2017中牟田ジュニア新潟県予選結果

なじらね~
e0156339_03034070.jpg
昨日の雨がまるで嘘のような陽気のなか、上越総合運動公園での2017中牟田ジュニア新潟県予選2日目は一転して暑さとの戦いにもなった感あり。
大会運営の皆さま、大変ありがとうございました。

単複とも上位6位までが9/8~11(富山・岩瀬)の北信越大会に出場。
ジャンボからは沼野菜海、内山照英、佐々木康大が単複ともに出場権をゲットした。

e0156339_03025645.jpg

e0156339_03030398.jpg
ジャンボの沼野菜海はシングルス第1シード、ダブルス第2シードのポジションから苦しみながらも見事に単複優勝を成し遂げた。
第1シードから優勝するのは多くの場合、そう簡単なことではない。
特に1試合目は緊張するものだし、加えて相手の思い切りの良いストレート攻撃に悩まされた。
その中での6-2勝利で、これで幾分吹っ切れたか。
準決勝、決勝はともに6-4と、接戦を乗り切った。
第1シードからの優勝という経験はそうそうできるものではないが、今回の経験と自信をもとにこれまで以上の努力をしてくれるものと信じている。

ダブルスではパートナーの高橋海希との息の合ったプレーが光っていた。

優勝は逃しても、最後まで熱の入ったプレーを繰り広げて成長ぶりを見せてくれた選手の皆さんに激励の拍手を送りたい。

e0156339_03015158.jpg
女子シングルス結果(6位入賞者)
 優 勝:沼野菜海(新潟ジャンボITS)
 第2位:三本茉美(さくらテニスガーデン)
 第3位:高橋海希(長岡蒼̪紫SCTA)
 第4位:渡部結衣(YeLL)
 第5位:渡邉菜央(マリンブルーTS)
 第6位:神成真生(長岡市TAジュニア教室)

e0156339_03020106.jpg
女子ダブルス結果(6位入賞者)
 優 勝:沼野菜海・高橋海希
 第2位:三本茉美・渡部結衣
 第3位:石川和奏(長岡北部Jr)・勝見佳加(ファミリーITS)
 第4位:神成真生・大竹唯月(長岡北部Jr)
 第5位:渡邉菜央・政井理実(マリンブルーTS)
 第6位:三牧陽向(柿崎テニスクラブ)・高橋伽羅(T&S新発田ITS)

e0156339_03021371.jpg
男子シングルス結果(6位入賞者)
 優 勝:山口 駿(東京学館新潟高)
 第2位:植木海音(上越グリーンITS)
 第3位:原 風斗(ファーストTA)
 第4位:齋藤翔太(ファミリーITS)
 第5位:佐々木康大(新潟ジャンボITS)
 第6位:内山照英(新潟ジャンボITS)

e0156339_03021913.jpg
男子ダブルス結果(6位入賞者)
 優 勝:植木海音・原 風斗
 第2位:柳澤勇翔(柿崎テニスクラブ)・山口 駿
 第3位:齋藤翔太・佐々木康大
 第4位:内山照英・原山周(三条ファミリーTC)
 第5位:坂井宥仁(ファミリーITS)・岩間太陽(長岡蒼̪紫SCTA)
 第6位:臼田功太(ファミリーITS)・斎藤慶人(T&S新発田ITS)


選手の奮闘ぶりに胸を熱くする2日間だったが残念なことが一つ。
試合が終わっての帰り際、クラブハウスの飲料自販機に補充に来た方がカロリーメイトの空き箱入れに一般ごみが詰め込まれて溢れているのを見て嘆いていた。

申し訳ありません!と、持っていたレジ袋を出してそのごみを回収(レジ袋3つ分!)してジャンボまで持ち帰ったのだが、自販機補充のおじさんは呆れた表情で、こんなこと珍しいですよ!全く!と憤慨していた。

会場で出したごみは持ち帰るのがルールです。
心当たりのある人、テニスもうまいけど人間としても素晴らしいよね、と言われる人になれるよう日々努力して欲しいですね。
テニスは日常なり!

