<   2012年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

「世界中でスポーツ」

なじらね~

e0156339_015132.jpg

ここメイワサンピアは、USオープン会場と同じDecoTurfの立派なハードコート

です。    メイワサンピアはこちら

全日本ジュニアの直前練習会を27日から行なっています。



明日には大阪に出発ですね。

ベストを尽くしてきてください。
e0156339_024985.jpg
e0156339_032970.jpg

e0156339_0122631.jpg

e0156339_052826.jpg
e0156339_05562.jpg
e0156339_06948.jpg


同じコートで、ジャンボ主催の小学生女子の大会も開催。

リーグ戦をしてからのトーナメントで試合経験を重ねることができます。
e0156339_063459.jpg
e0156339_064984.jpg


ヨーロッパ遠征中の櫻井準人コーチからはパリからドイツへ移動しますと

いうメールが届きました。

転戦しながらワールドジュニア世界大会へと調整していくわけです。

苦労は多いでしょうが実りも多い遠征になることでしょう。


長岡の希望ヶ丘コートでは北信越選手権が決勝日を迎えました。

全日本に向けての酷暑の中での試合は死闘といってもいいくらいの内容

なのではないでしょうか。

次回は新潟県のジュニアにもっと沢山出場して欲しいものです。



東京では全国小学生テニス選手権大会がクレーコート上で開かれています。

小さな体にとってポイントの決まりにくいクレーコートでのシングルス3セット

マッチはつらいものがありますが、国際標準を体験する第一歩だと思って

元気を出してもらいたいです。



ロンドンでのオリンピックも各種競技が進行し、柔道で、見たこともないジャッ

ジの訂正が行われ、一旦は青旗(相手側)3本で負けを宣告された海老沼が

再判定で白旗3本になって勝利し準決勝へ。

審判を審査する審判を設けたことによる事態のようですが、公正であるべき

スポーツ競技のジャッジの姿からすれば良い結果だと思います。

あの青旗(相手側)3本がそのまま認められればスポーツ競技の精神は墓に

埋められたのと同じだと思うくらいの誤審に見えましたから。

逆転負けを喫した韓国の選手も正当な判断だと思っているのではないでしょ

うか。


スイスのレマン湖の畔では女子ゴルフのエビアンオープンが最終日。

大活躍の韓国勢の中でも一人の17歳の選手には目をみはるものがあります。

そのキム・ヒョージュだけではなく、ゴルフにおける韓国勢の躍進の秘密を探る

必要があると思います。


アメリカの大リーグではイチローがマリナーズからヤンキースへ電撃移籍。

契約最終年を迎えて、自分の立ち位置を大胆に変える判断力と決断力に脱帽!


ジャンボでは新潟市テニス協会主催の「ちびっ子テニスのつどい」が約30組の

親子の参集のもとに今年も元気いっぱいにおこなわれました。

パパママと子どもが一緒のテニスはホントに微笑ましく楽しさにあふれています。


そして、この暑さです、きっと新潟のあちこちの海は海水浴に戯れる家族で賑わ

ったのではと思います。


世界のあちこちで、オリンピックほど華やかではなくても、うんと楽しいスポーツの

光景がこんな風に見られるといいですね。

銃やミサイルなどの武器ではなく、手にラケットを持ってボールを打ち合う世界に

したいです。


今日はカミさんの誕生日。

そんなことを考えながら「貴餅」(新潟市西区坂井東)で一緒にかき氷を楽しみま

したとさ。
e0156339_0102747.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-29 23:59 | テニス | Comments(0)

「朝のサプライズ」

なじらね~

e0156339_1433517.jpg
              (ゴーヤのグリーンカーテン)

夏休みに入ったので朝練は8時半からのスタートになりました。

朝は頭も体もフレッシュなので技術系の改善にはもってこいです。

七海のサーブを見てみましょう。
e0156339_149556.jpg

7/25の写真。ヒットした瞬間ですが足がコートに着いたままです。

下から上へのパワーがうまく使いきれていませんね。

e0156339_14125552.jpg

7/27の写真。軸足である左足が見事にジャンプしています。
e0156339_14151192.jpg

大地からのパワーを体に取り込みボールに伝えることに成功しています。

26日はサーブの練習をしていないので、25日と27日の2日間、費やした時間

は合計で30分くらいでしょうか。


これが朝練の良さ、効能でしょう。

もちろん七海の取り組みの良さもありますが朝は脳も体も疲れていませんから

当然と言えば当然の改善かも知れません。

サプライズのようで実はサプライズではないのですね。


夏休みこそのチャ~ンス!

