<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

フェアプレーをすることの意味

なじらね〜
e0156339_2129110.jpg

e0156339_2130277.jpg

e0156339_21151738.jpg

RSK北信越予選初日、心配された雨も降らず、
関係者一同ホッとする。

開会式の選手ミーティングでは
フェアプレーについてジュニアと家族、コーチが
一緒になって考えていただくためのガイドパンフレットに
ついて説明をさせていただいた。

受け付けの時に大会プログラムとともに配布したものだが、
テニスのレベルも人間としてのレベルも
同時に高めていって欲しいという思いを込めて作成したもの。

テニスというスポーツは競技力の向上はもちろん生き抜く力や
相手への敬意の払い方、周囲への感謝の気持の表し方などを
習得するのにはもってこいだと思う。
それは、テニスが関係性のスポーツであるから。
相手がいなければ練習も試合もできないわけで、だからこそ
相手を尊重し敬意を払うことを学ぶことが可能になる。

そのための具体的な行動の一つがフェアプレー。

ではどんな行動がフェアプレーになるのか?
それを選手や父母やコーチが一緒になって考えて欲しくて作ったのが
今回のフェアプレーガイド。

チェックシート形式になっているのでまずは現在の自分のフェアプレー度を
これで確認してほしい。
そして、足りない所があれば、何をどのようにすれば
その部分のレベルを上げられるのかを
自分で考えたり両親やコーチと相談したりして
少しずつでもいいから改善してほしい。

目指そう、フェアプレー・チャンピオン!


補欠でエントリーしたNATSUMI、欠場者はなく、
残念ながら試合には出られなかったが
補欠と言えども万全の準備をして待機するという
貴重な経験をすることができたと思う。
明日も一緒に行動し更に経験値を上げる心意気だ。

RUNAはストレートで一回戦突破。
明日は第3シードの選手と対戦する。
フォアバックともに両手打ちの強打者だが
勝機はある。
どうやったら勝てるか、どういう攻略をするか、
それを試すチャンスだ。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-30 21:31 | テニス | Comments(2)

雨上がる

なじらね〜

e0156339_23561088.jpg

コート周辺はさっきまで凄い雨だったんですよ、
と迎えに来てくださった宿のご主人。
テニスをしていた人はみんな引き揚げたそうな。

じゃあ、私達が行く頃には雨雲は通り過ぎてますね、と強気な私。
まあ・・・そうですね、と、同意せざるを得ない感じの宿のご主人。

一旦宿に荷物を置いてコートへ。
そこは・・・まさに真っ暗闇!
私達のほかには誰もいない。
しかし、雨は・・・降ってない!
ようし、さあやろうぜ!

RSK北信越予選は南魚沼市の大原運動公園テニスコートにて。
例によって公共交通機関を利用しての移動だ。
RUNA 、MAMI 、NATUMIと新幹線で越後湯沢まで。
途中、夕焼けが鮮やかだった。

NATUMIは補欠だが前泊して僅かなチャンスのために良い準備をする。
補欠でなければできない体験があるのだ。

ドローは明朝、抽選で決まる。
自分の舞台を自分で作るわけだ。
良いと思う。
32ドローなので2番と31番を引き当てた者は大騒ぎをするが
闘志を燃やして欲しい。
最大のチャンスだと。
13歳以下の場合は何があるかなど分からないのだから。

誰もいないコートで9時半までしっかり練習することができた。
明日も早朝散歩から一日を始める。
[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-29 23:54 | テニス | Comments(0)

allout zero1 in 新潟ジャンボテニス

なじらね~
e0156339_00274413.jpg
金子英樹コーチと塚田コーチ、そしてみほコーチの allout zero1 が
8月24日(日)にジャンボでワイワイガヤガヤとおこなわれました。
なんと南は沖縄から北は岩手まで40人のテニス大好きジュニアが
集まったのでした。
e0156339_00280681.jpg
映像をいっぱい使った解説はとてもわかりやすく、ジュニアたちは
早くコートでボールを打ちたくてうずうず状態!

e0156339_00281085.jpg


e0156339_00281821.jpg

ウインドミル、ラットショト、などなど、
一日プログラムなので中身がギュッと詰まったレッスン。
でも丁寧な指導でみるみるうちに上達!

e0156339_00282227.jpg

e0156339_00282502.jpg

e0156339_00501522.jpg

e0156339_00282847.jpg

やる気いっぱいのジュニアたちの姿はホントにかっこいい!
e0156339_00292513.jpg

e0156339_00441719.jpg

e0156339_00442106.jpg
あっという間の一日!
最後はジュニアたちがラケットでアーチを作って感謝の気持ちを伝えました。

来年もやります!

