<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日曜日の午後

なじらね~


日曜日、写真の好きな者が集まって第0回フォトカフェを
やりたいからというお誘いに乗って会場へ。
フォトカフェ仕掛け人のかとぅ~んは笑顔写真家。
2005年新大入学が私と同じというつながり。
このブログでも何度も紹介してます。

さて、ネットカフェ。
直前に本人から電話があり、写真を何枚か持って来いという。
電話を受けた金曜日は、東京から遊びに来た姪を新潟駅で
見送ってから信濃川のやすらぎ堤をカミさんと散策していたところ。
したれば、ここで写真を撮ってそれを持っていけばいいかなと。
そのなかの一枚がこれ。
e0156339_07523606.jpg
萬代橋の歩道にずら~っと飾られているチューリップ越しに、
新しいランドマークタワーとなった新潟日報メディアシップを。
さらに朝の太陽を背にして。
5DMarkⅢは液晶画面が固定なうえ私は腰を痛めているので
ローアングルは無理。
で、ノーファインダー撮影です。
3枚のうちの1枚が運よくヒットしました。
露出は思いっきりプラス補正に。

萬代橋を日本海の方へ渡り切り、風もなく穏やかな空気のなか、
やすらぎ堤を上流に向かうと・・・。
穏やかな川面で高校のボート部が練習している光景、
この時季お定まりのチューリップ、
咲き始めの八重桜、
親子連れも孫連れも犬連れも、
ジャージ姿でランニングする高校生の群れ、
などなどで200枚くらい撮ったでしょうか。
でもこれはと思ったのは先ほどの写真を入れてもたった5,6枚
・・・なんです。


で、日曜日の午後はその写真やらテニスの写真やらを持って
第0回フォトカフェへ。
会場は博進堂という印刷会社の厚生施設である点塾とのこと、
行ったことがないのでタクシーで。
少し遅れて辿りつきました、ごめんなさ~い!

仕掛け人であるかとぅ~んは念願の笑顔写真集を刊行しました。
就職内定を蹴って笑顔写真家を目指し放浪、ん?修行?の「日本
一周笑顔の旅」に出たのが2009年。
そして2013年11月にその集大成としての一冊を世に送り出すこ
とに。
かとぅ~んの笑顔写真集はこちら。
   ↓
http://egao-saku.jp/
e0156339_720381.jpg
会場は木のぬくもりがいっぱいの素敵な空間。
こんな感じです。
参加者それぞれが一つのテーブルを展示スペースとして与えられ、
写真を自由にレイアウト。
何も考えていなかった私は右往左往・・・!
周りを見ると・・・みなさん、工夫をしてチャーミングな
自分だけの空間を演出しています。
私は・・・やっぱり右往左往・・・!

e0156339_7201849.jpg


準備ができたところで、まず、お茶タイム。

準備ができたからさあ皆でお茶、というのが・・・いいですねえ。
これぞフォトカフェ!
これも、かとぅ~んならでは。
メガネをかけて大口で笑っているのが本人。
そもそもかとぅ~んの笑顔が素敵なのですよ。

どうやら私以外は皆さんお知り合いの様子、でもジャンボ尾崎は
めげずにツイストサーブを放ちます。
お茶で気心が知れたところで(私が勝手にそう思っているだけ?)
さてさて、出展者の作品を思い思いに鑑賞。

先ず、附箋にコメントを書いて置いていきます。
15人、15テーブル全部に。
これは良かった。
e0156339_7202920.jpg
椅子の上にあるのがいただいたコメント。
うれしいです、これって。
私の作品がどう見られているのかって普段は分かりませんからね。
違う視点が飛び込んでくる!
うれしくもあり、面白くもあり、怖くもあり。

次は全員で一つのテーブルを鑑賞します。
院長先生の回診スタイル、と名付けたのは・・・私。
これがまた良かった。
1対1ではなく1対14人なので差しとは違う緊張感や、
そうか、これもありだよ!みたいな感想も。
e0156339_7201222.jpg

e0156339_7202410.jpg

e0156339_7202120.jpg
一通り鑑賞や問答が終わったところで、自分の作品のどれが
人の心を掴んだかを知ることも大事だよねということで、
1人1票を持ち、そのテーブルでのベストに投票。
自分の思い入れと他者の目から見た選択が
果たして一致するのか・・・?!

まあ、いろいろです。
意外!というのも。
それがまた面白い。

私のテーブルのベストはこれ。
白い小さい紙が急きょ作った投票用紙なのです。
光の使い方をほめていただきました。
e0156339_21004096.jpg
予定時刻を過ぎても一向に終わりそうにない楽しい時間。
全部の作品を紹介したい!
写真を挟んだやり取りを紹介したい!

