<   2015年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

試合で強くなるにはチャレンジしかない

なじらね〜

2015ダンロップカップ全国選抜北信越予選。
ジュニアの大会にはいつもドラマがある。
e0156339_15515432.jpg
松山紗奈 2回戦 16、36
紗奈は北信越初出場で1勝1敗。
2回戦は突破できなかったが課題のサーブにずっとチャレンジする姿に
感動させられた。
大会の中でチャレンジし続けるのは容易ではないが紗奈はやり抜いた。
この気持ちが大事。
試合をチャレンジの場にすること、ジャンボの仲間の良いお手本だ。


佐々木康大 2回戦 75、62
準々決勝 67(4)、64、60
準決勝 36、36

康大、準決勝で勝てばその時点で初の全国大会出場が確定するのだが
負ければ一時お預けとなり3位決定戦を勝ち抜かなければ
いけなくなる。
それが分かっているがゆえの緊張からかここで勝ちたいという思いが
強すぎたのか、本来の伸びやかさを出せないまま終わってしまい
準決勝で勝っての全国決定はお預けとなった。
ここはチャレンジャーとして最大の力を発揮すべきところだったのにと
思ったに違いない。
やろうと思っていたプレーができずに負けてしまった自分が情けないのか
肩を落として思いっきりしょげ返っている。

ここは気分転換が必要。
技術的なことをいくら指摘しても作戦がどうのこうのと言っても
聞く耳はない。
逆さに置かれたコップにいくら水を注ごうとしても流れ落ちるだけで
中には一滴も入らないのが普通だ。
ジャンボの仲間と一緒に誰もいない場所をさがし、
ポイントのあとボールを取りに行って次のポジションで構えるまでの
ボディアクションに的を絞って約15分。

ラケットもボールも使わない。
ラケットを見るだけでボールを握るだけで
さっきの試合のふがいない自分を思い出すだろうから。
先ず、サーブでもストロークでもボレーでもいいから素振りをする。
ポイントが終わったら転がったボールがあるだろう場所まで
胸を張って元気よく歩いていく。
ボールを拾い上げた瞬間に勢いよく第一歩をサイドステップして
深呼吸をしながら私がいる所までこれも元気よく歩いて来る。
また素振りをしてこれを繰り返す。

最初は緩慢な動作だったのが4、5回繰り返すと顔に生気が戻ってきて
動きがだんだん素早くなってきた。
よしよし。

ここで面白いことが起きた。
紗奈がボールの代わりだろうか落ちていた葉っぱを拾って
ハイ、コーチと私に渡すのだ。
よし、このアイデアいただき!
オッケー、なんでもいいからボールだと思って拾って私の手の平に
置きにきてちょうだい。
すると葉っぱや小枝や小石などであっという間に私の手の平は
溢れんばかり。
紗奈が大きな石をさがして持ってくるので
オイオイなんだこりゃ、かんべんしてくれよ、
こんなでかいの手のひらに乗らないよ~!

しょぼくれまくりだった康大もイキイキとした表情と動きで
葉っぱや小枝を集めてくる。
身体の動きにキレが戻っている。
第一歩のサイドステップもナダルのようになってきた。

このあと栄養補給をし試合に向けて気持ちを整理し、
試合中に食べろと照英に渡されたバナナを持って
康大にとって天下分け目の
3位決定戦のコートに入って行った。
e0156339_15543513.jpg


e0156339_15575930.jpg

64、62。
思い切りの良さを取り戻しストレート勝ち。
嬉しい全国大会初出場をゲット。

紗奈のアイデア、照英のバナナ、
仲間って素晴らしい!
どつぼから這い上がり蘇えった康大はもちろん!
e0156339_15582701.jpg
おめでとう!康大。
ありがとうジャンボ仲間!