この夏、大会はまだまだ続きます。
ジュニア選手の皆さん、良いプレーをし勝利を目指すのはもちろんですが、大会会場は来たときよりもきれいにして帰ろう!という心がけで臨みましょう!


----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-26 23:55 | テニス | Comments(2)

2017中牟田ジュニア新潟県予選初日

なじらね〜
e0156339_22235352.jpg
2017中牟田ジュニア新潟県予選初日はシングルス。
朝6時に買い物とコンディショニング、朝食、7時15分ホテルから会場にタクシーで移動。

雨で待機だがファンドリルを混ぜて随時アップを欠かさないようにする。
試合に来ている意識を絶やさないように留意する事が大事だ。
コートの設営も自分たちで。
こんな時に率先して動く者は必ず強くなる!

ジャンボのジュニアの結果は以下の通り。
どれもが見応えのある、内容の濃い試合だった。

沼野菜海 2R 62 QF40(40-0)明日に順延
松山紗奈 1R 76(1) 2R 57

佐藤諒平 1R 46
吉川詠史 1R 26
八尾板悠真 1R 16
鈴木陽太 1R 16
鈴木凱翔 1R 06
山田旺典 1R 64 2R 16
齋藤葵平 1R 63 2R 26
大塲拓和 1R 76(5) 2R 06
平田知己 1R 64 2R 62 3R(8決め)36
信田航 1R 60 2R 62 3R(8決め)63
内山照英 2R 60 3R(8決め)75
佐々木康大 2R 61 3R(8決め)61

今日の試合の白眉は照英。
35から45にしたところで降雨中断、再開後3ゲーム連取して75勝利。
余分な力を抜いた柔らかいプレーで窮地から自らを救い出した。

葵平も降雨中断からスイッチを切り替えて1回戦を突破した。
雨も味方なのだ。

明日はシングルスの残り試合とダブルス。
天気予報は・・・。
心配しても仕方がない!

ファイトだ!

e0156339_22323051.jpg

すごいぞ、わかな!!
------------------

「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-25 22:34 | テニス | Comments(0)

2017中牟田ジュニア新潟県予選前夜

なじらね〜
e0156339_23401139.jpg
梅雨明け宣言がないなあと思っていたらこの雨。
まさに梅雨。

予定していた大会会場での練習を取り止め、ジャンボで練習してから最終の高速バスで高田に移動することに。

最寄りのバス停は県庁前なのだが、雨が上がっていたら歩いて行くぞ、と言った途端に、え〜!と言う声。
わずか10分ほどの距離なのにだ。
どこに行くにも親の車でスイスイと移動する習慣が付いてしまっている最近の子どもたち、ちょっとでも歩くことを嫌がる。

知り合いの大学の先生の研究にこんなのがあった。
都会の子と田舎の子とどっちが体力があるか?というもの。
データが示したのは・・・意外にも都会の子の方が優位という結果。
都会の子は電車やバスを利用するので歩いたり階段を昇り降りする頻度が高いからということだった。
田舎の子は常に楽をしているが故に体力が劣っているという結論だ。

さて、雨の中を高田行きの高速バスで約2時間。
高田駅前に着いたら・・・小雨。

明日は晴れますように!







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-24 23:46 | テニス | Comments(0)

北信越未来テニスフェスティバル2017

なじらね~

e0156339_05370280.jpg

「北信越未来テニスフェスティバル2017」を開催します。

適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いから北信越のコーチ有志があれこれと考えて作った新しい大会です。

夏休みのあいだに、富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。

県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーできます。

ただし、女子だけは200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人です。

腕試しにぜひどうぞ!


チャレンジ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-24 05:38 | テニス | Comments(0)

ここから始まる、2017 allout ZERO1新潟

なじらね~

e0156339_13033285.jpg

2017 allout ZERO1新潟。

参加者のサインも元気!