で、今回のベスト作品をまとめたブックを作りたいなあ、と私は思いました。
今回は第0回ということで第1回を開催するための準備運動。
第0回写真集、ですかね。
どうしたらいいかなあ、と真剣に話し合う。

テニス以外で楽しい時間を過ごすのって・・・これまた良し!

主催のかとぅ~んに自宅まで送っていただきました。
ありがとうございました。
仲良くしていただいた皆様、ありがとうございました。

はい、第1回が楽しみになってきましたよ~。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-30 21:31 | ライフ | Comments(0)

気持は動作に表れるものです

なじらね~
e0156339_12293289.jpg
2014新潟県小学生大会でのひとコマ。

相手サーブをリターンするために準備するSANAの構えです。
SANAの気持ちが全身から感じ取られます。
この試合、まだ小さなSANAは必死にボールを追いかけ、転んで
膝小僧を擦り剥きました。

転ぶことは決して良いとは言えませんが、必死になってボールを
打ち返そうとした結果転ぶのは仕方ありません。


勝見志津コーチがうんと小さかった頃は・・・生傷が絶えません
でした。
ある夏、膝小僧の傷が治りかけてかさぶたになってきた頃、決
してボールをあきらめない彼女、また膝から転んでしまいました。
私もあっと思ったものです、そこはようやく治りかけた方の膝!

顔が苦痛にゆがみ、いつもならすぐに悲鳴を上げる彼女が声を
出さない。
いえ、声すら出なかったのでしょう、あまりに痛くて。
コートの表面にベタッと貼りついているのは・・・なんと、膝か
ら剥がれたかさぶたです!

決して足が速かったわけではない彼女はあきらめないことを学
び武器としていきましたが、そうであるが故に彼女の膝小僧は
いつもコートと仲良しでした。

小柄な彼女のテニスに対するそんな姿勢は成長後もずっと続き、
見る人を感動させることもしばしば。

11年前の2003年の須玉国際大会での出来事が、てらおよしのぶ
さんのブログでリポートされていました。
伊勢ミツ子のスライスに振り回された勝見志津は転倒してしまい、
膝と肘から出血しながらも冷静に勝利をものにし決勝に進出した
そうです。

(てらおよしのぶさんのブログ)
       ↓
http://workaholic-web.com/photo-bbs-2003/20031101215831.html

決して転ぶことを勧めているわけではありませんが、それほど諦
めずにボールに食らいついていく気持ちが大事だということです。

少し遠い所にボールが来るとすぐにあきらめてしまい足を止める
ジュニアはそのボールを返すことのできる喜びと面白さと重要さ
を知らないのでしょう。

膝小僧は語ります。








[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-28 12:54 | テニス | Comments(0)

すしのおいしさは食べる人の舌で決まる?

なじらね~
e0156339_23062258.jpg
安部晋三とバラク・オバマが食べたすしはミシュランの星3つのすし屋、
すきやばし次郎さんが握ったのだそうな。


で、私が今夜の会議で食べた新潟のすし、1250円。
十分美味しかったです。

星3つ、差し上げたい。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-23 23:26 | ライフ | Comments(0)

すなおな気持ちで取り組むテニス

なじらね~
e0156339_07232768.jpg
毎年5月から新大医学部女子テニス部の指導が始まる。

部員は大学に入学してからテニスを始める者が多いのだが

8月の東医体(という医学大の大会)に向けてチームがとても

よくまとまって努力を続けていく。

授業を受けたあとコートに集まり、クレーコートで土まみれに

なってボールを追い、薄暗くなってボールが見えにくくなるま

で練習を続ける、その姿は感動的ですらある。

コートにナイター照明は無いのです。

大学のコートが使えない時は市営コートで。

そんな彼女らを指導できることを本当に誇らしく思います。


e0156339_07225471.jpg
まず4月に今後の練習プランを相談することからスタート。

医学部なので5年生と6年生は引退し4年生が幹部となる。

新戦力の分析と具体的な目標設定、そして練習プラン作成。
e0156339_07230594.jpg
e0156339_07410799.jpg
部員たちと私の共同作業が始まる。

真剣な彼女らの目は美しい。









[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-23 07:41 | テニス | Comments(0)

新潟県小学生テニス大会

なじらね~
e0156339_23284884.jpg
小学生大会の特徴です、この身長差!
でもお構いなく試合は進みます。
e0156339_23332224.jpg
今大会での感動シーン、それは1回戦で負けたSAYURIちゃんが
コンソレで楽しそうに元気よく試合を続ける姿です。
次も、また次も。

そんな小学2年生、実はデビュー戦だったのです。
本戦では緊張したでしょうに、でもコンソレを十分楽しむことが
できたようです。

勝ち負けを気にせずコンソレを楽しみ経験を重ねる。
これって、とっても大事。
ご両親が温かく見守っている様子も印象的でした。
e0156339_07430444.jpg
仲良しになったので一緒にパチリ! 笑顔って最高!
さてさて、シャッターを押してくれたのは誰でしょう・・・?!


