夏、インハイ、汗、緑の息吹

なじらね~

インハイ(高校総体)が福島県で開催中。
ジャンボからも中学生が観戦応援に出かけた。

何を見て、何を感じるか、行ってみなければ・・・分からない!

梅雨が明け、炎暑の夏だ。

e0156339_07082119.jpg
(写真提供:瑠奈ママ。黄色が瑠奈、黒が渚)


齋藤瑠奈が中牟田杯福島県予選で単複ともに優勝したというニュースと写真が届いた。
おめでとう!

春のMUFGジュニアに出た際に勝見志津コーチに手ほどきを受けたトレーニングを毎日欠かさず行なっているという。
その成果が出たのは確かだ。
まさに日々の努力こそが実を結ぶ時を作るという良い例と言える。

テニスは日常だ、とはよく言われるし、それは誰もが分かっていると思うが、いざ実行するとなると・・・。


やるかやらないかは本人次第。


さあ、

君は、

どうする?





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-04 07:18 | テニス | Comments(0)

梅雨明けのすがすがしさ

なじらね~

e0156339_12475298.jpg

平成29年新潟県夏季フューチャーズテニストーナメント(平成29年8月1日、2日 :新潟市庭球場)。
大会運営の皆さま、ありがとうございました。

ベスト8に入ったジャンボのジュニアは以下の通り。
11歳以下男子シングルス
 優 勝 横堀陽太郎 (新潟ジャンボITS)

11歳以下女子シングルス
 優 勝 佐々木理子 (新潟ジャンボITS)
 第7位 内山結芽乃 (新潟ジャンボITS)

13歳以下男子シングルス
 第4位 齋藤葵平 (新潟ジャンボITS)

13歳以下女子シングルス
 第3位 畑川ひかり (新潟ジャンボITS)
 第4位 白川  華 (新潟ジャンボITS)

15歳以下男子シングルス
 準優勝 内山照英 (新潟ジャンボITS)

15歳以下女子シングルス
 第7位  浜田果菜子 (新潟ジャンボITS)

13歳以下、15歳以下の各上位2人がジュニアリーグⅢに出場予定。



全日本ジュニアに備えてのにいがたトレセン強化練習会、第3回目。
メイワサンピアのハードコート4面で8時~12時の4時間。

e0156339_13120377.jpg

e0156339_12481620.jpg

e0156339_12481703.jpg

e0156339_12481705.jpg

e0156339_12481809.jpg

e0156339_12481731.jpg

e0156339_13174920.jpg

e0156339_12481650.jpg

----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg

富山大会はもうすぐ!

新潟大会のエントリー締め切りは8/5です。

「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、
男子は200611日以降出生の人が対象です。

各予選の勝者による北信越大会は9/16~18に新潟市・メイワサンピアにて行います。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-03 13:20 | テニス | Comments(0)

トレセン強化練習会、下越地区新進戦女子シングルスは晴天の下で

なじらね~

e0156339_23244226.jpg

雨と湿気に悩まされた昨日がうそのよう、今日は暑くはあるがカラッとした天気で時折吹く風がとても爽やかで心地よい。

午前8時からのトレセン強化練習会は精鋭9人で。

ハードコートの照り返しは選手にとっては過酷ではあるが乗り越えることが必要。

十分な水分補給と休憩で4時間をやり抜いた。

頼もしい限りだ。

全日本ジュニアの会場はこんなものではない、暑さはもっと厳しいぞ。


e0156339_23334326.jpg

e0156339_23260757.jpg

e0156339_23260724.jpg

2017下越地区新進戦女子シングルスは中野亜美(開志国際高2年)が優勝し、西川綾音と組んだダブルスとも併せ、二冠を勝ち取った。
おめでとう!

