人気ブログランキング |

ジャンボ尾崎のなじらね倶楽部

1949年からの70年

なじらね〜
e0156339_14535553.jpeg
(我が家のベランダで咲く紫陽花)

今日は誕生日、70回目の。
いつの頃からか誕生日になると自分が生まれた1949年ってどんな年だったのだろうと調べるようになった・・・。
1949年、昭和24年はざっとこんな感じ。

・湯川秀樹、日本人初のノーベル賞受賞(物理学賞)
・「人は右、車は左」の対面交通実施
・1ドル360円に固定
・松山城、法隆寺金堂が火災
・「119番」設置
・穴の開いた五円硬貨が発行
・漫画『サザエさん』の連載開始
・成人の日誕生
・初のお年玉付年賀はがき販売(特等はミシン)
・映画、青い山脈(東宝)
・流行歌、悲しき口笛/美空ひばり、青い山脈/藤山一郎・奈良光枝、長崎の鐘/藤山一郎
・シンガーソングライターの南こうせつ、武田鉄矢、漫才師の中田カフス、ミュージシャンの矢沢永吉、女優のメリル・ストリープ、生誕


こうやってその年の出来事を並べながら、へー、そうだったのか、と改めて感じてしまう。
南こうせつと武田鉄矢と矢沢永吉と同じ年!
今のジュニアでこの3人を知っている人は・・・いないだろうなあ。

e0156339_19220476.jpeg
昨日の朝練のあと、コーチこれ、一日早いですが誕生日おめでとうございます、と差し出されたのがメッセージ付きのプレゼント。
ありがとう、嬉しかったです!

今こうしてテニスコーチとして何気なく毎日コートに立つことができている、それは決して冗談ではなく奇跡のように思えますが、子どもたちや多くの方々の存在がそれを可能にしてくれているのだとつくづく思います。
あ、カミさんを忘れてはいけませぬ!
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この世界は私が生まれるずっと前からあったようですが、これから生まれてくる子どもたちのためにもずっとずっと平和な世界が存在し続けるといいなと思います。


1949年、偶然かつ奇跡的に私が生まれた年。
そのことを思いながら、全ての人、こと、ものに、心より感謝!


今日から70年後は・・・2089年!
まだコーチしてるかな・・・!





# by jumbozaki-625 | 2019-06-25 19:15 | テニス | Comments(0)

2019新潟県ジュニアリーグⅡフォトリポート

なじらね~
e0156339_09442903.jpg


合宿形式のジュニアリーグでは生活を大事にします。
生活するうえにおいて大事なのは「観察」と「気づき」、そして「表現すること」だと私は考えています。

「観察」(見る)・・・我々は情報の約80%を視覚で得ると言われていますが、見る力の小さい人は多くの情報を捨てているのと同じだとも言えなくはないでしょう。

見ているようで本当は見ていない、つまり理解していない人と、見えているモノの奥にある目では見えない何かをも掴み取ろうとする人とでは獲得する知恵の量に大きな差が生まれ、ひいてはその知恵を活用する力にも同様の大きな差が出てくるような気がしてなりません。
これは生活力、生き抜く力そのものに直結するのだと考えます。

カメラのファインダー越しに見るからこそ初めて見えるモノに惹かれるのは私が欲張りだからでしょうね、きっと。
貪欲と言ってもいいのかも。
普通に見ているとついつい見過ごしてしまいがちなモノがそこには・・・あります。
画像として映っているモノ以外にも・・・?

夜のミーティングのテーマも「観察と気づき」とし、目で見ることができるモノと、目では見えないけど大事なモノをどうやって見えるようにするか、という問いかけをし考えるようにしました。
それは・・・。

う~ん、テニスは頭と身体をたっぷり使いますね。

この2枚の写真は男子の入れ替え戦を観察する様子を撮ったものです。


e0156339_11231239.jpg

e0156339_11231214.jpg

誰もがボールを見ます。
それは当たり前。
ではそのあとは?
ボールを打ったあとは何を見ますか?
e0156339_22590661.jpg

e0156339_22590595.jpg

e0156339_22590539.jpg

e0156339_08281862.jpg

e0156339_08281888.jpg

e0156339_08281855.jpg

e0156339_08281761.jpg

観察、気づき、そして表現・・・。

自分の頭、
自分の身体を、
自分自身で、
使いこなそうよ!





