<   2017年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

傾聴の姿勢こそ成長の第一歩

なじらね~

e0156339_10115736.jpg

強化練習会をしているとそれぞれの成長ぶりが見えて興味深い。

前回の練習会は1週間前だがたった1週間と言うなかれ、その間にも十分成長するのがこの年齢。

コーチの立場からコーチ自身を見れば、指導者はジュニアを1週間で成長させることが可能だと言うことでもあり、ジュニアの立場からジュニア自身を見れば、自分は自分を1週間で成長させることが可能だと言うことでもある。

さらに指導者とジュニアの両方が努力すれば1週間でも目を見張る成長を手に入れることが可能であるとも言える。

もちろん、個々の成長曲線はそれぞれのカーブを描くし成長と停滞の繰り返しの中から更に成長していくのは確かなので「努力を続ける」ことが大事なのは言うまでもない。

ここでもう一つ大事なことは練習会での聞く態度。
コーチの説明や話を真剣に聞こうとしているかどうか。

下を向いたりよそ見をしたり隣りの子に話しかけたりラケットを触っていたり好んで後ろの方に位置したりすると・・・。
いわゆる「傾聴」のできない子は概して理解力不足となり当然ながら理解していないわけだから行動の段階でどうしたらいいのかが分からなくなり結果として道に迷った状態になってしまう。
迷った子は目的地にたどり着きにくいのは当然だろうし練習効果も低くなるだろう。
こういう子に限って、道に迷ったのは「聞いてな~いし、コーチがちゃんと自分に説明してくれなかったから」と責任転嫁をすることが多い。
毎回これを繰り返すと道に迷うことと責任転嫁の両方の報酬を受けることになり結局は自分自身が最大の不利益を受けることになる。

話者の目をしっかり見てうなづきながら聞く「傾聴」のできる子は自分の理解度を確認しながら聞いているので理解度が高く、よく理解しているがゆえに行動に迷いがないので練習効果も上がり目的達成度も高くなることになる。


聞く態度を良くすることで成長を早めることができる!
e0156339_14143561.jpg







[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-30 11:21 | テニス | Comments(0)

感動をもたらすテニスの面白さ

なじらね~
e0156339_14143561.jpg

全豪オープン2017をつまみ食いで見ているが、見ていていつも思うのは、さまざまなプレースタイルがあって、それが面白いこと。

見事に復活したナダルとフェデラー、相変わらずのパフォーマンスを見せるモンフィス、久しぶりの活躍が嬉しいビーナス、そして大阪なおみやバンダウエー、ズベレフなどのニューカマーたち。

みんな違ってみんないい、というわけだ。

身長や筋力などの身体能力の違い、気持ちの使い方の違い、顔や身体の表情や発する声の違い、ラケットやボール、タオル、帽子などの用具に対しての接し方の違い、観客や自陣営へのアピールの仕方の違いなどなど、もちろんプレーそのものも面白いのだけどプレー以外のそういう部分に目がいくのも確かだしむしろそちらの方が面白いと感じることは多い。

なぜだろうと考えると・・・、そういった所に人生を見るからなんだろうと思う。

どの選手もその人だけの人生を送っている。
その意味では比較することなど意味をなさないと思うのだが、テニスというスポーツのステージの上では勝ち負けがあるのでどちらかが勝者になり片方が敗者となる。
これを比較と言えばそうなのかも知れないが、しばしばそこを超越した感動をもたらせてくれるのは確かだ。

35歳の5か月のフェデラーしかり、ナダルしかり、そしてビーナスの決勝進出しかり。
36歳7か月のビーナスがバンダウエとの厳しい準決勝を勝ち抜いて決勝進出を決めた瞬間、私は思わず飛び上がって拍手をした!

テニスって・・・素晴らしい!
人って素晴らしい!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-27 10:04 | テニス | Comments(0)

雪にも負けず

なじらね~

e0156339_21565449.jpg
新潟駅を出た時には青空が・・・。
雪原の中を電車は北へ向かう・・・。

e0156339_21565477.jpg

みぞれが窓ガラスを・・・。

e0156339_21565425.jpg
次第に外が見えなくなり・・・。
e0156339_21565528.jpg
窓ガラスに付いたみぞれが凍り付き、外は全く見えなくなってしまう。
e0156339_21565583.jpg
駅に着いて一息つく電車・・・。
e0156339_21565319.jpg
駅頭の桜の木。
e0156339_21580361.jpg
天井の高い立派なコート。
e0156339_21582023.jpg
外は山のような雪でも、インドアで4時間、しっかり練習。
e0156339_21583648.jpg


週末は石川県小松市での大会に出ます。
開志国際高校テニス部、中野亜美と布川七海のある日。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-25 22:09 | テニス | Comments(0)

