人気ブログランキング |

ジャンボ尾崎のなじらね倶楽部

内藤祐希、ドイツでの戦い

なじらね~

e0156339_13273772.jpg

ドイツのITF15,000ドル、W15 Kaltenkirchen(カルテンキルヒェン)の大会に第2シードで出場している内藤祐希、1,2Rは快勝。

1R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-2 6-0 Franziska SZIEDAT (GER)

2R Yuki NAITO (JPN) [2] 6-0 6-1 Eliessa VANLANGENDONCK (BEL)

QFは Eva VEDDER (NED) と今夜遅くに対戦する。


もう一人の日本女子、Natsumi KAWAGUCHI (川口夏実) も現在ベスト8。
川口夏実 は2019全豪オープンジュニアダブルス優勝のサウスポー(長崎県佐世保市出身)、祐希と同じ18歳、盛田ファンドでフロリダに派遣されている。

二人はドローの上下に分かれているので、QF、SFと勝ち進んで決勝で対戦するといいな、とは私の勝手な願望。


by jumbozaki-625 | 2019-06-13 13:51 | テニス | Comments(0)
<< ドイツと松本、テニスにかける思い 新潟は梅雨でも過ごしやすいのです >>