# by jumbozaki-625 | 2019-06-24 09:51 | テニス | Comments(0)

2019新潟県ジュニアリーグⅡ結果

なじらね~

先週の松本市での北小と言い、今週のジュニアリーグと言い、週末と雨の周期が重なっているような・・・。
でも何とか無事に終わりました、2019新潟県ジュニアリーグⅡ。
みんな、ブヨに刺されながら、ね。

運営の内山和子コーチ、柳澤和人コーチ、ありがとうございました!

e0156339_23002279.jpg


信田航は15歳以下の部6勝0敗で第1位。

e0156339_23092302.jpg

畑川ひかりは15歳以下の部3勝3敗で同位者が3人、ゲーム取得率で第5位となり13歳以下の第1位との入れ替え戦へ。
これを8-4で勝ち、15歳以下の部残留を決めた。
e0156339_23052340.jpg

横堀陽太郎は13歳以下の部6勝0敗で第1位となり、15歳以下の部第5位者との入れ替え戦にチャレンジしたが5-8で敗退、残念ながら昇格はならなかった。
小6と中3のパワーの差を埋めるべく奮闘したが、明らかにオーバーパワーされてしまった。
しかし、もっと工夫ができたような・・・。
相手が強いほどテニスは面白いのだから、その強さに勝るものを探していこう。
e0156339_23030053.jpg

会場周辺にはたくさんの紫陽花の花が・・・。
e0156339_23222127.jpg


来週は同じ会場でRSK県予選が開催される。

雨、降りませんように・・・。




# by jumbozaki-625 | 2019-06-23 23:30 | テニス | Comments(0)

2019新潟県ジュニアリーグII in 大原運動公園

なじらね〜

土日ともに午後から雨予報の大原運動公園。
雨よりもっと厄介なのが・・・カミナリ!
ジュニアリーグII、二日間とも午前中は何とかやれそうなのでやむなく短縮試合方式とする。

e0156339_21510127.jpeg
リーグ戦なのですぐに対戦相手が代わることもあってか、プレーに浮き沈みが多く見られる。
でも、これはこれでいいことだととらえる方がいい。
テニスは相手との関係性において勝敗が決まるもの。
つまり、相手によって自分の違う面が引き出され、そのことで自分の新しい面の存在に気づくことができる。
これは楽しいことだ!
e0156339_22003255.jpeg
午後2時頃、冷たい空気が流れ込む。
寒冷前線の通過のサインだ。
遠雷も。
ここで今日は打ち切りとする。
カミナリには当たりたくないものね。

急いで片付けをして撤去にかかる。
バスに乗って宿に到着する頃・・・雨!

入浴、夕食、ミーティング。
これもジュニアリーグの大事なメニュー。
生活を学ぶ!

e0156339_22024645.jpeg

e0156339_22034288.jpeg
e0156339_22031812.jpeg


テニスは日常なり、という言葉があるが合宿形式のジュニアリーグはまさにその日常からテニスを見つめ、日常の行動からテニスを磨くためのもの。

学ぶことは多い。

運営の柳澤コーチ、内山コーチ、ありがとうございました。



# by jumbozaki-625 | 2019-06-22 22:10 | テニス | Comments(0)

北信越みらいカップジュニアテニスチャレンジ2019

なじらね~

e0156339_16152683.jpg

未来に向かってチャレンジを続けるジュニアを応援したいとの願いをもって2017年からスタートした北信越みらいカップジュニアテニスチャレンジ。

今年も夏の各県予選を経て9月には北信越大会を富山市・岩瀬スポーツ公園西コートで開催する。
どの予選にもエントリー可能。

<種目>
・11歳女子シングルス(2008/1/1~2008/12/31 出生の者)
・10歳以下女子シングルス(2009年1月1日以降に出生の者)
・11歳以下男子シングルス(2008年1月1日以降 に出生の者)

