導いていただく

なじらね~


e0156339_22175978.jpg



私の前を多くの人が歩いていく

男であったり女であったり

大人であったり老人であったり

子どもであったりする



背格好も違えば肌の色も違い

髪の毛の色も違ったり

歩く姿もそれぞれだったりする


笑顔だって違うし怒ったときの顔も同じではない

悲しさや悔しさで泣く時の表情もみんな違う


なのにただ一つ同じことがある

それぞれ違う一人一人の生き方が

私をいつも導いてくれること



その一人

勝見政男さんが81歳の生涯を閉じた

尚子、愛子、志津の父にして雪子の夫

2017年9月20日

生涯を閉じることによってなお周りの人たちを導いてくれている



感謝

そして

合掌・・・


e0156339_05560688.jpg







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-22 22:26 | テニス | Comments(0)

対戦相手への敬意の示し方

なじらね~


e0156339_16382971.jpg

2017中牟田杯北信越予選での一枚。

自分のサービスゲームが終わりエンドチェンジをする際、ボールをセンターマークのそばにそっと揃えて置いてベンチの方へ歩いて行った女子選手。



ああ、いいな、と思った。

次はあなたのサーブですね、このボールで互いにベストを尽くしましょう、という心の声が聞こえてきそうな。



こんな敬意の示し方に心が洗われるような気がしたものです。

残念ながら彼女は負けましたが爽やかな行動に大きな拍手です!









[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-21 16:51 | テニス | Comments(0)

新潟県秋季高校テニス選手権大会での成果

なじらね~

強風の中で行われた新潟県秋季高校テニス選手権大会で中野亜美(開志国際高2年)がシングルスで見事優勝した。

e0156339_20095486.jpg


高体連の大会にはシード順位が明記されていないので定かではないが上位シード2人(第2シードと第1シード)を破っての優勝は快挙と言える。
中野亜美は後輩の西川綾音(開志国際高1年)と組んだダブルスでも準優勝し単複ともに成長を見せた。

足にけいれんが来たりまぶたをブヨに刺されて見えにくくなったり、あれこれとアクシデントがあったようだが準決勝で第2シードを8-3で破ると、決勝は第1シード相手に8-2。

この夏に練習してきたことが出せました!との報告。
試合は試し合いなんだよ、勇気を出して試さなきゃね、といつも言っているのだがまさにその勇気を振り絞ってプレーしたとのこと。
コーチとしてはこんな嬉しいことはない。

新しい武器を身につけても使わなければ意味がない。
その武器がどんな場面でどんな風に使えるのかは使ってみなければ分かるはずがない。
使って効果があれば戦力が増えるし自信にもなるし、使ってうまくいかなければもっともっと練習して使えるようにしようという動機が生まれる。
だからこそ、試合は練習の成果を試し合う場なのだ。

更に嬉しいことに、優勝しても新たな課題を発見したので積極的に練習に取り組んでいくという。
その7項目がメールで送られてきた。
決意のほどが見て取れる。

練習は不可能を可能にするものであり、試合はそれらを試す場だ!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-19 21:15 | テニス | Comments(0)

2017北信越未来テニスフェスティバルを終えて

なじらね~
e0156339_19003517.jpg

2017北信越未来テニスフェスティバルは今年が第一回。
台風18号の日本列島縦断の影響が少なからずあったが出場者と引率ご父母、引率コーチの皆さまのご協力を得て無事に終えることができた。
感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。
e0156339_19023940.jpg

e0156339_19011077.jpg

e0156339_19022182.jpg

e0156339_19013003.jpg

e0156339_13330631.jpg


強風でサーブのトスが思うように上げられなかったり、ボールのバウンドが高くなって頭の上を越えてしまったり、ボールに急ブレーキがかかって意図しないドロップショットなったり・・・いつもと違う光景が各コートで繰り広げられた。

子どもたち、この強風を嫌がるかと思いきや、風があると面白い!と言う選手が割と多かったのが心強い。
そうです、風をいやがるのでなく風を友だちにしようという心を持つことが最強の自分に近づく方法ですよね!

e0156339_19032320.jpg
陽太郎、散歩しているわけではありません。
初日の試合、セット間にトイレットブレークを取っているところなのです。
第1シードとの対戦、6-7、7-6そしてファイナルセット。
勝負の行方やいかん!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-19 20:17 | テニス | Comments(0)

