カテゴリ:テニス( 1375 )

2017新潟県少年国体予選の結果

なじらね~


e0156339_20550367.jpg

35度を超えているかも知れない!

まるで真夏のような暑さの中、国体予選ベスト4の選手で戦うリーグ戦。

予備抽選を経て対戦順序が決まり、それぞれ試合コートへ。

e0156339_20094941.jpg

e0156339_20094299.jpg

e0156339_20384586.jpg

結果だけを見ると、女子は中3の沼野菜海が3勝で1位、早川美友が2勝1敗で2位となり、この二人が国体選手となった。

男子は田中瑛士と池田笑生の二人で共に高校生。


e0156339_20434900.jpg

内容を見ると、一試合ごとにドラマがある。

菜海は年齢カテゴリーが違うために普段は対戦することのない高校生、しかも第1シードと第2シードと対戦したのだが、試合順序の抽選が終わったあとで、そんな人と試合ができることが嬉しいと話してくれた。
この時点で闘志の大きさを感じることができ、コーチとしては内心嬉しいものがあり、実際の試合もその実現となり3勝を挙げることができた。

e0156339_20595218.jpg

試合後に、猛暑のなかソロチェアアンパイアをしてくださった地元の役員の方に対し頭を下げ握手をしてしっかりとお礼を述べることも出来ていた。
大事なことだ。


菜海だけでなく、厳しい暑さを乗り越えてだれもがよく戦った。

勝っても負けても収穫は大きかったに違いない。


今年の国体は愛媛の松山市で10月に開催される。

国体という場で経験値を上げることができるし出場するからには一つでも多く勝って欲しい。



ところで、日曜日の大原運動公園テニスコートで見ごたえのあるドラマが繰り広げられているのに、もっとそれを見に来る中学生や高校生がいてもいいのになあと思ったものだ。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-09 21:05 | テニス | Comments(0)

ベスト4が出揃う

なじらね〜

e0156339_23184850.jpg


2017新潟県少年の部国体予選初日、ベスト4が出揃った。
明日は4人でのリーグ戦を行い、上位2人が代表となる。

女子の部
早川美友(新潟第一)
渡部結衣(新大附属新潟中)
沼野菜海(新大附属新潟中)
柳澤有紀(長岡)

男子の部
田中瑛士(東京学館新潟)
後藤直(新発田)
渡辺太一(新発田)
池田笑生(東京学館新潟)

e0156339_00444534.jpg
沼野菜海は4決めの試合、3-7の劣勢から逆転で勝利を掴む。
しぶとさだけでなく要所で見せたネットプレーで勝利を手繰り寄せた。
e0156339_00452234.png
中野亜美(開志国際)は第一シード相手にタイブレークの末、残念ながら涙を呑んだが成長ぶりを発揮した。

e0156339_23343187.jpg

宿に戻るとやまと君が待っていた!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-08 23:22 | テニス | Comments(0)

食事で体を作る、頭はミーティングで作る

なじらね〜

e0156339_21205377.jpg


e0156339_21223606.jpg
練習の後は・・・食事。

食べて身体を作る、感謝しながら食べて心も作る。

和風いん越路さんの食事はヘルシーで美味しい。


e0156339_21230569.jpg

そして、ミーティング。

何をしたいのか、するのか、具体的に考える。

具体的なイメージを強く持つ者はそれを再現する力も強い。

明日、何をする?





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-07 21:27 | テニス | Comments(0)

真夏のような暑さの大原運動公園

なじらね〜
e0156339_18190768.jpg


先週のRSK新潟県予選は雨で順延になったりしたのに今日の大原は暑い暑い!

明日からの少年国体予選に備えて練習。

良い準備をする習慣を身につけることは大事なこと。

e0156339_18133183.jpg

e0156339_18142353.jpg

e0156339_18150893.jpg

e0156339_18154170.jpg

e0156339_18161232.jpg

e0156339_18172301.jpg

e0156339_18181005.jpg




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-07 18:24 | テニス | Comments(0)

修学旅行のお土産に見るこころ

なじらね~

e0156339_11145482.jpg


2017RSK新潟県予選の会場でいただいた修学旅行のお土産。

いえ、ジャンボの子ではありません。

この2枚のスナップに登場するジュニアです。

嬉しいですね。


e0156339_11170267.jpg

e0156339_11184677.jpg


大会で友だちをいっぱい作ることはひょっとしたら勝つことよりも大事かも知れません。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-07 11:25 | テニス | Comments(0)

遠くウインブルドンに思いを馳せる朝

なじらね〜

e0156339_08160199.jpg

朝練、今日は8人。
今日の分だけ着実に成長しているよ。

青空が戻ってきて、それだけで嬉しい。
笑顔になる自分が分かる。
大雨で被害に遭われた方達の早い復活を祈ろう。

新潟県体育協会のオリンピックに向けての強化支援で、開志国際高校2年生の内藤祐希がB指定選手に選考され補助を受けることが決定したとの県理事長からの案内をいただいた。
嬉しいニュースだ。

