カテゴリ:テニス( 1250 )

自分を磨くことに集中する二日間

なじらね~
e0156339_13515685.jpg

JTAナショナルコーチによる新潟県選抜中学生強化合宿。
とき:2017/2/25,26
ところ:新発田市・T&S新発田インドアテニススクール



e0156339_13505078.jpg
2日目の朝はホテルのすぐ近くにある諏訪神社を訪問。
必勝祈願?上達祈願?をしたあと、向かいの東公園でコンディショニング。
e0156339_13505087.jpg
適度に身体を刺激してホテルに戻り朝食。

e0156339_13504944.jpg

一人残って黙々と食べる康大。ずいぶん食が太くなってきた。
これも自覚した上での努力の表れ。
e0156339_13505091.jpg

花木トレーナーの熱のこもった説明に目と耳と脳ミソが反応する。
e0156339_13511258.jpg

この位置からどこへどんなボールを打つ?と問いかける吉田コーチ。
e0156339_13514903.jpg

ペアになってPNFトレーニング。
押す方も押される方も良いトレーニングになる。
e0156339_13512974.jpg

コーチの話を聞く時の姿勢も大事。
心は姿勢に表れるのだから。
e0156339_13541498.jpg
吉田将彦コーチ、花木祐真トレーナー、勝見志津コーチ、片山浩之コーチ、後藤健太コーチ、石倉孝浩コーチ、会場を提供して下さったT&S新発田インドアテニススクール様、ありがとうございました。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-28 15:05 | テニス | Comments(0)

JTAナショナルコーチによる強化合宿、2日目

なじらね〜


e0156339_10383869.jpg

JTAナショナルコーチによる新潟県選抜中学生強化合宿、2日目。
早朝6時半からホテル近くの諏訪神社まで散歩、その向かいの東公園で軽いコンディショニング。
そして朝食。

バスで練習会場へ向かう。

今日はまずダブルスのための練習から。
ファイト!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-26 10:42 | テニス | Comments(0)

JTAナショナルコーチによる強化合宿、初日

なじらね〜

e0156339_18413529.jpg

e0156339_18432513.jpg
JTAナショナルコーチによる新潟県選抜中学生強化合宿が新発田市のT&Sシバタインドアテニススクールで始まった。
指導はナショナルコーチが吉田将彦コーチと花木祐真トレーナー。

昨夜はすっかり消えていたのに、明け方に降った雪が屋外コートを真っ白にしていた。
でも、室内コートには元気な中学生、男女各8名、計16名が集まった。

朝9時半から夕方の6時まで、2人のコーチによるレベルの高い指導が続く。
今回のテーマは、
「限りある時間の中で競技目標を達成するための具体的練習方法」と「勝つために必要な体の柔軟性を得る」の二つだ。

オンコートでのコーチの目と、動きの細部を見落とさないトレーナーの目とが16人のジュニアに注がれ、個々の特性を把握した上で必要なトレーニングとドリルが展開されていく。

コーチとトレーナーのコラボだ。

練習が終わると会場であるT&Sシバタインドアテニススクールのオーナーの森さんがスクールバスで宿舎の新発田ニューホテルプラザまで送ってくださった。
ありがとうございました!
e0156339_23342394.jpg

e0156339_23351567.jpg

e0156339_23360217.jpg

e0156339_23363818.jpg

e0156339_23371742.jpg

入浴と夕食を終えるとミーティング。
今回のテーマについて、スライドと映像を駆使して更に詳しく丁寧に説明されていく。
夕食会場のテーブルと椅子を片付けてスペースを作り、柔軟性を高める具体的な方法も体験。

明日は早く起きて散歩とコンディショニング、朝食、移動、練習だ。
ファイト!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-25 23:40 | テニス | Comments(0)

北九州での経験と気づき

なじらね~

e0156339_16311053.jpg

2016年度 JPTA ALL JAPAN JUNIOR TENNIS TOURNAMENTとスカウトキャラバン全国大会が北九州市で開催され、ジャンボからは松山紗奈、信田航、大塚隼人、横堀陽太郎が参加した。
主催、運営の皆さま、ありがとうございました。

それぞれが良い経験をしてきたようだ。

人は経験から多くのことを学ぶことができる。
ジュニアの頃は失敗というのは存在しない。
あるのは経験、すべては経験だ。

一つの経験は次につながる経験であり、だからこそうまくできないこともできることも大事。

経験しようと思い、そうすることが最大のチャレンジだと気づきさえすれば・・・。

e0156339_16521206.jpg





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-21 16:42 | テニス | Comments(0)

重力との闘い

なじらね〜

2017/2/19(日)、ジュニアクラスを朝9時から午後1時まで、2時からはにいがたトレセン練習会を7時まで。
これだけ長い時間コートにいると、さすがに体が地球の重力を感じているのが分かる。

頚椎から脊柱、腰椎を伝わって地球の中心に向かって力が加わっているのがよく分かって、それはズシッと重い。

若い頃には全く実感できていなかった宇宙の摂理を今感じているのだと考えれば、それらを本当の意味で知るには長い年月が必要なんだなあと思い知らされる。
今頃〜っ?という感もあるけど・・・。