練習は・・・もちろん元気!


e0156339_13081065.jpg

e0156339_13083733.jpg

e0156339_13080966.jpg

e0156339_13081068.jpg

e0156339_13080923.jpg

e0156339_13080949.jpg




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-23 13:05 | テニス | Comments(0)

2017 allout ZERO1、新潟からスタート

なじらね~

e0156339_09172141.jpg

2017 allout ZERO1新潟の初日。

会場はジャンボテニスのインドアコート。

金子英樹、塚田健一郎、金子美穂の三コーチとジャンボのスタッフが獅子奮迅のコーチング。

こんな時、私がいつも注目するのは子どもたちの目、眼。
e0156339_09290181.jpg

コーチのデモや説明を見たり聞いたりする際の態度がどうであるかは未来にかかわると思っている。

情報処理の約80%は視覚、約10%は聴覚だと知られているが、隣りの子としゃべっている子は関心の対象が違うために大事な情報の殆どを失っていることになる。
ということは、・・・大きな損をしていることになる。

上達するために練習に来ているはずなのに上達するために必要な大事なことを自分で捨てていることになりますね。

それだけでなく、自分がしゃべりかけている隣りの子の上達する意欲までを奪っていることになりはしないか。

このことに早く気付いた子は成長が促進されるのは当然。

さて、君はどっちかな?
e0156339_09435823.jpg

e0156339_09441021.jpg

e0156339_09453732.jpg

e0156339_09455036.jpg




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-23 09:47 | テニス | Comments(0)

取り組む姿勢が未来を示す

なじらね~

e0156339_21240254.jpg

2017 allout ZERO1が新潟からスタート。
ジャンボテニスのインドアコートに集まった36人のジュニアは暑さにもめげず懸命に練習に取り組んだ。
コーチは金子英樹、塚田健一郎、金子美穂の三氏とジャンボのスタッフ。

e0156339_21335484.jpg
本日が誕生日のひびきをお祝いし、お礼にひびきがあいさつをしたあと映像を見ながらレッスンが始まった。


e0156339_21171394.jpg

e0156339_21171210.jpg

e0156339_21184320.jpg

e0156339_21445006.jpg



e0156339_21230762.jpg

e0156339_21225059.jpg

e0156339_21184347.jpg

e0156339_21184252.jpg
うまくなるぞ、強くなるぞ!

今一所懸命に取り組んでいることこそが未来を創る。

明日も朝9時から練習開始!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-22 21:32 | テニス | Comments(0)

みらいテニスフェスは未来を創る

なじらね~

適切なサポートのもとに多くの経験を重ねることはジュニアの成長のために良いことだと思います。

その場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いから「北信越未来テニスフェスティバル2017」を開催します。

夏休みのあいだに、富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーできます。

チャレンジ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから

e0156339_19520288.jpg


e0156339_19525919.jpg

e0156339_19513057.jpg


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-21 20:11 | テニス | Comments(0)

ゴールを目指そう、パート2

なじらね~

e0156339_23095589.jpg


新潟県トレセン委員会の全国大会に向けての練習会(長岡ニュータウン室内コート)2日目。

今日のテーマは「サーブから主導権を握る」。

e0156339_23095630.jpg

e0156339_23095696.jpg


小学生だからといってただ入れるだけのサーブでいいはずがない。
サーブだけは自分で好きなようにコントロールできるのだから、サーブを中心とした攻略法を作り上げるのは実はとても楽しいことなのだ。

だから・・・どうする?

やってみよう!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-20 23:12 | テニス | Comments(0)

ゴールを目指して

なじらね~

e0156339_16451782.jpg

新潟県トレセン委員会の全国大会に向けての練習会を長岡のニュータウン室内コートで7月19日、20日に実施。

新潟県からの出場者は女子一人だが、それに準じるジュニアも練習会に参加する。
19時から21時まで室内コート2面を使って汗を流した。

5人とも私が出す課題に真剣に取り組み、その姿はとても素敵だ。
小学生の段階で何をすべきか?

テクニックだけでなくフットワークだけでなく、観察する力、判断する力、決断する力、適応する力、学ぼうとする力・・・。

ゴールを目指して今から取り組んでいこう!