金子コーチ、塚田コーチ、みほコーチ、そしてジャンボのスタッフのみなさん、
お疲れさまでした。









[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-28 23:59 | テニス | Comments(0)

百日紅が空へ

なじらね~

e0156339_06001341.jpg
今日は梅雨のような空模様。

さるすべり(百日紅)が

身にまとった暑さをようやく脱ぎ捨てようとしているようだ。

立ち止まって・・・じっと見る。

風に、

ふと

揺れる。

もうすぐ空へ。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-26 06:11 | 花たち | Comments(0)

雷と虹

なじらね〜

e0156339_23131820.jpg

e0156339_23125728.jpg

e0156339_23122045.jpg


北軽合宿3日目、内山コーチからのリポート、到着。


今日も盛り沢山のメニューでした。
朝霧の中のウオームアップからスタートして、ダブルスのポイント練習、
それが終わってから朝食。
朝ごはんをしっかり食べてから、さあ野外活動。
①絶景コース
②マイナスイオンコース
③自然の恵みコース
から選びます。

私とジャンボチームは②のマイナスイオンコースです。
浅間大滝まで自転車に乗ってサイクリング!
例年より水量が多かったのですがいつもの滝登りを。
写真をご覧ください。

その後、コートに戻ってチーム戦、
夕方にはすごい雨、そしてあられまで!
すると・・・綺麗な虹が!
夕食は楽しいBBQ!

そして、そして、今夜は・・・あのテント泊に突入です!

明日で最終日だと思うと寂しいですが、もう一日元気にこの合宿を
楽しみます。

さあて、どんなテントができたやら・・・。


こちら、上越総合運動公園テニスコートは
明日からの中牟田杯新潟県予選の練習でコートは満杯状態、
と思いきや、ガラガラ。

ネットを張ってボールを打ち始めると・・・ポツポツ、
雨です。
15分ほどで本格的な雨になって、しかも雷まで。
怖くてクラブハウスに避難。

あ〜あ、せっかく来たのに・・・。
止むを得ずハウスでトレーニングです。
工夫次第でなんとでもなります。

すると・・・止まないと思っていた雨が・・・。
諦めない素晴らしさ!
美しい夕焼けの下で、7時までみっちり練習できました。
e0156339_23465960.jpg

e0156339_5431346.jpg

e0156339_5421235.jpg

あした、晴れますように!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-22 23:46 | テニス | Comments(0)

浅間山を背に子どもは躍動す

なじらね~

e0156339_21220014.jpg

e0156339_21220914.jpg

e0156339_21221394.jpg

第25回北軽合宿は二日目。
引率の内山コーチからのリポートです。


 今日のスケジュールです。
 早朝6:30から練習して、その後は恒例の山登り!
 約三時間かけて、浅間山[火山]に行ってきました!!

 これから、テント泊グループとナイトウォークグループに
 別れての行動です。
 これがまた・・・。
 
 私は登山のせいで、足が筋肉痛で、
 もう泣きそうです!


いやあ、楽しそうですねえ。
浅間山が噴火しているように見えますが、
あれは雲ですよね?

テント泊とナイトウォーク、これも面白そう!


さて、有川 咲ちゃん(旧姓、米山)が25周年に当たって寄せてくれた

メッセージを紹介します。


「TTC北軽井沢キャンプ25周年おめでとうございます。

長野県出身の米山咲(さき)です。私が初めてこの合宿に参加したのは

かれこれ18年くらい前ですので、今ここにいるジュニアの皆さんはまだ

生まれてませんよね。 

お世話をしてくださったTTCのコーチの皆様と引率の北信越のコーチの皆様には

心から感謝しています。本当にありがとうございました。

初めて参加した時のお話をします。

まわりが県外の子ばかりだったので最初は友達が出来るか不安でいっぱいでした。

でも練習が始まるとすぐに友達が出来てホッとしました。

正直言って、どんな練習をしたかは忘れてしまいましたが・・・(笑)。

県外の友達がたくさん出来たこと、朝は早起きして散歩やトレーニングをしたこと、

BBQをしたことなど、どちらかと言えばテニス以外の事をよく覚えています。

もちろんテニスの練習も貴重な経験で大切だったと思ってますよ。

記念となる25回目の今回参加の皆さんも、数日間、

親元を離れ仲間と過ごす時間を大切にしてください。

きっとこれからテニスを続けていく上でみんなの大きな財産になると思います。

短い合宿期間ですが、いろいろな経験をして、パワーアップして、

元気よく合宿を終えて下さい。

実を言うと私は来月赤ちゃんが生まれます。

子どもが小学校5年生になったらこの合宿に参加して

友達をいっぱい作って欲しいと今から考えているところです。

では楽しく元気よく過ごしてください!」



咲ちゃん、メッセージありがとう。

元気な赤ちゃんが産まれてきますように!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-21 22:02 | テニス | Comments(0)

