カテゴリ:テニス( 1481 )

人生をふと考える

なじらね~

e0156339_16525171.jpg

ヤナ・ノボトナの訃報。

ウィンブルドン決勝戦でシュテフィ・グラフ相手に第3セット 4-1から逆転負けし表彰式で悔し涙を流した姿を思い出す。
感情を抑えきれず、ケント公夫人の肩にもたれて泣き崩れた、あれは1993年だった・・・。

e0156339_16525211.jpg

e0156339_16525122.jpg

16歳だったヒンギスにやはり決勝で負けたのは1997年。
だが翌1998年には念願のウインブルドンチャンピオンの座を見事に勝ち取った、ついに!
泣き顔と笑顔の対比が印象的だったな。
流した涙は無駄じゃない!

今では珍しい、ダイナミックなサーブアンドボレーを得意とする選手だったヤナ・ノボトナ。

49歳、2017年11月19日逝去。
合掌・・・。


ヤナ・ノボトナの訃報に触れて、生きるということを考えた。
人の死はいつも自分の生に目を向けさせる。


なぜ生まれてきたのだろう・・・。
生きるってどんなことなんだろう・・・。
そう思い始めたのは小6ぐらいの頃だったか。
確か小4の時に仲の良かった女の子を校庭での事故で失った時は身近な人が突然いなくなることの意味をまだよく理解できていなかったような気がする。
近所だったこともあり、学校でもそれ以外でも一緒に過ごすことが多かったので彼女の存在が消えたことがただ不思議でならなかった。

それでも、元気だった叔父がやはり事故で逝ったり年老いた親戚の者が亡くなったりするたびにいやでも生と死への思いを強く持たざるを得ないようになったものだ。

高1の春に父を亡くした時は、自分にも父を亡くす時が来たのか!と思ったのを思い出す。
そして、5人兄弟の末っ子としての私を懸命に育ててくれた母にもその時はいづれ来ることを知った時にはやがては自分にも同じように訪れる瞬間を避けることはできないのだと思い知った。

e0156339_17102641.jpg

父も母も見送った今、咲き始めたさざんかや揺らめく雲を眺めながらテニスコートに通い、まるで若葉のような子らとテニスをしている自分がいる。

おお、まだ生きているぞ!
死ぬまで生きるぞ!


(ノボトナの写真はWTAのサイトから)



[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-23 06:18 | テニス | Comments(0)

よく飛ぶラケットって

なじらね〜


これ、9年前の2008年11月25日に書きかけたままで、なぜか陽の目を見ないまま眠っていた。
たまたま発見したのでアップしている。


ラケットの高性能化は大きな問題だ。
飛ぶのである。とにかくよく飛ぶ、飛び過ぎるぐらい。

50m先にあるケーキ屋さんに行くのに小学生がポルシェに乗って行くようなものだ。
(うん、我ながらうまいたとえだと思うぞ。)

小学生が果たして乗りこなせるのか・・・。


昔はラケットはすぐに壊れていたものだが、今はラケットが壊れずに手首や肘や肩の方が壊れてしまう。

子どもの発育発達の段階に適した道具があるはずだよな。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-22 20:27 | テニス | Comments(0)

ゆっくり歩くと見えるもの

なじらね~

e0156339_12475630.jpg


6時半からの朝練を終え、風もなくおだやかな陽気に誘われて自転車を押して歩いて家路につく。
すると・・・いつもより周りのものたちがよく見える。

リズミカルなグリーン・・・。

そして白・・・・。

e0156339_12475608.jpg

赤・・・。

e0156339_12475766.jpg

紅葉の色・・・。

e0156339_12475546.jpg

足元にも・・・。

e0156339_12483722.jpg

小さかったつぼみがこんなに膨らんでいる・・・。

e0156339_12483751.jpg

車にしか乗らない人は見えないんだろうな。

自転車の速度でさえ、見落としてしまいがちな、宝物のような・・・この・・・。

つかの間の陽気での贅沢。


明日はぐっと冷え込むという。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-22 12:58 | テニス | Comments(0)