2017北信越未来テニスフェスティバル3日目

なじらね~


2017北信越未来テニスフェスティバル3日目、台風の影響で屋外コートが使えずメイワサンピアの室内コートと城山運動公園室内コートに分かれて試合を進めた。
運営の皆さま、大変ありがとうございました。

e0156339_18212704.jpg
向かって左から優勝:畠さゆり、準優勝:片塩和奏、第3位:畑川ひかり、第4位:吉江優楽。

e0156339_18212744.jpg

ジャンボの畑川ひかりは女子の部で3位、陽太郎は男子の部で5位となった。
ひかりは9/27からの全国大会に出場する。
風邪を引いていたのによく戦い抜いた。
陽太郎もベスト4は逃したが順位決定戦を全勝し5位となったのは立派だ。

e0156339_17513064.jpg

e0156339_17513032.jpg

e0156339_17513040.jpg

e0156339_18142628.jpg


女子の優勝は畠さゆり。
おめでとう!

e0156339_17533024.jpg


e0156339_17532985.jpg

e0156339_18170024.jpg
攻守のバランスがグッド!
ウイナーズスピーチも感謝と決意がよく表現されていて素晴らしかった。

全員の順位を決める試合方式で最終日まで試合があったので、前の試合で得た気付きを次の試合に活かすことができたようだ。
試合を重ねながら進化していった選手が多かった!
毎日輝いていたね!


4人の全国大会での活躍を祈る!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-18 18:26 | テニス | Comments(0)

2017北信越未来テニスフェスティバル2日目その後

なじらね~


e0156339_06065593.jpg

e0156339_05571771.jpg
2017北信越未来テニスフェスティバル2日目はやっぱり、という感じで雨到来。
城山運動公園室内テニスコートに移動して試合続行。

e0156339_06041541.jpg

e0156339_06041495.jpg

夕方6時からはメイン会場のメイワサンピアでセミナー。
講師は私、テーマは「最強の自分に近づく!」。

最強の自分って言うけど、自分はいま最強なの?
そもそも最強ってなに?
身近に最強の人っている?
どうしたらそうなれるの?

参加選手だけでなくご父母の皆さまもメモを取りながら熱心に聴いていただいた。
最強の自分に一歩近づいた?


e0156339_06120950.jpg

e0156339_06120965.jpg

ひかり(小6)と陽太郎(小4)は今日も元気いっぱいにプレーした。


e0156339_06160630.jpg

e0156339_06161818.jpg
ところでこの写真。
コートサイドで仲間の試合を見ていた二人、ボールが外に出た途端、脱兎のごとく猛ダッシュで追いかけた!
この観察力、行動力、瞬発力、競争力!
試合で生かされないはずがない。

e0156339_06061560.jpg

e0156339_06271575.jpg

さて、会場では試合と出会いを心に残して欲しいという思いから、パラソルにサインをしていただいている。

まだサインしていない選手は表彰式までにぜひお願いしま~す!

e0156339_06250375.jpg


今日も試合は続く。

最強の自分に近づこうよ!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-18 06:28 | テニス | Comments(0)

2017北信越未来テニスフェスティバル2日目

なじらね〜



e0156339_11491834.jpg

e0156339_11554661.jpg
台風はまだ来てないが一足先に強風到来!
会場のメイワサンピアテニスコートの周りの糸杉が大きく揺れている。

女子ベスト4
畠さゆり
吉江優楽
畑川ひかり
片塩和奏

男子ベスト4
渡辺翔太
北林由伊
水澤康生
奥出悠貴



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-17 11:51 | テニス | Comments(0)

2017北信越未来テニスフェスティバル

なじらね~

e0156339_06061978.jpg

e0156339_06015320.jpg

e0156339_06015405.jpg

e0156339_06015470.jpg

11歳以下のジュニアの皆さんの未来に夢を!と今年からスタートした2017北信越未来テニスフェスティバル(9/16~18)。

会場は新潟市・メイワサンピア。
立派なデコターフコートが6面。

県予選を勝ち抜いた元気いっぱいのジュニアが集った。
ジャンボからは畑川ひかりと横堀陽太郎が出場。

台風が懸念されるなか、熱戦を繰り広げた。




e0156339_06015347.jpg
片や、城山コートでは石川県からゲストを迎えて交流合宿。
こちらのテーマは「自分を追い込む!」だ。

最強の自分に近づけ!







