<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

笑顔の効用

なじらね~

スケートの町田樹が突然の引退表明。
強い意志での決断のようでさばさばしているところがいい。
大学で学びたいことがあるという。
自分の人生!
e0156339_17041877.jpg
小松ドームでの大会(U12)で準優勝の佐々木康大の表彰フォト。
周りを感動させる資質、大。
勝っても負けてももちろん本人は必死。
笑顔がいいのがいい。
e0156339_18042152.jpg
雪の上の轍。
人が動けば跡が残る。
消えても消えても
人は轍を残す。

e0156339_18054074.jpg
久しぶりの快晴。
この時季の晴れはもちろん珍しく、それだけで嬉しい気分になる。
この写真、よく見ると真ん中あたりに三日月があり、
ヨーロッパに向かうジェット機の軌跡も見える。
ただそれだけなのにとても素敵なことのように思える。
天気がいいとはこういうこと。
e0156339_17043933.jpg
浅草雷門の亀十の
どら焼き、
松風、
きんつば。
かおちゃんからのお届け物。
ほのぼの、そして美味しい。
どら焼きの皮の焼き加減はなんたる絶妙!
ありがとうございます。

大リーガー黒田が広島東洋カープに。
やっぱり日本がいいのだ。
やるだけのことはやったぜ!
という感か。
e0156339_18122379.jpg
聖月、久しぶり!
元気な仲間と元気にテニス。
弾む声と軽やかなフットワークは健在だ。
もう大学3年生だって!

聖月と元気な仲間たち。
藤田悠輔、植木千尋、粉川聖月、大川彩夏、
宮野春樹、打越雄太、豊野拓也、堀江健仁、浜憲輝。

久しぶりに会えてうれしかったなあ。

(撮影は濱田コーチ)





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-29 19:13 | テニス | Comments(0)

何をどうしたいの?

なじらね~
e0156339_11560404.jpg
e0156339_11560800.jpg
e0156339_11561592.jpg
雪は降る

積もったり

消えたり

しながら

道草を食う幼子のほっぺにも

買い物帰りの老女の背にも

ふわっと

しとっと

雪は降る



空に向かって口を大きく開けてみた
e0156339_11561992.jpg
バンコクのキャンプに参加している新潟っ子

南国で年を越す



雪国にいる子どもたちよ

なにをどうしたいの?







[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-27 12:06 | テニス | Comments(0)

写真は語る見えるものも見えないものも

なじらね~
e0156339_20442306.jpg
e0156339_20434945.jpg
e0156339_20435377.jpg
冬の新潟でやれること、
暖かいフロリダやタイのバンコクでのトレーニング、
雪を避けての関東遠征、
それぞれの目的での活動。

山茶花の白と赤は咲き誇っている。
寒さなどなんでもない、むしろ寒さゆえの開花。

小松市での大会で小5の康大は準優勝(U12)。
1R  60
2R  61
3R  76(3)
QF  62
SF  63 (第1シード)
F   36 (第2シード)
上位シードを破っての決勝進出だ。
3R では5-2から5-6に逆転されたのだが
タイブレークに持ち込みそれを制して
勝利を得たという。きっと何かを掴んだに違いない。
チェンジエンドのたびに福田雅之助の「この一球は・・・」を
読んでいたともいう。
自分と約束し自分で実行する。
それを貫徹するこころは自分を強い者へと成長させる。

小4の紗奈は2勝1敗でベスト16。
3回戦は4-6だった。
あと少し!
元気良さでは負けていないぞ。
グリップを変えたばかりでうまくいかないだろうが
それでもチャレンジする気持ちは大いに素晴らしい。

高校受験を控えての練習は覚悟がいるだろう、一生。
でも、好きなことをやれる喜びは学ぶことへの動機づけになるものだ。
意思を強く。

タイの allout beat 2015 キャンプにチャレンジする七海は初の海外遠征。
苦労してきたまへ!

今年の雪は重く、腰の痛みにはこたえるが
私はじっくりと踏みしめて歩く。

明日も朝練だ。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-23 21:24 | テニス | Comments(0)

ジュニアオレンジボウル大会予選2回戦

なじらね~
e0156339_22370951.jpg
ルナのジュニアオレンジボウル予選の2回戦、
Nansi Toskova 6-3; 3-6; 6-1 Runa Saito
カナダの選手に惜しいファイナル負け。
相手はルナの笑顔に戸惑ったことだろう。

2試合で計5セットを経験したことになる。
初めてのジュニアオレンジボウルは1勝1敗だ。

勝ちも負けも貴重な経験となったに違いない。
が、単なる貴重な経験に終わらせないぞ!
という気概を持ってほしい。

小6での体験は目に見えない起爆剤だ。



(写真提供は引率の樫村亮コーチと齋藤慶仁コーチ。お母さん経由。)








[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-16 22:53 | テニス | Comments(0)

ジュニアオレンジボウル大会予選

なじらね~

e0156339_11031624.jpg
フロリダでのジュニアオレンジボウル大会にはアメリカだけでなく
世界中から多数の参加者が集結する。
日本からもたくさんのジュニアがエントリーしている。

ルナが出る12歳以下の部の予選は256ドロー。
本戦に出るためには予選でベスト16に入る必要があるのだが
4回勝ってようやくベスト16だから先は長い。

まず1回戦 Runa Saito 63、64 Violeta Martinez

このあとどうやって予選を勝ち抜こうとしているか。
自分の武器と相手の特徴とを冷静に監察判断しているか。
すべて自分で考え実行しチェックし再びアクションをすることが求められる。
コート上では孤独だ。
でも試合コートに立つまでは大勢の人の支えがある。
決して孤独ではない。
そこにテニスの面白さがある。

目指せ、本戦入り!


