<   2016年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

パートナー同士で与え合うもの

なじらね~
e0156339_06435709.jpg
テニスコートのすぐ横の山肌に、
我々を取り囲むように木々の若葉が萌えている。
春だ。

きっと雑然と自生しているだけなのだろうが、
それぞれが絶妙なバランスを保っているようにも見て取れる。

一本の木はそこにあるだけで
隣りの木を支えているようにも思われるのだ。

違う種類の木の葉が幾重にも重なって
互いに引き立て合っているかのように揺れているさまは
美しいだけでなく、
とてもチャーミングだ。

そして少し風が吹くと、
葉っぱたちのおしゃべりが始まり、
笑い声も聞こえてくるようだ。
その声のトーンは葉によって違っていて、
まるでそう、混成合唱団。

女子高校生たちの試合は
そんな豊かな自然に囲まれたテニスコートで行われているのだが、
ふと気が付いた。

試合中、パートナーに対して「ありがとう!」と
声を掛け合っているペアが多いのだ。
あちこちのコートで聞かれる。

当然だが、
ありがとうと言われた方の選手は笑顔になる。
言った方も笑顔だ。
ありがとうがパートナー同士を笑顔にしている。

よく見ていると、パートナーがミスをした時でも
すぐに駆け寄ってありがとうと言っているよ。

ん?と思うが、どうやらこのありがとうには、
「ミスはしたけど、相手のポイントになってしまったけど、
がんばったよね、ホントにありがとう、次もがんばろうね、
私もがんばるよ」という思いが込められているようだ。

その様に、すっかり魅了されてしまった。

もちろん、
だからと言ってそれだけで試合に勝つわけではない。
厳しい現実だが、
勝ち負けを超えた大きなものを試合をしながら
互いに身に付けていっているように思える。

信頼、協調、自立、支援、コミュニケーション、
関係性、敬意などの言葉が思い浮かぶが、
一番重いのは、友情、だろうか。

その掛け合う声は
パートナーが聞いているだけでなく、
コートサイドで見ている者たち、
仲間の部員や顧問や父母や指導者らの心にも
届いているにちがいない。

ああそうか、
周りの木々の葉っぱたちは
それに呼応して声援を送っているのか。

e0156339_07102336.jpg

e0156339_06270839.jpg

e0156339_23233365.jpg

e0156339_06484539.jpg

e0156339_06543590.jpg

e0156339_06320466.jpg

e0156339_06585711.jpg





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-30 07:08 | テニス | Comments(0)

雨でもやりまっせ高校テニス大会

なじらね~

平成28年度新潟県高等学校春季地区体育大会下越地区テニス大会
女子シングルスの部:新発田市・五十公野公園テニスコート

前日のうららかな陽気とは打って変わって終日の雨。
胎内市の国際交流コート(イリノイコート)で天気の回復を待って待機するも好天せず、急遽荒川テニスコートに移動するがそこはそこで強風まで吹き荒れる始末、今度は新発田市の五十公野コートに移動。
しかし雨は降りやまず・・・。
e0156339_08405838.jpg
雨天決行!

準決勝、決勝はずぶ濡れになっての戦いだった。
選手の皆さん、お疲れさま!
運営の先生方、生徒の皆さま、ありがとうございました。
e0156339_08405854.jpg

e0156339_08405801.jpg


女子シングルス結果(開志国際高校のみ表記)

布川七海(開志国際1年):優勝
2回戦 6-0
3回戦 6-1 
準々決勝 6-0
準決勝 6-3 
決勝 6-3 

単複優勝、おめでとう!
e0156339_08405852.jpg

e0156339_08405807.jpg

中野亜美(開志国際1年):第3位
2回戦 6-3
3回戦 6-2 
準々決勝 6-1
準決勝 3-6 

複優勝、単3位、おめでとう!
e0156339_08405855.jpg
二人とも単複合わせて10試合、9試合を戦っての優勝と3位だ。
1年生ながらよく健闘した。
お疲れさま。

