<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

大晦日の穏やかさ

e0156339_21292253.jpg

なじらね〜


大分県佐伯市の2012年12月31日、青空が広がりました。穏やかなり。


9月25日で96歳になった母はまあまあ元気ながら足元がおぼつかずト
イレに行く姿を見ているとハラハラします。


デジカメで撮った私とのツーショットを見て、あ〜あ、おばあちゃんになっ
てしもうた、と笑い顔のでも精一杯の歎き調で言います。


70歳でもなく80歳でもなく96歳の言葉には、この歳になってなおかつ
何故人は歳をとっていくのか?という疑問に答えを見出だせないもどか
しさや忿懣やるかたないものを感じているのだろうなあと思わせます。


おばあちゃんでいる自分を認めたくはないのでしょう。
自分は自分なのであっておばあちゃんではないのよ、と言いたげです。


母の心の声に耳を傾けながら迎える大晦日。


あと数時間で新年です。


皆さま、良いお年を!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-31 21:29 | ライフ | Comments(0)

南国の景色

e0156339_4101467.jpg

なじらね〜


車窓からミカン山が見えるかなあ、と思ったのは、帰省のたんびに
その光景が減っているからだ。


九州路、日豊本線は新潟と違って線路が曲がりくねっていて、次の
カーブを過ぎるとパッと海が見えるとか、トンネルを過ぎるとミカン山
の鮮やかなオレンジが目に飛び込んでくるとか、新潟生まれのカミ
さんもそんな景色をとても楽しみにしていたものだ。


ところが…あのオレンジ色の光景はもう見られなかった。


わずかに家屋のすぐ近くの畑に見られるくらいで、ミカン山ではなく
ミカン畑になっていた。


そして、それすらも少ない。


少子高齢化とミカンの価格下落は農家などの一次産業の構造をす
っかり変えてしまったに違いない。

ミカン山の段々は上り下りがキツイのだ。


そこでの作業は過酷なもの。


若い力がなければ続けるのは難しい。


年に一度しか帰省しない者のノスタルジーのためにミカン栽培を続
けるわけにはいかない。


せめてあの光景を目に焼き付けておこう。


初夏に白い小さな花を咲かせ山を包むほのかに甘い香りとともに。



夕方、96歳になった母の待つ家にようやっとたどり着いた。


笑顔。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-30 04:10 | ライフ | Comments(2)

冬の南国

e0156339_17394723.jpg

e0156339_17394770.jpg

e0156339_1739479.jpg

e0156339_17394797.jpg

e0156339_17394760.jpg

e0156339_17394793.jpg

なじらね〜


珍しく青空が広がった新潟から福岡へ飛ぶ。


新潟空港では搭乗システムの故障とやらで離陸が一時間ほど
遅れる。

でも、福岡での乗り継ぎ時間を2時間にしておいたおかげで飛
行機の遅れも気にせずに済んだ。


もっとも、当初予定した福岡での乗り継ぎ時間は一時間だった
のだが、JRの指定席が取れなかったせいで一時間遅い電車に
したのだった。


何が幸いするかわからないとはこのことだ。


余裕があったおかげで、博多ではあの「一蘭」のラーメンを食べ
に行くこともできた。


相変わらず行列のできるラーメン店。


ここでは、タレの濃さや辛みなどを紙に書いて申告する。

あなたの味のご要望にお応えするラーメン!というわけだ。


いつもは全て標準にするのだが今日は辛みを強くすることにし
た、何となく。


すると、辛みに味がマスキングされてしまったか、旨味が薄れて
しまった感あり。


辛みは自己主張が強いことを改めて思い知る。


それでもまあまあ満足して博多駅から佐伯へ向かう特急ソニッ
クに乗り込む。

もちろん駅弁を買って。


絶品だったのが穴子鮨。昆布巻きなのだ。

カミさんと一緒に旨い美味いと言いながら平らげる。


電車の旅の楽しさよ!

