<   2011年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

プロの味

なじらね~


クイズをどうぞ。

さてこの人はだれでしょう?


あるメーカーの契約プロだがそのメーカー名は?
1.亀田製菓  2.東芝  3.ブリヂストン


生まれはどこ?
1.長岡市  2.新潟市  3.高田市


何年生まれ?
1.1962年  2.1952年 3.1942年


日本のダブルスランキング最高位は?
1.1位   2.2位  3.3位


平木理化をグランドスラム大会のミックスダブルスで優勝に導いたが、その大会は?
1.全豪  2.全仏  3.全英


オリンピックのコーチを務めたがいつのオリンピック?
1.アトランタ  2.ロサンジェルス  3.ソウル


好きな食べ物は?
1.すし  2.焼肉  3.ピザ



さあ、お判りでしょうか?

平木理化のところで確定されるでしょうね。



はい、ブリヂストンの契約プロである田村伸也さんです。
e0156339_2382095.jpg


本日、その田村伸也プロを招聘しての「元気なクリニック」を

ジャンボで行いました。
e0156339_2385736.jpg

e0156339_2310126.jpg
e0156339_23103128.jpg

毎年のことですが、元気になるんです。

人を元気にする、いえ、元気な部分を引き出すのですね。


見習いたいと思います。

ありがとうございました。
e0156339_2310533.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-29 23:12 | テニス | Comments(0)

見るしかない!

なじらね~

e0156339_23541764.jpg
e0156339_23543851.jpg

今、東レやってますね。

次は楽天ジャパンオープンが始まりますよ。


今年もジャンボのジュニアたちを連れて有明に行きます。

見ること、近くでとにかく見る、これに勝るものはありません。


テレビ?

あれはレンズを通した虚構なんです。


見に行きましょ!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-28 23:49 | テニス | Comments(0)