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-17 06:11 | テニス | Comments(0)

脱皮のとき

なじらね~

沖縄での全中を終えて休む間もなく開催されたのが南魚沼市でのRSK全国選抜ジュニア北信越予選だった。

その時のベストショットがこの一枚。
e0156339_13212107.jpg
試合が終わって、登り坂で追い込みのダッシュをしている場面だ。
10枚ほどの連写の一枚。
必死に走っているのだが顔には笑みが。
航と葵平の後ろに隠れているが陽太郎ももちろん必死の笑顔。

ファインダーから4人の表情を見ていて、ああいいなあと思ったものだ。

e0156339_13265388.jpg
これは1回戦が終わった直後、互いにネットに近寄り握手をしようとする瞬間の山田旺典と対戦相手。
勝者は(6-4,7-5)、ああようやく勝てたよ、君って強いよねえ、と言っているように見える。
敗者は爽やかな顔で、おめでとう、君と試合できて良かったよ、と言っているように見える。

ああいいなあ。

e0156339_13362484.jpg

コートサイドで砂遊びをしているこの光景も大好きな一枚。


e0156339_13372856.jpg

視察に見えたワールドジュニア日本チームの櫻井準人監督と一緒に。
だれもが未来を持っている。
この中の誰かが日本代表になる!

昨日までの自分ではなく今日は新しい自分だ。
毎日が新しい自分。

乗り越えて、脱皮して、成長して新しい自分を作ろうよ。







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-14 13:44 | テニス | Comments(0)

美しさを持つ、美しさを感じる

なじらね〜

e0156339_15150201.jpg


e0156339_15230780.jpg


e0156339_15160343.jpg




e0156339_15221629.jpg


e0156339_15224348.jpg



e0156339_15233656.jpg



タンポポの種が落下傘を付けてフワフワと浮き飛ぶ姿はとても美しい。

テニスコートの後ろを飛びかうトンボの姿も美しさを感じさせてくれる。

草むらをジャンプするバッタもカッコいいね。

試合前に縄跳びでアップする姿も躍動感に溢れていて美しい。

ボールに喰らいつく姿がどれも美しさに満ちているのは単に躍動的なだけでなくそこに心を見るからだろうか。


2017中牟田杯北信越予選でのショット。


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-13 19:26 | テニス | Comments(0)

沼野菜海、優勝!2017中牟田杯北信越予選最終日

なじらね~

女子シングルス、男子シングルス、女子ダブルス、男子ダブルスともに新潟勢が優勝!
強風の岩瀬スポーツ公園テニスコートで行われた2017中牟田杯北信越予選最終日(9/11)は好試合の連続となった。

e0156339_12492280.jpg

女子シングルスでは前日に第1シードを破ったノーシードの沼野菜海(新潟ジャンボITS)がボトムハーフから勝ち上がってきた第3シードと決勝で対戦、6-2,6-4のストレート勝ちで優勝した。

e0156339_12492313.jpg

e0156339_12492367.jpg

e0156339_12492235.jpg

7月の全日本ジュニア北信越予選16歳以下で初戦敗退、8月の沖縄での全中でも初戦敗退という大きな悔しさが今大会ノーシードからの優勝という結果に結びついたとしたら流した涙は無駄じゃないよねと言える。

その後の努力が実を結んだのは確か。
一人でコートを借り黙々とサーブの練習をし、早朝6時過ぎから私のプライベートレッスンで課題に取り組んできた。

やろうとしていることができた瞬間とできてない状態が試合中に冷静に分かるようになってきたんですよ!という目には輝きがあった。
本戦である福岡の地で自分の力を100%出せるように更に努力を続けよう。


e0156339_13013332.jpg
今大会、新潟勢は大活躍だった。

女子シングルス優勝:沼野菜海(新潟ジャンボITS )
男子シングルス優勝:山口駿(東京学館新潟高)
女子ダブルス優勝:三本茉美(さくらテニスガーデン)/ 渡部結衣(YeLL)
男子ダブルス優勝:植木海音(上越グリーンITS) / 原風斗(ファーストTA)

4冠達成です!

優勝者以外で全国大会出場権をゲットした選手は以下の通り。
女子シングルス第3位:三本茉美
女子ダブルス第4位:沼野菜海/高橋海希(長岡蒼紫SCTA)
男子シングルス第4位:植木海音
男子シングルス第5位:原風斗
男子ダブルス第5位:柳澤勇翔(柿崎テニスクラブ)/山口駿

中牟田杯は福岡市・博多の森公園テニスコートで10月31日から。
勝ちに行こうぜ!!