(写真提供は引率の樫村亮コーチと齋藤慶仁コーチ。お母さん経由。)




[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-16 11:56 | テニス | Comments(0)

ジュニアオレンジボウル大会

なじらね~
e0156339_14265514.jpg
ルナの遠征先、フロリダではジュニアオレンジボウルが始まった。
U12予選1回戦は64、63で突破したという。
内容は分からないが、海外での1勝は記念すべきことだ。

明日は2回戦だ。

練習、食事の用意、移動、一日の過ごし方・・・。
テニスだけでなく
生き抜く練習ができているに違いない。

(写真提供は引率の樫村亮コーチと齋藤慶仁コーチ。お母さん経由。)






[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-15 14:32 | テニス | Comments(0)

土からうまれ土に還る

なじらね~
e0156339_21431885.jpg
98歳で母が他界し2か月が過ぎた。

住む者のいなくなった我が家は取り壊すことに。
e0156339_21351513.jpg
e0156339_21351253.jpg
e0156339_21350849.jpg
もう帰るところがなくなってしまった・・・。

少年時代を過ごした我が家のことは隅々までよく覚えている。

そして、家族の顔、ことさら母の顔がともに浮かぶ。



母がかわいがっていた猫、

シロは、

後を追うように数日前に息を引き取ったという・・・。
e0156339_21391867.jpg

みんな土に還るのか・・・。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-13 21:46 | ライフ | Comments(0)

自分を試そうとする意味でのやる気

なじらね~

e0156339_05451294.jpg
るなのフロリダ第2報。

テニスだけでなく一緒に行動する仲間との付き合い方やいつもと違う食事や
気温、湿度などなど、チャレンジする気持ちがないとやっていけない。
その中に飛び込んでいった自分がいる。
目が覚めるといつもの自分の家とは違う。
そんな毎日。

気づくことは多い。
ファイト~!!

(写真提供は引率の樫村亮コーチと齋藤慶仁コーチです)


[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-10 05:54 | テニス | Comments(0)

意志のちからこそが自分を変える

なじらね~

e0156339_10172106.jpg
e0156339_11094777.jpg


にいがたトレセン冬季強化練習会が12/7からスタートした。
県内トップジュニア20名が対象だ。
新潟県テニス協会石原理事長の挨拶、横山国体委員長から激励の言葉を
いただいた。

新潟市内でも30センチの積雪という突然の大雪で欠席者が多いかなと
思われたが雪による欠席はゼロだった。
遠くからの参加者ほど早く会場に到着していて、午後2時開始なのに
1時には来ていた選手もいて驚いたほど。
雪を考慮して早めに来ました!という。
これが雪国に住む者のひとつの強みだなと思った。
ハンディをハンディと思わず長所あるいは武器として考え身に付ける
ことは生き抜くうえにおいて重要な要素だ。
これはもちろん試合においても活かされてくる。
テニスは特に3セットマッチはサバイバルゲームなのだから。

私は常に選手の歩き方を観察するのだが残念ながらトップアスリートの
歩き方をしている選手は少ないのが現状だ。
ある意味では歩き方がその人の心の中を表わすと私は思っている。
身体に関することだけではなく精神面までがその歩き方に出てくるのは
当然と言えば当然。
このことは周りの人の歩き方を見る、あるいは思い出してみるとすぐに
わかるはず。
その意味では他競技の選手を観察することを勧めたい。
バレーボール、卓球、フェンシング、水泳、サッカー、バスケットボール、
など、テレビでも見ることができるはず。
e0156339_10175657.jpg
e0156339_10181213.jpg
e0156339_10175979.jpg
勝見コーチにはそのことを含め自分の身体意識を目覚めさせるトレーニングを
みっちり行ってもらう。
目覚めよ身体、いや自分で目覚めさせろ!だ。
身体の本来持つ素晴らしい能力を眠らせておく手はない。

オンコートではいかに相手を攻略するかをテーマにしている。
攻めるだけ、守るだけでなく、攻める状況をいかに作るか、
守る状況からいかに攻める状況へと反転攻勢に移るか、
そしてそれを心理面でも実行できるようにする。

日曜日の午後の4時間はあっという間に過ぎていく。
e0156339_11013412.jpg
e0156339_10595161.jpg
練習のあとの振り返りも大事だ。
頭の中を整理して文章で表現するちからは試合の組み立てや実行につながる。

選手らが解散したあと、コーチルームでは提出された振り返りシートを読みながら
コーチたちのミーティングが続く・・・。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-09 11:18 | テニス | Comments(0)

オレンジ州とも言われるフロリダへ

なじらね~
e0156339_16100039.jpg

e0156339_16100539.jpg
るなはフロリダ遠征中。
錦織圭が拠点としていることですっかり有名になった感があるが、
冬でも温暖な気候なので世界中からテニス選手が集まるのが
フロリダ。

美味しいオレンジがたくさん採れるので別名オレンジ州。
池が多いのでポンド(英語で池のこと)州とも呼ばれるらしい。

新潟市内で30センチの積雪!
それを考えるとTシャツ、短パンでプレーできる環境は得難い。
思いっきりテニスができる!
引率スタッフのみなさま、ありがとうございます。

今月はタイ遠征に行く者もいる。
ジュニア期の海外経験は他に代えがたいものとして記憶と体内に
取り込まれるものだ。

勇気を出してチャレンジ!

(写真提供は引率の樫村亮コーチと齋藤慶仁コーチです)



[PR]
by jumbozaki-625 | 2014-12-08 16:20 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