<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

こわいですね~

なじらね~

e0156339_2045890.jpg

おなかが絞られるように痛み、吐き気もありそのうち頭痛も。

夜も全く眠れません。


水分を摂るとそのまま出てくるのです。

全身がだるく、動けなくなりました。


どうやら自家中毒みたいです。

我が家では初体験!

今日はカミさんも食べたものを戻してしまいました。


明日には回復しますように!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-30 20:45 | ライフ | Comments(2)

旅で得るものは旅をして初めて得られる

なじらね~

e0156339_22341584.jpg
e0156339_22342038.jpg
e0156339_22351517.jpg

松本でのミニキャンプから3人がしっかり疲れて帰ってきました。

指導してくださったのは米沢徹コーチ。

お世話をしてくださったのは斉藤政宏コーチ。

2人のコーチに心から感謝します、ありがとうございました。



いつもとは違う場所で、いつもとは違うジュニア達と一緒に、い

つもとは違うコーチから指導を受ける。


旅すればこその体験です。

引率してくださった一礼パパ、ありがとうございました。



写真は斉藤コーチにお願いして送っていただいたものです。

ありがとうございました!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-29 22:34 | テニス | Comments(0)

旅する3人

なじらね~
e0156339_7362962.jpg

自転車で見送りに行ってきました、新潟駅まで。

一礼、柊二、拓人の3人が松本のミニキャンプへ行くのです。

始発の新幹線で長野へ、そして松本へ。

拓人は燕三条から乗ります。

9時過ぎには到着予定。


お世話をしてくださる政宏コーチ、ありがとうございます。

コーチングをしてくださる米沢徹コーチ、よろしくお願いいたします。

引率の一礼パパ、よき観察者でお願いします。



旅、です。

旅は子どもを逞しくします。


友だちいっぱい作ってこいよ、元気よく挨拶しろよ、と送り出して

きました。


帰り道、あっちこっちと道草食って写真を・・・。
e0156339_827359.jpg
e0156339_8272344.jpg
e0156339_8275087.jpg

e0156339_8292924.jpg
e0156339_8293680.jpg
e0156339_83020100.jpg
e0156339_8302014.jpg
e0156339_83293.jpg
e0156339_8315455.jpg


往きの3倍、時間がかかりました。

お花さん、ありがとう!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-28 08:27 | テニス | Comments(0)

気づきは母

なじらね~

e0156339_23375180.jpg

ボールに集中すると足元を忘れ、利き腕に意識を持っていくと

もう片方の手がコントロールできなくなる。


これを言い換えると・・・。


ボールの情報を読み取ろう。

ボールの高さ・深さ・方向・スピード・回転を読み取り、どこでバウ

ンドしどう跳ねるかを正確に予測しよう。


そのボールを相手コートの自分が打ちこみたい場所に打てるよう

に高さ・深さ・方向・スピード・回転を素早く決定してそうできるよう

な打点に移動するためのフットワークをしよう。


ベストの打点でボールコンタクトができるように利き腕の準備を

しよう。

利き腕が十分に早い準備をしボールに必要なだけのエネルギ

ーを与えることができるように、もう片方の手を利き腕と釣り合う

ような運動をさせよう。



小学生にわかるように、自分自身で気づいて分かっていくように、

こちらの言い方をあれこれ変えていく。


ある時は言葉を使わず五感に訴えることも。

意識しなくても体が動くようになるまで。


テニスは楽しい!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-27 23:27 | テニス | Comments(0)

花びらの謎・・・

なじらね~

e0156339_921149.jpg

朝練でコートに行くと、

何か白いモノが・・・。

あれ?

桜の花びらです。

どうしてこんなところに。

インドアコートなのに・・・。

だれかのウエアに付いたものがテニスをしている時に

落ちたのか。

それにしては新しいのです。



お前はいったいどこから来たの?
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-26 09:03 | テニス | Comments(0)

じょんのびオープンからジャンボオープンへ

なじらね~

e0156339_10112263.jpg
e0156339_102281.jpg

テニスが大好きな人のために・・・

新潟ジャンボオープンテニス2012を開催いたします。

昨年までじょんのびオープンテニスとして親しまれてきました

この大会ですが、男子賞金総額100万円のJTA大会として

5月に開催することにしました。



大会名:新潟ジャンボオープンテニス2012

予  選:5月6日(日)

本  戦:5月7日(月)~13日(日)

会 場:新潟市赤塚・メイワサンピア(ハードコート・デコターフ)




エントリーは締め切りましたが

追加エントリーを募集しています。

男子シングルス:残り11本(4/23現在)

男子ダブルス :残り18本(4/23現在)



追加エントリー申込み締切:5月5日(土)20:00までです。

申込み方法:FAXのみの受付とさせていただきます。

(FAX 025-285-1940)

先着順です。お早めに!!