練習の成果が出せたのは良かったが課題も発見したようで、この夏の取り組みが期待される。

運営に当たられた先生方、担当校の部員の皆さま、ありがとうございました。


新潟県夏季フューチャーズテニス大会も行われたが、それについてはまた明日。

----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg

富山大会はもうすぐ!
新潟大会のエントリー締め切りは8/5です。

「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

各予選の勝者による北信越大会は9/16,17に新潟市・メイワサンピアにて行います。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-02 23:45 | テニス | Comments(0)

ボールを追う姿はカッコイイ!

なじらね~


e0156339_00240311.jpg

2017下越地区新進戦女子ダブルス優勝:中野亜美・西川綾音組(開志国際高)。

会場は改装なった胎内市・国際交流公園テニスコート。

後輩をうまくリードする中野亜美、それに懸命に応えようとする西川綾音の姿が印象的だった。

e0156339_00234030.jpg

内藤祐希が制服姿で応援に来てくれた。

一段と逞しさを増してきたような・・・。

変わらず、会話の受け答えがしっかりしている。

聡明なのだ。

意思表示がきちんとできなくては世界では戦えない!

次の大きなターゲットは全米オープンジュニア。

ファイトだ!



e0156339_00240277.jpg
片や、メイワサンピアのハードコートでは全日本ジュニアに向けてのトレセン強化練習会。

石川県から松本洵がゲスト出演、もちろん温(はる)ちゃんも。


ハードコートではハズマゲドン!(分かる人には分かります・・・)!


----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
富山大会、もうすぐ始まります。
新潟大会のエントリー締め切りは8/5です。

「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-08-01 23:58 | テニス | Comments(0)

様々な大会、それぞれの成長の場

なじらね~

e0156339_12020622.jpg

e0156339_12020748.jpg

2017ワールドジュニア決勝大会に向けての男子U14ヨーロッパ遠征が進行中。
7/11〜8/14の長丁場だ。
8/7からチェコで決勝大会なので、当然ながら代表3人は全日本ジュニアはパス。
旅はヒトを成長させるものだが、貴重な経験を重ねているに違いない。

以下は帯同の桜井準人監督からのメールの抜粋。
>オランダ、フランスの2大会に出て、望月慎太郎が今週、優勝し、有本響が準決勝、磯村志がクオーター。
明日から、サンレモで、ボブとの練習をして、チェコのProstejovに移動。
10歳~15歳くらいが、育成の基盤。


全国小学生大会が終わった。
男子は前田優(大分県・大分大学教育学部附属小)が、女子は虫賀心央( 愛知県・一宮市立奥小)がそれぞれ優勝した。

男子は九州勢の活躍が光っている。
決勝で前田優に敗れはしたが花田海翔(福岡県・北九州市立曽根東小)は春の全国選抜2回戦でファイナルセット36で敗れた大岐優斗(宮崎・今大会第1シード)に7563で雪辱している。
ベスト4に2人!
生まれも育ちも大分県の私は九州勢の成長は他人ごとでなく嬉しい。


高校野球に目をやると、西東京大会で早稲田実業高校が決勝で敗れて甲子園出場を逃したが主将の清宮幸太郎が試合後に「準優勝ですが日本一のチームだと思います」と涙ながらに語っていたのが心に残った。
そう思えるだけのことをしてきたと言う自負が感じられた。


スキーのサマージャンプ(名寄市)では伊藤有希が昨季ワールドカップ個人総合優勝の高梨沙羅を破って優勝。
切磋琢磨の二人だ。

水泳の世界選手権では瀬戸大也が400メートル個メ(個人メドレー)で銅メダル。
食事の改善の効果が大きいと話している。
食べたものを表にして管理したり3食以外に補食を10回以上とったり。
練習だけでは世界は狙えないことを示している。

サッカーJリーグ、アルビレックス新潟は1-1引き分けで7連敗を免れた。
現在、2勝14敗の最下位。
這い上がれ!アルビ!

