<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「水、水、水、命の水」

なじらね~


e0156339_10455991.jpg
e0156339_10461244.jpg

2004年の大雨を上回る雨量でした。


三条市に住むコーチの1人はその時のいわゆる7.13

水害の被災者で、家族で長期間の仮設住宅住いを強い

られた経験を持ちますが、今回の豪雨でもあわやとい

うところまで水が迫ってきたようです。


長野県の千曲川や梓川などを源流にする信濃川は日本

海に流れ込むまでに実にたくさんの支流から水を注が

れ嵩を増やしていきます。


三条市を流れる五十嵐川もその一つで、別名が「暴れ

川」というくらいにこれまでにも何度も決壊して大き

な被害を出していました。


2004年の7.13水害を教訓に三条市と新潟県と国は

水位を下げる

工事を続け、そのおかげで今回は被害をこの程度に

抑えることができたようです。


水位を下げる?

堤防を高くするんじゃなく?


はい、水と川と人の生活との関係を本質的に考える

と水位を下げる方がいいようです。


この考え方は大事なポイントのような気がします・・・。



(冠水した道路で遊ぶ子供たち。子どもはどこでもいつでも遊ぶ!

遊ぶヒト、それがホモ・ルーデンス!

写真提供は和子コーチ)
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-31 10:51 | ライフ | Comments(0)

これも楽しみ全国小学生テニス大会

なじらね~



全国小学生テニス大会、残念ながら新潟勢は今日までにみんな

敗退したようです。

後藤直  46 26 小林将大(岡山)
田中瑛士 67 46 小林将大
鳥越祐太 26 36 佐藤一樹(宮城)
杉本琴乃 62 63 森史佳(北海道)
杉本琴乃 06 06 塚原優希(千葉)

う~ん、本当に残念!


でも、これで次の全日本ジュニアに向けて心の火を新たに燃や

せるというものです。


田中瑛士君は67、46で負けたのですが、このスコアを見て2人の

ジュニアを思い出しました。



その1人は磯田勇介(鳥屋野中・ジャンボテニス)で、平成5年

大会で深井保明(栃木姿川第一中)に緒戦で67、46で敗退です。


翌年、6年生となった磯田勇介は準々決勝で比嘉明人に破れはし

ましたがベスト8まで進出(比嘉明人は優勝)。


磯田勇介はその後、全中ベスト4、中牟田杯ベスト4、そして

全日本ジュニア16歳以下優勝と進化を遂げたのです。


もう1人は岩橋祐介(山潟中・ジャンボテニス)で、2回目出場

の平成7年大会で大谷和也(東京都学芸大附属大泉中)に2回戦

(緒戦)でやはり46、67で敗退。


その後、岩橋祐介はRSK杯で準優勝、全国選抜ジュニアベスト4、

中牟田杯シングルスベスト4、ダブルス準優勝などを経て、イン

カレ準優勝、全日本選手権ダブルス準優勝と成長を続けました。


67、46、なにかしら因縁のあるスコアのような気がします。

そして、その先に大きなものが見える気もします。


この夏、大阪での全日本ジュニアテニスがもうすぐ。
e0156339_1934241.jpg
(写真は瑛士君のお父さん提供)
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-30 01:05 | テニス | Comments(0)

仲間と一緒全国小学生テニス大会

なじらね~




全国小学生テニス大会は今年(2011年)で29歳になったの

ですね。


第1回大会の優勝は山本育史君と山岸依子さんでした。

育史君には毎年どこかのジュニアの大会会場で必ず会いますが、

会うと必ずジュニアテニスの将来について熱く語り合います。


依子ちゃんには何年か前の全小の会場で会って第1回大会の優

勝の思い出話をして以来会う機会がありませんでしたが、現在は

結婚されて西宮依子さんとなりお子さんもいらっしゃるそうで

す。



さて、会場である東京の第一生命相娯園総合グラウンドテニス

コートではどんな試合が繰り広げられているのでしょうか。


田中瑛士君のお父さんから送られてきた写真を紹介します。
e0156339_11232010.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-29 10:59 | テニス | Comments(0)

土のコートで逞しく育てテニスっ子

なじらね~


e0156339_1053720.jpg

今日から全国小学生テニス大会が始まりました。

新潟県からは男子が3人、女子が1人出場します。

田中瑛士君のお父さんから開会式の模様が送られてきました。

ベストを尽くせ、新潟チーム!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-28 10:57 | テニス | Comments(0)

信濃路を 下る川風 今 越後

なじらね~


e0156339_22364438.jpg
e0156339_223743.jpg
e0156339_22371953.jpg

今日はハードコートで練習しましたが、マジ暑い!