チャレンジは続くぞ~!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-30 15:59 | テニス | Comments(0)

快晴の立山連峰のもと

なじらね〜

2015ダンロップカップ全国選抜ジュニアテニス北信越予選、初日。
e0156339_07364529.jpg

この晴れ上がりようはどうだ!と言わんばかりの好天。
どこを眺めても雲一つない岩瀬運動公園テニスコート。
そこへ立山連峰の雄姿だ。
こんなテニス日和は滅多にない。

天気は良くても勝つ者が勝ち負ける者が負けるのは変わらぬ。
今日は一回戦のみ。
対戦は会場での抽選で決まる。
e0156339_07362230.jpg



e0156339_07362247.jpg

e0156339_07383959.jpg


初日の結果。
佐々木康大 63、60
内山照英 36、26
松山紗奈 61、63
平山美鈴 36、16
三本茉美 63、61

勝った者も負けた者もコートを借りて他県の選手たちと午後4時まで練習。
負けた悔しさが熱いうちに、
勝った力をさらに磨くために。

e0156339_07364571.jpg

e0156339_07364527.jpg

夕方、会場から蓮町の停留場まで歩いて行き、
そこから富山自慢のライトレイルに乗って富山駅前まで。
そこから地下道を通ってホテルのある南口まで出て、
さらに歩いてホテルまで。
重いバッグを担いでの歩きはけっこう辛いに違いない。
トレーニングだよ、自分の足で歩くんだよ!
尾崎コーチの前を歩くんだよ!

敗者も今夜は宿泊して明日も会場で練習と試合をする。
明日も6時から散歩、そのあと朝食だ。
会場には早めに入る。
いつものことです。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-27 23:22 | テニス | Comments(0)

春の選抜高校テニス会場は熱い

なじらね〜
e0156339_10470915.jpg
2015第37回選抜高校テニス大会、博多の森テニスコート。
新潟第一高校女子は残念ながら一回戦敗退だった。

丁度、松商女子が試合中で、1勝2敗のあとのダブルスが負けてチームの敗退が
決まったとき、隣のコートではまだ米澤祐里奈のシングルスが続いていた。
接戦だ。
隣りのコートのダブルスが負け、チームの負けが分かっている中での試合、
どんな心境だろうか。
それでも5-5から2ゲームを連取し7-5で勝ち抜いた。

ミスをすると、自分の失点とチームの敗北という事実のせいか、
明らかな落胆が行動に表れる。
それでもその都度、
自分を叱咤激励しようとする表情が上回っているようにも見える。
強い選手だ。
チャンスと見るやネットに出る勇気を見せる。
より強くなるためには競り合いの中でこそ必要な資質だと言える。
e0156339_10480801.jpg
同じコートで仁愛が5-0で圧勝。
松商も仁愛も小学生の頃から知っている選手が多く、
その成長ぶりを見るにつけ、嬉しくかつ楽しい。
e0156339_10491190.jpg
この春から仁愛に進学するというSERIKAさん親子にバッタリ出会った。
許可を得て写真をパチリ。
親子で素敵な笑顔です。
e0156339_10483090.jpg
室内コートでは男子がこれも熱戦を繰り広げていた。
見る限りでは高い打点で打つ選手が多く、
この点で昨年とは明らかに違う。
砂入り人工芝のコートでは打点を落としていわゆる ''打ちしこり"が多く、
それが日本のジュニアテニスの特徴であり弱点でもあると思われるが、
変化の兆しだろうか、良い傾向だと思いながら見ていた。
世界的な目で、現状に甘んじることなく、
何が必要なのか、なぜそうなのか、だからどうするのかを
選手も指導者も熟慮し行動することが求められているのだと思う。
そう言う意味で今年の選抜はある兆しを感じるものだった。

選抜は熱い!








[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-25 23:16 | テニス | Comments(0)

卒業入学一つの区切り新たな出会い

なじらね~

e0156339_21223281.jpg

e0156339_21245329.jpg
小学校を卒業した時のことをおぼえていますか?