<福井予選>
期日:2019年7月22日(月) 予備日7/23
会場:福井市・福井運動公園県営テニス場

<石川予選>
期日:2019年8月1日(木) 予備日8/2
会場:津幡運動公園テニスコート

<富山予選>
期日:2019年8月3日(土) 予備日8/4
会場:立山町・立山町総合公園テニスコート

<長野予選>
期日:2019年8月7日(水) 8月8日(木)
会場:松本市・信州スカイパークテニスコート

<新潟予選>
期日:2019年8月15日(木) 予備日8/16
会場:上越市・上越総合運動公園テニスコート

e0156339_16165646.jpg

詳細は北信越みらいテニスフェスティバルのホームページを。





# by jumbozaki-625 | 2019-06-21 16:17 | テニス | Comments(0)

15,000ドルと25,000ドルの違い、ITF

なじらね~
e0156339_11553789.jpg

スイスでの 25,000ドル大会 ITF Women's Open Klosters に出場中の内藤祐希、1回戦は地元スイスの19歳 Simona WALTERT。
第1セットを 1-6 で落としたが続く2セットを 6-2 6-3 で取って初戦突破した。

Yuki NAITO 1-6 6-2 6-3 Simona WALTERT(SUI)

前週の15,000ドル大会では第2シードだった祐希も25,000ドルではノーシードとなり当然ながら1回戦から厳しい戦いになる。

25,000ドルの上には60,000ドル、80,000ドル、そして 100,000ドルの大会が控えているが、先週のマンチェスターでの100,000ドル大会では土井みさきが第5シードで出場し2回戦で祐希と同年齢の Xiyu WANG (CHN) に 2-6 6-4 3-6 と敗退。
土井みさきに勝った Xiyu WANG も次のラウンドでは負けている。

道は険しいがそれは当たり前。
試合をしながら強くなっていけばいい、それがプロの道だろう。

祐希、2回戦の相手は第2シードの 25歳、 VON DEICHMANN (LIE) で去年のUSオープン本戦に出ている。

ファイトだ!



# by jumbozaki-625 | 2019-06-19 22:20 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ITF 2勝目!そして地震!

なじらね~
e0156339_23212273.jpg

ドイツのITF 15,000ドル、W15 Kaltenkirchen(カルテンキルヒェン)の大会で優勝した内藤祐希から表彰式の写真が届いた。

ジュニア世界ランク1位のClara TAUSON (DEN) にはこれで3連勝。
ITF 15,000ドル大会ではトルコの大会以来、これで2勝目となる。
おめでとう!
明日からスイスの Klosters 、そのあとはイタリアでのTarvisioと25,000ドル大会が続く。
チャレンジあるのみ!



夜10時過ぎに地震!

新大医学部の男子テニス部の指導中だった。
ガタガタと音がし始めたのですごい風だなと思った瞬間、グラグラガタガタ!

e0156339_00031236.jpg

天井にかかっていたボールがバラバラと落ちてくる中、すぐに全員を避難させる。
大きな揺れがおさまっても足元はまだ揺れている。
空には大きな月とその右上に木星の光。
風はなく地震に慣れているのか近隣の家には動揺は見られない。
たくさんの方から安否確認のメールをいただく。
ありがとうございます!
津波予報は出ましたが新潟市内は大丈夫です。

全員帰路についたのを確かめてから、私もチャリにまたがり帰宅。
血圧が上昇しているのを感じながら。

大きな余震が来ませんように・・・。



# by jumbozaki-625 | 2019-06-18 23:43 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ITFで2勝目を挙げる

なじらね~
e0156339_11553789.jpg

ドイツのITF15,000ドル、W15 Kaltenkirchen(カルテンキルヒェン)の大会に第2シードで出場の内藤祐希、ジュニア世界ランク1位のClara TAUSON (DEN) [1]に勝って2勝目を挙げた。
おめでとう!
e0156339_09143023.jpg
1R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-2 6-0 Franziska SZIEDAT (GER)

2R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-0 6-1 Eliessa VANLANGENDONCK (BEL)

QF  Yuki NAITO (JPN) [2] 6-1 6-0 Eva VEDDER (NED)

SF Yuki NAITO (JPN) [2] 6-1 6-1 Catalina PELLA (ARG) [3]

F  Yuki NAITO (JPN) [2] 4-6 6-4 6-0 Clara TAUSON (DEN) [1]


全小北信越予選で松本にいる間、夜のミーティングの時間がちょうど祐希の試合時間と重なっていたのでネットでライブスコアを見ながら応援していた。
祐希の活躍は大きな刺激だ。


次の大会はスイスでの 25,000ドル、ITF Women's Open Klosters。
当然ながら15,000ドル大会よりはランクの高い選手が参加している。
チャレンジ精神100%でファイト!