すぐ横が信濃川なので時折川風が吹き、その時だけは生き返ります。


ハードコートはハードコートの面白さと楽しさがありますがその上

に吹く風にそれらを感じて欲しいものです。


練習のあとにシャワーを浴びて今日は・・・これ、紫蘇ジュース!
e0156339_22322677.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-27 22:32 | テニス | Comments(0)

梅ジュース

なじらね~



e0156339_2018263.jpg

昨年の北信越ジュニア大会で猛暑の福井を訪れた時に地元の女性

コーチから冷たいカシスジュースを差し入れていただきました。


ゴクンと飲んで・・・生き返ったのを思い出します。

細川コーチ、ありがとうございました。


お酒をやめて20年の私は夏の飲み物と言えば麦茶なんですが、爾

来、カシスジュースの類が王座を奪いつつあります。

テニス仲間の美穂子姫からもいただきました、カシスジュースと梅

ジュースと梅サワー。


さて、今年はその梅ジュースを作ってみました。

とは言っても実際に仕込んだのはカミさんですが。


梅に氷砂糖に広口瓶、殺菌用の焼酎にレシピまで付けてくれたのは

美穂子姫です。

ありがとうございました。


梅を冷凍したせいか11日目に飲めるようになり・・・もう飲み干

してしまいました、全部!


あ~あ、もうなくなちゃった、と思っていたら・・・行きつけの美

容院の先生から2リットルもの梅ジュースをいただきました。

ありがとうございます。



今年の夏はカシスジュースと梅ジュースで乗り切れそうです。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-26 20:18 | ライフ | Comments(0)

ミミズさん、こんにちは

e0156339_1530760.jpg

e0156339_1530854.jpg

なじらね〜



全国小学生大会のためにクレーコートで練習しています。


新潟市内、いえ県内でもクレーコートを探すのが困難な今日この頃で、昔ながらの荒木土のコートは高校にしかもうないのかも知れませんね。


ここ、新潟空港に近い中地区運動公園のコートもグリーンサンドと言われるものです。

高橋卓也や森川祐宇が全小に出た時もこのコートで練習してから大会に臨みました。

毎年、新潟市ジュニアチームの誰かが全小に出ることを想定して年度始めに予約しているものです。

今年は男子が二人、出場します。


コートに慣れることは必要で、そのコートを練習のために確保することも大事なことです。


さてそのコート、ミミズの這った後が長々と続きあちこちに干からびた姿をさらしてます。


そうです、クレーコートでの練習はまずミミズとの出会いからです。


練習が終われば水まきをしてからブラシをかけラインを掃きますが、これもクレーコートならではのトレーニングと言えますね。

欠かせない大事な訓練です。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-25 15:30 | ライフ | Comments(2)

夏休み今のうちに遊んどこ

なじらね~

e0156339_9392417.jpg

e0156339_9395376.jpg

e0156339_9404327.jpg

予想が半分当たりました。

夏休みに入った最初の土曜日なのできっとディズニーランドに

出かけて、コートに来るのは少ないよ、という予想が。


はい、いつもの半分の参加数でした。

でも、出かけたのはディズニーランドではなく安田アイランド

でしたけど。


6月の教室が雨で中止になりましたから2か月ぶりの西蒲区テ

ニス教室です。


9時の開始早々は涼しかったのですがどんどん気温が上がって

いきましたのでしょっちゅう休憩を取りながら練習しました。


この時期の子どもは驚くほど成長しますね。

身体的成長だけでなく心の成長もしかり。


顔の表情やかわす言葉でそれがわかります。

とてもうれしいことです。


それもこれも主催の西蒲区テニス協会の石塚会長の温かい笑顔が

いつも支えているからこそだと思います。


私の大好きな詩の一部を紹介しましょう。


  励ましを受けて育った子は

     自信を持ちます

  ほめられる中で育った子は

     いつも感謝することを知ります

  仲間の愛の中で育った子は

     世界に愛を見つけます

        Dorothy Law Nolte  詩、吉永宏 訳(一部)

この詩は新潟大学の杉本英夫先生が2005年の健康スポーツ科学

の授業の中で紹介してくださったものです。



あ、もちろんレディースの皆さんも成長してますよ!
e0156339_9435083.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-24 09:40 | テニス | Comments(0)

脈々と親子で紡ぐテニスかな

なじらね~



e0156339_9575687.jpg


第一セットを3-6で落としたあと、第2セットを6-3で奪い返し迎

えたファイナルセットはもつれてタイブレークに。

ここでもまたもつれるかと思いきや、タイブレークは7-1で決着。


2回戦でこの苦しい試合を勝ち抜いた田中瑛士君。

よくがんばったねと声をかけて頭をなでているお父さん。


お父さんは1980年に開校したジャンボテニス草創期のジュニア

選手でした。

やんちゃではなかった彼がやんちゃな瑛士君を導いています。


感無量です。


瑛士君はこの後決勝まで勝ち進み、ダブルスも3位になり、単複

ともに全日本ジュニア出場を決めました。


おめでとう、瑛士君、そして元ジュニアのお父さん。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-22 10:41 | テニス | Comments(0)

心の通い合い

なじらね~

e0156339_15131863.jpg
e0156339_1513407.jpg
e0156339_1514840.jpg
e0156339_15142928.jpg

先日おこなわれた全日本ジュニアテニス北信越予選での

光景です。



聞こえてきそうですね、

心と心の通い合いが。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-07-21 15:14 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