電車は日豊本線を南へと走る。


湯の街別府を過ぎると大分で乗り換えだ。

大分から約一時間で佐伯に着く。


車窓からミカン山が見えるかなあ。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-29 17:39 | ライフ | Comments(0)

手応えあり

なじらね~

e0156339_2220293.jpg

冬休みの朝練終了。

3面のコートのうちの1面では「50回ラリー!」という練習を
毎日行いました。


25日のこと、かつきは167回をマークして、やったぜトップ
だ!と思っていたら、かずあやとしゅうじが342回!

え~、342回かよ、オイオイ~。


もう50回どころではありません。
みすずは56回→159回→236回と毎日回数をアップしてい
きました。
こうきも17回→102回→236回と大幅アップです。
高校生のおざわとやまだも259回。


そして最終日の今日、かつきはなんと401回をマークし誇らし
げな顔。相手はななみです。

二人ともすごいと思います!
もう頭が下がります。


数を数えるのは分かりやすくていいですね。


次にジュニア達と会えるのは新年の3日。
初打ち練習会を午後4時から8時まで行います。

新年になっても顔はきっと同じ顔でしょうが気分を新たにして練
習をしま~す。

楽しみです!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-28 22:28 | テニス | Comments(0)

背中を押すもの

なじらね~

e0156339_71369.jpg

背中を押してくれます、朝練に向かう道。

せっせと押してくれるのは・・・吹雪!

しかも地吹雪です。

新潟では雪は下から吹き上げてくるもの。

その吹雪が私を前へ前へと進ませます。


夜は明けているのに

厚い雪雲が太陽を遮って薄暗くても

私の道は

はっきり見えます。

朝練のテニスコートへの道。

その道を

風と雪に押されて歩きます。


待っているのですから、子どもたちが。

小学校4年生、5年生、6年生、中学生も高校生も。

みんな、吹雪もなんのその

ほっぺを赤くして

待っているのです。


吹雪に背中を押されて

子どもたちに

吸い寄せられて

テニスコートへの道を進みます。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-28 07:01 | テニス | Comments(0)

来年のデ杯、応援に行きます!

なじらね~

e0156339_22482632.jpg

チケットを予約するのに1時間ほどかかりました!
デビスカップ「日本対インドネシア戦」。

アクセスが殺到しましたかね、一向につながる気配がなく、
こんなに人気があるの?と思ってしまいましたが、これも
錦織の活躍のおかげなんでしょうか。


でも100位以内に3人もいるのですからね、日本男子、
単に錦織だけの人気ではないような気もします。

杉田祐一はATPランキング:単117位ですし守屋宏紀は
170位ですから来年は100位以内に5人も夢ではない
ような・・・。


さて、そのデビスカップ・アジア/オセアニアゾーン・グ
ループ1回戦は来年(2013年)の2/1~3に東京有明コロシ
アムでの開催ですがいよいよ代表候補が発表されました。

錦織圭(単19位)、添田豪(単60位)、伊藤竜馬(単79
位)、杉田祐一、守屋宏紀、内山靖崇の6人です。


インドネシアの国別ランキングは41位、日本は21位。

過去の対戦は日本の6勝1敗ですがこれまでの試合を振り
返ってもまったく油断ができないのがデ杯ですから褌を締
め直してかからないといけないでしょうね(ふんどし、っ
てもう死語でしょうか・・・?)。


監督の植田実さん、応援してま~す!

皆さん、有明に応援にいきましょうよ!
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-26 22:50 | テニス | Comments(0)

朝練とけん玉の効用

なじらね~

e0156339_12173081.jpg

ジャンボでは24日から28日まで冬休み朝練です。

7時45分から9時45分までの2時間、みっちり練習しますぞ。

「50回続けようラリー」のコートではなんと146回を記録した
ペアが!


