<   2016年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

柔らかい身のこなしの先に

なじらね~

e0156339_05344991.jpg


一人の少女の動きに目がとまった。
2016RSK北信越予選の会場、南魚沼市大原運動公園テニスコート。

ノーシードからベスト8に入り、順位決定戦で6位となった。
そのほぼすべての試合を見る、いや自然と目が行ってしまったという方が正しいか。

柔らかい身のこなしに古武術や踊りを思い浮かべていた。
合気道、柔術、獅子舞い、日本舞踊・・・。
柔らかい中に瞬時の加速が大きなエネルギーを生み出してもいる。
見とれてしまう。
こんな動きができたらいいな、と。

試合中、ウイナーを取ってもポイントを落としても同じように下を向いてすまなさそうに歩く姿さえプレーの一部になっているような。
ガッツポーズをするでもなく、悔しがるでもなく。
でも、目は静かに輝いている。

試合が終われば笑顔でお母さんにすり寄るロングヘアーの中学1年生。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-31 06:09 | テニス | Comments(0)

準優勝の重みを手に

なじらね~

フェーン現象でカラッと暑い大原運動公園テニスコート。
2016RSK全国選抜北信越予選も最終日。
e0156339_22130800.jpg
ジャンボでただ一人残っていた佐々木康大は先ず準決勝76(4)63勝利。
相手は昨年の北信越ジュニア準々決勝で対戦し623636で敗れた相手、今大会第8シード。
高熱を出してフラフラしながらも戦い抜いた試合を思い出す。

今回はストレート勝ち。
第1セット、序盤の3ゲームはいずれもデュースとなり、続けて落としてしまったがそこから4ゲーム連取。
取って取られてタイブレークになったがこれを7-4で取り、続く第2セットは63と去年の雪辱を果たすと同時にRSK全国大会出場を決めた。
e0156339_22130260.jpg
決勝は第1シードとの対戦。
相手は1回戦から準決勝まで全てストレートで勝ちあがってきている。
今回ノーシードの康大にしてみれば望む相手との対戦が実現した。

結果は・・・76(5)1616で準優勝。
残念ながら優勝はできなかったが1試合ごとにテニスのレベルを上げていくことができた、そんな大会とすることができた。
大きな収穫だ。

加えて全国への切符もゲット。
おめでとう、康大!
e0156339_22130262.jpg
今回も初日の雨、その後の熱暑にもかかわらず大会を運営して下さった役員の皆さま、大変ありがとうございました。

おかげさまでジュニア達はすくすくと成長を続けることができます。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-29 22:16 | テニス | Comments(0)

USオープンに出る日

なじらね〜

e0156339_06232018.jpeg
茜色の朝焼け!

残念ながら写真に収めることはできなかったが代わりに朝陽を浴びて素振りの練習をする康大の写真を!

今日は先ず準決勝。

一歩一歩だ。



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-29 06:28 | テニス | Comments(0)

雪国、夏、青空、テニスの音

なじらね〜
e0156339_21003012.jpeg

青空っていいな、と思いながら康大と朝の散歩&コンディショニングへ出かける。
舞子高原スキー場のゲレンデまで。

2016RSK北信越予選in大原運動公園テニスコート。
佐々木康大の2回戦の相手は第3シード。
今回ノーシードの康大にとってこの壁は何としてでも乗り越えたい。
朝から自身にプレッシャーをかけているのが見て取れる。
悪いことではない。
それも試合のうちだと考えればいい。

14番コートに入る前に縄跳びをさせる。
縄跳びは無心になるにはもってこいのツールだ。
20回跳んでは深呼吸、それを5回行なってコートに入る。

結果は6-3 6-4のストレート勝ち。
セカンドセットは2-4から逆転できた。
相手のうまさを自分の中に取り込んでいる。
いい状態だ。
試合をしながら相手から学ぶことができればこんないいことはない。
対戦相手にはだからいつも感謝すること。

準々決勝も相手はシード選手。
序盤は競ったが長いデュースゲームを取ったせいかそこからはゲームの流れをしっかり掴んで6-4 6-0の勝利、ベスト4に。

緊張を感じながらも試合をしながら上手くなっていっている。
いいことだ。
e0156339_21242422.jpeg
試合後、明日の準決勝に備え約1時間ほどサーブを中心とした練習をして宿に戻る。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-28 21:30 | テニス | Comments(0)

雨の2016RSK北信越予選

なじらね〜

朝起きたら、かなりの雨。
少し寒いかな?
e0156339_16573932.jpeg
e0156339_16501439.jpeg

かまわず傘を差して外へ。
コンディショニングのできそうな場所を探すが見つからない。
仕方なく、こんな狭いところで・・・。
でも、やってみればけっこうあれこれとできるものです。
e0156339_17004735.jpeg
e0156339_17013760.jpeg
e0156339_18543114.jpeg
試合は雨の中を決行。

1回戦の結果。
康大は6260、照英は4646、航は367506、紗奈は643616。

康大はいつものテニスをして勝利。

4-2から逆転された照英は不用意なストレートでピンチを招く場面が多かったこともあり、何度かあったチャンスを生かし切れず惜しい敗戦。
試合後、富山の選手を誘って練習マッチ、課題克服にチャレンジ。
さてどうだったか?

