2018年 03月 19日 ( 1 )

大会において大事なもの

なじらね~

ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選でのあれこれ。

e0156339_11184395.jpg

e0156339_11184364.jpg
開会式において、北信越小学生団体戦の表彰伝達式を行ない、内山監督と高田監督から選手一人一人に賞状の伝達があった。
また、男女の各代表が報告を兼ねた挨拶も行なった。
オリンピックの表彰式でもそうだが、こういう晴れがましい舞台とそこでの挨拶(プレゼンテーション)も選手にとっては非常に重要な経験となる。
テニスにとっても重要だが人生にとっても同じく重要。
ボールを打つことだけがテニスでは決してないという事をこうした経験によって学んでいけばいい。
e0156339_11184385.jpg

開会の挨拶で私が協会を代表してご父母の皆さまにお願いした事は温かい目でプレーを見守っていただきたいということ。
緊迫した場面でのミスショットもあれば大事なポイントでのミスジャッジもあるに違いない。
たとえご父母の目から見て不甲斐ないプレーであっても本人は一所懸命でベストを尽くしているのでその姿勢を見て認めてあげることが父母の役割ではと思う。
試合に勝ったから素晴らしくて負けたからダメなのではなく、練習して来たことを試そうとするその気持ちと実行しようとする勇気を褒めることこそ温かい目となり選手の成長をサポートすることになる。

e0156339_11304973.jpg


e0156339_11471935.jpg

e0156339_11313644.jpg

e0156339_11301581.jpg

3/19、アメリカ・インディアンウエルズでのBNPパリバ・オープンにて、世界ランク44位の大坂なおみが決勝で同19位のダリア・カサキナ(ロシア)と対戦、大坂がカサキナを圧倒し6-3、6-2で下し、ツアー初優勝を決めたというニュースが届いた。
つい先日、ダニエル太郎がジョコビッチに7-6(3)、4-6、6-1で勝ったのもインディアンウエルズのハードコート。


二人の飛躍は嬉しいニュースだが、ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選でのジュニアたちの奮闘ぶりも負けず劣らず素晴らしい。





[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-03-19 11:34 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