2018年 04月 11日 ( 2 )

2018MUFG2日目の菜海

なじらね~

e0156339_21121648.jpg

e0156339_21121686.jpg

初日の1回戦を勝ったジャンボの沼野菜海の2回戦の相手は第2シード、センターコートで。
昨年の沖縄での全中決勝をコートサイドでじっと観戦していたのを思い出す。
その決勝で勝ち、見事に優勝した相手とこうして対戦する立場になったことは嬉しいことだ。
当たり前のことだが1回戦を勝ったがゆえに実現した対戦であり、もっとさかのぼれば新潟県予選で優勝しMUFG本戦に出場する権利を自ら手にしたからこそ。
全中優勝者と対戦することで現在の自分の実力を、ひいてはこれまでの努力の成果を試すことができる。

朝のメールには、勝ってきます!と決意が示されていた。
それでいいと思う。
勝ちたいと思います、というのではなく、勝ってきます!という方がどれだけいいか。

結果だけみれば2-6 4-6だったが色々な意味で大きな出来事だったと思っている。
勝つチャンスもあったのだと思う。

2回戦終了後、さほどの間もなくフィードインコンソレが行なわれ6-36-2の勝ち。
明日も試合ができる!
勝った褒美は次も試合ができること、つまり経験値を上げるチャンスを得ることだ。


これからが面白くなるぞ。
闘志に火をつけて更に高い所を目指すに違いない。


(写真は菜海のお母さん提供)





by jumbozaki-625 | 2018-04-11 21:22 | テニス | Comments(0)

2018MUFG初日

なじらね~

e0156339_05145757.jpg

e0156339_05145784.jpg

快晴の名古屋の東山テニスセンターではMUFGジュニアテニストーナメント2018が始まった。

初出場、ジャンボの沼野菜海は初戦を6-06-4で突破。
今日4月11日はセンターコートで第2シードとの対戦。
二つの意味でこのチャンスを生かして欲しい。
まず、今大会では第2シードと対戦し自分の力を試せること。
次にセンターコートで試合ができること。

一つ目は初戦を突破することで得た。
二つ目は初戦を突破した結果で可能性を高くしたのは事実。

センターコートで試合ができることはそう多くはない。
かつて有明コロシアムで、ジュニアだった勝見志津も風間亜希子も試合をすることが出来たのを思い出す。
早いうちに体験するのはありがたいこと。
自分のために作られた舞台だと思うことだ。

ベストを尽くしてチャレンジするには絶好のチャンス!
応援オーラを飛ばすぞ!
ファイトだ!


北信越5県の各代表女子の結果。
 久保結希凪(石川県)2-6 2-6
 村上 水彩(福井県)1-6 2-6
 砂田 未樹(富山県)4-6 2-6
 唐澤 杏幸(長野県)5-7 5-7
 三本 茉美(新潟県)2-6 6-3 1-6
 沼野 菜海(新潟県)6-0 6-4


(写真提供は菜海のお母さん)






by jumbozaki-625 | 2018-04-11 05:57 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る