----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-31 12:03 | テニス | Comments(0)

ハードコートでベストパフォーマンス

なじらね~

e0156339_23044985.jpg

にいがたトレセンによる2017全日本ジュニアのための練習会、第1回。

会場は新潟市・メイワサンピアのデコターフ。

糸杉の香りがいっぱい。

シューズを脱いでコートの上を歩くと、ハードコートの硬さが足の裏を通して伝わってくる。

硬いコートではボールは上に弾み、サーブは曲がりやすい。

その特性を生かしたプレーをすることで主導権を握ることだ、勝ちたければ。

弾ませる、曲げる。

称してハズマゲドン!



e0156339_23045002.jpg

e0156339_23045009.jpg

e0156339_23045045.jpg

e0156339_23044908.jpg

----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-30 23:16 | テニス | Comments(0)

会場による大会の雰囲気の違い

なじらね~

e0156339_14015264.jpg

全国小学生テニス大会の会場は東京の真ん中、世田谷区にある。
この豊かな自然!

写真に写っている人たちの視線の先に素晴らしいクレーコートがあり、小学生たちの熱戦が繰り広げられる。

e0156339_14015397.jpg
コートは・・・広い!
小学生にとってはとてつもなく広い!
誰もが必死にならざるを得ないくらいの広さ。

まるで試練の場だ。


e0156339_14015312.jpg
トンボはスイスイと飛び、選手たちのそばに降り立ち、空気のような翼を休める。


e0156339_14015238.jpg

出場はしていないが、理子は練習に参加。
ボールの後ろに入り軸足でしっかりコートを踏みしめ、ラケットを持つ手はスムーズな背屈をしエネルギーを存分に溜めてボールを叩こうとしている。
ほぼパーフェクト!

以上、2年前の全小の光景でした。


さて、現在進行中、2017全小、北信越勢の初日の結果。
女子
 瀬戸祐希奈(富山)1R 64,63  2R 36,26
 植月莉乃香(長野)1R 46,36
 鈴木まこ(新潟)1R 57,26 

男子
 森脇央介(福井)1R 16,36 
 村上稜真(石川)1R 64,36,46
 中島暁(長野) 1R BYE 2R 61,64 
 長谷川晴人(福井)1R 64,76(4)  2R 16,46


中島暁が優勝を狙っています。
 
----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-29 14:27 | テニス | Comments(0)

夏、小学生の大会、セミの声

なじらね~

e0156339_08521778.jpeg

新潟市の白山神社は年中多くの人が訪れる。

祈願の絵馬の一枚がこれ。

何の種目かは分からないが勢いのある筆致から意気込みが伝わってくる。

こうやって文字に表し、人目に触れる場所にさらすことは心理学的にみて大きな意味があると言われる。

いわゆる「有言実行」効果だ。

言葉に出して言った以上、文字にして目に見える形で示した以上、他者から見える場所に掲げた以上、人はやろうという気持ちになるもの。

また、実行しているかどうかが他者によって確認されることでそれが応援にもなり自分自身を叱咤激励することにもなる。

だから、言うだけにとどまらず、文字にして掲げることが大事。


言ってみよう、掲げてみよう、そしてやり抜こう!


現在、全国小学生テニス大会が東京で開催中。

8月になればインハイ、全日本ジュニアテニス大会、全中と続く。

試合当日だけがんばるのでは手遅れ。

たった今から、そして日々の行動を!


----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-29 11:41 | テニス | Comments(0)

2017中牟田ジュニア新潟県予選結果

なじらね~
e0156339_03034070.jpg
昨日の雨がまるで嘘のような陽気のなか、上越総合運動公園での2017中牟田ジュニア新潟県予選2日目は一転して暑さとの戦いにもなった感あり。
大会運営の皆さま、大変ありがとうございました。