個性は作るものか作られるものか

なじらね~


e0156339_1205553.jpg

中牟田杯北信越予選を振り返りながら、一人ひとりの

個性と成長についてあれこれと思いを巡らせています。


実力はあるのにいつもおちゃらけていてミスを先発して

いた長谷川聡(福井:敦賀気比高校)は今大会、真顔

で戦って・・・3位になりました。
e0156339_18332915.jpg


ノーシードから、一回戦で第3シードをファイナルセット

で破ると2回戦もファイナルセット、そして3回戦では第

6シードをまたまたファイナルセットで退けてベスト4ま

で進出し、全国への道を確定したのです。


3位決定戦では同じようにノーシードから第2シードと

第6シードを破ってベスト4に抜け出してきた中川雅之

(長野:m&mJTA)と対戦しこれも勝っています。


7月の北信越ジュニアでも1回戦敗退だった長谷川、

確かに高一の早生まれで体もでかくフィジカルな強さ

は持っていますが、3試合連続で第一セットを落として

からの逆転勝ちは、別の何かを掴んだ感があります。


それはいったい何でしょうか。



太田智也(長野:駒ヶ根テニス協会うめぐみ)は北信

越随一のフラット打法選手でそのうまさは際立ってい

ます。


ほかの選手のようにトップスピンをかけまくるのでは

なく、コンパクトなスイングで高い打点から正確にプ

レースメントし、相手を追いつめていくのです。


サーブもストローク同様にフラットで打つためボール

が低く弾み見た目よりはリターンしにくいと思います。


打つタイミングが早く小気味よいプレーにはリズムが

あり、見ていて楽しく感じますが本人は淡々とプレー

するだけでウイナーを取ってもニコリともしません。

ただ、時折、自分に気合を入れるような声を発してい

るのが分かります。


森川祐宇はこの太田智也に勝つつもりで試合に臨み

ましたが残念ながらその思いは叶いませんでした。


第一セットは彼のテンポに慣れるのに時間がかかる

ために失っても仕方ありませんが、第二セットはすで

に手の内がわかったわけですから取り返さなければ

いけませんね。


事実、何度かチャンスがありました。

ところが、より良いプレーをしようと自身を叱咤激励

するのでなくうまくできない自分に目を向けてしまっ

たようです。


第二セット4-4のあたりから、落胆し、自分を責める

ような言動が見られるようになってきたのです。


自分の良さを発揮するために、実は祐宇と私はある

取り決めをしていたのですが、勝負所で彼はそれを

忘れたようです。

e0156339_2028422.jpg

祐宇は素晴らしいテニスプレーヤーです。

真面目に練習し確実にレベルアップしています。

でも勝敗は相手との関係において決まるもので自

分の思うようにいくとは限りません。


勝敗を左右するものが体の大きさや動きの素早さ

や技術だけではないことを知る段階がきています。


自分に気合を入れる太田君、自分を責める祐宇、

ほんの僅かな違いが勝敗を左右したように思えます。



吉原里佳奈(長岡市テニス協会)は長い手足を駆

使して角速度を発生させボールを前に飛ばすエネ

ルギーを作ります。

過剰な回転に頼らない良い方法だと思います。

大会中も悩みながらサーブの改良に取り組み、ベ

スト4に。


e0156339_2029598.jpg

粉川友花(新潟第一高校・ジャンボ)は1回戦から

ボールをコートに入れ続けるというテニスの原点を

貫こうと努力しているのがよくわかりました。


これまでの涙が彼女をそうさせたのだと思います。

ミスの早いテニスから脱出しましたね。

サーブも改良が進み、1年前とは大違いです。

2回戦では第2シードを6-4、6-4で破りました。

5位になり福岡へ行きます。



長野駅前で買ったリンゴが届きました。

リンゴもどれも同じようでみんな違います。



みんなちがって

みんないい

(金子みすず)
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-27 20:32 | テニス | Comments(2)

雲のベールで覆われた松本

e0156339_15114390.jpg

e0156339_15114325.jpg

e0156339_15114377.jpg

e0156339_15114326.jpg

なじらね〜



爽やかな秋晴れからまた一転、今日は曇り空です。


でも昨日の朝のように刺すような冷たさの空気はなく穏やかな曇り空です。


さて、いつものように朝早く起きてコンディショニングをしっかりやりました。

習慣になるように。



6時45分から朝食、7時半までに会場に行き8時から練習、9時から試合開始です。


昨日はかすれた当たりのストロークが目立ったので夕方の練習では当たりをもう少し厚くするように意識させましたがかなり改善されたと思います。


タイミングの早いフラットドライブでテンポの良いプレーが身上の太田君に勝つには守るのではなく厚い当たりで先に攻め、リズムを崩す必要があります。



結果は36、46でベスト8ならず、全国への切符はお預けとなりました。


第二セットは何度か主導権を握るチャンスがありましたがあとひとつ攻め切る術に欠けました。


ボールを前に飛ばすこと、つまり相手から時間を奪うこと、そしてそのために必要な打点を得るための足さばきを身につけることが要求されていることに気付くには良い試合体験だったと思います。


今週末は室内選抜の県予選です。


その北信越予選もここ松本で行われます。



再び松本へ来れるように!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-25 15:11 | ライフ | Comments(0)

一回戦突破

e0156339_20193018.jpg

e0156339_20193141.jpg

e0156339_20193174.jpg

e0156339_20193150.jpg

e0156339_20193179.jpg

なじらね〜


一回戦、森川祐宇は61、64で金沢伏見高校の立川君に勝ちました。


第一セットは相手のミスが早くやや一方的な展開で祐宇が取ったのですが、第二セットでは立川君がミスを減らしてきたことと祐宇が第一セットを取った余裕からかプレーが粗くなってきたこともあり、取って取られてのもつれる展開になっていきました。

31から33に追いつかれた後の第7ゲーム、祐宇のサーブだったのですが、7回もジュースを繰り返してようやくキープしたのです。


流れが相手に行きかけていただけに危ない場面でした。


こういう場面では経験の少なさが出てきますね。


とまれ、そのピンチを切り抜けて何とか64で押し切りましたが課題の多い試合内容でした。

襲い掛かっていくようなボールを打つ必要があります。


相手から時間を奪うために必要な武器です。


昼食を食べたあとは山形村ふれあいドームまで練習に行くことに。


明日のために課題は早く解消するに越したことはありません。


ふれあいドームは砂入り人工芝コートが二面の天井の高い素晴らしい施設でした。

これが村営?


このままそっくり新潟に持って帰りたい!

5時まで課題に取り組んで宿舎に戻りました。

一緒に練習してくれた颯ちゃん、信田くん、ありがとう。




明日も元気よく!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-24 20:19 | ライフ | Comments(0)

快晴、爽やかな松本の朝

e0156339_98929.jpg

e0156339_98925.jpg

なじらね〜


一夜明けて昨日とは打って変わって穏やかな松本です。


5時半過ぎに起きて会場周辺でコンディショニングをしました。


紫ツメクサが朝露をまとって朝日に輝いています。


その中を祐宇は走っています。


今日は一回戦だけ。


32ドロー、これから抽選で自ら対戦相手を決めるわけですが選手はドキドキでしょうね。


まずは男子から抽選です。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-24 09:08 | ライフ | Comments(0)

思わず出るショット

e0156339_221145.jpg

e0156339_2211565.jpg

なじらね〜


風の中での練習は初めのうちは選手を戸惑わせますがしばらくすると適応力が染み出してきて風を取り込んでいくのがわかります。



その様子は眺めていてとても楽しいものです。



本来、テニスに風はつきものだと思いますがインドアが主体の新潟では風に接する機会が少なく、それだけ適応力のトレーニングが不足することになり、結果として実戦での弱さとなって現れることになりがちです。


風が吹けば桶屋が儲かると言いますが(子どもたちにはわからない?)風が吹けば子どもは強くなる!