Let's go 朝練!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-28 14:38 | テニス | Comments(0)

「ひたむきさの栄光」

なじらね~

e0156339_11333621.jpg

医学部には東医体という大きな大会があり、新潟大学医学部ももちろん

参加します。


女子部はその大会のために5月から7月にかけて私の集中レッスン

を受けに来るのですが、学生ですから当然大学で授業や実習を受

け部活をしたあとになります。


レッスン時間は夜10時から12時まで。

代々続く「東医体のためのジャンボ練」。


毎年、代が入れ替わっても変わらず感じるのは彼女らの感嘆すべき

ひたむきさです。


全学の部員とは違い大学に入学してからテニスを始める者も多いの

ですが、そのすなおなひたむきさによって長足の進歩を見せてくれる

のです。

その姿に接していると感動せざるを得ません。


春から何回かの遠征や練習マッチをしているのですが、全部ビデオを

撮って私のところに持ちこみ、コーチ見てください!と言ってきます。

それを次々と見ながら、ああこれもできるようになってきたな、と思い感

動しまくっているわけなんです。


昨日は新大全学との対抗戦のビデオを見てチェックしました。

ダブルスで、二人で相談してこうしようと決めてやってみました、という

言葉を聞いたときは嬉しくて涙が出そうでした。


言われたことをやるのは普通、そこから脱出して何かを捻り出し実行

するようになったらシメタものですよね。



さあ、この30日にいよいよ現地に向けて出発です。

練習してきたことを試合の中で最大限やってみてください、自分の決

断を信じてやり抜いてください、工夫してください、仲間を励まし自分を

元気づけてください、びびることもあれば落ち込むこともあり、悔しかっ

たり情けなかったり、でもそれも含めてのテニスです。


そんなテニスをそして仲間との生活を楽しんできてください。



ひたむきなあなたたちを私は心から尊敬しています。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-27 11:38 | テニス | Comments(0)

「友だち何人できるかな」

なじらね~

e0156339_18205519.jpg


e0156339_18205446.jpg

昨年末のマナーキッズ全国大会でマナーキッズ大使に選ばれた

ジャンボの小泉開が本日(7/25)USAに旅立ちました。


約3週間、現地でのYMCAキャンプに参加し、きっと日本では体験

できない様々な出来事に身をさらしてくるでしょう。


友だちを何人作れるか、一日に何回 THANK YOU!と言えるか。

それが私の関心事。


一人で新幹線に乗って成田へ、成田からJFK空港へ。

さあ、そこから先は・・・!


元気よく行ってこ~い!!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-25 18:22 | テニス | Comments(2)

「生き死にも共にあるのは水と土」

なじらね~



水と土の芸術祭が今年も新潟市内のあちこちで開催されます。

で、カミさんが休みを取れたので一緒に行ってきました、メイン

会場の万代島旧水揚げ場へ。

e0156339_1191934.jpg

新潟名物の水上バスに乗って川風に当たりながら信濃川を下って

行くのですが、これがまたすこぶる気分が良いのです。
e0156339_11959100.jpg

途中にあるバンブーハウスも水上から眺めると違った趣があるの

に気づきます。

夕焼けの時間に乗ってみたいなあと思います。
e0156339_1422061.jpg

カモメがすぐそこに!

ときメッセ前の下船場で船を降りて大通りをわたるとそこの倉庫群

がメイン会場です。

e0156339_1362046.jpg

とても親切なサポーターさんが丁寧に会場案内をしてくれました。

にむらやさんの話をすると、日比野克彦さんの企画した船が8月6日

に入港するときにその場で餅つきをしましょうよ、と提案したのがにむ

らやさんでしたね、と教えてくれました。

さあ、餅つきですよ、にむらやさんの女将さん!

私にもお手伝いさせてくださいな。

e0156339_1363833.jpg
e0156339_1371241.jpg

アート作品は・・・。

ぜひ会場でご覧ください。
e0156339_1372286.jpg

自由なのびやかな雰囲気のなかでゆったりと過ごすことができます。

食べたり飲んだりも。

おすすめです!


私もカミさんもお得なパスポートを買いました。

12月24日までやってますよ。
e0156339_1401924.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-25 01:40 | ライフ | Comments(2)

楽しい面白い鬼ごっこ

なじらね~


今日の練習の最後は菜海のリクエストで・・・鬼ごっこ!

理屈はいらない、楽しい、面白い。
e0156339_2250165.jpg

e0156339_22502133.jpg


e0156339_22503969.jpg

e0156339_22543095.jpg







[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-22 22:56 | テニス | Comments(3)

「夢ではなく目標として」

なじらね~

e0156339_1019165.jpg
(朝日新聞2012/7/22)