何人かのサーブの様子を。
e0156339_23413198.jpg
右足のジャンプ!30センチは跳んでますね。


e0156339_23421614.jpg
全身のしなり!そしてバランス!

e0156339_23451006.jpg

ボールをよく見ています!(先週まで見てませんでした)


e0156339_23480351.jpg

ここ1ヶ月でとても良くなりました!めきめき!


e0156339_23424112.jpg

どんなサーブをしようとしているのかが良く分かります。
強い意志!


e0156339_00053271.jpg

うんとレベルアップ!



e0156339_23560817.jpg

女子ベスト8。
ウイナーズスピーチもちゃんとできました、RUNA。
ジャンボのNATSUMIは北信越大会出場権を獲得!


e0156339_23582316.jpg
男子ベスト8。
ウイナーズスピーチ、ありませんでしたね、残念。
ジャンボの男子は北信越大会出場ならず!残念。


小学生は短い期間で大きく成長します。
成長するのです!

平成26年度新潟県小学生テニス大会(柏崎)。
大会運営の皆さま、ありがとうございました。

子どもたちの懸命な姿と桜が楽しみな大会です。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-20 23:58 | テニス | Comments(0)

ウイナーズスピーチ

なじらね~
e0156339_22565197.jpg


e0156339_22562417.jpg


e0156339_22564159.jpg


e0156339_22565918.jpg
優勝者だけに与えられる緊張感、それがウイナーズスピーチ。

照れながら、はにかみながら・・・。

感謝の言葉を言い忘れてやり直しをしたり、みんなの顔を見る

ことができずによそを見ながらだったり・・・。

でも、ずいぶんうまくなってきたと思います。


自分の気持ちを伝えるのってそんなにすらすらと簡単にできる

ものではないでしょうが、これもトレーニングです。

これもテニスの実力のうちです。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-18 23:04 | テニス | Comments(0)

白いタンポポ記念日、信濃川に沿って

なじらね~

e0156339_00023110.jpg
タンポポって聞くとこれを思い浮かべる人が殆どでしょうね。

ところが、私の故郷である大分ではこれ。

白いタンポポ。

e0156339_00041288.jpg
で、新潟でも見つけたのです、この白いタンポポ。

黄色いタンポポのすぐ近くに。

新潟で、初めて見ました、白いタンポポ。

信濃川に架かる千歳大橋で。


今日は白いタンポポ記念日!








[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-15 23:58 | 花たち | Comments(0)

微笑みのちから

なじらね~
e0156339_23193766.jpg
新潟市庭球場に咲く乙女椿です。

10番コートの脇にたたずみ、心を和ませてくれます。

美味しそうなピンクと濃密な色の赤と・・・。
e0156339_19011079.jpg
どちらも好きです。











[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-15 06:12 | 花たち | Comments(0)

晴れた日と折れた心の立ち直り

なじらね~

e0156339_22585893.jpg
e0156339_22590388.jpg
千切れ雲、二つ。

テニスコートの上に浮かぶ。

踊っているようにも見える。


昨日の試合を振り返って・・・やることは、気づいたことの練習。

めげていても仕方ない。

勝ちが経験なら負けも経験。

前向きに練習するのみだぜ。
e0156339_23195254.jpg
大会会場に咲く桜越しに望む月。

ウサギが見える・・・。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-13 23:24 | テニス | Comments(0)

2014全日本ジュニア新潟地区予選16歳以下の部

なじらね~
e0156339_00071107.jpg
2014全日本ジュニア新潟地区予選16歳以下の部は風の強い晴天のもとに
おこなわれました。

新潟地区予選18歳以下男子シングルスの部は180人、
ところが16歳以下はなんと17人!
ダブルスは6組、女子はシングルス5人とダブルス3組!

これはどいうこと?
e0156339_00073949.jpg

e0156339_00073676.jpg

e0156339_00190055.jpg

e0156339_00185770.jpg

e0156339_00190431.jpg

e0156339_00190630.jpg
さて、テニスで勝つのは本当に難しいということを知らなければ
いけません。
ポイントをいかに取るか、そしてゲームを取るか?
ポイントの大多数がミスで決まること、自分の思うようにいくことの
方が少ないこと、だからこの両方を見据えたうえでの戦略が必要な
こと。

偶然に勝っていた段階からこの段階に足を踏み入れると・・・。

負けて悔しい思いをするしかありません。
負けはいやなことかもしれませんが避けて通ることはできないのです。
負けを、つまり自分の足りない所を発見するしかないのです。
もともと無いものを身に付けるしかありません、勝ちたければ。

心が折れそうになる・・・かも知れません。
でも事実を見据えるのです。
そこがスタート。

そうすれば勝てないテニスをしていることに気付くはず。
そこがスタートです。

明日からまた取り組もうよ、それに。









[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-04-12 23:58 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