打つタイミングがテニスを変える

なじらね〜

e0156339_00062181.jpeg

e0156339_00064571.jpeg

e0156339_00070976.jpeg

e0156339_00072780.jpeg


にいがたトレセン冬季練習会第1回。


パワーだけが攻撃の武器ではない。
どのタイミングでボールを打つか、どれだけネットに近いポジションから打つかが重要。

ボールは放物線を描いて飛んで来て、バウンドした後も次の放物線を描いて落下する。
そのラインのどこでボールをとらえるかで攻撃力が変わる。

相手から時間と場所を奪うタイミングがなによりの攻撃力となる。

パワーは必要ではあるが、パワーだけに頼るテニスには未来も楽しさもない。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-20 23:55 | テニス | Comments(0)

2017にいがたトレセン冬季練習会スタート

なじらね~

新潟も初雪!
大人どもは雪の怖さを知っているのでいよいよ冬か・・・と思うのだが、子どもらは大はしゃぎ。
e0156339_11361687.jpg

e0156339_11361578.jpg

にいがたトレセン冬季練習会がジャンボで始まった。
3月まで全8回、屋外での練習ができないこの時季には欠かせない練習会だ。

第1回目の今日は各種イベントが重なったこともあって6人のみ参加。
3面のコートを使って午後2時から7時までみっちり練習に取り組んだ。
6人にとっては最高の練習環境。

e0156339_11345333.jpg

e0156339_11345318.jpg

試合に勝つには質の高いボールを打つことが大事であり、質の高いボールを打つには体を機能的に動かすことが大事であり、体を機能的に動かすには司令塔としての頭脳が高いレベルで働くことが大事であり、司令塔としての頭脳が高いレベルで働くには正確な観察力が必要になる。
正確な観察力によって得られた情報をもとに自分がこれからとるべきベストの行動を一瞬でイメージし、そのイメージをただちに再現する。
相手と自分を正確に観察し判断し決断し行動に移す。
プレー中はこの繰り返しだ。

文章にすると長いのだが時間にすると・・・まさに・・・一瞬!

質を上げることがこの冬の最大のテーマだ。
来春以降のために。




e0156339_11345242.jpg
石倉孝浩コーチ、ありがとうございました。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-20 12:35 | テニス | Comments(0)

ジャンボ・レディース・ステップアップ練習会

なじらね~

e0156339_14451257.jpg
ずいぶん寒くなってきました。
でも、ジャンボのレディースの皆さんは元気いっぱい!
コーチ兼ツアーガイドの江梨子コーチからのリポートも笑顔で一杯!

ジャンボでしこたま練習して・・・次は・・・さあ温泉!

e0156339_14451274.jpg

e0156339_14451392.jpg

行先は麒麟山温泉の福泉。


あいにく雨で外のコートでテニスはできなっかたようだが、体育館でバドミントンも卓球も!
e0156339_14451118.jpg

e0156339_14451144.jpg
e0156339_14451055.jpg

e0156339_16453485.jpg

運動のあとは・・・温泉と食事!
これが楽しみ、もちろんお酒も!

e0156339_14451204.jpg

e0156339_14451195.jpg

この並び方は・・・。

楽しい二日間、もっと元気になって戻って来るでしょうね!

ツアーコンダクターの江梨子コーチ、お疲れ様でした。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-16 15:02 | テニス | Comments(0)

三歩進んで二歩下がれば・・・一歩前進!

なじらね~

MUFGジュニアテニストーナメント2018新潟県予選、よもやま話。
e0156339_00035479.jpg
(1位~4位入賞者)


初日の選手ミーティングでは四つのニュースを引き合いに出して激励をした。
先ず、北信越中学校選抜新人テニス大会団体戦において新潟市の上山中学校が男子の部で優勝したこと。