# by jumbozaki-625 | 2019-06-18 11:56 | テニス | Comments(0)

2019全小北信越予選の結果

なじらね~
e0156339_21512221.jpg
e0156339_21573136.jpg

2019全小北信越予選最終日、雲は多いが爽やかなテニス日和となった。
準決勝、決勝、そして順位決定戦と試合が進んでいく。
どのコートも緊張感の中でプレーが続き、誰もが勝ちたい一心で必死に頭と体を使っている。
この一球、この1ポイント、この一歩、このひと呼吸が3セットマッチの勝敗を支配することを知っているからだ。
e0156339_22121036.jpg
e0156339_22125568.jpg
e0156339_22243577.jpg

横堀陽太郎は準決勝を6262で勝ち抜き決勝に臨んだが残念ながら1636で優勝は逃した。
初戦から課題に取り組み続けた姿勢は今後の成長につながる立派なものだった。
昨年は3位、今年は準優勝、一歩前進!
まだまだやることはたくさんあるぞ。
e0156339_22452777.jpg

また、女子では新潟県から土田映海が3位となり全小出場を決めた。
e0156339_22452771.jpg
e0156339_22452774.jpg
<男子シングルス結果>
1位 角谷  亮(石川:金沢市立戸板小学校)
2位 横堀陽太郎(新潟:新潟市立坂井東小学校)
3位 川西 飛生(石川:金沢市立西小学校)
4位 中山 智裕(石川:津幡町立井上小学校)
5位 原山 将豪(長野:松本市立鎌田小学校)
6位 笹森 大貴(長野:駒ヶ根市立赤穂東小学校)
7位 辻本 悠嗣(石川:金沢市立押野小学校)
8位 源  拓真(石川:野々市市立館野小学校)

<女子シングルス結果>
1位 上田 晴菜(富山:富山市立堀川南小学校)
2位 丸山  唯(長野:箕輪町立箕輪東小学校)
3位 土田 映海(新潟:上越市立東本町小学校)
4位 関内  優衣(福井:越前市立武生南小学校)
5位 瀬知いずみ(富山:富山市立大広田小学校)
6位 植月ゆず香(長野:飯田市立松尾小学校)
7位 奥出  彩帆(福井:越前市立武生南小学校)
8位 彦坂  美玖(福井:福井市立安居小学校)

全国大会出場:男子上位5名、女子上位4名
日時:令和元年7月27日(土)~30日(火)予備日31日(水)
会場: 東京都・第一生命相娯園グランドテニスコート

e0156339_22483258.jpg
大会運営の皆さま、三日間ありがとうございました。




# by jumbozaki-625 | 2019-06-17 22:32 | テニス | Comments(0)

強風の信州スカイパークでの攻防

なじらね〜

昨日は雨、今日は強風の松本市。
ジャンボチームはホテルの周辺で早朝コンディショニングをしてから朝食、移動。
信州スカイパークでの2019全小北信越予選2日めは8ゲームから3セットマッチに戻して2回戦と準々決勝を行なった。
大会運営の皆様、ありがとうございました。

e0156339_22074543.jpeg



男子第1シードの横堀陽太郎は2回戦を6161、続く準々決勝を6160で勝ちベスト4となり全国小学生大会に出場する権利をゲットした。
昨年に続き全国出場を決めたのも嬉しい事ではあるが、今取り組んでいる課題を一所懸命に試合の中でやろうとしている姿こそが素晴らしいと思う。
大事な事だと分かっていても実際にやり抜くのは簡単なことではないのだが。
e0156339_22143066.jpeg

女子ではノーシードからベスト4入りした土田映海の活躍が光っていた。
1回戦で第8シードを、準々決勝では第3シードを破ったもの。

明日は準決勝と決勝、順位位決定戦が行なわれる。
ファイトだ!