祐希は間も無く始まるウインブルドンジュニアに2年連続で出場する。
5月の全仏ジュニアは惜しい初戦敗退だったがその経験はここで活かされると思う。
経験を積んでジュニア部門を卒業し一般の部で活躍する日がきっと来ると信じている。

祐希の初戦はスイスの WALTERT, Simona  ジュニアランキング22位、プロランキング640位との対戦。
油断はできない。
速い芝のコートではそれなりの戦い方があり、それを掴んだ方が強いからだ。


e0156339_08275791.png

ところで、昨夜の杉田祐一の試合をテレビ放送で見ていると日本人の応援が多いことに気づく。
私がウインブルドンを訪問した1991年当時は会場で日本人に会うことは稀だったが今やグランドスラム4大会のどこでも日本人の姿が多く見られるようになった。
知った顔も多い。

私はウインブルドン訪問が人生の大きな転機だったがそこに行かなければ分からないこと、気づかないことは確かにあるものだ。
可能であれば「そこに行くこと」だ、勇気を出して。
それがウインブルドンだろうと楽天オープンだろうと全日本選手権だろうと国体予選だろうと。
先ず、行動すること、その前に、行動しようと思うことだ。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-07 08:25 | テニス | Comments(0)

厳しさと美しさ

なじらね〜

e0156339_00354448.jpg

大雨の荒々しさがヒトの住む世界を襲っている。

そんな時でも同時に自然は美しさを包含し平然としている。

胎内市、荒川の土手越しに遠くの山々を眺めながら、ヒトと自然の共生を思う。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-07 00:43 | テニス | Comments(0)

2017RSK新潟県予選の雄姿

なじらね~


懸命な姿に心打たれます。

何でも一所懸命に取り組む子はカッコイイです。

2017RSK県予選でのジャンボの選手。

写真を撮れなかった人、ごめんなさい!


e0156339_15020303.jpg

e0156339_15433343.jpg


e0156339_15020256.jpg

e0156339_15281230.jpg

e0156339_15020467.jpg

e0156339_15020394.jpg

e0156339_15063010.jpg

e0156339_15282063.jpg

e0156339_15062916.jpg

e0156339_15062987.jpg

e0156339_15062955.jpg

e0156339_15062968.jpg



e0156339_15062875.jpg

e0156339_15062812.jpg

e0156339_15225110.jpg

e0156339_15363866.jpg

e0156339_15020228.jpg

e0156339_15020215.jpg

e0156339_15020166.jpg


e0156339_15192299.jpg

e0156339_15174199.jpg


[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-06 15:29 | テニス | Comments(0)

見て感じる、学ぶ、気づく、そして

なじらね~

e0156339_06002689.jpg

e0156339_06061206.jpg

e0156339_06002622.jpg

e0156339_06002668.jpg

e0156339_06002500.jpg

e0156339_06002517.jpg

2017RSK新潟県予選会場での光景。



見る

感じる

気づく

学ぶ

共感する




そして

君は

行動を始める







[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-05 06:06 | テニス | Comments(0)

良いあいさつのできる人になろう

なじらね~

e0156339_22402418.jpg


1.試合の始めに、選手はコート上でネットを挟んで目を見ながら対戦相手としっかり握手し、声を出して「お願いします」と挨拶をしよう。

2. 試合終了の際は、選手はコート上でネットを挟んで選手の眼を見ながら対戦相手としっかり握手し、声を出して「ありがとうございました」と挨拶をしよう。

松本市の信州スカイパークで行われた2017北信越小学生大会から始めました、試合前後のこのあいさつ。

選手ミーティングの時に全員で実際に練習してから試合に臨む。
こうしましょうと説明するだけではなかなかやらないものです、ジュニアたち。
で、隣の人を相手に実際にやってみる、相手の目を見ながらしっかり握手し声を出して「お願いします」!「ありがとうございました」!
相手を変えて何度かやるうちに自然にできるようになる。

試合後の握手は普通にできても試合前の握手はなじめないかも知れませんね。
でも、やってみよう、自己紹介と同時に。
握手もしっかり握ること。
触るだけのような握手は相手に対してとても失礼、不快なもの。

e0156339_22574840.jpg

2017RSK新潟県予選でも実施。
ロービングアンパイアの方がコートで指導してくれたのでみんなやれるようになった。

試合相手は敵ではない、最良のテニス仲間だ。
コートでは勝利を得るためにベストを尽くし、たとえ勝っても負けても試合が終わったら握手をして相手のプレーをほめて感謝の意を示す。

こうしてテニス仲間を増やしていこう。
切磋琢磨し合う仲間として。

それがテニス。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-07-03 23:13 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