驚嘆すべきシンプルな動作

なじらね~


クルム伊達公子 6-2、7-5  シャハール・ペール (ISR)

全豪2013で伊達公子が3回戦進出です。


テレビの画面で試合を見るとき、一人の選手だけを注視すると

いろいろなことがよく分かります。


伊達なら伊達だけを見るのです。

1ゲームは伊達だけを見て次の1ゲームはペールだけを見る。


すると・・・伊達のプレーが非常にシンプルなことが分かります。

打球方法もフットワークも。


片やペールはというと、どうでしょう、ダイナミックで力強いので

すが、力任せのように見えます。


効率と非効率、シンプルと非シンプル、パワーと巧緻性でしょうか。

伊達のプレーの後にペールのプレーを見ると何でこんな無駄な

力の使い方をしてるんだろう、と思うくらいです。


私の父は板前でしたが、魚を三枚におろす様子を見ていると無

駄のない流れるような包丁さばきでした。

同じことを自分でやってみると・・・。


熟達すれば何の分野でも同じなんでしょうが伊達のテニスは一

種の「極み」であるように見えます。


もちろん勝ったからそれが際立つという側面もあるのは分かって

いますが「極み」を目指す姿は勝ち負けを超えたところにある人生

すら感じさせてくれるような気がします。


試合後のインタビューで「自分のスタイルを貫き通すしかない」と

言ってましたが、ああそうなんだよなあ、と思いました。


苦しいトレーニングを自らに課すことによってのみ実現可能なプレー

であり試合運びでしょうから、その点でも「自分のスタイルを貫き

通すしかない」のでしょう。


力任せでもない人まねでもない伊達のスタイル。

日本にはこんな良いお手本がいるのです!
by jumbozaki-625 | 2013-01-17 20:00 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る