人気ブログランキング |

ジャンボ尾崎のなじらね倶楽部

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2回戦突破

なじらね~

e0156339_12042872.jpg

トルコのAntalyaでのITF女子15,000ドル大会(Clay)、 GD Tennis Cup に出ている内藤祐希(WTA621位)、単複共に初戦を突破したあとの2回戦は天候不良で順延となっていたが、今日2/8、第3コートで行なわれた。
相手は今大会ダブルスパートナーでもある佐藤久真莉。
手強いぞ。

AntalyaのGDテニスクラブは海沿いの高級リゾートの中にあり、山側には広大なゴルフ場が広がっている素晴らしい会場だ。

ITFの本大会はライブスコアがリアルタイムに表示される。
映像がなくスコアだけ!
これがまた見る者をいやがおうでも緊張させてくれる。

62で第1セットを先取した後、第2セットを67(5)で落としてのファイナルセット、51で祐希のサーブ、ダブルフォルトもあったりしてブレークされ52となる。
ここまでで2時間18分が経過。

久真莉のサーブで15-0、15-15、30-15、30-30、40-30、40-40、AD祐希、40-40、再びAD祐希となり、ここでゲームセット&マッチ。
62 67(5) 62、2時間23分のドラマだった。
2回戦突破、おめでとう!
e0156339_23384986.jpg


第2コートでは第1シードの荒川晴菜が予選勝ち上がりの相川真侑花を相手に622656から66にするという接戦。
こちらはすでに2時間43分を過ぎている。

タイブレーク序盤は取って取られてのシーソー状態だったが3-5の相川サーブをミニブレークした荒川6-3マッチポイント、自分のサーブをキープした荒川が勝利、622676(3)。
予選勝者の選手が第1シードをここまで苦しめる、これが世界の15,000ドル大会だ。
ランクが多少上だからと言って油断はできないし下位ランクの選手にも常にチャンスがある。

要は、この場にいることが大事。

e0156339_23384941.jpg

祐希、QFの相手は第3シードのTayisiya MORDERGER、ドイツの21歳、WTA569位。

順延だった影響で試合が続く。
シングルスQFは現地時間で本日NB17:30。
あと2時間ほどで試合開始だ。
と思っていたら、すでに試合は始まっていた。
現在1-1。

3セット分の疲れがあるのは当たり前。
そこから大いにファイトして欲しい。




by jumbozaki-625 | 2019-02-08 23:42 | テニス | Comments(0)
<< 内藤祐希、ITF Antal... 2019新潟市スポーツ協会ジュ... >>