練習の成果をどれだけ出すことができただろうか。
どこをどうやって伸ばせばいいだろうか。
ああすればよかった、こうすれば良かった、と考えることが多いだろうが、過去は取り戻せない。
これをできるようにしよう、そのためにはこんな努力をしよう、と考える方がよい。

高校総体県予選はいつ、どこで、ありますか?
そこへ向かって日々の練習に取り組もう。
努力と切磋琢磨だ!
練習仲間や対戦相手に感謝する気持ちを強く抱きながら・・・。
e0156339_08405845.jpg





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-29 08:52 | テニス | Comments(0)

なんと幸せな大会環境

なじらね~
e0156339_00091350.jpg

e0156339_23233348.jpg

e0156339_23280679.jpg

e0156339_23233412.jpg

e0156339_23233344.jpg

e0156339_23233423.jpg

e0156339_23233442.jpg

平成28年度新潟県高等学校春季地区体育大会下越地区テニス大会
女子の部:胎内市国際交流公園テニスコート

運営の先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました!

②中野亜美・布川七海(開志国際1年):ダブルス優勝
2回戦 6-0
3回戦 6-0
準々決勝 6-1
準決勝 6-0
決勝 6-4

天国的にのどか!と言ってもいいくらいの雰囲気を持つ会場での大会だ。
新緑が萌え、うぐいすが鳴き、爽やかな空気に満ちている。

隣接する広い芝生のグラウンドにテントを張って生徒たちは待機することができる。
ボレーボレーをしたり作戦を話し合ったり試合後の振り返りをする者も。
こんなに素晴らしい会場はほかにないのではと思うくらいだ。

のどかで緑豊かな会場だが試合は厳しい。
高3の生徒にとっては負ければこれが最後の試合になるかも知れない。
そうなれば引退だ。
必死に走り懸命にボールを追っても僅差で負けることがある。
最後のポイントを落として負けが決まったとき、涙がこみあげてくるのは仕方がない。
泣こう。
懸命にプレーした自分をほめても流れる涙を止めることはない。
しばらくはコートの中にたたずんで泣くがいい。
たとえパートナーの手が肩をたたいても今は君の時間だ。
これまでのテニスを思い出して泣くがいい。
そして涙が涸れたらコートに一礼をして仲間の待つもとへ行けばいい。
そこにはテニスに対する熱い思いを共有した友がいる。
これからもずっと友でいるであろう仲間だ。
そんな仲間とともに、高校生としてのテニスは引退しても自分のテニスをずっと続けていって欲しい。

e0156339_00075695.jpg
開志国際高校テニス部はこの春新設なったばかり。
中野亜美と布川七海のペアは内藤祐希とともにその創始メンバーだ。
内藤祐希はインドでのITF大会(グレードB1)に行っているので今大会には出ていないが。

中野亜美・布川七海ペアの1年生ながらの地区予選優勝は立派だと言える。
闘いながら1試合ごとにプレーの質を上げていった。
しかしこれはあくまでも地区予選。
次の県大会でインターハイへの切符をゲットすべくもっともっとレベルを上げていくことだ。

明日(4/28)はシングルスが行われる。
布川七海は第1シード、中野亜美は第3,4シードでの出場。

今日以上のプレーが要求されると思う。
ファイト!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-27 23:58 | テニス | Comments(3)

試合で勝つための日常

なじらね〜
e0156339_10464877.jpg
(2016全国小学生テニス大会新潟県予選 4/23上越総合運動公園)


ジュニア選手が試合に臨もうとする時、心の中にどんなことを用意すればいいのだろうか。
あるいは試合の後で振り返りをしようとする時にどんなことをチェックすればいいのだろうか。