りんごが樹から落ちるのを見て万有引力の法則を導き出したと言われる(真偽のほどは不明らしいが)のはニュートンだが一体何歳の時だったのかと言うと何と23歳の頃らしいから、天才には年齢は関係ないのかな、やっぱり。

e0156339_15343032.jpg

e0156339_15353768.jpg


で、久し振りに福島から瑠奈が練習に参加してくれ、コートが活気付いた。
あれ?また背が高くなっているような・・・。
夏には追い越されるのだろうな、きっと。

e0156339_15171514.jpg
午後のトレセン練習会では新潟県医科学センターとヨネックスの協力を得てサーブとストロークの動作分析のためのビデオ撮りも行なった。
e0156339_15401528.jpg
詳しいことは省くが準備が大事。
測定対象のジュニアたちも作業を手伝う。

e0156339_15404923.jpg

e0156339_15432074.jpg

e0156339_15420908.jpg

e0156339_15443418.jpg

e0156339_15451723.jpg
何台ものカメラに囲まれてジュニアたちはやや緊張気味だったがそれでも結構いいプレーをしていた。

さてどんな映像とデータが出てくるやら。
楽しみだ。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-20 23:48 | テニス | Comments(2)

この一歩があってこそ

なじらね~

e0156339_18585138.jpg

憧れを抱く

夢を持つ

目標を定める

行動する

そう、この1球に心血を注ごう




すると

夢に一歩近づく

たった一歩でも

大きな一歩なんだよ


(写真は2016ジュニアリーグⅣにて)







[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-17 22:00 | テニス | Comments(0)

国を代表するということ

なじらね~
e0156339_16521206.jpg

2017 年ジュニア女子国別対抗戦 代表選手がJTAから発表された。

ジュニアフェドカップ(16 歳以下) アジア/オセアニア予選
(インド・ニューデリー、3 月 20 日~25 日)

・内藤 祐希(関東/TEAM YONEZAWA/開志国際高)
・佐藤 南帆(関東/有明ジュニアテニスアカデミー)
・坂詰 姫野(北信越/上越教育大学附属中学校/ファーストTA)
(監督:中山 芳徳)

新潟から二人のジュニアが選出されたのは初めて!

祐希と姫野に続け~!!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-16 11:16 | テニス | Comments(0)

いざ九州へ

なじらね~

e0156339_21512249.jpg

2016年度 JPTA ALL JAPAN JUNIOR TENNIS TOURNAMENT が北九州市で明日から開催される。

ジャンボからは松山紗奈、信田航、大塚隼人、横堀陽太郎が参加。

航が博多駅構内のレストランで食べているのは・・・どうやら海鮮丼!
美味しそうですな。


友だちいっぱい作ってこいや~!







[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-15 21:54 | テニス | Comments(0)

移ろい変化するものたち

なじらね~
e0156339_06545465.jpg

e0156339_06550505.jpg
自宅のあるマンションのすぐ前がバス停で、バスを待つ間なにをしているかと言えば、山茶花の花やさつきのつぼみのふくらみを眺めたりしています。

そしてパチリ。
e0156339_06545982.jpg
雪と風にさらされて山茶花の花びらの端々は傷みに傷んでいるんだけど、かえってそれが春の近いことを教えてくれてるみたいです。

しべの先で水滴がキラッと光っていたりすると思わず顔をう~んと近づけて見入ったり。
残念ながらこの写真ではそのキラッが見えないけど。

朽ち果てようとしている花の周りにはこれから開こうと待つつぼみがいくつも見えるんです。
どちらも美しいと思います。
ていうか、朽ちようとする花がこれから咲こうとする固いつぼみに命を伝えようとしているように見えます。


で、一句。

朽ちる花 開くつぼみに 命吹く

おそまつ!

e0156339_07243405.jpg
と、十日町に出張中のカミさんからこんな写真が。

これでも少ないらしいですよ、今年は。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-15 07:28 | テニス | Comments(0)

どう生きるかは自分しだい

なじらね~

e0156339_12002426.jpg


開志国際高校ゴルフ部が沖縄遠征で浜辺で遊んでいるうちに海に入って泳ぎ始めたという。
沖縄ではもう海で泳げるのだ!

e0156339_12040442.jpg

e0156339_12040384.jpg

新潟県テニス協会常任理事会が長岡市で開催された。
新幹線で長岡へ向かう車窓からの眺め。
三条まではすっかり雪が溶けて田んぼの茶色い土の色に春を感じたが三条を過ぎると一変して真っ白。
長岡はまだ雪に覆われていた。
それでも雪は例年より少なめ。
鳥取では大雪だというニュースに長岡駅から乗ったタクシーの運転手さんは、こっちが少なければどこかが多いんですよね、トータルで降る量は変わらずどこに降るかなんですよね~結局、と含蓄のある言葉。

e0156339_14312944.jpg
ゆめとりこにもらったバレンタインデーのクッキー。
チョコケーキは高校生から。
吉田兼好の徒然草に「よき友、三つあり。一つには、物くるる友。二つには医師。三つには、知恵ある友。」とある。
よき友は多い方がいいかな、やはり。
他方、兼好はこうも言っている、「友とするに悪き者、七つあり」。
七つ!
七つも・・・。
この両方を深く読み取ると結構面白い。

不安定でさまよいがちな毎日の中学高校のころ、分かりやすい対比の中で灯をともしてくれる本の一冊が徒然草だったのを思い出す。

e0156339_14550135.jpg

重く垂れこめる雲ばかりでなく青空を背景にぽっかりフワフワの雲が見られるようになってきた。


テニスコートの雪も消えてきたかな。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-02-13 12:05 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