単複とも上位6位までが9/8~11(富山・岩瀬)の北信越大会に出場。
ジャンボからは沼野菜海、内山照英、佐々木康大が単複ともに出場権をゲットした。

e0156339_03025645.jpg

e0156339_03030398.jpg
ジャンボの沼野菜海はシングルス第1シード、ダブルス第2シードのポジションから苦しみながらも見事に単複優勝を成し遂げた。
第1シードから優勝するのは多くの場合、そう簡単なことではない。
特に1試合目は緊張するものだし、加えて相手の思い切りの良いストレート攻撃に悩まされた。
その中での6-2勝利で、これで幾分吹っ切れたか。
準決勝、決勝はともに6-4と、接戦を乗り切った。
第1シードからの優勝という経験はそうそうできるものではないが、今回の経験と自信をもとにこれまで以上の努力をしてくれるものと信じている。

ダブルスではパートナーの高橋海希との息の合ったプレーが光っていた。

優勝は逃しても、最後まで熱の入ったプレーを繰り広げて成長ぶりを見せてくれた選手の皆さんに激励の拍手を送りたい。

e0156339_03015158.jpg
女子シングルス結果(6位入賞者)
 優 勝:沼野菜海(新潟ジャンボITS)
 第2位:三本茉美(さくらテニスガーデン)
 第3位:高橋海希(長岡蒼̪紫SCTA)
 第4位:渡部結衣(YeLL)
 第5位:渡邉菜央(マリンブルーTS)
 第6位:神成真生(長岡市TAジュニア教室)

e0156339_03020106.jpg
女子ダブルス結果(6位入賞者)
 優 勝:沼野菜海・高橋海希
 第2位:三本茉美・渡部結衣
 第3位:石川和奏(長岡北部Jr)・勝見佳加(ファミリーITS)
 第4位:神成真生・大竹唯月(長岡北部Jr)
 第5位:渡邉菜央・政井理実(マリンブルーTS)
 第6位:三牧陽向(柿崎テニスクラブ)・高橋伽羅(T&S新発田ITS)

e0156339_03021371.jpg
男子シングルス結果(6位入賞者)
 優 勝:山口 駿(東京学館新潟高)
 第2位:植木海音(上越グリーンITS)
 第3位:原 風斗(ファーストTA)
 第4位:齋藤翔太(ファミリーITS)
 第5位:佐々木康大(新潟ジャンボITS)
 第6位:内山照英(新潟ジャンボITS)

e0156339_03021913.jpg
男子ダブルス結果(6位入賞者)
 優 勝:植木海音・原 風斗
 第2位:柳澤勇翔(柿崎テニスクラブ)・山口 駿
 第3位:齋藤翔太・佐々木康大
 第4位:内山照英・原山周(三条ファミリーTC)
 第5位:坂井宥仁(ファミリーITS)・岩間太陽(長岡蒼̪紫SCTA)
 第6位:臼田功太(ファミリーITS)・斎藤慶人(T&S新発田ITS)


選手の奮闘ぶりに胸を熱くする2日間だったが残念なことが一つ。
試合が終わっての帰り際、クラブハウスの飲料自販機に補充に来た方がカロリーメイトの空き箱入れに一般ごみが詰め込まれて溢れているのを見て嘆いていた。

申し訳ありません!と、持っていたレジ袋を出してそのごみを回収(レジ袋3つ分!)してジャンボまで持ち帰ったのだが、自販機補充のおじさんは呆れた表情で、こんなこと珍しいですよ!全く!と憤慨していた。

会場で出したごみは持ち帰るのがルールです。
心当たりのある人、テニスもうまいけど人間としても素晴らしいよね、と言われる人になれるよう日々努力して欲しいですね。
テニスは日常なり!

この夏、大会はまだまだ続きます。
ジュニア選手の皆さん、良いプレーをし勝利を目指すのはもちろんですが、大会会場は来たときよりもきれいにして帰ろう!という心がけで臨みましょう!


----------------- ご案内 ---------------------------------

e0156339_05370280.jpg
「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-26 23:55 | テニス | Comments(2)

2017中牟田ジュニア新潟県予選初日

なじらね〜
e0156339_22235352.jpg
2017中牟田ジュニア新潟県予選初日はシングルス。
朝6時に買い物とコンディショニング、朝食、7時15分ホテルから会場にタクシーで移動。

雨で待機だがファンドリルを混ぜて随時アップを欠かさないようにする。
試合に来ている意識を絶やさないように留意する事が大事だ。
コートの設営も自分たちで。
こんな時に率先して動く者は必ず強くなる!