ジャンボの子らには試合の前に自分なりの目標を作るという作業をさせている。
となると、試合後は自分の作った目標がどれくらいできたかを振り返ることになる。
目標は皆が同じではなくそれぞれ違っていて当たり前なので、それを個別にチェックすることになるのは言うまでもない。

<大会前と当日>
1)1週間前に目標を立てているか。
2)目標に多様性があるか。
3)その目標をもとに1週間を過ごしたか。
4)大会前夜、その目標を確認したか。
5)大会当日の朝、目標を再確認したか。
6)試合中は目標を達成すべく全力でプレーしたか。
7)試合後に自分で振り返りをしたか。
8)試合後にコーチと振り返りをしたか。

<大会後>
1)自分の作った目標をどの程度達成できたかをチェックする。
2)以後の練習に臨む姿勢を確認する。

大事なのは日常だ。
日々の行動だ。

それを積み重ねてこそ次の練習が楽しくなり、
次の大会が待ち遠しくなる。








[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-26 10:49 | テニス | Comments(0)

風はコートにも自分の心にも吹き荒れる

なじらね~
e0156339_22563782.jpg
2016新潟県小学生テニス大会は春の風が吹き荒ぶ上越総合運動公園で行われた。

午前中はあんなにくっきりと見えていた妙高山と火打山が、午後になり薄い雲におおわれていくと風はどんどん強くなり、まさに吹き荒れるような状態となっていった。
e0156339_22555088.jpg
ボールが強風に流され、サーブの空振りをする者がいれば、ストロークの空振りをする者もいる・・・。

あからさまに風を嫌がるジュニアもいれば風上と風下をうまく使い分け風を武器に変えている者もいる。
うまくいかないことを風のせいにしてますますプレーの質を下げていく者がいる反面、風を利用して巧みにボールをコントロールして面白がっている選手もいる。

この違い!

どうやら風が問題なのではなくて風に向かう気の持ちようが問題のようですよ。

大会ではいろいろなことが起きる。
でも、このような、次々に起きるさまざまな出来事が子どもを逞しくしていくのは間違いない。

風よ、ありがとう!と言おうじゃないか!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-24 22:57 | テニス | Comments(0)

2016新潟県小学生テニス大会は強風の中で


なじらね~
e0156339_23310741.jpg

e0156339_23310799.jpg

2016新潟県小学生テニス大会 兼全国小学生テニス北信越予選
会場:上越総合運動公園テニスコート
期日:2016年4月23日
男女とも上位6人が北信越予選に出場
e0156339_23310700.jpg
男子結果
優 勝 原 爽叶
準優勝 山田 旺典(ジャンボ)
第3位 信田 航(ジャンボ)
第4位 笠原 大貴
第5位 加藤 駿一
第6位 鈴木 陽太(ジャンボ)
第7位 有本 築(ジャンボ)
第8位 齋藤 葵平(ジャンボ)

e0156339_23310768.jpg
女子結果
優 勝 松山 紗奈(ジャンボ)
準優勝 勝見 尚加
第3位  横田 和
第4位  村山 結
第5位   鈴木 まこ
第6位  小柴 美波
第7位  畠 さゆり
第8位  白川 華(ジャンボ)
e0156339_23310765.jpg
準優勝:山田旺典  第3位:信田航  第6位:鈴木陽太


e0156339_23310761.jpg
優 勝:松山紗奈


感動溢れる試合がたくさんありました。

運営の上越地区テニス協会の皆さま、大変ありがとうございました。

(最後の2枚の撮影は徳山さん提供)


[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-23 23:55 | テニス | Comments(4)

雨のち晴れのち曇り

なじらね〜

今年から新潟県小学生テニス大会は上越総合運動公園で開催されることになった。
上越市テニス協会の皆さま、お世話になりますがよろしくお願いします。

今朝は雨がぱらついていたが昼前にはすっかり良い天気になって青空が広がった。
風もなく穏やかな春の陽でいっぱいだ。
e0156339_06205712.jpg

今大会、ジャンボチームはほとんどが前泊して大会に臨む。
12:40新潟駅前発の高田行き高速バスで会場近くまで行き、歩いて会場入りし、今日は夕方まで練習だ。
航、葵平、叶永が新潟駅前から、県庁から陽太、旺典、隼人、理子、華が、三条から結芽乃が乗車。