次に、中牟田杯全国選抜ジュニアテニス大会において男子ダブルスの部で原風斗・植木海音ペアがベスト4に入ったこと。

三番目に、内藤祐希がITF10万ドルのプロサーキットにおいて女子ダブルスの部で昨年に続き決勝に進出し優勝の可能性が高いこと(優勝した!連覇だ!)。

四つ目は、昨年のMUFG全国大会で坂詰姫野が優勝していること。

どれもやればできることの証明として挙げたもので、日ごろの努力の成果を発揮する場として本予選では最後の1ポイントまでベストを尽くしてプレーして欲しいとの思いから。


e0156339_00040132.jpg
表彰式が終わったところで大会ディレクターの片山浩之氏が、ではご父母の皆さんの方を向いてお礼を言いましょう、と選手を促し、男子優勝の原風斗が先頭になって全員元気な声で「ありがとうございました!」。
洒落た演出、でもこれは良かったですね。

どうもジュニアの皆さん、感謝の気持ちを表現するのが得意ではないような・・・。
車で送ってもらうのは当たり前、親が食べ物を持ってきてくれるのも当たり前、大会を開いてもらうのも当たり前、何でも当たり前のように思っているせいか、感謝の言葉がすっと出てこない子がほとんど。

私は1日に30回はありがとうございます!と言おうよとジャンボのジュニアに言っているのだが・・・。
家庭だけでなく学校でもスクールでも日常のあらゆる場面でありがとうございます!と言う場面があるように思いますよ。
先ず、家庭でしょうかね。
子は親の鏡と昔から言いますものね・・・。
おっと、子はコーチの鏡とも言いますね!


e0156339_22383667.jpg
優勝者二人の前にあるバナー、実はこの二人が横から引っ張ってくれています!



e0156339_00065022.jpg
和奏と陽向、ありがとう!
おかげでいい写真が撮れましたよ。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-13 23:59 | テニス | Comments(0)

MUFGジュニアテニストーナメント2018新潟県予選2日目

なじらね~

e0156339_21514642.jpg

MUFGジュニアテニストーナメント2018新潟県予選2日目は小雨模様の天気から曇りそして晴れ!

e0156339_21565669.jpg

e0156339_22331220.jpg

e0156339_22314875.jpg

e0156339_22314848.jpg
ジャンボの沼野菜海は準決勝 6-4 6-4 で勝つと決勝は 6-2 6-1 と全試合セットを落とすことなく優勝!
安定度を増したサーブと緩急織り交ぜたストローク、スニークインしてのボレーで勝ち取った優勝だ。

e0156339_22294527.jpg

e0156339_22295178.jpg

e0156339_22334215.jpg
佐々木康大は第2シードとの対戦になった準決勝 6-4 6-3 で勝っての決勝進出だったが第3シード相手に惜しくも 2-6 3-6 で敗れ優勝を逃した。
パワーで勝る相手にどうやって主導権を握るかが課題と言える。
テニスは総合力で戦うスポーツ、この課題に積極的にチャレンジして欲しい。
やればできる!

e0156339_22301859.jpg

e0156339_22301869.jpg
内山照英は5-8位決定戦の初戦を 6-2 6-3 で勝って、続く5-6位決定戦は 1-6 0-6敗退で6位となった。
腰を痛めて満足に練習できなかった中での6位は立派だ。


e0156339_22470493.jpg

e0156339_22304524.jpg
信田航は今日もしぶとい試合をした。
5-8位決定戦の初戦は 6-7(4) 6-7 (4)、7-8位決定戦は 5-7 6-5で相手がRET.し7位となった。
どの試合もあきらめることなくボールに喰らいついていくので、試合をしながら相手のボールをたくさん打ち返しながらうまくなっていった二日間だった。
今後は決定打を身につけることが必要だ。


大会運営の皆さま、引率のご父母の皆さま、二日間大変ありがとうございました!
e0156339_22383667.jpg

e0156339_20054327.jpg
優勝した沼野菜海(ジャンボ)と原風斗(ファーストTA)は来年4月10日から名古屋市・東山公園テニスセンターでの全国大会に出場する。

前年度優勝は坂詰姫野(ファーストTA)。
新潟県で連覇を目指そう!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-12 22:49 | テニス | Comments(0)