航は一回り大きな相手と果敢に打ち合ったが全体的にまだ打点が低く相手から時間と場所を奪うことができなかった。
しかし、セカンドセットを7-5で奪い返した気迫と粘りは感動的だった。

紗奈は負けはしたが最近改善しつつあるサーブに大きな成長を見せたのが嬉しかった。

陽太、旺典、理子、本大会には出てないが観戦と応援に来たジャンボのジュニア達はコートを借りて雨の中、練習。
いいことです。
e0156339_18442673.jpeg
今日は1回戦だけ。
RSK本戦への枠は2人。
ドント配分で男子はプラス1、女子は補欠1がプラス。

今日も厳しい試合が多かったが明日からもっとタフになっていくだろう。
ファイト!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-27 18:59 | テニス | Comments(0)

雷、雨、木々の揺れ、雲の流れ

なじらね〜
e0156339_22003588.jpeg
e0156339_22025476.jpeg

e0156339_22061486.jpeg
e0156339_22051276.jpeg
e0156339_22071947.jpeg
e0156339_22081630.jpeg

大原運動公園は緑豊かな私の好きな大会会場だが、今日は遠くで雷の轟く音が聞こえ時折雨がぱらついた。

雷だけはどうにも避けようがないので2度ほど練習を中断したが、それでも何とか夕方まで練習することができた。

宿はいつもの「和風いん越路」。
風呂でさっぱりしたあと夕食、そしてミーティング。
明日も早く起きて舞子高原スキー場のゲレンデまで散歩し、そこでコンディショニングだ。

ジャンボからの出場者は照英、康大、航、紗奈の4人。
明日の朝、私を起こす役目は康大。
果たして・・・。



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-26 22:12 | テニス | Comments(0)

チャレンジは続く

なじらね~

e0156339_05181032.jpg
e0156339_05181164.jpg
試合は試し合いと書く。
何を試し合うのか?
それまでのすべて、習得してきたスキル、鍛錬してきたフィジカル、培ってきたそれらのものを駆使する土台としてのメンタル、そして勝ち抜くための作戦力。

試して、勝つこともあれば負けることもある。
坂詰姫野、2016全中決勝、フルセットの激闘の末に惜しくも敗れるが、チャレンジは続く。
(写真提供は上越市テニス協会、徳山さん)

e0156339_06122218.jpg
e0156339_06063031.jpg
今年の全中出場は逃したが19日から会場に行き観戦と練習に励んだ沼野菜海、来年こそはと闘志を研いだ。
佐々木康大、内山照英らとともに、出場選手が試合をしているすぐ横で動き作りの練習。
チャレンジは続く。


e0156339_05234851.jpg
布川七海(開志国際高校)と齋藤瑠奈は東北オープンに出場。
単複ともに初戦敗退だが多くの気付きを得たようだ。
チャレンジは続く。


e0156339_05240378.jpg
新潟大学医学部は山中湖での東医体に出場。
医学部最大の団体戦で、彼ら彼女らの目標はベスト8だ。
ともに初戦を勝ったが2回戦の壁に阻まれた。
このメンバーが新しい幹部でまた来年に向かって再出発。
チャレンジは続く。

e0156339_05292923.jpg
開志国際高校の練習。
参加させていただいたジャンボのジュニアたち。
全国大会出場経験者は2人。
チャレンジは続く。

明日からRSK杯北信越予選が越後湯沢の大原運動公園で開催される。
ジャンボ勢は例によって今日の昼に電車で現地へ移動する。
引率ディレクターは佐々木康大。

チャレンジは続く。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-26 06:12 | テニス | Comments(0)

シングルス決勝で戦う二人の一人

なじらね~
e0156339_06014132.jpg
e0156339_06012477.jpg
2016全中、女子シングルス決勝は第1シードの坂詰姫野と第2シードの内島萌夏の顔合わせ。

当然だが決勝はたった二人。
この二人のどちらかになるのは大変なことだ。
そして最後の一人になるのは更に困難なこと。

姫野は準々決勝で2-5の劣勢から6ゲーム連取して逆転勝ちしたという。
大した胆力!技術、体力!