ジャンボのジュニアの結果は以下の通り。
どれもが見応えのある、内容の濃い試合だった。

沼野菜海 2R 62 QF40(40-0)明日に順延
松山紗奈 1R 76(1) 2R 57

佐藤諒平 1R 46
吉川詠史 1R 26
八尾板悠真 1R 16
鈴木陽太 1R 16
鈴木凱翔 1R 06
山田旺典 1R 64 2R 16
齋藤葵平 1R 63 2R 26
大塲拓和 1R 76(5) 2R 06
平田知己 1R 64 2R 62 3R(8決め)36
信田航 1R 60 2R 62 3R(8決め)63
内山照英 2R 60 3R(8決め)75
佐々木康大 2R 61 3R(8決め)61

今日の試合の白眉は照英。
35から45にしたところで降雨中断、再開後3ゲーム連取して75勝利。
余分な力を抜いた柔らかいプレーで窮地から自らを救い出した。

葵平も降雨中断からスイッチを切り替えて1回戦を突破した。
雨も味方なのだ。

明日はシングルスの残り試合とダブルス。
天気予報は・・・。
心配しても仕方がない!

ファイトだ!

e0156339_22323051.jpg

すごいぞ、わかな!!
------------------

「北信越未来テニスフェスティバル2017」は適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いからの新しい大会です。

富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーしていただけます。
女子は200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人が対象です。

腕試しにぜひどうぞ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-25 22:34 | テニス | Comments(0)

2017中牟田ジュニア新潟県予選前夜

なじらね〜
e0156339_23401139.jpg
梅雨明け宣言がないなあと思っていたらこの雨。
まさに梅雨。

予定していた大会会場での練習を取り止め、ジャンボで練習してから最終の高速バスで高田に移動することに。

最寄りのバス停は県庁前なのだが、雨が上がっていたら歩いて行くぞ、と言った途端に、え〜!と言う声。
わずか10分ほどの距離なのにだ。
どこに行くにも親の車でスイスイと移動する習慣が付いてしまっている最近の子どもたち、ちょっとでも歩くことを嫌がる。

知り合いの大学の先生の研究にこんなのがあった。
都会の子と田舎の子とどっちが体力があるか?というもの。
データが示したのは・・・意外にも都会の子の方が優位という結果。
都会の子は電車やバスを利用するので歩いたり階段を昇り降りする頻度が高いからということだった。
田舎の子は常に楽をしているが故に体力が劣っているという結論だ。

さて、雨の中を高田行きの高速バスで約2時間。
高田駅前に着いたら・・・小雨。

明日は晴れますように!







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-24 23:46 | テニス | Comments(0)

北信越未来テニスフェスティバル2017

なじらね~

e0156339_05370280.jpg

「北信越未来テニスフェスティバル2017」を開催します。

適切なサポートのもとに多くの経験を重ねる場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いから北信越のコーチ有志があれこれと考えて作った新しい大会です。

夏休みのあいだに、富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。

県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーできます。

ただし、女子だけは200611日~20061231日出生の人、男子は200611日以降出生の人です。

腕試しにぜひどうぞ!


チャレンジ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-24 05:38 | テニス | Comments(0)

ここから始まる、2017 allout ZERO1新潟

なじらね~

e0156339_13033285.jpg

2017 allout ZERO1新潟。

参加者のサインも元気!