そうそう、朝の移動の際には美しい虹の歓迎を受けたのだった。
e0156339_22221168.jpeg

e0156339_22211939.jpeg
虹は会場に着いてからも、アップをする陽太郎、麗夢、実彩の背後を飾ってくれた。

もう一つ、松本市在住の明日香ファミリーが応援に来てくれたのが嬉しかった。
忘れちゃいけない、今日は明日香の誕生日。
おめでとう!
e0156339_22252404.jpeg
応援、ありがとう!


e0156339_22320892.jpeg
1日の最後はダッシュで締めくくった。
e0156339_22340025.jpeg
明日はどんな天気になるかは分からないが今日と同様、ベストを尽くそう!



# by jumbozaki-625 | 2019-06-16 22:30 | テニス | Comments(2)

2019全小北信越予選初日は雨

なじらね〜

大会初日は雨。
ホテルのエントランスの狭いスペースで朝のコンディショニング。
どんな所でも必要な事をしっかりやる習慣をつけるのも大会の目的のひとつ。

受け付け、ドロー抽選、選手ミーティング、公式練習と進むが、雨の止む気配はなく、8ゲームプロセットに変更した上で南部屋内コートに移動して試合は行なわれた。
男子5人、女子4人の全国出場枠をゲットすべく熱戦の始まりだ。

横堀陽太郎は第1シードで登場、8-3で勝って初戦を突破した。
石栗麗夢は抽選で2番を引き第1シードと対戦、4-8で負けはしたがテニスのレベルをグンと上げることができた。
小柳実彩は第7シードとあたり2-8で初戦敗退、中盤から振り抜きの良さを発揮したが及ばず。


e0156339_22230566.jpeg

e0156339_22234608.jpeg

e0156339_22242432.jpeg

e0156339_22250749.jpeg

e0156339_22253029.jpeg
明日は3セットマッチに戻して進行する予定。

ファイトだ!







# by jumbozaki-625 | 2019-06-15 23:04 | テニス | Comments(0)

2019全小北信越予選前夜

なじらね〜
e0156339_21191857.jpeg
麦秋の松本へ到着。
小柳コーチの出迎えを得て松本駅から信州スカイパークに向かう。

おっとその前におやきを買いにひとっ走り、アルプス口の高峯まで。
売り切れていませんように・・・とつぶやきながら店の前。
おお、あった!
何度訪れても売り切れの看板が出ていて買えなかった、私からすれば幻のおやき・・・ついに!

念願のおやきを買い求めることができてホクホク顔でさあスカイパークへ。
食べるのは練習後だ。

e0156339_21182563.jpeg

e0156339_21264130.jpeg

午後1時まで練習して南部屋内コートに移動。
着くなり斎藤さんにばったり!
政宏コーチのお父さんだ。
ジャンボのジュニアを紹介させていただくと激励の言葉をかけてくださった。
ありがとうございました!

e0156339_21364714.jpeg

高峯のおやきを食べて元気を出して、5時まで練習。
一緒に練習してくれたジュニアの皆さん、ありがとうございました。
とてもいい練習ができました。

外に出ると・・・さっきみんなで写真を撮った背景にあった麦畑の麦が刈り取られて跡形もない!
麦は6月の今頃が収穫期なので、今頃のことを麦秋というらしいが、それにしても。

南部屋内コートを後にして再び小柳コーチの車でホテルまで。

e0156339_21321784.jpeg

入浴、夕食、ミーティング。
ミーティング中に内藤祐希のドイツでのITF大会、SFをライブスコアで応援。
勝った!6-1 6-1。
明日は決勝だ!
もう一つのSFの結果はまだ分からないが果たして日本女子同士の決勝となるか。



我々も明日は早起き、さあ寝よう。




# by jumbozaki-625 | 2019-06-14 21:40 | テニス | Comments(0)

旅をして強くなる、松本への道

なじらね〜

e0156339_08262942.jpeg

高崎で長野新幹線に乗り換え、長野からは篠ノ井線に乗り換え、松本へ近づいていく。

信州は山の国なので360度、どこを向いても緑いっぱいの山、また山。
新潟とは違う風景が楽しい。

e0156339_08271141.jpeg
乗り換えのたびに案内板を見て次のホームを確認したり、ホームの左右どちらに来る電車に乗るのか、指定席だったらどの号車の前で待てばいいのか、乗り込んだら荷物をどうするのか、降りる際にはどの切符を用意しておけばいいのか、などなど、実にいろいろなことを体験しながら目的地へ近づいて行く。

