<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

フィジカルトレーニング

なじらね~
e0156339_13515968.jpg

e0156339_13515958.jpg

新潟市テニス協会主催フィジカルトレーニングクリニック、午後の部。

植木トレーナーの指導のもと、自分の身体を動きやすくするための
トレーニングから!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-29 13:51 | テニス | Comments(0)

フィジカルトレーニング

e0156339_1057765.jpg

今日は新潟市テニス協会主催のフィジカルトレーニング
クリニックです。

指導は植木トレーナー。

先ずは自分の身体を自分でどれだけ動かすことができるか!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-29 10:57 | テニス | Comments(0)

角を矯めて牛を殺すかのごとしパソ

アルフィーに似た名前のセキュリティーソフトの期限が切れたとのことでネットからダウンロードして更新した。

すると・・・悲惨なことになった。

メインのタワー型パソコンは2日後に突然反乱を起こしネットがつながらなくなりファイルがコピーできなくなり、一部のソフトが使えなくってしまったのだ。

サブのノートパソコンもデータの書き込みソフトが使用不可!


職場で使っているタワー型に至ってはそのセキュリティーソフトのダウンロードそのものが途中でできなくなってしまいインストールを断念。

唯一、大学の研究室で使っているノートだけは無事に更新でき使うことができる。

恐るべし、セキュリティーソフト。

角を矯めて牛を殺す!がごとし!

すでに料金はネット決裁されてるし・・・。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-28 01:19 | ライフ | Comments(2)

旅立ちは

14歳の辻佳奈美ちゃんがプロ登録をしたとの新聞発表があった。

やってください。

世界を舞台に自分の力を試してください。

覚悟を決めてチャレンジしてください。

自分の居場所を確保しましょう、世界に。

応援します。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-23 23:52 | テニス | Comments(0)

てふりっぷりんごオレンジプチトマト


「てふりっぷ咲いたよ」

e0156339_9172288.jpg

妻から写真付きのショートメール。

日曜日に散歩した時はまだ蕾だったのに。

さっそく携帯電話の待ち受け画面に貼り付けました~。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-20 09:02 | ライフ | Comments(0)

子どもから大人へ向かう春テニス

新潟市庭球場はスタンドを挟んで両側に7面と9面の砂入り人工芝コートが並んでいます。

2009年の新潟国体に合わせてコートサーフェスも張り替えましたからとても良い状態です。

4月17日のじょんのびオープン最終日には、片側の7面を使って全日本ジュニアテニス16歳以下の新潟地区予選を行ないました。
e0156339_10594025.jpg

ここで勝ち上がった4人と4組が5月の新潟県予選に進み、その上位者が7月の北信越予選にへの出場権を得て、そこで資格を得た者が8月に大阪で開催される全日本ジュニアへの切符を手にするわけです。
e0156339_11134672.jpg


長い道のりの最初の大会がこの地区予選なのです。

16歳以下のカテゴリーには中学生も高校生もいるわけですが、特に高校一年生は入学したばかりで、高校の「部活」にというものに触れたばかりで、戸惑いもあるようです。
e0156339_11165442.jpg

中学校でテニス部に在籍していた者はいいでしょうが、テニス部がないためにテニススクールで練習をしていた者にとっては高校の部活というのは良い意味でもそうでなくても一種のカルチャーショックを感じるのでしょう。

テニス部の無い中学校が殆どという現状とその問題点はここでは置いておいて、中学生と高校生とが混ざり合って試合をする大会もいいものだなあ、というのが実感です、運営する立場から見て。
e0156339_11191314.jpg

こんな光景がありました。

ダブルスの試合で、ロービングアンパイアが私に助けを求めてきました。

見ると、選手の足に痙攣がきたようで、選手の一人が一生懸命に手当をしています。

ロービングアンパイアの説明によると、痙攣を起こした選手を手当してあげようとネットの向こうにいた対戦相手の選手が走ってきてすぐに手当を始めたそうです。

その行動があまりに素早く、ロービングアンパイアが事態を把握する間もなかったとのこと。

コートサイドに近づいた時には、痙攣を起こした選手は回復し、試合を再開しました。

ルール的には違反行為ですが、私はロービングアンパイアに、あとで選手にルールを良く説明してあげてください、とお願いして本部に戻りました。

ルールの改定により、痙攣によるメディカル・タムアウトの適用はややこしくなりました。

でも、こんな光景もあるのがジュニアの大会です。

いろいろな経験を重ねて成長していってもらいたいものです。

県大会への出場資格を得た諸君、5月の大会では北信越大会いや全日本を目指して元気いっぱいにプレーしてください。

健闘を祈る!
e0156339_1121970.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-19 09:44 | テニス | Comments(2)

