ミラノからベルギー、そしてパリ

なじらね~

e0156339_08571656.jpg

ミラノ大会でダブルス優勝、シングルス準優勝だった内藤祐希(開志国際高校3年/TEAM YONEZAWA)、ベルギーのグレード1大会(第3シード)では、3回戦 6-3 6-1 でAna GELLER (ARG) [14]に勝ってベスト8進出、QFでEmma NAVARRO(USA、17歳)に 3-6 2-6 敗退でSF進出ならず。

レッドクレイコートの試合に十分慣れてから全仏に向かいたいところなので、こうして試合数をこなすことは大事だと思う。


そして現在はパリ、ローランギャロスで全仏オープンジュニアに出場中。

1R:Yuki NAITO (JPN) [10] 6-2 7-6(8) Margaryta BILOKIN (UKR)

2R:Yuki NAITO (JPN) [10] 6-3 4-6 6-3 Katie VOLYNETS (USA)

3R:Yuki NAITO (JPN) [10] 6-4 6-4 Clara TAUSON (DEN) [5]

第5シードに勝って現在ベスト8。
全仏オープンでは穂積絵莉/二宮真琴ペアが第1シードに勝ってベスト4進出のニュースも嬉しいが、祐希のベスト8の方がもっと嬉しいな。

次は Iga SWIATEK (ポーランド)と対戦だ。
日本女子のうち、 Himari SATO 、 Naho SATOは1Rで、 Moyuka UCHIJIMA は2Rで負けたので残るは祐希だけ。
これまでの全仏は初戦敗退だったので今年は初のベスト8だがこれで満足せず頂点を目指して欲しい。
もちろん本人もそのつもりだろうが。


ダブルスでも奮闘中。
1R:Yuki NAITO (JPN) / Naho SATO (JPN) [3] 6-2 6-2 Natasha SUBHASH (USA) / Katie VOLYNETS (USA)

2R:Yuki NAITO /Naho SATO [3] 7-5 0-2 順延 Margaryta BILOKIN /Viktoriia DEMA (ウクライナ)

単複勝っていくのは大変だろうが佐藤南帆はジュニアフェドカップで準優勝した時のダブルスパートナー。
息も合っているだろうから楽しみながらプレーしているに違いない。
ダブルスの乗りがシングルスでも生かされると思う。
海外遠征では仲間の存在が大きいので心強いだろう。

がんばれ!祐希!

その昔、カミさんと一緒にローランギャロスを訪れたことを思い出す。
ちょうどウインブルドンの時季だったので会場周辺は静かだったが、今は全仏オープン真っただ中。
大観衆の声援が聞こえてきそうな・・・。

今日は藤井路子コーチからお土産にいただいたレッドクレイカラーのローランギャロス帽をかぶってコートに行くことにしよう。


(祐希の写真はテニスマガジンオンラインより:撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

e0156339_09450253.jpeg

(撮影:カミさん)



[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-06-07 09:19 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