アトランタオープンで添田豪が錦織圭を破ったという。

スコアは6-2,6-1。

いいニュースだと思います。


世界のトップに肉薄する錦織がいて、その錦織に勝つことによって

錦織が立っているステージがより身近なものになるわけですから。


「遠い夢」から「手の届く目標」になったとき、よしやってやろうという

エネルギーは更に大きくなるのだと思います。


「僕には失うものが何もない」とは添田の試合後のコメント。

この気持ちのときは強いとよく言われます。


添田の準決勝の相手はジレ・ミュラー(ルクセンブルク)。

ジレ・ミュラーも「夢」から「目標」への道を突き進んでいるはずです。

そんな二人の激突に注目したいです。



添田に負けた錦織もまた一歩進みますね。

トップ20の選手はいつも背後から誰かが追いかけてくるわけですから

厳しい立場でしょう。

でも後ろを気にするのでなく、より前を向いて欲しいと思います。



「遠い夢」から「手の届く目標」へ。

子どもたちがこの転換を体験するにはどうすればいいでしょうか。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-22 10:21 | テニス | Comments(0)

「家族っていいなあ」

なじらね~


2005年に新潟大学に入学した時の同期生、私がロンと呼んでいた

彼も今や27歳、そして一児のパパです。


阪神タイガースのトレーナーとして赴任したのはこの春ですが、多忙

を極め、それ以来初めて連休が取れました~と電話してきました。


27歳と63歳の会話は1時間近くに。

共に過ごした4年間を下敷きに、仕事のこと家族のこと趣味のこと、

そして人生のこと・・・それはそれはあれこれと話は飛びます。

苦労の程がよく分かります。

そして、得難い経験を重ねているのも感じ取れます。


春に産まれたばかりの真由ちゃんの話題になると、電話の向こうで

顔がほころびているのが分かります。


とびっきりの写メ、送ってもらいました。

特別出演です!
e0156339_22382754.jpg
e0156339_2238404.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-20 22:34 | ライフ | Comments(0)

「遠き日の朝顔の笑み今朝もあり」

なじらね~


e0156339_5463018.jpg
e0156339_5465211.jpg
e0156339_5513429.jpg

ひょいと訪れる

30年前の顔


朝顔がツルを伸ばし

ようやく

窓を開けた日


はしゃぎたくて仕方ない

30年間の顔


ならば一緒に

その日に戻ろう


朝顔も違う色で

賑やかだ
e0156339_5472240.jpg

(その昔、一緒に仕事をしていたスイミングコーチの晴美ちゃんが
ひょっこりジャンボを訪問してくれました。右から二人目です。)
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-20 08:47 | ライフ | Comments(0)

強靭な足腰と心

なじらね~

e0156339_5325488.jpg

全日本ジュニア北信越予選、18歳16歳以下の部は今年から長岡市・希望ヶ丘

テニスコートで行うことになりました。

石川県での14歳12歳以下の部を見た後で18歳16歳以下の部を見ると子ども

たちの成長の過程がよくわかります。


石川会場で14歳ダブルスの準決勝を応援している時、いつの間にか小さな子ど

もが二人私のすぐ横にチョコンと並んで座って盛んに足元の蟻と戯れ始めたの

です。

そのあどけない仕草に、試合に出てる子の弟なのかなあ、と思ってました。


応援していた準決勝が終わって引き上げようとした時、ふとコートを見るとさっき

まで横に座って蟻さんたちと遊んでいた小さな二人がダブルスの試合をしている

のです。

ああ、あの子ら出てたんだ、試合に、と思ったものです。

しかも三位決定戦のようです。

しばし立ち止ってその様子を眺めてしまいました。



はい、流石に長岡会場では蟻と遊ぶ選手は見られませんでした!

が、こんな光景が・・・。
e0156339_5264397.jpg


e0156339_4443162.jpg


16歳18歳ともなると肉体の強靭さの違いは明らかです。

この写真を見ると一目瞭然。
e0156339_4535951.jpg


e0156339_4534720.jpg


e0156339_4542536.jpg


良いプロセスを踏んで成長して欲しいしそのためにはコーチは常に勉強だなと

思います。

過去は取り戻せないからです。

あの時こうしてれば良かったのに・・・と思ってもその時はすでに過ぎ去っている

わけですから、もとに戻ってやり直すことはできません。


ゴールからさかのぼっての現在、それを見据えて懸命に取り組むことを各層の

ジュニア達は我々指導陣に要求しているのだと思いました。


前日の準決勝で第1セットを取ったあと、第2セットを4-1から逆転されるとファ

イナルセットも失い、悔しい逆転負けを喫した友花、三位決定戦(8ゲームプロ

セット)では2-7から逆転勝利!

両方の立場を経験することによってのみ、体力だけでなく精神の強靭さをも体

得することができるのだと思います。

全日本ジュニア出場権獲得おめでとう!


ベストを尽くしたけど切符を手にすることが叶わなかった卓也、慶、祐宇、そして

孝浩、健太、諒、穂南、舞花、それに続く君もあなたも、次のチャンスに向かって

走ろう。


猛暑のなか、長岡会場および石川会場で大会運営に当たられました関係者の

皆さま、本当にありがとうございました。

e0156339_524576.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-07-19 08:30 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