第25回北軽井沢合宿始まる

なじらね~

e0156339_23435615.jpg
九州の佐賀ではグラスホパー全国小学生テニス大会が、
北軽井沢ではTTCが主催する北軽合宿が、
それぞれ行われている。

グラスホパーは10回目なのだが北軽合宿はなんと・・・25回目を迎えた。
引率の内山和子コーチから連絡が入った(20:12)ので紹介しよう。



清々しい空の下、25回目の北軽井沢キャンプが、始まりました。
TTC スタッフの歓迎ソング♪からスタートし、
留岡先生が作詞、奥さまが作曲のTTC の歌や、
米山咲ちゃんからの手紙、
合宿25周年記念誌の紹介、と
盛り沢山のオープニングでした。
これから、ミーティングです。
明日は、6:00コート集合で朝練後、朝食を食べ登山[火山]に出かけて来ます!!
また、明日ベストショットをメールしま~す。



グラスホパー全国小学生テニス大会も北軽合宿も目指すところは同じ。
テニスというスポーツを通じて豊かな人間性を体得して欲しい、これに尽きる。
そのために必要なことをあれこれとやるのである。
テニスだけではない。
それがまたいい。

暑い佐賀の田んぼの真ん中で、
北軽の朝霧に包まれた涼しい自然の中で、
のびのびと過ごしてきてください。

そういえばその昔、私が参加した時のこと、
毎朝、さわやかな鳥のさえずりで目を覚ましたものだ。
ところが、同室のコーチの誰もがそんな鳥の声は聴いてないという。
尾崎コーチの空耳じゃないですか?などという。
ええ?と思って宿の人に訊ねると、ああそれは斑鳩(いかる、)ですよ、
高い木のてっぺんでそれは清らかな声で鳴きますね、という。
斑鳩という名前を聞いてすぐに思い出したのが法隆寺で有名な「斑鳩の里」だ。
いかる、そうか、あのいかるか!

翌朝、宿の外に出てそのさえずりを頼りに木のてっぺんを探すと・・・
確かにいました、一番高い所に!
朝食のおりに早速同室のコーチ達に斑鳩の鳴き声だったよ、と
話した。
ところが・・・やっぱりだれも聞いてないという。

私の耳にだけ届く周波数でささやいてくれたのかなあ・・・斑鳩さん。

TTCのスタッフのみなさま、北信越の引率のみなさま、
子ども達の心の声も斑鳩の声もしっかり聞いてくださいな。
どうかよろしくお願いします。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-20 23:58 | テニス | Comments(0)

雨のグラスホパー全国ジュニアテニスin佐賀大会

なじらね~
e0156339_12503965.jpg

e0156339_12503926.jpg
「夢はウインブルドンへ」
第10回グラスホパー全国ジュニアテニスin佐賀大会が開幕しました。

全国から小学生のトップ選手が集結しています。
会場は大賑わいでしょう、なんたって126名の小学生ですからね。
やんちゃ盛りの年齢ですから引率のコーチもあれこれ大変だと思います。

私が担当した2007年大会でも、熱を出す子、ホームシックで帰りたいと言い出す子、
洗濯物が無い!と言う子、食欲を無くした子、そのほかいろいろありました。
でも、そのどれもが貴重な経験なのです。
何事もない方がむしろおかしいといった方がいいような年齢ですからね。
きっと楽しんでいると思います。
e0156339_12503962.jpg
でも・・・どうやら雨のようです。
インドアとルーフコートで試合をおこなっているという勝見コーチからの連絡がありました。
e0156339_12504070.jpg
食事に関する知識を増やすこと、食事に関する意識を変えることを
大きなテーマの一つにしています。
成長期ですからね。
むしろ両親向けのカリキュラムかも知れませんが、
子どもの意識が変われば親の意識も変わる!というのが真の狙いかも。

天気、良くな~れ!


(写真はすべて勝見コーチ提供)






[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-19 13:00 | テニス | Comments(0)

第10回グラスホパー全国ジュニアテニスin佐賀大会

なじらね~

グラスホパー全国ジュニアテニスin佐賀大会は「夢はウインブルドンへ」という
副題がついています。
ウインブルドンと言えば天然芝のコート、天然芝のコートと言えばウインブルドン。
ウインブルドンと同じ天然芝のコートで試合ができる貴重な大会です。
小学生を対象にしているのも小さい頃からの夢を大きく育んでいって欲しいという
主催者の強い思いからです。

今年は第10回でいよいよ最終回となりました。
私が引率したのは第3回大会(2007年)で、その時のジュニアは現在大学1年生!