大会運営スタッフの皆さま、大変ありがとうございました。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-12 13:28 | テニス | Comments(0)

2017中牟田杯北信越予選3日目

なじらね〜

e0156339_21363312.jpg

e0156339_21213216.jpg

e0156339_21220624.jpg

e0156339_21225530.jpg

2017中牟田杯北信越予選も今日で3日目。
ジャンボの沼野菜海はシングルスで第1シードを6263で破って決勝進出。
これまでの成果を出し切る事だけに取り組もうと懸命にプレーした結果の勝利と言えよう。

e0156339_21301449.jpg


ダブルス準々決勝は7562で勝ち、続く準決勝は6257[8-10]で敗れ決勝進出はならなかったがパートナーの高橋海希との息の合ったプレーは今日も光っていた。

明日のシングルス決勝とダブルス3位決定戦はチャレンジ精神を最大に発揮してプレーするに違いない。

練習してきたことを出し切る!
それだけだ。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-10 21:32 | テニス | Comments(0)

2017中牟田杯北信越予選2日目

なじらね〜

e0156339_19241215.jpg
2017中牟田杯北信越予選2日目はシングルス準々決勝とダブルスの1,2回戦。
当然だが3試合をこなす選手が出てくる。


e0156339_00034880.jpg


e0156339_23375316.jpg

e0156339_00042053.jpg
沼野菜海はシングルス準々決勝を6061で勝ちベスト4に進出し全国への切符を確定したあと、ダブルス(パートナー:高橋海希)を2試合こなした。
1回戦を6161、2回戦を6362で勝って現在ベスト8、明日の準々決勝に勝つか5〜8位決定戦で7位以内に入ると昨年に続き全国切符ゲットとなる。
終始声をかけあい、笑顔を絶やさないでプレーしていたのが印象的。
e0156339_22264631.jpg
(1回戦直後の内山・原山ペア)


内山照英(パートナー:原山周)は1回戦を6164で勝ったが第3シードとの2回戦は5761[7-10]で接戦の末に惜しくも敗退。
あと一歩!
その一歩の中身は何だろうか、考えて欲しい。



e0156339_23392863.jpg

e0156339_05564294.jpg
佐々木康大(パートナー:斉藤翔太)は1回戦を6264で勝ち、2回戦は第一セットを63で先取するが第二セットを57で失うとマッチタイブレークを[4-10]で落としてこれも残念な敗退。
単複共にシードダウンした康大、課題を浮き彫りにしそれに取り組むために今大会があると考えよう。
負けた時に気付くものこそ貴重だ。


試合に勝つのは難しい。
でも必ず勝者がいて敗者がいる。
では勝者に共通したものは何だろう、敗者に共通したものは何だろう。
自分は一体どっちをやっているのだろう。
それを考えてみるのはいいことかもしれない。


e0156339_23574366.jpg
試合後も追い込みのトレーニングをしてからホテルへ。



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-09 23:59 | テニス | Comments(0)

2017中牟田杯北信越予選初日

なじらね〜

富山と言えば立山連峰、その立山連峰を望む岩瀬浜の近くにあるのが岩瀬スポーツ公園で、その一角にある砂入り人工芝テニスコートが中牟田杯北信越予選の会場だ。

今年、北信越から博多での全国大会に行けるのは男子シングルスが6人、女子シングルスが7人、男女ダブルスが各7組。
規定枠が5なので先輩たちの戦績に応じた配分がそれだけあるということ。
シングルスだと、32人の出場者のうち7人が全国に出られるわけだから、みんなその枠をゲットしようと必死になるのは当然。

初日の今日はシングルスの1、2回戦が行なわれた。

e0156339_23340058.jpg
ジャンボから出場した内山照英は初戦4636敗退。
1年前に比べると長足の進歩を見せる照英なので勝つチャンスを作れないわけではなかったが相手よりわずかにミスが早かった。
シングルスでは負けたので明日のダブルスで気を吐くにちがいない。
e0156339_23354844.jpg


第4シードの佐々木康大は初戦631661で勝利したが2回戦は76(5)2606で残念ながらベスト8を逃した。
ダブルスで全国を目指す!
e0156339_23363516.jpg

e0156339_23371019.jpg
沼野菜海は今回ノーシードでの戦い。
1回戦は6360で勝ち、2回戦は第4シードとの対戦だったが6275で勝ちベスト8進出。
2回戦、65で迎えた第12ゲームは菜海のサービスだったがdeuceの繰り返し、相手のゲームポイントと自分のマッチポイントが何度もあるシーソーゲームとなった。
相手のバックのリターンがネットにかかって勝利が決まった瞬間、ガッツポーズ。
ここぞという場面でいい意味での開き直りのショットが打てたのは大きな収穫と言える。

試合後もコートで練習し、練習後はダッシュの走りこみをしてから電車でホテルに戻った。
e0156339_23375666.jpg

e0156339_23383189.jpg

e0156339_23385903.jpg

入浴、夕食、ミーティング。
ミーティングでは明日の試合に向けての抱負をプレゼンテーション。
これも試合の一部分だ。


明日はダブルスも始まる。
単複合わせて3試合が待っている。

ファイト!