合気道のようなテニス

なじらね~

e0156339_14143561.jpg

全豪オープン2017、2回戦でイストミンがジョコビッチにフルセットで勝った試合、たまたま最後の数ゲームを見ていたのだが、強打しない
イストミンのプレーに合気道の極意を見る思いだった。
緩急の緩の方を実にうまく使ってジョコを走らせていた。
高速ボールを打てばカウンターパンチが返ってくるのは分かっているから敢えてスピードボールを打たずに?逆に相手の力を最大に使って技を返し・・・。

ファイナルセット5-4のサービスゲーム、いわゆる勝ちびびりをしてもおかしくない場面。
その前の5-3リターンゲームで凡ミスを繰り返したので、やっぱり緊張しているのだろうなあと思ったものだ。

でもイストミンのプレーは変わらなかった。
それはそうだ、どうやらもともとそういうプレースタイルのようだから。
むしろ、めったにない2回戦での敗退が目の前に迫ったジョコの方がより多くの緊張感に包まれているようにさえ見えた。

テニスの面白さと怖さの両方を垣間見ることができたし、大いに参考になる試合だった。

一方、ブシャールとバンダウエの対戦はバンダウエが勝ち、バンダウエは次も勝ったようだ





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-23 22:30 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ファイナルセットでの全豪2回戦勝利

なじらね~
e0156339_15533210.jpg

e0156339_16033671.jpg


e0156339_15470364.jpg

e0156339_16042393.jpg


e0156339_15542363.jpg

全豪オープンジュニア2017。
内藤祐希(開志国際高校1年)のシングルス2回戦は22番コート。
対戦相手はルクセンブルグのE. Molinaro で、第1セットを26で落としたが続くセットを6163で取って逆転勝利。
これで現在ベスト16。

ニコニコしながらサインに応じていた。
祐希の笑顔に触れるとだれでも応援団になる。


8番コートに移って、第7シードとなったダブルス1回戦台湾のI. Cho と組んでP. Apisah (PNG) /A. Marshall (AUS) ペアに6362勝利。

おめでとう!

明日も元気よくチャレンジだ!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-23 16:01 | テニス | Comments(0)

困難に立ち向かう姿の美しさ

なじらね~
e0156339_14143561.jpg

e0156339_08145099.jpg

全豪オープンジュニア2017。
シングルス1回戦を突破した内藤祐希(開志国際高校1年)、今日(2017/1/23)午前9時から22番コートでシングルス2回戦、8番コート4試合目ではダブルス1回戦がライブ中継される。
AO(オーストラリアオープン)のサイトにて。


昨日は錦織がフェデラーを追い詰めながら惜しくも勝利を逃す場面を見ながら、いかに勝つのが難しいかを痛感させられた。

第1セットのプレーが持続できたならフェデラーにもマレーにもジョコビッチにも勝てるに違いない。
でも、そうはさせてくれない相手がいる。

負けはしたが錦織、立ちはだかるその相手に、いつかは逆の立場に立ってやる!と強く思ったのは間違いない。
いい試合ができたなどと思ってはいけないのだと思う。
次は勝つ!とだけ思うことだ。

ずっと勝ち続けることがないのと同じようにずっと負け続けることもないのだから。
工夫と努力を自分の中に植え込みひたすら努力してその樹(その気)を大きく育てていくだけ。

片や国内、大相撲では大関稀勢の里が30歳にして初優勝を飾り、卓球ではリオオリンピック選考に漏れて涙をのんだ16歳(高1)の平野美宇が初優勝し全日本選手権最年少優勝記録を塗り替え、ともに喜びの涙を見せていた。

ステージこそ違うがジャンボの佐々木康大(中1)はTTCウインター大会で1回戦タイブレークで勝ち、2回戦4-6で負けて本戦入りは果たせなかったがまたまた貴重な経験を重ねることができた。
電話で報告してくれる声には弾む心が見える。
チャレンジと努力あるのみ!

群馬遠征に参加した中野亜美と布川七海(開志国際高校1年)も同様。
自分一人では、強くなることはおろか、練習も試合もできない。
いかに多くの人たちのサポートがあるか、その中でしか成長は果たせないことを早く理解し、感謝の気持ちを表現することを身に着けることだ。
稀勢の里も平野美宇も感謝の気持ちをうまく表していた。


努力が常に報われるわけではないが勝者の陰には必ず人並み外れた努力があるのは間違いない。
その姿を、表には出てこないその困難に立ち向かう姿を直接見る機会は少ないが、心で見ようとする者はきっと自分を変えることができる。

言い訳や責任転嫁ばかりで努力をしない者には勝利の涙は流せない。

チャレンジ!!


(写真はテニスデイリーから)



[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-23 08:44 | テニス | Comments(0)

全豪オープンジュニア2017 内藤祐希、1回戦突破

なじらね〜

e0156339_14143561.jpg


ジュニア部門がスタートした全豪オープン2017。
内藤祐希(開志国際高校1年)がフルセットで1回戦を突破した。
おめでとう!

