良いことの繰り返しあるのみ

なじらね~

e0156339_20235013.jpg

第12回 胎内市オープンテニスシングルス大会(2018/6/10国際交流公園コート)Bクラスでジャンボの横堀陽太郎(小5)と大塚隼人(中1)が決勝で対決、6-4で陽太郎が優勝、隼人が準優勝。 
大人に混じっての大会で、二人とも大健闘だ。

大会運営の皆さま、大変ありがとうございました!


電話での報告もしっかりしていて感心する。
自分のできたこと、課題などをきちんと話してくれる。
とても大事なことだ。
良い振り返りは試合と同じくらいに重要。
どちらもしっかりやることで新鮮なモチベーションを生み出し、それが成長を促進するからだ。

振り返り無くして成長無し!

開志国際高校(1年)の齋藤倖久は補欠繰上り出場から見事に優勝!
チャンスをうまく生かしたことになる。
これも大事。
練習してきたことがうまく出せたこと、新しいラケットを使いこなせたことを報告してきた。

同じく開志国際高校(1年)の小林来翔は初戦敗退ながらもコンソレは全部勝ったとのこと。
初戦でのミスの多さを修正したこと、ファーストサーブの確率を60~70%にできたことなど、経験値を上げることができたようだ。

ジュニアだけの大会は少ないので経験値を上げるには一般の大会に出ることが求められる。
自分で大会を探してどんどん出よう!

練習、試合、振り返り、練習、試合、振り返り、この繰り返しだ!




[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-06-10 20:54 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