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-20 16:46 | テニス | Comments(0)

会場は成長の喜びに満ちていた

なじらね〜

e0156339_01094173.jpg

e0156339_01094206.jpg

ブログがメンテナンス中とかで更新できずに試合結果を掲載することができなかったし、会場は通信環境が良くなくこれもまた大いに困った。

そうこうするうちに全日程(7/15〜18)を終了した2017全日本ジュニア北信越予選、石川県辰口会場。
運営の皆さま、猛暑のなか、大変ありがとうございました。

ジャンボのジュニアの結果
U14男子シングルス
佐々木康大 1R 6060  2R 6261  QF 6161  SF 06Ret. 3決 81 3位で全日本ジュニア出場。
内山照英 1R 76(1)64  2R 6461  QF 6263  SF 2636  3決 18 4位で全日本ジュニア出場。

U12男子シングルス
齋藤葵平 1R 76(4)62  2R 6475  QF 2616  5決1R 18  2R 68

U12女子シングルス
畑川ひかり 1R 6261  2R 0616

U14女子シングルス
松山紗奈 1R 2616

U14男子ダブルス
佐々木康大・(斉藤翔太:fit)1R 6160  2R 4664[8-10]
内山照英・(臼田功太:fit) 1R 6462 QF 6464  SF 4646  3決 6426[10-3]

U12男子ダブルス
齋藤葵平・(加藤駿一:T&S新発田ITS) 1R 6260  2R 6462  SF 6446[4-10]  3決 7576(5)

e0156339_00520817.jpg
畑川ひかりはのびのびしたプレーで北信越初出場で嬉しい1勝を挙げた。

e0156339_00520880.jpg
松山紗奈は随所に見せるダイナミックなプレーが光ったが残念ながら初戦敗退。

e0156339_00520861.jpg
齋藤葵平はシングルスで第7シードを破ると加藤駿一と組んだダブルスでも2試合目で第1シードを破る活躍を見せてくれ、3位決定戦でも競り合いの末、7576(5)で勝ち3位をキープした。
試合で揉まれながらうまくなっていく毎日だった。

e0156339_00520911.jpg
内山照英は春の全国選抜ジュニア北信越予選で第2シードの選手から第1セットを奪うも続く2セットを失って破れたのだがその相手(第4シード)と1回戦で再び対戦、今度は見事に76(4)62のストレート勝ちし雪辱を果たした。
2回戦では第6シード相手に6362のストレート勝ち。
第1シードとの準決勝では2636と破れたはしたが6月のジュニアリーグで6戦全敗し下位大会に落ちた悔しさを晴らすかのような成長ぶりだった。
臼田功太と組んだダブルスでは2試合目で第4シードを6464で破り、準決勝では第1シードに4646敗退。
しかし3位決定戦では6426[10-3]で勝ち、3位をキープした。

e0156339_00531688.jpg
優勝を狙っていた佐々木康大は準々決勝で熱中症にかかり第1セットを落としたところでリタイア。
賢明な判断だった。
ジャンボ同士の対決となった3決を勝って3位。


8月の全日本ジュニアへの出場権をゲットしたのは佐々木康大と内山照英の二人。
ハードコートでの練習を積んで大会に臨みたい。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-18 23:57 | テニス | Comments(0)

試合毎に上手くなる人になろうよ

なじらね〜

大会に出ている以上、勝つことは大きな目標だ。
でもそれが全てではない。
上手くなること、強くなることが同じくらい大事だと思う。

相手からも環境からも多くのことが学べるはず。
一つ試合をしたら一つ何かを学ぼう、勝っても負けても。

そうすれば・・・。
e0156339_06462536.jpg

2017全日本ジュニア北信越予選3日目。
辰口会場は豊かな自然の中で、草いきれに囲まれて。


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-17 06:47 | テニス | Comments(0)