MUFGジュニアテニストーナメント2018新潟県予選

なじらね~
e0156339_20054327.jpg
[2017MUFG全国大会優勝:坂詰姫野(新潟・ファーストTA)]


e0156339_19065352.jpg

e0156339_19065300.jpg

MUFGジュニアテニストーナメント2018新潟県予選。
さすがにこの時季に好天を望むのは無理か!と思ってしまう新発田市・五十公野公園テニスコート。
雨を覚悟の上での試合決行は45分ほど待機してから。
まだ風が吹き荒れないだけでもラッキーか。
でも、選手らはみんな元気な様子。

ジャンボからの出場者6人の初日の結果。
女子1回戦・・・
 ①沼野菜海 6-0 6-2
女子2回戦・・・
 沼野菜海 6-1 6-0

男子1回戦・・・
 信田航 6-4 4-6 [13-11]
 平田知己 3-6 2-6
 佐々木康大 6-0 6-2
 八百板悠真 2-6 2-6
 内山照英 6-4 7-6(5) 

男子2回戦・・・
 信田航 3-6 5-7
 佐々木康大 6-1 6-4
 内山照英 6-1 2-6 [4-10]


e0156339_19072201.jpg

信田航の1回戦は10月末のジュニアリーグでは3-6で負けた相手と。
6-4 4-6 [13-11]の接戦をものにしたのは成長の証し。
2回戦では第1シード相手に第2セット5-2までリードすることができた。
そこからはオーバーパワーされ押し切られてしまったが手応えありの試合内容だった。
明日の順位決定戦が楽しみ。

e0156339_19072102.jpg
内山照英は1回戦 6-4 7-6(5)。
決して楽な展開ではなかったが勝ち抜くことが大事。
2回戦は第2シード相手に 6-1 2-6 [4-10]の惜敗。
ファーストサーブの確率が高ければ・・・というところ。
明日は順位決定戦だ。

e0156339_19065360.jpg

第1シードの沼野菜海は1回戦 6-0 6-2 、2回戦 6-1 6-0 と快勝。
サーブのダイナミズムとファースの確率の高さは自信の表れか。
中牟田杯初戦の惜しい敗退がプラスになっているのは確か。
明日の準決勝は第4シードと対戦。


e0156339_19072208.jpg

佐々木康大は今大会ノーシードでの出場だが、1回戦 6-0 6-2、2回戦は第4シードに 6-1 6-4。
明日の準決勝は第2シードと対戦。


e0156339_19065396.jpg
平田知己と八百板悠真は初戦敗退だが内容は決して悪くなかった。
勝つために何が必要かをしっかり噛み締めて今後の練習に取り組んでいこう。
敗退後に仲間の試合を見る目も真剣だった。
いいことだ。

明日は準決勝と決勝、そして5位から8位決定戦。
今日よりいい天気でありますように・・・!

e0156339_20345345.jpg
有明で開催中のITF安藤証券オープン東京2017で内藤祐希(開志国際高2年)が藤原里華と組んだダブルスで第1シードを6-16-3のストレートで破って昨年に続き優勝!
10万ドルのプロサーキットでの連覇は大きな励みになるのは間違いない。
パートナーは昨年の初優勝と同じ藤原里華で、この二人、祐希の16歳に対し里華36歳というペアだが、信頼感がすごいのだと思う。
試合中の表情にそれが見て取れる。
ダブルスでは最も大事なことだ。
祐希、里華、連覇おめでとう!

(写真は藤原里華Facebookより)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-11 20:36 | テニス | Comments(0)

優勝!2017第8回北信越中学校選抜新人テニス大会

なじらね~

e0156339_12504335.jpg

2017第8回北信越中学校選抜新人テニス大会(団体戦)男子の部で新潟市・上山中学校が見事優勝した。

おめでとう!

チームで力を合わせなければ優勝はできない。
個人の力とチームメイトそれぞれの力を互いに引き出しあうのがチーム戦だ。
良い経験となったに違いない。

全国大会は来春、3月に香川県で開催される。
課題を見つけてそれまでに更にレベルアップを図ろう。

ファイトだ!

大会運営の皆さま、引率の皆さま、大変ありがとうございました。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-11-06 12:59 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