2-6 6-2 7-5 ゾーイ・クルーガー(南アフリカ)

祐希は今大会第14シード。
2月で16歳になるが去年一昨年の自分がそうであったようにシード選手に対しては誰もがチャレンジ精神をむき出しにして挑んでいくものだ。
64ドローの下位シードに対してはなおさら挑戦してくるに違いない。

かつての自分が現在の自分に牙を剥いてかかってくるような感覚を覚えるかもしれない。
でも、これを新しいステージだと思って1戦1戦ベストのプレーをして欲しい。

チャレンジ!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-22 07:21 | テニス | Comments(0)

試合での内面の表れ

なじらね〜

全豪オープン2017進行中。
なかなかテレビで全試合を見ることなどできないのだが、時間を見つけてはつまみ食いで観戦している。
昨日のジョコビッチの2回戦敗退は試合の面白さと怖さとチャレンジの素晴らしさを見せつけられたような感じだった。
e0156339_00380767.jpg

5日目。
女子、カナダのブシャールとアメリカのバンダウエの対戦でこんなことがあった。
第1セットをバンダウエイが6-4で取りセカンドセット、挽回したいブシャール2-0からのサービスゲーム、これをキープすれば3-0となり有利な流れにできるところ。
3回目のジュース、アドバンテージブシャールでのバンダウエイのフォアハンドサイドアウトでゲームを取った後、ベンチに向かうブシャールが相手の様子をしっかり見ているのが印象的だった。
バンダウエイがラケットをコートに叩きつけた後、うなだれてベンチに向かって歩いているのをブシャールが鋭い目で見ていた(ように私には見えた)のだ。
まるで相手の心の中を覗き込んでいるかのような視線だった。

バンダウエイにもブレイクポイントがあったにもかかわらず、どちらかと言えばチャンスボールに見えたボールをミスしてしまったのだからがっかりするのはよく分かる。
だが最後に勝利して笑うためには終わったポイントのことに腹を立てても仕方がないわけで、次のゲーム、次のプレーに向かっての立て直しを最優先することにだけ集中することが必要な場面だと思う。

ブシャールからすれば相手がそのような心的作業をしているかどうかを観察することは勝利のために絶対必要なことに違いない。
つまり、メンタルを立て直そうとしているか自ら崩してしまっているかの見極めだ。
見極めるためには相手の表情や言葉などを含む行動を観察するするしかない。
だから見る。
どんな表情をしているか、何をつぶやいてどんな行動をしているかを。
観察力をマックスにして。

逆に考えれば、見られる方は観察されていることを十分に分かった上での行動が必要になる。
自分の弱さを相手にさらけ出すか、それとも心身ともに充実している様子を相手に見せつけるか。


ブシャールが3-0にしたところでテレビの前を離れたので試合の結果は分からない。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-20 10:49 | テニス | Comments(0)

ハイという返事の意味

なじらね~



e0156339_21130345.jpg

e0156339_21133995.jpg

e0156339_21303183.jpg


何かを確実に伝えるのは難しい。
伝わったかどうかを確認するのもやはり難しい。
たとえば、返事。
確認するためのツールの一つが返事だと思うがこれがなかなかどうしてくせ者。


ハイ、分かりました、も
ハイ、分かりませんでした、も
ハイ、聞こえませんでした、も
ハイ、あなたの言うことなど聞きたくありません、も
返事の頭はみんな・・・ハイ。

だから私は「ハイ」だけの返事が嫌い。

話(説明)を聞いて分かったのであれば、ハイ、分かりました
分からないのであれば、ハイ、分かりません
聞こえなかったのであれば、ハイ、聞こえませんでした
聞く意志がなければ、ハイ、あなたの言うことなど聞きたくありません
納得したのなら、ハイ、そうですね

ハイ、で終わらずそのあとに続く言葉を言うようにしなければ本当の意味での確認が取れないしコミュニケーションは成立しないだろう。
ところが子どもたちは「ハイ」を多用する。

ハイとさえ言っておけば大人どもは喜ぶのだと思っているのかなあ。

ハイ、のあとに自分の意志や考えを表す言葉を続けて言おうね、と私はしつこく子どもたちに言い続ける。

ところが、それを聞いた直後の反応がまた ハイ だけだったりすると・・・。


時間と根気がいります。


写真は伝えることの難しさを体験している菜海。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-17 21:16 | テニス | Comments(0)

かまくらとダッシュ

なじらね~


e0156339_20300606.jpg

りことまことお母さんで作ったかまくらの写真をいただきました。

そこにゆめのも加わって。

楽しそう!

e0156339_21555631.jpg
こちらはジャンボのジュニアたち。

全力疾走する姿はカッコイイ!

かまくら作りでもダッシュでも、何でも一所懸命なのはすがすがしい。




[PR]
by jumbozaki-625 | 2017-01-15 21:59 | ライフ | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