と、問われると、

残念ながらまったくおぼえていませんと答えるしかない。

でも、中学校の入学式のことはおぼえている。

なぜだろう。

ある先生とのある会話をおぼえていて、

それが入学式の日のことだったから。

その会話がなかったら、

多分、おぼえてないのかも知れない。

人との出会いは大事だなあと

つくづく思う。


菜海は3月21日、照英は24日に卒業した。

50年後に思い出せるようなできごとはありましたか?




[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-24 21:36 | ライフ | Comments(0)

65歳の浦島太郎たち



なじらね〜

e0156339_20391824.jpg


5年前は還暦記念の同窓会、今回は65歳の同窓会。
70人の彦陽中学校仲間がふるさと佐伯のホテル金水苑に集う。

e0156339_20472134.jpg
数学を教えて下さった恩師の木許先生をゲストにお迎えして。

食事に手をつける間もないほどにテーブルをまわって話に熱中。
まず、目の前の人が本当は誰であるのかの確認をしながら、お互いに。
なにせ、浦島太郎が70人集まったようなものだからね。
記憶をたどりながら必死に名前と顔を結びつけようとするのだが
なかなかにもどかしいものだ。

先生からは50年後の今だから話せる秘話のプレゼントがあったり、
テーブルでは俺は本当はお前が好きだったんだよなあという
告白が飛び出す場面があったり
一つのできごとに関して正反対の記憶があいまみえたりしながら、
70歳になる5年後の再会を期して会は名残惜しくお別れとなった。

二次会でも話の花は満開、百花繚乱!とどまるところを知らない。

翌朝は元中学生のまさこさん、ひろこさん、みよこさんと一緒に
朝食をとったあと、私は墓参りへ。
e0156339_21434948.jpg
ポカポカ陽気の墓所は私以外だれもいなくて静寂そのもの。
ウグイスのさえずりがすぐ近くに聞こえる。
産んでくれてありがとうと、手を合わせ父と母に語りかけると、
二人ともそばにいるような気配。
父81歳、母98歳の逝去。
合掌。
e0156339_23073595.jpg
(写真後列中央が高畠先生)

昼は小学校の恩師、高畑信彦先生を囲んでの昼食会。
4年生の時に担任をして下さった先生だ。
確か、大学を出てすぐの赴任先が私達の佐伯市立八幡小学校だったはず。
先生によると当時の私はウルトラ腕白坊主だったようで、
お前は今のうちに心を入れ替えないととんでもなく悪い人間になるぞ、
と諭された記憶がある。
恥ずかしながら、言われた私は何のことやら、と思った程度の認識しか
なかったのだから、これがどうにもタチが悪い。
でも先生は優しく厳しく、私のどこがどうで、だからどうすればいいのかを
私に分かる言葉と態度で接してくださった。
おかげで私は自分の行動がどんな意味を持つのかを考えることが
できるようになっていったようだ、徐々にではあるが。
感謝しきれないほど感謝している。
e0156339_22463666.jpg
昼食会のあとは音楽の先生のお見舞い。
学級委員長だったみずえさんと一緒に病院へ。
私の音楽好きの原点が岩田先生だ。
いつも背筋をピンと伸ばして立ち居振る舞いがキリッとしていた。
シューベルトの魔王やショパンの子犬のワルツ、
ベートーヴェンの運命などなどをレコードで聴かせてくれ、
音楽の持つ素晴らしさを説いてくださった。
またコーラス指導などを通じて可能性や協調することの実際を
体験させてもくださった。
先生のおかげで私は音楽が大好きになったんですよ、
だから本当に感謝していますよ、と耳元で伝えると、
顔をクシャクシャにして両手を合わせ、こんな嬉しいことはないと
おっしゃる。

実は何年も前から先生に手紙を書きかけては出せずにいたのだ。
みずえさんのおかげで、
手紙どころか直接お会いして感謝の気持ちをお伝えすることができた。
友は本当にありがたい。
e0156339_22520774.jpg
そのみずえさんに甘えて
母校の小学校、中学校まで送ってもらった。
日曜日なので静かそのもの。
子どもの遊ぶ様子を見ながら
その姿にいつの間にか自分を重ねていることに気づく。
あれはまるでかつての自分・・・。