目的地へ向かうためのさまざまなことが経験として体内に蓄えられていく、それが旅。
テニスにおける練習と試合の繰り返しと同じです。

旅もテニスも子どもを大人へと成長させてくれる。

もうすぐ松本だ。






# by jumbozaki-625 | 2019-06-14 08:37 | テニス | Comments(0)

ドイツと松本、テニスにかける思い

なじらね〜
e0156339_13273772.jpg

ドイツのITF15,000ドル、W15 Kaltenkirchen(カルテンキルヒェン)の大会に第2シードで出場している内藤祐希、QFのEva VEDDER (NED) 戦も6-16-0と快勝しSFに駒を進めた。

1R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-2 6-0 Franziska SZIEDAT (GER)

2R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-0 6-1 Eliessa VANLANGENDONCK (BEL)

QF Yuki NAITO (JPN) [2] 6-1 6-0 Eva VEDDER (NED)


Natsumi KAWAGUCHI (川口夏実) も現在ベスト4。
この二人の決勝が実現するように遠いドイツに向かって応援しよう。

e0156339_06311145.jpeg
新潟は今日も晴天!
新緑のけやきと積乱雲、満開のサツキを背にし新潟駅タマ公前に集合したのは小柳実彩、石栗麗夢、横堀陽太郎の3人。
全小北信越予選のために松本市に向かう。
今回の引率ディレクターは実彩(5年生)が担当。

e0156339_07195223.jpeg
全員揃ったら実彩を先頭に、さあよどみなく新幹線改札口の方へ・・・と、いつのまにか陽太郎が先を歩いている。
さすが陽太郎、去年の経験が生きているか。

e0156339_07204657.jpeg





# by jumbozaki-625 | 2019-06-14 07:21 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ドイツでの戦い

なじらね~

e0156339_13273772.jpg

ドイツのITF15,000ドル、W15 Kaltenkirchen(カルテンキルヒェン)の大会に第2シードで出場している内藤祐希、1,2Rは快勝。

1R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-2 6-0 Franziska SZIEDAT (GER)

2R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-0 6-1 Eliessa VANLANGENDONCK (BEL)

QFは Eva VEDDER (NED) と今夜遅くに対戦する。


もう一人の日本女子、Natsumi KAWAGUCHI (川口夏実) も現在ベスト8。
川口夏実 は2019全豪オープンジュニアダブルス優勝のサウスポー(長崎県佐世保市出身)、祐希と同じ18歳、盛田ファンドでフロリダに派遣されている。

二人はドローの上下に分かれているので、QF、SFと勝ち進んで決勝で対戦するといいな、とは私の勝手な願望。


# by jumbozaki-625 | 2019-06-13 13:51 | テニス | Comments(0)

新潟は梅雨でも過ごしやすいのです

なじらね~


梅雨。

もう40年ちかく前になるが、ジャンボを開設するために大阪から新潟に赴任してきて最初に迎えた梅雨。
九州の大分や大阪のじめじめした梅雨を経験した身からすれば・・・おお、何と過ごしやすい梅雨なんだよ~!

しばしば空梅雨と呼ばれる新潟の梅雨。
今年2019年、令和元年の梅雨入りは6月7日。

なのに今日も爽やかな朝を迎えた。
嬉しいです。
幸せを感じます。

e0156339_09171338.jpg


e0156339_09253131.jpg

朝練は4人。
練習が終わってこれから学校へ向かう子どもたち。
エントランスの薔薇の香りを嗅いで行ってごらん、と声をかける。

黄色はヘンリー・フォンダ、ピンクはポッポネイラ。
ヘンリー・フォンダはとてもいい香りがします。

なのに、誰も薔薇の香りを嗅いだことがないようです。
薔薇に鼻を近づけて初めてその香りの存在を知る子どもたちの姿もいいものですよ。





# by jumbozaki-625 | 2019-06-12 09:24 | テニス | Comments(0)

朝のエネルギーを最大限活用する

なじらね~


e0156339_11042933.jpg
朝練に行く前にベランダの花たちに・・・おはよう!