エントリーリストなど、くわしくは、ジャンボホームページを

ご覧ください。
    ↓
  新潟ジャンボITS


なお、予選は5月6日(日)です。

予選は当日エントリーも可能ですので出場したい方は直接会場

にお越し下さい。
e0156339_10224498.jpg
e0156339_1023091.jpg


試合には出ないが見るのは大好き!というあなた!

ぜひ会場にお越しください。


また、サポーターも募集中です。

1口協賛を千円からお願いしておりますので、大会を盛り上げるた

めにも応援よろしくお願いします!


昨年はジャンボのジュニアもワイルドカードで出場して大健闘!

貴重な体験です。
e0156339_10233021.jpg
e0156339_1023421.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-23 10:25 | テニス | Comments(0)

2012新潟県小学生テニス大会

なじらね~

e0156339_1042642.jpg

新潟県小学生テニス大会、男子は柏崎市・白竜コート、女子は駅前

コートでの試合。

コートサイドの桜はほぼ満開です。

e0156339_946514.jpg
関拓人は一回戦を危なげなく60で勝ち二回戦へ。

二回戦は06で敗退。


二回戦の相手は本当にミスが少なく、どこに打ってもボールが返って

くる、そうすると拓人のミスが増えていく…。

一回戦と二回戦で立場が逆転です。

こうやって経験値をあげていくんですよ、拓人!

e0156339_9472554.jpg
岡田柊二は緒戦、取って取られてのシーソーゲームの末にタイ

ブレークとなり勝つチャンスはありましたが残念ながら敗退。

あと一息でした。


技術的な成長は素晴らしく、着々と進化しているのがよく分かり

ます。ラケットを伸び伸びと振り抜くことが試合でできるようにな

るといいな。

ミスを怖がっていては楽しくな~い!

e0156339_9475331.jpg
内山照英は一回戦勝ち上がりの選手と対戦し敗退。

照英はこのところグングン伸びてきているので練習時間を増や

してボールに慣れることが必要です。

ラケットも大人用のラケットにグレードアップしよう。


照英の試合態度は春のように爽やか!

スポーツはこうでなくっちゃね。



布川七海は緒戦敗退。

うまくいくことは確かに増えてきたのだけど1セットマッチの試合

ではミスを減らすことが大事です。

これからは練習中に試合の緊張感を持ってボールを打つように

しよう。

それと、テニスが好きなら、試合で勝ちたいなら練習時間を増や

して欲しいな。


小木瑞希は一回戦勝って二回戦で敗退。

試合は見れなかったけど状況の変化に対応するにはもっと練習

時間を増やすことを考えて欲しいと思います。


e0156339_9482487.jpg
第4シードの渋井諒は準々決勝がヤマ場だと言っていました。

ベスト4になれば北信越大会出場確定ですが8だと順位決定戦で

6位以内に入る必要があります。

準々決勝に勝って北信越大会出場を確定させたいという思いは強

かったでしょう。


その準々決勝、立ち上がりの2ゲームを失いましたが動揺の気配

はありません。

3ゲーム目からは主導権を取り戻しベスト4確定。

試合後の話では、0-2になったけど絶対取れると思った、とのこと

です。


続く準決勝の相手は第1シード。

リードされながらも逆転で6-4の勝利。

ダブルスで組む約束をしている相手でしたがそんなことを考えてい

る暇はなかったでしょう。

必死にならないと勝てる相手ではないことは本人が一番よく知って

いるはずです。


二回りほど大きい相手ですからウイナーを取られるのは当たり前、

諒はパワーで対抗するのではなく上手さで勝負しようぜ、諒は上手

いんだから、と試合前のヒソヒソ話。


言いながら、ふと諒の手の甲を見ると、「上手さで勝つ!」と書いて

います。

私が言う前にすでに自分で書いている!


15分後に第2シードと決勝戦です。

今、10点満点で何点疲れてるかい?と聞くと、8点、との答え。

見た目にも相当疲れているのが分かります。

よし、あと2点あるならその2点で勝つことを考えろよ、と私。


試合が始まると、安定したストロークを武器とする相手にミス

が目立ち2-5。

しかし、食い下がります。

相手が良いストロークをするので諒もストロークのレベルが

上がっていくではないですか。

ありがたいことです、対戦相手に感謝しなければいけません。

試合相手は敵ではなくテニス仲間なんだよ、相手に感謝し友

だちになろうな。


3-5にし自分のサービスゲームで40-0。

これを取れば、という場面でしたが、残念ながらゲームセット。

悔しさを全身で表しながら戻ってきました。

悔しさと同時にモチベーションというエネルギーにも満ちてい

ましたね。
e0156339_949670.jpg

e0156339_9492135.jpg

諒は6月15日からの北信越小学生大会(松本市)に出場し、

全国大会への切符を目指します。


新潟県小学生テニス大会の運営をしてくださった役員の皆様、

協会関係者の皆様、ありがとうございました。

おかげさまで子どもたちは日々成長していきます。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-22 10:03 | テニス | Comments(0)