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-08 23:46 | テニス | Comments(0)

雨の中、富山へ向かう

なじらね〜

e0156339_22474974.jpg

e0156339_22490135.jpg

e0156339_22503454.jpg

e0156339_23095884.jpg

2017中牟田杯北信越予選のために特急と新幹線を乗り継いで富山へ。
電車の旅は駅弁も楽しみの一つ。

会場の岩瀬スポーツ公園は昨年の全中の会場だ。
あの喧騒が嘘のような静けさ・・・。
本日は小雨が舞っている。
e0156339_23041127.jpg
e0156339_07011689.jpg
ジャンボチームは14時から練習。
途中、雨脚が強くなって外のコートでの練習ができなくなってしまったが、そのために確保していたドームコートに移動、17時までしっかり練習できた。

e0156339_23110277.jpg

夕食のあと、ホテルのロビーで明日のためにミーティング。



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-07 23:12 | テニス | Comments(0)

試合に勝つのはそう簡単ではないという事実

なじらね~

e0156339_09171238.jpg

e0156339_09171281.jpg
中牟田杯東北予選で斉藤瑠奈(福島・郡山五中)がシングルス第2位、ダブルス第4位(パートナー:吉野理花)となり博多での全国大会への切符をゲットした。
恵まれた身体能力を生かしたサーブ力が上がり、主導権を取れるようになってきたようだ。
おめでとう。
予選の最大の賞品は全国大会で試合をする機会だ。
更に上のレベルで試合をする機会を自ら掴むという意味において重要さが増す。
チャンスは自分でつかみ取ろう!もちろん、周囲の多くのサポートに感謝しながら。

北信越は富山で9/8から中牟田杯予選が始まる。
ジャンボからは沼野菜海、内山照英、佐々木康大の3人が出場。
博多行きの切符をかけてベストを尽くすぞ!



2017USオープン、奈良くるみが第8シードのクズネツワと戦った試合、テレビの前で必死に応援している自分がいた。
勝った瞬間、カモーン!と思わず大きな声でガッツポーズをしたもんね。

小柄なくるみがやってくれた。
ここのところあまり勝ってなかっただけに本人は余計に嬉しかったに違いない。

そんな奈良くるみが次は負けてしまうのが試合の厳しさ。
第8シードのクズネツワに勝ったんだから次も勝ったっておかしくはないよね、と思うだろうが、そうは簡単ではないのが勝負の世界。
サウスポーのサファロバに3回戦でストレート負けをして初のベスト16を逃した。
でも、手ごたえあり!の今大会だったと思う。
もっとやれます!と思っているに違いない。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-04 09:33 | テニス | Comments(0)

テニスが紡ぐ出会いに感謝

なじらね~


e0156339_17353372.jpg
あっという間に月日が過ぎていることに気づく。

全小北信越予選会場の信州スカイパークテニスコートで大会の運営スタッフをしてくれるのは長野県ジュニア委員長の深草さんのお嬢さん。
上越教育大学の学生だった頃はずいぶん強い選手だった記憶がある。
今はお父さんを手伝ってジュニアの大会の運営、ありがとうございます!


e0156339_17353300.jpg
新装なった福井運動公園での全中北信越予選でアンパイアをしてくださる斉藤さんとお嬢さんの圭ちゃん。
圭ちゃんは私の敬愛する角谷コーチの教え子。
今は結婚して故郷に戻り来年の福井国体のために親子夫婦で尽力している。
会場であれこれお話できて嬉しかった。


e0156339_18283028.jpg

突然電話が来てジャンボを訪問してくれた齋藤悠貴。
さいたま市の春野インドアテニスステージでコーチをしているバイク野郎だ。
10年以上会ってなかったと思うが相変わらず若さ一杯の表情。
近況を聞けて良かった。
生きがいについて熱く語り合った!