149,600,000kmかなたからの朝の光を浴びてどの花も輝いている。

今年、オーニソグラムは二本の茎を出したので、先に出たのをオーニソくん、あとから出たのをグラムちゃんと呼んでいる。

これは・・・オーニソくんの方です。

ペチュニアを背にしてパチリ。

e0156339_11141672.jpg

e0156339_11124047.jpg

カミさんお手製のスムージーと苺ヨーグルトの朝食を済ませてバイクでジャンボへ。

マンションの植え込みでは今はサツキが満開。
そのサツキの花が散り落ちているのだが、面白いことにどれも仲良く下を向いている。
上を向いているのは一つもない。
風のせいだろうな、と思いながらペダルをこいで。


今日の朝練は8人。
どの顔も、我が家のベランダに咲くどの花よりも輝いている。

149,600,000kmかなたの太陽にまで届くようなエネルギーを発してテニスに集中!

今朝やった分だけ成長したよ!



# by jumbozaki-625 | 2019-06-11 11:25 | テニス | Comments(0)

2019全仏から見えるのは

なじらね~

e0156339_15254451.jpg
(我が家の紫陽花)


雨で中断されながら、観客の声援に助けられながら、相手の反撃にあいながら、相手ではなく自分の調子の波に悩まされながら、あるいは突然のゾーン襲来によるスーパーショットの出現での逆転勝利に酔ったり・・・そんな選手たちをテレビの画面でしか見られない歯がゆさのなか、全仏オープン2019が終わった。

女子は17歳と19歳の活躍に心が躍ったがバーティーの初優勝に拍手、男子はナダルの他を圧倒する強靭さにしびれた。

強く印象に残ったのがティームのフットワーク。
彼の強打はナダルに勝るとも劣らないと思うのだが、その強打を生むフットワークの素晴らしさに目を向けるのを忘れてはいけないと思う。

錦織圭も足さばきの素晴らしい選手だと思うが、ティームのフットワークはそれを大きく上回っている。

二人のプレーを動画で比べてみるとそれが良く分かる。

では、どう違うかって?




# by jumbozaki-625 | 2019-06-10 15:27 | テニス | Comments(0)

2019新潟県春季フューチャーズ大会

なじらね~

2019新潟県春季フューチャーズ大会は雨に打たれての試合だったようだ。
ぼやいてはいられない、その状況でどうやって自分の力を出し切るか、それが試される。

大会運営の皆さま、ありがとうございました。

e0156339_01002994.jpg

<U11女子>豊栄会場
小柳実彩 1R61  2R60  SF63  F61  優勝
阿部 花  1R62  2R26  5決16  7決W.O . 7位
石栗麗夢 1R60  2R61  SF67(5)  3決46  4位

<U15女子>
遠藤梨加 1R46
清原史乃 1R36

<15男子> 柏崎会場
鈴木凱翔 1R62  2R06
野崎遼平 1R46
松田大地 1R46
伊田 葵 1R46
マイケル 1R16

片や新潟市庭球場では新潟県選手権大会が開かれ、畑川ひかりがベテラン選手を相手に奮闘!
1Rで 5-7 7-5 [4-10] の惜敗。

負けはしたが手応えを感じたようだ。
元気に夜の練習に来たぞ。

中野亜美(開志国際~日体大)はひかりに勝った相手に6-2 6-4で勝って明日は決勝。
どうやって相手を崩すか?






# by jumbozaki-625 | 2019-06-08 23:59 | テニス | Comments(0)

出会いって不思議

なじらね~


思いがけず出会うことがある。


e0156339_21570576.jpg

e0156339_21570571.jpg

e0156339_21545629.jpg
カミさんと県庁の森を散策していると・・・雉(きじ)が散歩しているところに出くわした。
邪魔をしないように遠くからそーっと眺める。

と、目があった、ような気がした。

こんにちは!

長年散策している県庁の森だが初めて出会いましたね、雉さん。


e0156339_22015318.jpg

e0156339_22015225.jpg
夜になって、レッスンを終えて帰宅するとき、きれいな三日月を発見。
家に着くとすぐにカメラと三脚と用意。

県庁の屋上に月が隠れる寸前、この光景はどこかで見たことがあるような・・・と思った。
しばらくして思い出したのが・・・月光仮面だった。

分かる人にはわかります、ネ!







# by jumbozaki-625 | 2019-06-06 22:12 | テニス | Comments(0)