練習は・・・もちろん元気!


e0156339_13081065.jpg

e0156339_13083733.jpg

e0156339_13080966.jpg

e0156339_13081068.jpg

e0156339_13080923.jpg

e0156339_13080949.jpg




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-23 13:05 | テニス | Comments(0)

2017 allout ZERO1、新潟からスタート

なじらね~

e0156339_09172141.jpg

2017 allout ZERO1新潟の初日。

会場はジャンボテニスのインドアコート。

金子英樹、塚田健一郎、金子美穂の三コーチとジャンボのスタッフが獅子奮迅のコーチング。

こんな時、私がいつも注目するのは子どもたちの目、眼。
e0156339_09290181.jpg

コーチのデモや説明を見たり聞いたりする際の態度がどうであるかは未来にかかわると思っている。

情報処理の約80%は視覚、約10%は聴覚だと知られているが、隣りの子としゃべっている子は関心の対象が違うために大事な情報の殆どを失っていることになる。
ということは、・・・大きな損をしていることになる。

上達するために練習に来ているはずなのに上達するために必要な大事なことを自分で捨てていることになりますね。

それだけでなく、自分がしゃべりかけている隣りの子の上達する意欲までを奪っていることになりはしないか。

このことに早く気付いた子は成長が促進されるのは当然。

さて、君はどっちかな?
e0156339_09435823.jpg

e0156339_09441021.jpg

e0156339_09453732.jpg

e0156339_09455036.jpg




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-23 09:47 | テニス | Comments(0)

取り組む姿勢が未来を示す

なじらね~

e0156339_21240254.jpg

2017 allout ZERO1が新潟からスタート。
ジャンボテニスのインドアコートに集まった36人のジュニアは暑さにもめげず懸命に練習に取り組んだ。
コーチは金子英樹、塚田健一郎、金子美穂の三氏とジャンボのスタッフ。

e0156339_21335484.jpg
本日が誕生日のひびきをお祝いし、お礼にひびきがあいさつをしたあと映像を見ながらレッスンが始まった。


e0156339_21171394.jpg

e0156339_21171210.jpg

e0156339_21184320.jpg

e0156339_21445006.jpg



e0156339_21230762.jpg

e0156339_21225059.jpg

e0156339_21184347.jpg

e0156339_21184252.jpg
うまくなるぞ、強くなるぞ!

今一所懸命に取り組んでいることこそが未来を創る。

明日も朝9時から練習開始!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-22 21:32 | テニス | Comments(0)

みらいテニスフェスは未来を創る

なじらね~

適切なサポートのもとに多くの経験を重ねることはジュニアの成長のために良いことだと思います。

その場が県内にもあって県外にもあって国外にもあるともっといいよね、との思いから「北信越未来テニスフェスティバル2017」を開催します。

夏休みのあいだに、富山、新潟、長野、石川、福井の各会場で実施し、どの会場でも何回でも出場できます。
県内、県外を問いません、年齢が合えばどなたでもエントリーできます。

チャレンジ!

大会要項と申込書はこちらのホームページから

e0156339_19520288.jpg


e0156339_19525919.jpg

e0156339_19513057.jpg


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-21 20:11 | テニス | Comments(0)

ゴールを目指そう、パート2

なじらね~

e0156339_23095589.jpg


新潟県トレセン委員会の全国大会に向けての練習会(長岡ニュータウン室内コート)2日目。

今日のテーマは「サーブから主導権を握る」。

e0156339_23095630.jpg

e0156339_23095696.jpg


小学生だからといってただ入れるだけのサーブでいいはずがない。
サーブだけは自分で好きなようにコントロールできるのだから、サーブを中心とした攻略法を作り上げるのは実はとても楽しいことなのだ。

だから・・・どうする?

やってみよう!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-20 23:12 | テニス | Comments(0)

ゴールを目指して

なじらね~

e0156339_16451782.jpg

新潟県トレセン委員会の全国大会に向けての練習会を長岡のニュータウン室内コートで7月19日、20日に実施。

新潟県からの出場者は女子一人だが、それに準じるジュニアも練習会に参加する。
19時から21時まで室内コート2面を使って汗を流した。

5人とも私が出す課題に真剣に取り組み、その姿はとても素敵だ。
小学生の段階で何をすべきか?