8月17日から23日まで、参加者はきっと有意義な1週間を過ごすに違いありません。
北信越チーム12名の引率は前半が勝見志津コーチ、後半が庭山大志コーチです。
勝見コーチから8/17の写真が送られてきました。


e0156339_22002645.jpg
芝のコートは手ごわい!
子ども達はすぐに慣れますけどね。
e0156339_22002963.jpg
やんちゃな年頃、引率はけっこう大変なんですよ~。

e0156339_22003984.jpg
さて何を書いているのでしょうか・・・?
e0156339_22004269.jpg
選手ミーティング。
寝ている子は・・・いません!
e0156339_22003540.jpg

e0156339_22003209.jpg
朝はホテルの近くで軽いコンディショニングをしてから朝食です。
e0156339_22004798.jpg

e0156339_22005082.jpg
食事に関するトレーニングがしっかりできるのも合宿形式の大会ならでは。

佐賀はきっと暑いでしょう。
暑さの中での貴重な日々を元気に過ごしてください。
友だち一杯作れよ~!

運営の皆さま、引率の勝見コーチ、どうぞよろしくお願いします。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-17 22:22 | テニス | Comments(0)

試合をして初めてわかることがたくさんある

なじらね~
e0156339_20433486.jpg
2014新潟市オープンテニス選手権大会
(新潟市庭球場、2014/08/14、15)
大会運営のみなさま、暑い中、本当にありがとうございました。

【シングルスの部(計130人)】
■11歳以下男子
山田旺典、有本築、大塲拓和・・・1回戦敗退
石澤尊、八百板悠真・・・2回戦敗退
内山照英・・・3位

■11歳以下女子
白川華・・・1回戦敗退
松山紗奈・・・ベスト8

■13歳以下男子
藤田玲音・・・1回戦敗退
平田知己・・・2回戦敗退

■13歳以下女子
浜田果菜子、白川星・・・QF敗退

■15歳以下男子
高綱一礼・・・1回戦敗退
立川大生・・・2回戦敗退
関拓人・・・QF敗退
高橋一生・・・優勝

■15歳以下女子
布川七海・・・QF敗退
平山美鈴・・・4位
沼野菜海・・・優勝


【ダブルスの部(計27組)】
■11歳以下男子
山田旺典・有本築・・・2位
大塲拓和・八百板悠真・・・優勝

■13歳以下男子
藤田玲音・平田知己・・・5位
内山照英・(佐々木康大)・・・2位

■15歳以下男子
高綱一礼・杉山隼平・・・2位
関拓人・(岡田柊二)・・・優勝

■11歳以下女子
松山紗奈・(横田和)・・・2位

■15歳以下女子
布川七海・(松山明日葉)・・・2位

試合をすると分かることの一つに「緊張」があります。
プレッシャーとも言われますね。
「緊張」は悪いことなんでしょうか?
いえいえ、緊張は良いことなんです。
成長している証拠だと思いましょう。

あれ?練習の時となんか違うぞ、こりゃなんだいったい?
と思った人は、自分も成長してるんだなあと思うことです。
「緊張」は我々が成長し生き抜くために絶対に必要な
心の中の道具なのですから。
向上心や何とかしようという前向きな気持ちの小さい人は
あまり緊張しないと言われているくらいです。

だから試合の時に緊張を感じるようになったら・・・
成長の証し!
なので、緊張しちゃだめだ!と思うのはやめましょう。

緊張から逃げようとすると・・・ますます緊張は追っかけてきます!
緊張を避けようとすると・・・グイッと目の前に立ちはだかってきます!

緊張を認め、むしろ良いことなんだと思い、
緊張の助けを借りながらより良いプレーをすることを
おぼえていきましょう。

そのためには試合に多く出ることです。
たくさん試合をしていろいろな体験をすることです。
勝ち負けなんか一切気にしないで。

いっぱい試合をして慣れてくると緊張と友達になることができます。
知らない人でも、毎日顔を合わせて話をしていると
そ人の好きなことや嫌いなこと、考え方だって段々とわかるように
なっていくのと同じようなものです。
そうすると付き合い方も少しずつ上手になっていきます。

緊張もそれと同じ。
試合に出ることによって緊張と出会い、試合に出続けることによって
緊張と友達になるわけです。

もし、緊張が嫌だからと言って試合に出なければ緊張を自分の味方にする日は
永久に来ません。
試合に負けない一番いい方法は試合に出ないことだ!と言って試合から
遠ざかる道を選んだとしたら・・・試合での様々なことを体験するチャンスを
失ってしまうことになりますよね。
これは人生にとって大きな損失でしょう。
それに、これからの大事な選択をする際に同じような方法をとることに
なってしまうかもしれません。

試合に出よう!
いっぱい試合に出よう!

(お父さんもお母さんも、勝ち負けのことは一切気にしないで、
どんどん試合に出ようよ、と言ってあげましょう)




[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-08-16 20:53 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