その時、昼間の高畠先生の別れ際の言葉を思い出した。
「皆さんね、あまり自分が歳取ったと思わない方がいいよ」。

はい、そうします!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-22 23:09 | ライフ | Comments(0)

ところ変われば・・・

なじらね〜
e0156339_13384236.jpg

昨日は博多駅で待ち合わせ。
小中学校時代の仲良し。
リタイアして福岡に住んでいる。

e0156339_13371991.jpg


e0156339_13380307.jpg

お気に入りという和食のお店に連れていってくれた。
石蔵という屋号だ。
鯛めしが美味いというのでそれを注文。
うん、確かにこれは美味い。
駅ナカの店はあまり期待できないことが多いのだが
この店はいける。

よもやま話に花が咲いているうちに時間が過ぎ、
あっという間に私の電車の出る時間になった。
別れぎわに固く握手をして再会を誓う。
合言葉は、まあボチボチいこうぜ、だ。

博多駅から特急列車で3時間半、佐伯に着きホテルにチェックインして
散策に出かける。

いつの間にか高校時代の友人がやってるパン屋さんの前にでていた。
国木田独歩記念館のそば。
一旦は通り過ぎたのだが戻って店のドアを開けた。
パンが少し残っている。

こんばんは〜。

e0156339_17120409.jpg
(撮影は奥さま)









[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-21 17:13 | ライフ | Comments(2)

勝ち抜く背景にあるもの

なじらね〜
e0156339_03330499.jpg
優勝者は一人。
勝ち残った最後の一人を優勝者というのだから、目の前の
対戦者全てを退けて初めてチャンピオンと呼ばれる。

簡単なことではない。
たとえ1試合目を勝ったと言っても次の相手は違う選手なのだから
同じ手が使えるとは限らない。
例えば、
相手を左右に走らせることでミスを誘って勝つことができたからと言って
次の試合でも同じようにやると・・・
今度の相手はやたらと足が速くて
逆にカウンターショットで自分が走らされてミスを連発、
ということがある。

よく、自分のテニスをすれば・・・という言い方が使われることがあるが
対人スポーツであってかつオープンスキルの求められるテニスでは
自分のやりたいことだけやって勝てるほど甘くはない。
同じボールが二度と飛んで来ないように、
相手は常に違う選手だし、
別の大会でかつて対戦した同じ人と今回また試合をすることになっても
相手が格段にレベルアップしていることだってある。
自分のテニスをすれば、という言い方はかっこいいかも知れないが
自分の好きなことしかできないようでは新たな対戦者を打ち負かすことは
困難になる。

今回の大会、第一シードをもらった康大にもピンチはあったようだ。
第一シードであること自体による緊張との闘いでもあったと思う。
それを切り抜けて優勝した意味は大きい。

勝つことは大きな喜びであり、
やる気の原動力にもなる。

でも優勝したからといって油断するわけにはいかない。
優勝もその瞬間にすでに過去のものになっているのだから。
過ぎたことにしがみつくことは進化の妨げ以外の何物でもない。
試合で発見した自分の課題に積極的に取り組むことだ。
上には上がいる。
そのまた上にもウジャウジャいるのだ、強い奴は。

優勝はもちろん素晴らしいことなのだが私が最も感心したのは
風呂に入る前の5分間縄跳びを続けているということだ。
いくら私が勧めてもやらない者はやらないのだが、
続けているのが素晴らしい。
続けることによって得られるものは身体的なことだけではなく
実は精神的な面にも及ぶ。
おれはやってるんだと言える強さは試合で厳しい状況になった時にこそ
発揮される。
強さは普段の行動によって養われるわけで、
試合の時だけ強さを出そうと思ってもそうはうまくいかない。

勝利の裏には地道な努力がある。
その努力を続けるかどうかで成長が左右されるのは確かだ。
地道な努力を重ねよう。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-21 07:32 | テニス | Comments(0)