各コートに設けられたテーマを一所懸命にやり抜こうとする姿は
美しいとしか言いようがありません。


朝練の良さはなんと言っても頭がフレッシュな時に動作できるこ
とですね。
さまざまな動きを短時間で体得することが可能になります。
夕方と朝とでどれくらいの違いがあるのか、研究対象にしてみた
いものです。


朝練のもう一つのメリットは積極性が身に付くことです。

朝早くから練習するにはそれなりの覚悟と準備が必要で、それが
心を強くします。

いわゆる「やる気」が涵養されるわけですが、こちらの方が重要
かも知れませんね。



そして朝練が終わったあとはこれ、けん玉。

コーディネーション能力を高め集中力を磨くにはもってこいです。
e0156339_1294546.jpg
e0156339_1294812.jpg
e0156339_12102913.jpg

できなかったことができるようになる!

それを体験する、これが・・・大事。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-24 12:31 | テニス | Comments(0)

迫りくる草間ドットの超ひも理論

なじらね~
e0156339_23362169.jpg


e0156339_23371411.jpg


e0156339_23365714.jpg

12月24日までです、草間彌生展。


ぜひ新潟市美術館へ。

語る必要なし!


そこへ行って、見る、いや体験するのみ。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-22 23:41 | ライフ | Comments(0)

心の中は覗けない

なじらね~
e0156339_13235480.jpg
2005年に新潟大学教育学部の健康スポーツ科学課程に

入学して現在もまだ大学に残っているのは私とけっちの二人

だけ。


みんないわゆる社会に巣立ち、いわゆる社会人と呼ばれる

存在に脱皮、いえ変身、いえ変態かな?をしていきました。


すでにトラバーユした者、異動して勤務地が変わった者、子

どもが産まれた者、あるいは子作りに励んでいる者、この仕

事が本当に自分の転職(天職の間違い!)か?と悩み続ける

者、など、さまざまで、でもそれぞれが懸命に生きているな

と感じています。

そんな彼ら彼女らは今27歳、私は63歳・・・。



さて、そんな12月のある日、けっちとともに心の健康セミナー

で教養講義棟に出かけました。
e0156339_002760.jpg
(すっかりきれいになっている教養棟ですが2005年頃には
「下駄ばきを禁ず」という貼り紙があったりしたものです!)

e0156339_022810.jpg

今回のテーマは「気分障害」。いわゆる、うつです。

約10人に1人が陥ると言いますから、他人ごとではありません。


現に私も腰部脊柱管狭窄症で動けなくなったとき、そう、あの

ときの症状が・・・まさにそれだったと思い当たるのです。

痛みで動けない→体を動かさない→次第に脳が働かなくなる
→気分障害へ

次第にそうなっていく自分に気づいているのに自分ではどうに

もできない・・・。


幸いにも私にはテニスとテニスのコーチという良薬があった

ので窮地から脱することができたような気がします。

もっと言えば、テニスコートでの生徒さんたちの顔、ジュニア

たちの顔でしょうか、支えになってくれました。

その存在そのもの、つながりと言えばいいのでしょうか、が支

えだったのだと思います。

そしてかみさんのおおらかな性格・・・これが大きい!

助けられました。
e0156339_1382710.jpg

我々の思考や行動は、脳内の神経伝達物質(セレトニン)が

どれだけうまく情報を受け渡しできるかにかかっているという

のはよく知られていると思いますが、何らかの原因でそのバラ

ンスが崩れるとうつ症状が出るのですね。

セレトニンが減少したり、逆に受け止める方(受容体)が増加

し過ぎたり・・・。



良いバランスを保つことがそのまま予防になるそうです。

で、そのためには・・・やはり良い生活習慣!

十分な休養!
野菜の多い食事を3食!
適度な運動を定期的に
睡眠!

やっぱりこれしかないようです。

週に1回、テニスをしよう!
e0156339_13202060.jpg

[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-21 20:00 | ライフ | Comments(0)

なにはともあれ

なじらね~

e0156339_261038.jpg

のどもとすぎても

あつさわすれたくない
[PR]
by jumbozaki-625 | 2012-12-16 23:59 | ライフ | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