夏はあちこちでジュニア大会があるので多くの知己と再会する。
それも楽しみ。

ありがとうございます!
お会いする皆さんのエネルギーを吸い取ってますからね、私。






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-09-03 18:42 | テニス | Comments(0)

2017新潟県・下越地区高校大会シングルスの部

なじらね〜

e0156339_21000414.jpg

e0156339_20594088.jpg
2017新潟県・下越地区高校大会女子シングルスの部は中野亜美(開志国際高2年)が優勝し、前日のダブルス(パートナー:西川綾音)と合わせて2冠を達成した。

e0156339_20552428.jpg

e0156339_20552499.jpg

e0156339_20552424.jpg

e0156339_20552342.jpg


決勝戦のあとの光景。

高校生の大会では審判が付くのだが、試合が終わると選手はこうやってお礼の挨拶をする。
とても素晴らしい光景だ。
対戦相手同士が握手をするだけだなく、審判に対してもお礼のお辞儀をし握手をする。
こうやってテニス仲間が増えていくのだ。


テニスは勝ち負けを超えて人を作りますよね!
テニスも強いけど人間としても素晴らしいよね、と言われる人になろう!

e0156339_21211354.jpg







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-31 21:13 | テニス | Comments(0)

2017新潟県・下越地区高校大会ダブルスの部

なじらね〜

会場に着くと開会式の真っ最中。
今日はダブルスの試合。
e0156339_08415168.jpg
いつも決勝で当たるペアと今日も対戦し、中野亜美・西川綾音ペア(開志国際)が優勝した。
サーブとストロークのパワーでは相手ペアが上回っていたが、総合力で勝ち切った試合。
こういう試合でしっかり勝つと自信が付くものだ。

また、どんなにがんばってもテニスにミスはつきものなので、ミスしたりポイントを失ったりした時に大事なのはガッカリしたり自分を責めたりパートナーのせいにしたりするのでなく次のポイントに向けて前向きな気持ちをキープすることだ。

終わったことに感情や行動を支配させる必要はない。
次のポイントに100%を注ぐだけ。
ポイント間の前向きな行動、ルーティーンとも言うが、その意味でも中野・西川ペアは良い行動を保とうと努力していた。

e0156339_08413863.png
これは試合の終盤、ポイントを落とした直後の写真。
まるでポイントを取ったかのような表情だ。
これでいい、これがいい。

e0156339_08505959.png
これはマッチポイントでのボレー。
ポイント間の前向きな行動が次のチャンスを引き出したと言ってもいい。







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-30 08:52 | テニス | Comments(0)

2017RSK北信越予選結果

なじらね~
e0156339_22353898.jpg

e0156339_22353889.jpg

2017RSK北信越予選が終了した。
大会運営の皆さま、大変ありがとうございました。

ジャンボの信田航は5位~8位決定戦に臨み、初戦は8-3勝利、続く5~6位決定戦は6-8で第6位となった。
RSK全国大会に出ることは叶わなかったが練習の成果を発揮するには良い大会だったと言える。
特に今日の2試合目の相手はリスクを恐れず攻撃してくるタイプでそこから学ぶことは大きかったに違いない。
1回多く打ち返すことはテニスの原点だが、ただ返すだけではない部分に面白さがあるのも確か。
プレースタイルの違う相手は多くの事を教えてくれる。
対戦相手から学び吸収することは成長のために欠かせないのだ。


北信越から岡山での全国大会に出場できるのは男女各二人。
共に第1シードと第2シードがその権利をゲットした。
e0156339_22403427.jpg
男子シングルス
優 勝 中島   暁 (長野 : エムスタイルTA )
準優勝 堀  宏成 (富山 : Z-Ⅱ )
第3位 畑中 温翔 (福井 : 鯖江ジュニア )
第4位 青木 陽哉 (富山 : 大林TS )
第5位 谷口 和輝 (石川 : GETT )
第6位 信田   航 (新潟 : 新潟ジャンボITS )
第7位 村上 稜真 (石川 : ウエストヒルズJT )
第8位 塩田 龍磨 (福井 : 福井スポーツ少年団 )

女子シングルス
優 勝 久保結希凪 (石川 : 津幡Jr)
準優勝 砂田 未樹 (富山 :南砺市TA)
第3位 町田愛理亜 (石川 : ウエストヒルズJT )
第4位 山森 姿月 (石川 : ウエストヒルズJT )
第5位 白﨑 望愛 (福井 : FUKUIJTT )
第6位 清水 瑠愛 (福井 : FUKUIJTT )
第7位 阿部 紗加 (福井 : ヒットインドアTS )
第8位 瀬戸祐希奈 (富山 : 大林TS )




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-28 22:41 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