西へ西へ、更に西へ

なじらね〜

e0156339_2183059.jpg


霞のけぶる新潟空港を飛び発ち上昇を続けるジェット機の窓から
海岸線の緩やかなカーブが見える。
高度を上げるにつれて日本海と陸地との境目がぼんやりとしていき
ついに見えなくなると機は雲海の上にあった。
水平飛行に移ると翼に反射する陽の光が眩しい。
上空はもうすっかり春の陽気だ。

福岡へのフライトでは必ず左窓側の席を取ることにしている。
天気が良ければ富士山を見ることができるからなのだが
雲海の彼方にじっと目を凝らしても雪をかぶったあの雄姿は
とうとう顔を 見せてはくれなかった。
な〜んだ残念、今日は富士山が見えない日なんだ、と思うと
急に眠気が襲ってきた。

目が醒めるともう福岡上空だった。
雲海をくぐって降下し、まさに滑るように着陸する。
コクピットでは正副操縦士同士でハイタッチしているだろうなと
思うくらいに衝撃のない滑らかなランディングだった。
これがロシアの空港だったら乗客が盛大に拍手したに違いない。
一度ウラジオストックでそういう体験をしたことがある。
その時はかなりひどい、バウンドするようなランディングだったのだが、
それでもまあ無事に着陸できて良かったという拍手だったのだろう、
ハラショー!とか声をあげての大きな拍手が湧き上ってびっくりし、
思わずつられて一緒に手を叩いていた。
添乗してくれた方に聞くといつもこうなのだという。
自国の飛行機が本当に無事に着陸するのか心配でしようがないみたいですよ、
とも。
e0156339_21115721.jpg
とにかく、私は心の中で盛大にパイロットとハイタッチして機を降り、
福岡空港から地下鉄で博多駅に向かった。
友人と会う約束をしているのだ。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-20 15:00 | ライフ | Comments(0)

かつては今であり今は過去の未来

なじらね~
e0156339_21470584.jpg

e0156339_21470966.jpg
不思議なことがあればあるものです。

昨日、グーグルアースで九州の実家のあたりを探索しました。
そして今日、高校の部活仲間のことをふと、本当にふと、思い出して
ごきげんいかがメールをしたら、
彼女も同じように昨日ネット上でふるさと巡りをしたというのです。

不思議なことがあるものです。

グーグルアースには過去のイメージを見ることのできるしかけが
あるのですよ。
で、現在の画像上では故郷の我が家はすでに解体され
更地が見えるだけなのですが、ストリートビューにすると・・・
あら不思議、かつての我が家がそのまま存在しているのです。
そして再びストリートビューから通常モードに戻すと・・・
我が家は・・・やはり跡形もありません。

夢の中の光景に似ています。
高1の春に父親が亡くなって生活空間から父の姿は消えているのに
夢の中では当たり前のように父が存在していました。
目覚めて、ああ夢だったんだと分かるんです。
繰り返し繰り返し同じ夢を見ました。

昨年の10月に亡くなった母も同じように
夢の中では普通に生活しています。

夢の中って、
ひょっとしたら
あの世なのかも知れませんね。

今も、
家の前の電柱の脇で
散歩用の手押し車に母の可愛がっていた猫のシロが
ちょこんと乗っているのが見えます。

そのシロも母を追うように2カ月後に息を引き取りました。
e0156339_22161458.jpg
20日に帰省して両親の墓参りをしてきます。
シロも。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-18 22:22 | ライフ | Comments(2)

なによりのもの

なじらね~
e0156339_22230858.jpg

e0156339_22230595.jpg

e0156339_22382515.jpg

雪椿が咲く。

つぼみを開き

白い世界を広げていく。



お手紙をもらった。

BUBUさんの手作りのはがきに

RIKOの字。


大きく、筆圧が強く、

こころを込めてしっかりと書いているのがわかる。

RIKOの気持ちが伝わってくる。


すると、

私は元気が出てくるのを感じる。




ありがとうね。







[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-03-16 22:39 | ライフ | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