栄冠を春日にかざす笑顔かな

じょんのびオープンテニス2010。

雨による中断がありましたが、4月17日に男女とも決勝戦を終える

ことができました。

男子は大木良選手が75、61のストレートで野上流星選手に、女子

は野中生夏選手が46、76(7)、62の逆転で中野ゆみ選手に勝ち、

優勝しました。
e0156339_2474220.jpg
e0156339_246584.jpg

大木選手は野上選手の圧倒的なパワーによる強打をしのぎながら

相手をコートの端から端まで目一杯走らせてミスを誘うという頭脳

的なプレーを展開し、この大会初優勝を飾りました。
e0156339_2483012.jpg

最初のマッチポイントで渾身のフォアハンドを叩き込んで目の覚め

るようなウイナーを取ると、カモン!と大きな声。

それまでのすべてのプレーはこの一球のためにあったのか、と思わ

せるようなこの強烈なショットに目を見張りました。

たとえ相手のパワーショットでウイナーを取られても次のポイントを

冷静さと正確なボールコントロールとですぐに取り返し、2ポイントを

続けて取らせないという賢い試合運びは、これまでの豊富な経験か

ら紡ぎ出されているのでしょうね。

32歳のベテランらしさを感じさせる試合ぶりでした。

無理のない流れるようなフォームや相手のパワーを受け流しまた

それを利用する巧みさは身体の大きくない選手の模範となるよう

に見えました。

彼をジュニアの時から知る身としては、こうした優れたプレーや試

合運びを新潟の地で、じょんのびオープンで見せてくれたことに感

謝する気持で一杯です。

残念ながら破れた野上流星選手も、多くのことを学んだに違いあ

りません。


女子の野中生夏選手は2008年の優勝者です。
e0156339_2491968.jpg

昨年はプレーや表情に迷いが見られ、ベスト4でした。

今回はその迷いが見られません。

ミスや相手の好ショットなどでポイントを失っても逆にガッツポー

ズをする場面もありました。
e0156339_249582.jpg

自分をコントロールしています。

自らをコントロールせずして勝利は無い、勝つためには先ず自

分自身から、と言っているような態度を試合のあいだ、ずっと保

っていました。

簡単なことではありませんが、やり抜きましたね。

2回のマッチポイントをしのいでセカンドセットをもぎ取ることが

できたのも、自分を制することができたからでしょう。



実は、優勝したこの二人には、ある共通点が・・・あったのです。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-18 07:16 | テニス | Comments(4)

蕾から世界へ向かうテニス大会

新潟市庭球場は蒲原平野にあります。

蒲原平野とは新潟平野の古い呼称ですが、昔むかしのそのまたう~んと昔はきっと"読んで字のごとし"で!蒲の原"だったのでしょうね。

じょんのび オープンテニス2010はそんな新潟の、周りを田んぼで囲まれたテニスコートで開催されています。
e0156339_6565717.jpg

今日はいよいよ男女シングルスの決勝です。

本戦初日は雨のため午前中待機したあと、キャンセルとし翌日に順延しました。

やろうと思えばできたかも知れませんが、選手のことを考えると、やはり強行しないで良かったと思っています。

ところが、次の日が大荒れの天候で、雨もさることながら風が吹き荒れて、そのうち雪が・・・。

午後になってようやく雨が止んだのでさあ再開。

ところが風は強いままで止む気配がありません。

スコアカードが飛ぶと危ないので撤去し、ベンチも倒れるかも知れないのでコートエンドの壁際にくっつけて、とにかく選手の安全を最優先することを考えました。

選手は随分苦労したことと思います。

サーブではトスが流れ思うように打つことができません。

ロブは隣のコートに飛ばされていく。

ここで発揮されるのが、やはり人間力でしょうか。

冷静に風を利用しようとする選手と風に翻弄される選手とに分かれたようです。

雨や風や太陽は自分でコントロールすることはできませんが、自分の頭脳と身体はコントロールすることができます。

コントロールできるものに意識を集中し最大限使おうとする選手にとって、風は一つの有効な道具となるはずです。

そうでなければ風は大きな敵となるだけです。

明暗を分けました。

さて、今日の天気は?

早朝6時現在、雨ですが、試合開始の頃にはあがるでしょう。



同じ会場の半分を使って全日本ジュニアの地区予選が行なわれます。

私はそちらのディレターも兼ねてますが、ジュニアたちにじょんのびオープンの決勝の試合を見て欲しいものです。

同時開催のメリットですね。

どちらも元気一杯に!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-17 06:46 | テニス | Comments(0)

曇ってよし雨よりましさ庭球日

朝、目覚めたら・・・晴れてる!
e0156339_23401143.jpg

じょんのびオープンテニス、本戦2日目。

今日の雨で遅れた分を取り戻さなきゃいけません、晴れてくれなきゃ困ります。
e0156339_23411266.jpg

ところが、ジャンボバスで選手たちをピックアップしてオフィシャルホテルと新潟駅前を経由して会場の新潟市庭球場に向かう頃にはまたまた曇り空・・・。
おいおい頼むよ~~降るなよ~~!

願いが天に届いたのか、何とか試合を進めることができました。

感謝をこめて、今日は笑顔のオンパレードといきましょう。
e0156339_23421338.jpg

e0156339_23431156.jpg
e0156339_23434759.jpg
e0156339_2345768.jpg
e0156339_23472825.jpg
e0156339_2349791.jpg
e0156339_23511045.jpg

e0156339_23595730.jpg

e0156339_051438.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-13 21:23 | テニス | Comments(0)

春雨や明日に備える笑顔かな

e0156339_1902595.jpg
やって来ました!

あいか と まみこ!

じょんのびオープンテニスに出場するために、久しぶりにペアを組んだそうです。

雨風の中を元気良く練習!

私も久しぶりに会えたので嬉しくて一緒にパチリ!

明日からの試合、暴れまくってください。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2010-04-12 16:00 | テニス | Comments(2)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