2012新潟県小学生テニス大会

e0156339_725311.jpg

なじらね〜

渋井諒が引率ディレクターです、2012新潟県小学生テニス大会。

引率ディレクターの役割は、
新潟から会場までの行程を調べ利用する交通機関を決めたり、
スケジュールを作ったり、
持ち物その他の注意事項をペーパーにまとめて仲間に配り、
当日は皆を大会会場まで案内することです。

今回は柏崎での大会なので高速バスを利用し、
降りた所からはタクシーで移動することが必要なため
その手配もします。

小学生なので両親の助けも借りなければならないでしょうね。
親がどこまで手助けするかも含めて、よい経験になります。

20年ほど前になりますが私が頻繁にジュニアを海外遠征に引率していたある年、
フロリダのニック・ボロテリー・テニス・アカデミーに磯田勇介らを連れて行った帰り、
アカデミーからタンパ空港へ移動するバスで一人の外国人少年と仲良くなりました。

インドに帰るのだと言いますが
引率らしき人がいないので一人で来たの?と尋ねるとそうだと言うのです。
歳は?14歳。

初めての時は親と来たけど今回は二回目なので一人で行動しているとのこと。
インドまでだと何回も乗り換えが必要なはずです。

一人で大丈夫なの?と私。
不安はあるけど前に一度来てるから大丈夫だとの返事。

一緒にいた磯田勇介に、
そのことを説明すると、すげぇ〜!俺は無理だあ!と言います。

確かに勇介が新潟から富山に行くのとは違いますから、
その少年も両親も相当の勇気と覚悟がいったと思います。

最初に親と行動したのは一人で行けるようになるための練習だったわけです。
そして2回目は自分一人で。
これがトレーニング。

子どもに対する教育やトレーニングに対する姿勢の違いを
思い知らされた感がありました。

そして思いました。
子どもを自立させるためには
このようなトレーニングをすればいいだけのこと!だと。

14歳の少年とその場にはいませんでしたが彼の親とに
目を開かされた一瞬でした。

それ以来、私は、
私がジュニアを引率するのではなく、
ジュニアが仲間と私を引率するスタイルに変えました。

私は子ども達の前を歩きません。
子ども達が前を歩きます。
たとえ道を間違えてもそのことに気づくまで指摘はしません。
私が先に指摘すれば子どもは失敗体験の機会を失い、
それは自立の妨げになるだけですから。

こうやってジャンボのジュニア達は
引率ディレクターの役割をこなすようになっていくのです。

確かに、
どの大会も親と一緒に親の車で行けば快適で簡単でしょう。

でもそれでは貴重な社会トレーニングの機会を失っているという側面は
否定できないのではと思います。

公共交通機関を利用して
ジュニア自らが仲間とコーチを引率していくことによって得られるものは
目には見えにくいですがとても大きいと言えます。



さて、バスはもうすぐ目的地に着きます。
引率ディレクターの渋井諒、
このあとも頼むよ!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-21 07:25 | ライフ | Comments(0)

時という仕掛け人

なじらね~

e0156339_2223823.jpg

2月の新潟県庁の森。

4月の今、あの雪の下から・・・。

e0156339_22253289.jpg
水仙
e0156339_2235488.jpg
仏の座
e0156339_2243953.jpg
かたくりの花
e0156339_2242742.jpg
姫踊り子草
e0156339_22243486.jpg
蔓日日草 (つるにちにちそう)
e0156339_22142521.jpg
灯台躑躅 (どうだんつつじ)

e0156339_22144356.jpg

そしてそれを支える豊かな大地。


テニスに取り組む子どもたちとの関係に思いを馳せる一瞬。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-20 22:06 | フォト | Comments(2)

出会いの春

e0156339_10272055.jpg

なじらね〜


今年も新入生であふれています、新潟大学。

聴講申請や登録はうまくいったでしょうか。

2005年に私が入学した時、図書館のパソコンで手続きをしようとして、はてな?となったとき、隣りにいた男子学生が、どうしましたか?と声をかけてくれ手伝ってくれました。

彼はベトナムからの留学生で一旦東京で勉強したあと新潟大学の工学部に入ったそうです。


留学を終え帰国したら国のために役立つことができる、と。


彼の名はルク、漢字なら「力」ですね、と教えてくれました。

以来、彼とは一緒に授業を受けたりイベントに参加したりとすっかり親しくなったものです。


今はもう卒業してベトナムで活躍していることでしょう。



この写真は丁度授業中だったため人影がありません。


春の活気の中の静けさ。


ルク君との出会いを思い出すキャンパス風景です。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-04-20 10:27 | ライフ | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