二日目のドラマ

なじらね〜
e0156339_18545513.jpg
2017全日本ジュニア北信越予選、二日目。
午後から雨模様という予報だったがなんとか降らずにもってくれた。
ここ、辰口銀座通りは今日も人でいっぱい。
今日も多くのドラマが繰り広げられた。
ちょっとした積極性の出し方で、特にダブルスは勝負の行方が大きく変わってしまうことがある。


e0156339_18465035.jpg

e0156339_18565034.jpg
2回戦の結果・・・
葵平 シングルス6-4 7-5 ベスト8進出 ダブルス6-4 6-2 ベスト4進出
照英 シングルス6-4 6-1 ベスト8進出 ダブルス 6-4 6-4 ベスト4進出
ひかりシングルス1-6 0-6
康大 シングルス6-2 6-1 ベスト8進出 ダブルス4-6 6-4 [8-10]

ダブルスはノーアドで、セットオールになると10ポイントマッチタイブレーク方式なので勝敗はわずかな差で決まることがある。
当然ながら気を抜けない。
1ポイントで流れが変わってしまうのはままあること。
それをどうやって掴むかだ。
勇気か、大胆さか、慎重さか・・・。
いずれにしても決断するのは自分だ。
決断する自分を鍛えねば。


e0156339_18394520.jpg

e0156339_18401841.jpg

e0156339_18550957.jpg

e0156339_18403378.jpg


e0156339_18423852.jpg

e0156339_18575808.jpg

ゆず香ちゃんにもらった折り紙にサインしていただいた。
ありがとう!







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-16 21:59 | テニス | Comments(0)

初日の興奮

なじらね〜

e0156339_23195811.jpg

抽選でどの位置に入るかも試合のうちなら試合前にネットを挟んで握手をしてよろしくお願いしますと言うのも試合の一部。
その際、相手の目を見ながら挨拶をし、握手も相手の手をしっかり握ること。
テニスプレーヤーである前に一人の人間として相対することを忘れるわけにはいかない。
テニスも一流だが人柄も一流だと言われる人になろうよ。

試合前の選手ミーティングではそのための練習を実際にやってみた。
手をちゃんと握れない者、相手の目を見ることができず下を向いたままの者、声が小さくて挨拶の声が聞き取れない者など、すぐにうまくできるジュニアは少ない。
でも、何回か練習するうちにほとんどのジュニアができるようになってきた。
そう、やればできるのです、やって来なかっただけなのです。
思うに、ジュニア達が大会において挨拶も満足にできないとしたらそれは大人達の怠慢と愛情不足をさらけ出していることを意味するのだと思う。
ただ口頭で注意するだけで実際にやって見なければ具体的なイメージが脳内で作られないため、イメージの再現とその行為の実現は難しい。

やってみて、
言って聞かせて
させてみて、
ほめてやらねば人は育たぬ、
とは山本五十六の残した言葉だ。
けだし名言なり!

全日本ジュニア北信越予選初日の結果。
e0156339_00274357.jpg
12歳以下男子シングルスの部、1回戦
齋藤葵平 7-6(4) 6-2
e0156339_00284012.jpg
12歳以下女子シングルスの部、1回戦
畑川ひかり 6-2 6-1

14歳以下男子シングルスの部、1回戦
内山照英 7-6(1) 6-1
佐々木康大 6-0 6-0

14歳以下女子シングルスの部、1回戦
松山紗奈 2-6 1-6
e0156339_00322144.jpg
12歳以下男子ダブルスの部、1回戦
齋藤葵平・(加藤駿一) 6-2 6-0
e0156339_00293380.jpg
14歳以下男子ダブルスの部、1回戦
内山照英・(臼田功太) 6-4 6-2
佐々木康大・(斎藤翔太) 6-1 6-0

勝った者には次の試合の場が与えられ、負けた者には気づきというプレゼントがある。


16歳以下女子シングルスの部、1回戦
沼野菜海 3-6 5-7

18歳以下女子シングルスの部、1回戦
中野亜美 6-1 6-0






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-15 23:50 | テニス | Comments(0)

小松の街はお寺が多い

なじらね〜

どうやら日本中が熱暑のようだ。
相手と自分と暑さとの戦いになるのは必至。
良い準備が欠かせない。
e0156339_06444015.jpg

e0156339_06445992.jpg

e0156339_06452983.jpg

e0156339_06455705.jpg
5時30分に散歩とコンディショニングに出発。
小松の街を散策しながら。

立派なお寺があちこちにあることに驚く。
で、必勝祈願。

コンビニで買い物をしてホテルに戻り朝ごはんを食べて7時に出発!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-15 06:50 | テニス | Comments(0)