今年の全米オープン準決勝ファイナルセット、フェデラー5-3リードの第9ゲームでフェデラーのサービス40-15、ワイドに入ったサーブをジョコビッチがワイドに切り返して鮮やかなリターンエース!


その瞬間、私は思いました、あ、反応した!と。


身体が勝手に動いた、つまり、ただ反応したのだと思いました。


あそこを狙ってこんなボールを打とう、ではなく、相手のボールにただすなおに反応したら、あら、入っちゃったヨ、という感じではないかと思います。


別の見方をすれば、フェデラーがあのリターンを引き出したとも言えるのではないでしょうか。


ジョコビッチにただ反応せざるを得ないような素晴らしいサービスを放ったからです。


ジョコビッチにとっては「風」だったのだと思います。


松本の、流れる雲の下で、風に吹かれて、内なるものを目覚めさせながら、良い練習ができました。



風よ、ありがとう。


ナガノパープル、ありがとう。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-23 22:11 | ライフ | Comments(0)

松本の信州スカイパーク到着

e0156339_1858197.jpg

e0156339_1858193.jpg

e0156339_18581937.jpg

e0156339_18581984.jpg

e0156339_18581960.jpg

なじらね〜


松本空港横の大会会場に到着しました。


信州スカイパークテニスコート、8面の砂入り人工芝コートです。


今日も風が強い!

風のスカイパーク!


すぐ横で離発着する飛行機の轟音も強風と共に選手を歓迎してくれているようです。


今年は主管の長野県テニス協会が前日のコートを出場選手のために確保してくれていました。

有料ですが選手にとっては嬉しい配慮ですね。


ありがとうございました!


おかげさまで3時から5時まで良い練習ができました。


6時半から夕食、風呂、ミーティング、就寝、そして良い夢!


ところで今日は珍しいシーンに出くわしました。

生まれて初めてですよ、こんな光景。


なんと…!











カマキリが

砂入り人工芝コートで

産卵して

いたのです!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-23 18:58 | ライフ | Comments(0)

長野から松本へ

e0156339_14235059.jpg

e0156339_14235062.jpg

なじらね〜


昼前に長野に着きました。


早速駅前のいつもの屋台のお店に行き、おやきを!


なす、蕎麦、野沢菜、社長のオススメというあんこ。


隣の屋台でりんごを買い、自宅宛に送ってもらうことに。


長野と言えば、おやき、りんご、そして…新蕎麦ですね。


二つはゲットしたので残るは新蕎麦ですがこれは予定が立ちません。

おやきを食べながらバスの待合室で祐宇と脳の成り立ちと働きについて勉強です。


古い脳とは何か、新しい脳とは何か、両方のバランスがいかに大事か、そのバランスはどうすれば取れるのか、など。


今すぐには理解できなくても折に触れて勉強することによって分かる日が早くくるのは確かです。


ふと目に留まったのが上高地のパンフレット。


それを見ながら河童橋の話などしてパンフをバッグにしまおうとすると…ありや、バッグが無いぞ!


そう言えばさっきトイレに行った時に棚の上に置いたんだ!

財布は手元にあるのですが大事なカメラや手帳が入ってます。


ここのトイレは待合室の外にあって公共トイレみたいなものなんですよ!


あちゃー!と大急ぎで探しに。


トイレの入り口で男性とすれ違いましたが、思わず私のバッグを持ってないか確かめてしまいました、すみません、見知らぬおじさん。


ありました〜、ブリヂストンの黄色いバッグ!


上高地のパンフレットが目に留まらなければバッグが無いことに気付かなかったかも。


長野でのドジ話でした。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-23 14:23 | ライフ | Comments(0)

新そばの信州松本へ

e0156339_1055311.jpg

なじらね〜


信州松本への高速バスの旅。

長岡から祐宇が乗ってきたので、この前のデ杯対インド戦で撮った錦織のサービスを見てもらいました。


全身を使って打つとはどういうことか、錦織と杉田とボパンナの共通点は何か、自分のサービスとどこが違うのか、では具体的にどこをどうしたらいいのかなど、映像からは貴重な刺激が得られます。


右手に見えていた海の風景がいつの間にか消えてバスはすすきが満開の登りルートに入りました。


あと一時間ほどで長野です。


おやき〜!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2011-09-23 10:55 | ライフ | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