テクニックだけでなくフットワークだけでなく、観察する力、判断する力、決断する力、適応する力、学ぼうとする力・・・。

ゴールを目指して今から取り組んでいこう!






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-20 16:46 | テニス | Comments(0)

会場は成長の喜びに満ちていた

なじらね〜

e0156339_01094173.jpg

e0156339_01094206.jpg

ブログがメンテナンス中とかで更新できずに試合結果を掲載することができなかったし、会場は通信環境が良くなくこれもまた大いに困った。

そうこうするうちに全日程(7/15〜18)を終了した2017全日本ジュニア北信越予選、石川県辰口会場。
運営の皆さま、猛暑のなか、大変ありがとうございました。

ジャンボのジュニアの結果
U14男子シングルス
佐々木康大 1R 6060  2R 6261  QF 6161  SF 06Ret. 3決 81 3位で全日本ジュニア出場。
内山照英 1R 76(1)64  2R 6461  QF 6263  SF 2636  3決 18 4位で全日本ジュニア出場。

U12男子シングルス
齋藤葵平 1R 76(4)62  2R 6475  QF 2616  5決1R 18  2R 68

U12女子シングルス
畑川ひかり 1R 6261  2R 0616

U14女子シングルス
松山紗奈 1R 2616

U14男子ダブルス
佐々木康大・(斉藤翔太:fit)1R 6160  2R 4664[8-10]
内山照英・(臼田功太:fit) 1R 6462 QF 6464  SF 4646  3決 6426[10-3]

U12男子ダブルス
齋藤葵平・(加藤駿一:T&S新発田ITS) 1R 6260  2R 6462  SF 6446[4-10]  3決 7576(5)

e0156339_00520817.jpg
畑川ひかりはのびのびしたプレーで北信越初出場で嬉しい1勝を挙げた。

e0156339_00520880.jpg
松山紗奈は随所に見せるダイナミックなプレーが光ったが残念ながら初戦敗退。

e0156339_00520861.jpg
齋藤葵平はシングルスで第7シードを破ると加藤駿一と組んだダブルスでも2試合目で第1シードを破る活躍を見せてくれ、3位決定戦でも競り合いの末、7576(5)で勝ち3位をキープした。
試合で揉まれながらうまくなっていく毎日だった。

e0156339_00520911.jpg
内山照英は春の全国選抜ジュニア北信越予選で第2シードの選手から第1セットを奪うも続く2セットを失って破れたのだがその相手(第4シード)と1回戦で再び対戦、今度は見事に76(4)62のストレート勝ちし雪辱を果たした。
2回戦では第6シード相手に6362のストレート勝ち。
第1シードとの準決勝では2636と破れたはしたが6月のジュニアリーグで6戦全敗し下位大会に落ちた悔しさを晴らすかのような成長ぶりだった。
臼田功太と組んだダブルスでは2試合目で第4シードを6464で破り、準決勝では第1シードに4646敗退。
しかし3位決定戦では6426[10-3]で勝ち、3位をキープした。

e0156339_00531688.jpg
優勝を狙っていた佐々木康大は準々決勝で熱中症にかかり第1セットを落としたところでリタイア。
賢明な判断だった。
ジャンボ同士の対決となった3決を勝って3位。


8月の全日本ジュニアへの出場権をゲットしたのは佐々木康大と内山照英の二人。
ハードコートでの練習を積んで大会に臨みたい。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-18 23:57 | テニス | Comments(0)

試合毎に上手くなる人になろうよ

なじらね〜

大会に出ている以上、勝つことは大きな目標だ。
でもそれが全てではない。
上手くなること、強くなることが同じくらい大事だと思う。

相手からも環境からも多くのことが学べるはず。
一つ試合をしたら一つ何かを学ぼう、勝っても負けても。

そうすれば・・・。
e0156339_06462536.jpg

2017全日本ジュニア北信越予選3日目。
辰口会場は豊かな自然の中で、草いきれに囲まれて。


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-07-17 06:47 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-625
プロフィールを見る
画像一覧