫さんが6月7日(火)16時頃、入院先で

亡くなられたとのことです。


勝見コーチのブログでそれを知り、ネットで検索して詳細がわかり

ました。

心からご冥福をお祈りいたします。


松ちゃんとは昨年の新潟国際女子の時に撮影に来ていたので少しお

話ができましたが、いやあ、もうだめなんだよ具合悪くて、と言っ

ていました。

でも笑顔はいつもの松ちゃんのそれで、記念撮影のシャッターを押

してくれました。


この5月の新潟国際女子の時に姿が見えないので複数の関係者に訊

ねたところかなり具合が良くないと聞き気がかりでなりませんでした。


笑顔と優しさの松ちゃん、同郷のよしみだよと言ってなにかと新潟

の子どもたちに声をかけてくれました。


ジャパンオープンなどの大会会場で撮影をしているそんな松ちゃん

の写真を撮っては子どもたちにこの人が松ちゃんなんだよと教えた

ものです。


写真のコツをこっそり伝授してもらったこともあります。

松ちゃん、どこにいても素敵な写真を撮り続けてね。


松ちゃんの優しさと笑顔を忘れません。

松ちゃん、ありがとう。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-27 23:03 | テニス | Comments(0)

2011年9地域ジュニア合同合宿

e0156339_18404467.jpg

6月25日、26日の9地域ジュニア合同合宿に出発します。


行き先はナショナルトレーニングセンターで、東京都北区にあります。


オリンピックでメダルを獲得すべく日本のトップ選手達がトレーニングをする拠点で、テレビでしかお目にかかれないような選手がゴロゴロ(この言い方は失礼ですよね)しているところです。


今回はテニスだけでなくフェンシングやハンドボールなどの他競技の見学や体験もできるようにプログラムされていて、テニスのジュニアがどんな反応を見せるか楽しみな二日間になりそうです。


北信越からは新潟の高橋颯君と竹田ひかるさんが参加します。


今、長岡駅から二人が乗ってきたところです。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-24 18:40 | テニス | Comments(0)

ひと言が言えぬ君との蛍狩り

なじらね~


e0156339_238247.jpg

信濃川に架かる千歳大橋、その下に居座った大きな流木、

私がひょっこりひょうたん島と名付けたその島にいつの間

にかニョキニョキと生えた植物。


冬の間、カモたちの休憩場所になっていたので鳥たちが運

んできたのか、あるいは風に乗って運ばれてきたのか、い

ろいろな種が着床したのだろう。


渡り鳥が北へ去ったあと、彼らの残した糞と流木の朽ちた

成分などを栄養源として、少しずつ少しずつ空に向かって。


鳥たちが姿を変えたようにも見える。

e0156339_22313468.jpg

橋を渡って関屋駅へと向かう途中の見過ごしそうなほど小

さな公園に咲く小さき花。

名前は知らないが目に留まる。

小さな小さな鳥のようにも見えてしまう。


e0156339_22323947.jpg

ホタル、いっぱいだよ、という友人からの連絡で急遽、岩

室まで蛍狩り。


ちょうど1年前も同じ時期にここに来たよね、と。

蛍の寿命は10日ほどだろうから1年前の蛍はもういない。

なのに、また来たよ、と言ってしまう。


鳥も

名無し草も

花も

蛍も

私も

限りある

命。



でも

きっと

どこかで

つながって

いる。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-22 22:31 | テニス | Comments(2)

フェデラーもサンプラスも人の子だよ

なじらね~


e0156339_0472297.jpg

e0156339_0475376.jpg
ウインブルドン緒戦、フェデラーが1セット目のタイブレーク

を取ったところです。


フェデラーの滑らかなスイングや動きを見ているとピート・サ

ンプラスを間近に見たときのことを思い出します。


ジュニア達を連れてフロリダのハリー・ホップマン・テニス・

キャンプで合宿をした時のことです。


サンプラスも調整に来ていました。

若手のプロを相手に練習しているのですが、その若手プロはま

るでビデオの早送りのように激しく動き回っています。


片やサンプラスを見ると、まるでスローモーションのように滑

らかにゆったりとしたスイングや動きをしているのです。


若手プロとサンプラスを交互に見ながら熟達の意味を考え、職

人技のさまざま、板前さんの包丁捌きや大工さんの鉋捌き、音

楽家の楽器を操る技、などなどを思い浮かべたものです。


まるでスローモーションのように見えるその熟達の域に達する

ためにはどうすればいいのだろう、とフロリダの空を仰ぎなが

ら毎日考えていました。



さてウインブルドン2011、フェデラーがその動きとスイングで

2セット目も取り、第3セットも4-1とリードです。


この後、錦織圭の試合が始まります。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-22 00:44 | テニス | Comments(0)

芝の香り 地上の人は テニス祭り

なじらね~



全仏が終わったと思ったらもうウィンブルドン!

