<   2015年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

次のポイントを決定するものは

なじらね~

e0156339_23001923.jpg

平成27年度JOCジュニアオリンピックカップ
全日本ジュニア選抜室内テニス選手権新潟県予選大会
(平成27年9月26日(土)、27日(日)会場: 上越総合運動公園テニスコート)

男子シングルス
優 勝 田中 瑛士(東京学館新潟高等学校)
準優勝 阿部 竜仁(東京学館新潟高等学校)
第3位 加藤 拓巳(東京学館新潟高等学校)
第4位 佐藤 宇浩(T&S新発田ITS)
第5位 渡辺 太一(T&S新発田ITS)
第6位 阿部 祥太(新潟第一高等学校)
第7位 後藤  直(T&S新発田ITS)
第8位 池田 笑生(マリンブルーTS)
女子シングルス
優 勝 坂詰 姫野(ファーストTA)
準優勝 竹田  洸(上越グリーンITS)
第3位 石川 琴実(長岡北部Jr)
第4位 早川 美友(新潟第一高等学校)
第5位 松山明日葉(マリンブルーTS)
第6位 小野 朋花(マリンブルーTS)
第7位 涌井 優花(上越グリーンITS)
第8位 浅妻みくり(新潟第一高等学校)
(本大会の男子シングルス上位4名、女子シングルス上位5名が北信越大会に出場)


コーチとして試合中の選手のプレーをよく見るのは当たり前のことだが
プレーとプレーの間のふるまいもじっくり見ることにしている。

ポイントが終わって次のポイントが始まるまでは20秒とルールで決まっているのだが
そのあいだにどんなことをしているだろうか。
この20秒間の行動が実はプレーと同じくらいに大事だと私は考えている。

ジュニアの場合、
プレーのレベルは高くても、ポイント間の行動のレベルがそれに見合ったものでない選手が多いようだ。
いわゆる一喜一憂タイプの行動が多く見られるのだ。
つまり、感情の起伏が大きく、それがそのままポイント間の振る舞いとなっているということ。

たとえば・・・
ポイントを取ると、たとえそれが相手の凡ミスであってもカモン!と
大きな声をあげて喜ぶ。

かと思えば、
自分のミス(惜しくもなんともないミスでも)に対してはこの世の終わりのような
落胆の表情とそれに続く行為をする。

またたとえば・・・
サービスエースを取って大げさに喜んだ直後に
あっさりとダブルフォルトをしてしまったりする。

また、長いラリーのあとにラインぎりぎりのサイドアウトでポイントを落とすと、
ありえない!と言った態度でことさらに自分を責める言葉を繰り返すことも。
そのあげく、次のボールをいとも簡単にネットにかけてしまったりする。
そして、更にネガティブな言葉をさがしだし、
その結果、表情はますます苦しくなってしまう。

一喜一憂が悪いわけではない。
子どもらしいすなおな感情表現と言えばその通りかも知れない。

でも、ここがテニスの難しいところでもある。
20秒後には次のポイントをかけてのプレーが待っているのだ。
そして、そのまた次も・・・。

テニスというゲームはデュースシステムが特徴で、
サッカーや野球と違って2ポイントを続けて取ることによって有利になるように設計されている。
ということは、1ポイントを取ったら続けて次のポイントを取らないと
有利にはならないということであり、
1ポイントを取られても次のポイントを取れば五分五分に戻せるということでもある。

簡単に勝敗がつかない方がよりレベルの高い工夫が求められ、
その方がより面白いよというのがデュースシステムの良さだろう
(時間がかかっていやだという人もいるだろうが)。


ポイント間の行動の重要性は・・・。
ポイント間の20秒をどう使うかで次のポイントを取るか落とすかが左右されるとしたら・・・。



e0156339_23072413.jpg


ジュニア達がプレーを繰り広げるコートサイドで咲く谷空木(たにうつぎ)の花。
コートの中の熾烈な戦いをよそに何食わぬ顔の静かな佇まいが優しい。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-29 20:55 | テニス | Comments(0)

特別なことはいらない

なじらね〜

e0156339_18034444.jpeg


e0156339_18203891.jpeg


e0156339_18212498.jpeg

JOCカップ全日本選抜室内ジュニアテニス新潟県予選、初日。

試合を見ていて思うこと。
勝者は勝つべくして勝ち、
敗者は負けるべくして負ける。

勝つ者には勝つ要素があり、
負ける者には負ける要素があるということだ。

この問いに答えて欲しい。
勝つ要素とはなんぞや?
負ける要素とはなんぞや?

この問いにも答えて欲しい。
勝つ要素を幾つ挙げられるか。
負ける要素を幾つ挙げられるか。

勝つ要素だけでなく、
負ける要素も冷静に客観的に正確に挙げることが大事なのだ。

そしてそれが対戦相手によってどう変化するかも答えて欲しい。
Aさん相手なら勝つ要素がこれこれ、負ける要素がこれこれ、
Bさん相手なら勝つ要素がこれこれ、負ける要素がこれこれ、と。

勝つ要素が負ける要素を上回れば当然だが勝つ可能性が高くなり、
負ける要素が勝つ要素を上回ればこれまた当然だが負ける可能性が高くなる。

では、勝敗は戦う前にすでに決まっているのか?
いやいや、そうでもないのがテニスの面白いところ。

見ていて、試合中に負ける要素を自分で増やしていっていることもあれば、
その逆で、負ける要素を減らして勝つ要素を増やしていっていることもあるのだ。

今日もまた、そのどちらも見られた。

さて、
あなたはどちらかな?

e0156339_18170198.jpeg

久しぶりに会えたMAOちゃん。
ええ?
もう小学2年生?!
会えて嬉しかった〜!
もう一緒に
なぞなぞゴッコとかしてくれないかなあ・・・。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-26 18:22 | テニス | Comments(0)

足でテニスをする

なじらね〜

e0156339_00441857.jpeg


細い雨の降り続くテニスコート、
より良い打点を求めてフットワークの練習を繰り返す。
上越総合運動公園。
いつの間にか我々だけになっていた。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-25 23:59 | テニス | Comments(0)

野の花の美しさと愛おしさ

なじらね~


e0156339_15271151.jpg

南魚沼市の大原運動公園はまるで県営テニスコートのように
様々なテニス大会が開かれるので年に何回も訪れる。

その大原運動公園から下った所にあるのがこの「野の花館」。
大会に参加する子どもたちといつも泊まる「和風いん越路」の
食堂のテーブルクロスに「野の花館」の主催者の絵が使われていて
それはまるでそこに咲いているかのような佇まいだった。
原画を見たいなあといつも思っていた。

テニスコートに上っていく曲がり角の正面に「野の花館」があって
行こうと思えばいつでも行ける場所なのだが、
テニス大会が終わる時刻には決まって閉館時刻を過ぎていて
ついぞ訪れることが叶わなかった。

今回は好天のせいもあってジュニアリーグが午後3時には全て
終了した。

よし、今日こそ行くぞ~!
子どもたちはほったらかしにして(ご父母にお任せして)
宿のご主人にお願いして迎えに来ていただいて
「野の花館」まで送っていただく。

十日町から南魚沼市まで約40分。
黄金に揺れる稲穂の波を道の両側に眺めながら期待に胸は膨らむ。

そして、
到着!

宿のご主人が館のオーナーで画家の外山康雄さんに紹介してくださった。
にこやかで清楚な感じの方だ。


e0156339_15265103.jpg



e0156339_10065068.jpg


e0156339_10062063.jpg



e0156339_10054088.jpg



e0156339_10054582.jpg


e0156339_10052966.jpg


ご覧のように絵の前に実物の花が置かれていて
それが嬉しい。

外山さんいわく、皆さん、前に置かれている花ばかり見て
ぼくの絵を見てくれないんですよと。

いえいえどうしてとても素晴らしい趣向です、
しかしいつも花を採ってくるのは大変でしょうと言うと
近所の方が持ってきてくださるんですとのこと。
地元の皆さまに親しまれ愛されているのがこのことからよく分かる。

e0156339_10063419.jpg


奥様のいれてくださったお茶をいただきながのらよもやま話にも花が咲いた。

テニス大会の連続であっという間に夏が終わってしまったが
秋の初めにゆったりと楽しいひと時を過ごすことができた。

ありがとう、
野の花たち。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-25 15:31 | 花たち | Comments(0)

チャレンジだけが未来を拓く

なじらね~


e0156339_17433036.jpg


e0156339_17145900.jpg

打点が良い場合、つまり体の重心と打点との間に適切な間隔が保たれている時、
身体の持つパワーとラケットの加速は最大になりその結果合成された力は
打球方向に移動し続けようとする。
すると、前方向へのパワーに対してバランスをとるべく
一旦後方へ蹴られた後ろ足は移動し続けようとする体を支えるために
打球方向へ、つまり前方へと送り出されることになる。
打ったあと後ろの足が前に出る、とはこのことだ。
後ろの足を前に出すことが目的なのではなく、打点を良くした場合の結果として
後ろの足が前に出るわけだ。

このことにこだわって打つ回数が多いほどテニスのレベルは上がり、
どうでもいい打ち方で打つ回数が多いほどレベルアップは望めないだろう。

ヒトは同時に違うことができるようには作られていない。
何かをするということはそれ以外のほかのことを捨てることになる。
だから習熟するにはあることを徹底的に繰り返すしかない。
徹底的に繰り返すことで「自動化」するのだ。
8歳くらいから12歳くらいまでが「ゴールデンエイジ」といわれるのは
自動化に最も適した年齢期だからだ。

テニスは打点が全てと言ってもいいかも知れないと私は思っている。
良い打点で打つために心技体を鍛えるのだ。
絶対無二の一球を身心をあげて良い打点で打つことにこだわるのだ。

簡単ではないため時間はかかるし努力の継続が必要だ。
だからこそ習熟したときの喜びは大きいし
新たなやる気も湧いてくる。

だったら、
やるっきゃない!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-24 23:15 | テニス | Comments(0)

テニスのビタミンは

なじらね〜

e0156339_17513416.jpg

e0156339_17512313.jpg

e0156339_17512862.jpg

e0156339_18152117.jpg

e0156339_18150027.jpg

新潟県ジュニアリーグ十日町編(9/21,22)の結果。
数字だけの結果表では読み取れないさまざまなドラマが展開された二日間。
二日間で8ゲームを6試合。

あるポイントでのたった1球がその後の展開を大きく変えた試合もある。
こんなことができるようになったんだと思わせてくれた試合もある。

感情をコントロールしようと自分に問いかけながらポイント間を過ごす選手。
試合待機のあいだ、スマホを友とする選手。

試合と試合の合間に一人で黙々とアップする選手。
エンドチェンジの時に必ずノートを開いて読んでいる選手。

手を挙げるだけで声を出さずにジャッジする選手。
ミスするたびに大きくうなだれる選手。

負けて涙を流す選手。
負けても手応えを感じて晴れ晴れとした顔の選手。

打球の時、唸り声を発する選手。
いつも何かを食べている選手。
心の揺らぎがそのまま試合中の態度に現れる選手。

相手より先に試合コートに入る選手。
すれ違うたびに会釈をしてくれる選手。

さっきの試合と同じ選手?と思わせてくれる選手。
すみません、今のボール入ってました、と
一旦アウトとジャッジした後に訂正する選手。

試合はプレーだけでなく、試合と試合の間も、試合。
目指す本当のゴールはまだまだ先にあるのだろうが、
でも今日ベストを尽くさなければゴールには近づいていけない。

すべて大事な経験です。
今後の糧としましょう。

自分の良かった所はどこだろうか。
あたらしくできるようになったことは?


気付きを得る大事な機会と考えよう。
思い描く夢に近づくためのステップです。

この素敵な二日間をもとにして
今後の行動を作り上げていけばいい。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-23 17:52 | テニス | Comments(0)

自分を変えるのは自分自身

なじらね〜

e0156339_23010640.jpg

康大の2試合目。
取って取られてのシーソーゲームとなり、
どちらが勝つか全くわからない展開。

そして、
試合が終わった瞬間、
康大は力尽きたかコートに倒れこんでしまった。
タイブレーク9-11の負け。

ゲームスコア8-8となってタイブレークが始まると
あっという間に1-5となったのだが
ここから康大が5ポイント連取して逆にマッチポイントを握った。
ところが、このマッチポイントを取り切るのが難しい。
それはそうだ、両者ともに勝ちたいんだから。

この後はマッチポイントが行ったり来たりしながら激しい攻防が続く。

そして・・・。
破れたのは康大。

破れはしたが、
これまでの殻も破った。
まさに新しい康大となった記念すべき敗戦だと言えよう。

スライスやつなぎの高いボールで相手のミスを待つテニスを卒業して
相手から時間と空間を奪って積極的にポイントをもぎ取る、
そんなテニスに変えていこう。
これが今の康大の最大の目標なのだが
練習ではスタンスを広くしてタイミングを早め
高い打点でボールを打つことができても
実戦ではなかなか思ったようにはできないというのが実状だった。

今日の1試合目がまさにそう。
8-0で勝ちました、と笑顔で報告にきた康大に、
今の試合の内容でいいのかい?4ゲームくらい落としてもいいから
もっと積極的に攻めていくテニスをした方がいいんじゃないかい?
それに、試合の中でやらなきゃ一体いつやるんだい?と
檄を飛ばしたばかりだった。

そしてこの試合。
コートから出てきた康大は精も魂も尽き果てたよう。
よくやった、逃げずにチャレンジしようとしているのがよくわかった、
これを続けていこうな、と私。
本人曰く、RSK(北信越予選)の時はまだどこか逃げていたけど、
今の試合は逃げずにやりました、と上気した顔で。

もっとも、抜け殻となった康大、続く2試合はあっさり敗退。
まあ、これも経験。

2015新潟県ジュニアリーグ十日町編。
練習してきたことを試合で出さなきゃ意味がない、とばかりに
トライ、トライ、トライの連続の試合。

七海、菜海、康大は昨夜作った試合プランをもとにコートに入った。
やるかやらないかは自分次第、
やれば何かが変わるだろうがやらなきゃ以前の自分と同じ。
だったらやるっきゃない。

リーグ戦なのでたとえ1試合目にはできなくても
次の試合でまたチャレンジできる。
そこでできなくてもまた次の試合で挑戦すればいい。

今日の試合が終わったあと、
明日に備えて残り試合のプランも考えた。

明日もチャレンジだ!

e0156339_23055216.jpg







[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-21 21:46 | テニス | Comments(0)

明日から新潟県ジュニアリーグその3

なじらね〜

e0156339_09544509.jpg


e0156339_09543843.jpg


やって来ました、十日町サンスポーツランドテニスコート。
布川七海、沼野菜海、佐々木康大の三人。
明日からのジュニアリーグに備えての練習です。

RSK、中牟田杯とこのところの大会は雨続きでしたが
どうやら今回は天気に恵まれそうです。
秋晴れの空の下で思いっ切り走りまわって欲しいものです。

ジャンボチームが到着した午後2時頃はご覧のようにコートはガラガラ。
管理人のおじさん曰く、どこでも好きなコートを使ってください、と。
はい、そうさせていただきます!

おかげさまで、5時までしっかり練習ができました。

コートサイドではすすきの穂が風になびいて、逆光に輝いていました。
綺麗なものですね。
見上げると雲が姿を変えながら流れていきます。

足もとに目をやるとバッタが地面に穴を開けて産卵し、
命をつなごうとしています。
かと思うと蜂の骸(むくろ)がコートの砂にまみれて横たわっています。
子どもたちがボールを追いかけて元気に走り回る横で
命の営みが静かに進行していっているのです。
こんな光景に生命の不思議をいつも感じます。

宿はいつもの和風いん越路さん。
今夜の夕食が楽しみです。
お世話になりま〜す!

e0156339_09543103.jpg

私たちのほかにもお客さん、いっぱいいます!
康大も完食しました!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-20 18:37 | テニス | Comments(2)

大事な、人との出会い

なじらね〜

e0156339_09580409.jpg


クラスの女性が異動で新潟を離れることになった。
寂しい限りだ。

毎年春先になると高校生が大学進学でジャンボを去っていくが
大人の人の異動には季節は関係ない。
突然訪れる。

新大学生は休みになると帰省してくるので再会できるが
大人の人は一旦新潟を離れるとそんな機会は滅多にない。
本当のお別れになってしまうことが多い。
だから、ことさら寂しい。

縁あって一緒にテニスをすることができたことに深く感謝します。
大事な人との出会いに心から感謝します。
ありがとうございました。
これからも
笑顔でテニスを!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-19 08:34 | テニス | Comments(0)

夜に咲く花

なじらね~

e0156339_22491976.jpg


e0156339_22492464.jpg


e0156339_22492842.jpg


e0156339_22493223.jpg

咲きそうになると
電話がくる。

私の行きつけの美容院の先生から。

咲くのは夜だ。
暗くなってから
カミさんとカメラを持って歩いて行く。

営業は既に終わっているのだが、
店先の灯かりを点けてるからね、と言ってくださる。
ありがとうございます。

月下美人。

そういえば、
USオープン初優勝のフラビア・ペンネッタ、
1ヶ月前にこの大会を最後に
引退すると決めていたという。
最年長33歳。

見事に咲いた。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2015-09-16 22:59 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