暑いのはどこも同じ辰口コート

なじらね〜

e0156339_22340015.jpg
金沢駅前からバスに揺られて約1時間、辰口テニスコートに到着。
引率ディレクターの康大が予約したコートを確認して料金を支払い、いざ練習コートへ。
富山の安養さんと前田さんも一緒だ。

e0156339_22501007.jpg


明日は単複とも1回戦のみ。
基本的なことのチェックをしながら実戦でどうするかの確認を続ける。
この場に来て難しい事を言う、求めることはしない。
やれる事の確認こそが大事。
e0156339_22460702.jpg

e0156339_22565881.jpg
16時からドロー抽選が始まる。
勝つだけ、とは言うものの、誰と当たるかは気になって当然。
悲喜こもごもの抽選風景だ。


e0156339_22573478.jpg

長岡会場の勝見コーチから写真が届いた。
菜海と亜美がいい顔で走っている写真。
二人とも単複の試合がある。
暑さをぶっとばせ!







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-14 22:46 | テニス | Comments(0)

金沢駅でランチ、ラーメン

なじらね〜

金沢駅到着。
一旦、バス乗り場と出発時刻を確かめてからランチタイム!

e0156339_12005360.jpg

e0156339_12015103.jpg

e0156339_12025561.jpg

e0156339_12040251.jpg
去年もここで食べたような・・・。

食べたら12時30分のバスで辰口へ。

e0156339_13254168.jpg



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-14 12:07 | テニス | Comments(0)

全日本ジュニアに出るぞ!

なじらね〜

全日本ジュニアは江坂と靭。
たどり着くには北信越予選で上位に入ることが必要だ。
14歳以下女子は7人、男子は6人、12歳以下は各3人の予定。
過去の戦績に応じて配分されるので、14歳以下女子はそれだけ結果を出しているということ。
財産と言ってもいいか。
それを食いつぶすか、増やしていくか・・・。
e0156339_10494876.jpg
北信越予選の会場である石川県能美市・辰口テニスコートに向かう。

新潟発7時37分の特急電車しらゆきに乗って上越妙高で新幹線に乗り換え、金沢に着くのは11時02分。
e0156339_10501931.jpg
金沢でランチ!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-14 10:50 | テニス | Comments(0)

新大医学部テニス部の夏

なじらね~

e0156339_08530307.jpg

全9回の強化レッスンが終わった。

新潟大学医学部のメンバー。

毎年、夏の東医体に向けて強化を図るのが目的だ。

スタート時の5月から比べると着実にレベルを上げてきた。

今年の東医体での目標はベスト4。

目標を達成するために努力を積み重ねる姿勢には毎年感心させられる。

2時間のレッスンは夜遅くから始まるのだがみんな熱心に練習に取り組んできた。

目標の大会は山中湖テニスコートで7月末に実施されるのだが、練習してきた成果を試すチャンスだ。


チャレンジ!







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-12 09:12 | テニス | Comments(0)

謙虚さと貪欲さ

なじらね~

e0156339_11462238.jpg


スキージャンプの高梨沙羅と将棋の藤井聡太の共通点は何だろうと考えると、思い浮かぶ言葉は謙虚さ、貪欲の二つだろうか。

国際舞台で数多く優勝している高梨沙羅は勝利者インタビューで必ず言う、気が付いた修正点をしっかり練習してもっといいジャンプができるように練習します、と。
優勝した直後の言葉!

藤井聡太は毎回言っていた、幸運だったと思います、と。

二人の受け答えに共通してみられるこの謙虚さはどこから来るのだろうと考えるとき、その裏には底知れない貪欲さがあるのだろうと私は思う。

単に謙虚なだけではないのだ。
現状に満足せず、更に高い極みを目指している貪欲な姿が見えてくる。

真の貪欲さは自然に謙虚さをまとうのだろう。

いつも感心してしまう、いいなあと。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-11 11:27 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