20日ですから今日開幕ですよ。


日本からは、錦織、添田、森田、クルム伊達、土居が本戦に出場

しますね。

133位の土居美咲は予選を突破しての出場です。


添田豪は予選敗退ですが昨年に続いてラッキールーザーで本戦

への権利を得ました。

2年連続のチャンスを活かしたいところですよね。


錦織はあのヒューイットと1回戦で対戦することになりましたが、日

本テニス協会のメルマガによると、「(ヒューイットは)ウィンブルドン

で優勝している選手なので、まずは対戦が楽しみ。左右に振ってく

るので、ディフェンスが大事になる。芝での動きに慣れ、以前より自

信を持って臨めるようになった」とコメントしていたとのことです。


まずは対戦が楽しみ、というのがいいと思います。


また寝不足になります・・・。



そういえば仲間と一緒にガヤガヤわいわいとウィンブルドンを訪問し

たのは1991年のことでした。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-20 11:48 | テニス | Comments(2)

水無月のテニスコートや白き靴

なじらね~


e0156339_22425937.jpg

雨の中をやったようです、今日のジュニア大会。

いろいろな思いを胸にかかえて夕方の練習に来ていました。


1回戦負けの人から3位の人まで、とにかく良い経験をした

一日なのです。


悔しい気持ちをいっぱい持ちながらも練習にくる、練習する

ぞという積極性が素敵です。


また練習して、次の大会で試し合おうよ、ね。


(写真は浜田コーチ提供)
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-18 22:41 | テニス | Comments(0)

一瞬の光のような君の意志

なじらね~



相手のボールを打ち返そうとするとき、どのような球質の

ボールを相手コートのどこへ打ち込もうとしているか。

そしてなぜそうしたいのか。


この二つをはっきりと言える選手になって欲しい。

そんな選手になってもらうための具体的なサポートを続け

ていきたい。


意志決定の面白さ、楽しさ、スリルは半端じゃないよ。

それができるのがテニス!


明日は11歳以下と13歳以下の新潟県ジュニア大会だ。

自分で決めて自分で打て!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-17 19:23 | テニス | Comments(0)

じゃがいももトマトもナスもお友達

なじらね~

e0156339_13335013.jpg

ジュニアのレッスンの初めにちょこっと外へ出て・・・。

あの花は何の花だろうね?


ジャンボの駐車場の隣の畑にはジャガイモの花を筆頭に今いろ

いろな花が咲いていて、どれも食べられる何かの花なんです。


突拍子もない名前が出てきたり、学校で植えたことある~とか

へえ~とか、反応が面白いです。


地上に出ている姿と自分がいつも食べているものとが結びつか

ないようで、ちょとした驚きワールド!


こんな時間を過ごしたあとのテニスはとても元気よくイキイキ

してます!
e0156339_13315014.jpg
ジャンボのスタッフがプランターで育てているトマトもこんなに。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-16 13:15 | テニス | Comments(0)

咲く時に咲く 今は蕾さ 名無し花

なじらね~

e0156339_237261.jpg

全国中学生テニス大会北信越予選、三日目は準決勝と決勝、そ

して順位決定戦が行われました。

3日間、運営関係者の皆様、本当にありがとうございました。

e0156339_2382582.jpg
(男子シングルス 1~5位)
e0156339_2384730.jpg
(女子シングルス 1~5位)
e0156339_2391587.jpg
(ダブルス 1、2位)


昨日、ジャンボの祐宇は8決めで高橋颯君に3-8で残念

ながら負けました。


内容はよかったのですが負けは負けです。

この時点で全中への道は閉ざされました。


祐宇と設定したいくつかのテーマの一つに、ファーストサーブ

の確率を1回戦より10%上げるというのがあります。


この試合では94%でしたから1回戦の83%に対し、目標は十分

クリアしていることになります。


32回サーブして30回ファーストサーブを入れたのですから、こ

れは素晴らしいことです、というか驚異的と言った方がいいかも

知れません。

テニスをする人ならお判りでしょうが簡単に達成できることでは

ありません。


もちろん、サーブはただ入れるだけではなく相手に脅威を与える

ものであるのが理想です。


ファーストサーブを入れた時の得点率が43%と低いこと、相手の

得点率が64%であることを考えるとその点ではまだ力不足と言わ

ざるを得ません。


しかし、自分が設定した目標は見事に達成したわけで、これは尊

敬に値することだと思っています。


次の目標に向かえばいいだけのことです。
e0156339_23173380.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-06-13 22:42 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