調子がいい悪いとかではなく、疲れがある無しとかではなく、自分のこれまでと現在をしっかり信じる気持ちが強い方が勝ち抜くのかと思う。

決勝は今日(8/24)午前10時から。
姫、応援してるぞ~!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-24 06:08 | テニス | Comments(0)

2016全中個人戦初日

なじらね〜

e0156339_21234140.jpeg
e0156339_21282163.jpeg
昨日に続いて朝食前にいたち川へ。
大きな鯉と、人なつっこいハトにエサをやる菜海。
そのあと、課題であるバックハンドの修正に取り組む。
ふむふむ・・・。
どこがどうなっていて、何をどうすればいいのかが分かってきたようで、一歩前進。

ホテルに戻る際、古い民家の前でおばあちゃんがほうきでゴミを掃いているのを見つけて、あ、前に来た時も同じように掃いていたおばあちゃんだ!
知らないおばあちゃんなのに何故か再会が嬉しい朝の光景。

しっかり朝食を摂ってライトレールで岩瀬浜へ。
ホテルで貰った割引券を使うと運賃100円、助かる〜。

蓮町停留所から歩いて会場に着くと・・・今日も賑やか、全日本ジュニアとは違う賑わいだ。

突然、駐車場の入り口でお父さんかコーチか分からないが大きな声で怒鳴り始めた。
いちばん近い駐車場が関係者専用になっていて選手用の駐車場が遠く離れた所に設置されていることに関して全国から集まって来ている選手本位ではない運営者の姿勢に対する抗議のようだ。
主張はもっともだと思うが(事実、関係者専用駐車場には空きが沢山あった・・・)、言い方がかなり乱暴なのが気になった。
冷静にかつ強く訴える方が効果があるだろうし、現場の係員に抗議するより運営責任者の所に行って訴える方が良い場面だと思った。
連日の暑さの中、遠い駐車場からの移動は大変なのでつい興奮したのだろう。
が、これが試合だったらと思うと・・・。
e0156339_21435684.jpeg
e0156339_05062901.jpeg
e0156339_05074706.jpeg
e0156339_05085432.jpeg
受付では全中独特の服装チェック!
ラケットにつけたステンシルマークを懸命に消している選手も。
聞けば、全日本ジュニアの会場から直接来たので・・・とのこと。
うまく消せればいいが。

ドームコートでの開会式のあと個人戦開始。
それぞれの思いを込めてのプレーを見るにつけ、テニスって難しいスポーツだなと改めて思い知る。
だから限りなく面白いんだなとも思う。
e0156339_05150378.jpeg
友だちもいっぱいできるし、ね!

e0156339_05233422.jpeg
キャンセルがあったとのことで急遽東富山駅前の練習コートに移動し40分程課題に取り組む。
終わったころ、次の女子中学生グループが来てアップを始めた。
コーチも父母もいないのに黙々とランニングやフットワークのアップを続けること約25分間、ようやくボールを打ち始めた。
しっかりしたアップがすでにルーティーンとなっているのだ。
見ていて思わず菜海と茉美に言う。
コーチがいなくても親がいなくても、あなたたちも同じようにできるかな、と。
返事はなかったが・・・。

やればできる!

さて試合の行方は・・・。



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-22 05:28 | テニス | Comments(0)

応援歌の飛び交うコート

なじらね〜

e0156339_21402760.jpeg
朝はホテルからイタチ川まで散歩して、川の畔をランニング。
早朝のコンディショニングは習慣になるまでやり続けることが大事だ。
e0156339_21443130.jpeg
e0156339_21465270.jpeg
e0156339_21553151.jpeg
富山ならではのますの寿司の朝食を摂って全中の会場へ行き、団体戦を一部観戦。
コートサイドを応援歌が飛び交っている。
控えの選手だけでなく父母も一緒の応援合戦!

ボードの前では試合を終えたチームが記念撮影をしている。
3年生なら最後の全中、いい思い出になったことと思う。

一旦会場を離れ、空港近くの練習コートへ移動し、約1時間練習をしてまた会場に戻る。
団体戦で使うコートが減っていくので空きコートを利用しての公式練習だ。
団体戦を見たり練習したり。

個人戦に出る選手が集まってくる。
全日本ジュニアの会場で見た選手が多い。
夏休みに大会が続いて大変だろうが暑さと疲れを克服して精いっぱいプレーして欲しいものだ。

明日からいよいよ個人戦開始!
団体戦のような応援歌は飛ばないだろうが必死のプレーが続出するに違いない。
ファイトだ!

e0156339_22084994.jpeg
e0156339_22104165.jpeg
北軽キャンプは今日が最終日。
これはトウモロコシ畑だな?
ジェイソンコーチを囲んで何かをしている。
友だちいっぱいできたかな?
(写真は内山コーチ提供)

e0156339_22122289.jpeg
佐賀でのグラスホパーは4日目。
そろそろ疲れが出て来るころ。
それもこれも良い経験となることには間違いない。
芝の感触を足の裏に刻み込め!
(写真は勝見コーチ提供)



[PR]
by jumbozaki-625 | 2016-08-20 22:01 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