新潟駅前出発後、車窓からはいろいろな花が咲いているのが見える。
この時季、新潟は百花繚乱、一斉に咲き誇る。
桜は例年になく早く散ってしまったが、今は地面に近い所でさまざまな花が咲き乱れている。
e0156339_06205733.jpg

寺村停留所でバスを降り歩いてコートまで。
重いバッグを背負ってテクテクと。

会場に着いたらコート使用料を払って、ネットを張って、アップをして練習開始。
e0156339_06205717.jpg

いつの間にか空いっぱいに雲が広がってきた。
隣のコートのソフトテニスの打球音がポンポンと心地よい響き。

3時から6時まで練習だ。



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-22 17:32 | テニス | Comments(0)

小学生大会に向けて

なじらね~
e0156339_12092703.jpg

e0156339_12092712.jpg

e0156339_12092637.jpg

e0156339_12092647.jpg

4月23日には2016新潟県小学生大会が上越市で開催されます。
それに備えて出場選手のミーティングをしました。
お父さん、お母さんも一緒です。

当然ながら初めて大会に出る選手もいます。
会場での受付の仕方、試合結果を大会本部に報告する方法、試合前の挨拶や試合後の握手と挨拶など初出場の小学生には緊張を伴うことがたくさんあると思いますが、こうして事前にみんなで練習することによって気持ちに余裕が生まれるのは確かです。
試合をすることだけが大会の目的ではないことをこうして理解していけると思います。
北信越大会への出場を目指している選手、特に6年生は小学生最後の大会ですからね、やる気満々だと思いますがどうすれば出場権をゲットできるかも考えます。
新潟県テニス協会作成のフェアプレーガイドを読みあって、相手を尊敬することによって初めてテニスが成り立つことも話し合います。

さて、今回の引率ディレクターは6年生になった、わたる。
会場までの行き方、練習コートの手配、前泊するのでホテルの手配、諸注意など、彼ならではのアレンジがなされています。
これも大事なこと。
ジャンボでは誰もが引率ディレクターをこなし、仲間のサポートを経験します。
旅をし、自分の頭で考え行動し問題が発生すれば引率ディレクターを中心にみんなで解決しようと努力します。
私は見ているだけ。

今度の大会も成長の大事な一歩となります。



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-19 12:30 | テニス | Comments(0)

咲きましたね、今年も

なじらね~

e0156339_13113715.jpg

e0156339_13113774.jpg
今年も咲いてくれました、つる日日草(ビンカ)と君子蘭(クリビア)。

それだけで嬉しいです。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-18 13:14 | 花たち | Comments(0)

次は世界大会だ!

なじらね~

e0156339_00274996.jpg

e0156339_00272988.jpg

e0156339_00272942.jpg
2016 ジュニアフェドカップ Asia Oceania 予選(インド・ニューデリー)。
内藤祐希を擁する日本チームは決勝でタイと対戦しシングルスで2勝を挙げて優勝。
おめでとう!

男子(ジュニアデビスカップ)も2位で予選通過したので男女とも9月にハンガリーで開催される世界大会進出だ。

JAPAN - THAILAND
S2  NAHO SATO  6-1 6-1  THASAPORN NAKLO
S1  AYUMI MIYAMOTO  6-3 6-1  WATSACHOL SAWATDEE
D AYUMI MIYAMOTO /YUKI NAITO :
THASAPORN NAKLO /NATTHAPAT PIWBANGRUK
(Not played )

明日には帰国できるかな。


(写真は祐希のお母さんから。撮影はインドのKamesh Srinivasanさん)



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-04-16 23:59 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