人気ブログランキング |

ジャンボ尾崎のなじらね倶楽部

カテゴリ:テニス( 1908 )

全小を北海道で開催するメリット

なじらね~
e0156339_12463648.jpg
全小のためのトレセン練習会、第1回目は7/21(日)午後、新潟市中地区運動広場テニスコート。
中牟田杯新潟県予選開催中の上越から高速バスで新潟にUターン。

全中はクレーコートでの開催。
日本中砂入り人工芝コートばかりでかつて主流だったクレーコートはどこにあるのやら・・・!
新潟県も他県同様、クレーコートを探すのは大変!
中地区運動広場もグリーンサンド、純粋なクレーではありませんがサーフェスの状態はほぼ近い。

集まった7名、クレーコートを存分に楽しみました!
足が滑る!
イレギュラーバウンドが多い!
ボールが上に弾む!
サーブが曲がる!

だから面白い!


e0156339_12425964.jpg

e0156339_12425950.jpg

e0156339_12435940.jpg

e0156339_12425836.jpg

e0156339_12425823.jpg

e0156339_12425805.jpg

e0156339_12425828.jpg

トレセン練習会、第2回目は7/24(水)。

e0156339_16455550.jpeg
コート脇に咲くむくげの花。
満開です!





2019中牟田杯新潟県予選ダブルスデー

なじらね~

2019中牟田杯新潟県予選ダブルスデー(7/21)。
二日続けて降りそうで降らない上越の天気。
天気の神様、ありがとうございました!
大会運営の皆さま、ありがとうございました。

e0156339_11455173.jpg

朝の選手ミーティング。
レフリーが話すことは選手にとって重要なことばかり。
横を向いて周りの人と話していてその大事なことを聞き取り確認することができるのでしょうか?

選手ミーティングの際は前に並ぼうよと私はいつも言っていますが、後ろの方に並ぶと聞こうとする意志がどうしても弱くなるからです。
1列目や2列目に並べば隣の人としゃべる気は起きないはず。

この写真を撮った直後にレフリーがきつく注意しました、黙って聞けないの?と。
よくぞ注意してくれました、レフェリー!

他者が話をしている時にはどうするのがいいのか、日頃からトレーニングしているはず。
話者であるレフェリーの目を見て聞いていないのは誰でしょうか?

大会は単に勝つことだけが目的ではありませんよね。
社会性を身に付ける場でもあるのです。
ボールを打つことだけがテニスではないはず。
他者に対して敬意を払うことを覚えるチャンスでもあるはず。


考えよう、何のためにスポーツをしているのか、これからどう生きていくのか、自分だけで生きて行けるのか・・・。

e0156339_12042127.jpg

e0156339_12042252.jpg
e0156339_12042111.jpg

e0156339_12042195.jpg


ジャンボのジュニアの結果。
<男子ダブルス>
大塚隼人・鈴木凱翔 1R 6-1 2R 4-6
信田航・(杉山智理) 1R Bye 2R 6-1 QF 6-1 SF 7-6(4)  F 7-5
伊田葵・田中逢介 1R 3-6
野崎遼平・(佐藤英哲) 1R Bye 2R 4-6
小柳隼一・松田大地 1R 7-6(4) 2R 1-6

<女子ダブルス>
内山結芽乃・畑川ひかり 1R 6-0 QF 4-6 5-8決1R 6-7(3)  7-8決 6-2


e0156339_11452909.jpg

e0156339_11452960.jpg

北信越予選出場を決めた皆さん、福岡を目指そう!



2019中牟田杯新潟県予選シングルスデー

なじらね〜

e0156339_01015718.jpeg

e0156339_00393537.jpeg

e0156339_00400851.jpeg

上位6名が9月の北信越予選にコマを進める本大会、接戦が多かった。
終わった瞬間、両者を讃える拍手が湧き上がるような試合。
見る人に感動を与えるって素晴らしいこと。

ジャンボのジュニア、残念ながらシングルスでは北信越予選に出場する者はいなかったがそれぞれ練習の成果を試すことができた。

e0156339_00510935.jpeg


e0156339_00515843.jpeg


e0156339_00481787.jpeg

e0156339_00485421.jpeg

e0156339_00493141.jpeg

e0156339_00561294.jpeg

e0156339_00502067.jpeg

e0156339_00504607.jpeg

e0156339_00543426.jpeg

e0156339_00591337.jpeg

明日はダブルスデー。
二人で力を合わせてベストを尽くしてプレーしよう。

大会運営スタッフの皆様、明日もよろしくお願いします。




小学生には北海道

なじらね〜
e0156339_22415760.jpeg
2019全日本ジュニア北信越予選辰口会場、今年も激戦が多くあった。


小学4年生の奮闘と涙。

ノーシード選手の活躍と喜び。

突然の変調に苦しむ姿。

e0156339_22440259.jpeg

e0156339_22563804.jpeg

1年前には使ってなかったショットを武器として使いこなしている者、

ポイントを落としても背筋を伸ばして歩く者、

アンダーサーブをやり通した者、

すれ違うたびに会釈を欠かさない者、

負けた後に勝者の目をしっかり見て握手をしている者、

敗戦の色が濃い中、突如としてギアアップして逆転勝ちした者、

いつも何かを食べている者、

遠くで見ててよ、と親を遠ざける者、

ポイント毎に親の顔を探す者、、、、、、。



・・・どの姿も未完の大器のもの。

これからを予感させ、見ていてすがすがしい。

e0156339_22581784.jpeg

そして、誰もが未来に通じる扉を開けようとしてもがいている、愛に囲まれながら。

そんな5日間だった。




小学生のために全小を北海道で!

なじらね〜

2019全日本ジュニア北信越予選、最終日(7/17)。
大会運営の皆さま、大変ありがとうございました。

ジャンボの横堀陽太郎、早朝のコンディショニングはホテル脇のいつもの広場。
こんな場所がホテルのすぐ近くにあると助かります。
e0156339_20421802.jpg
コンディショニングを終える頃には雲一つない晴天に!
今日は暑くなるぞ、しっかり水分補給をしなくちゃね。

朝食を済ませて会場へ。
Mスタイルの仲間と軽くアップ。
e0156339_20421892.jpg

さあ、陽太郎、今日はシングルス決勝だ。
e0156339_20481917.jpg


e0156339_20481887.jpg
必死の形相でボールに食らいつく。
第1セットは落としたが第2セットはあと少しで奪取できそうなところまで行った。
結果は・・・残念ながら・・・3-6 5-7で優勝ならず。

が、昨年の同大会、シングルスは6位、ダブルスは初戦敗退だったのだから大きく成長したのは確か。
単複ともに準優勝となった今大会、全日本ジュニア出場権をゲットするのが最大の目標だったのでその意味でも大成功と言える。
本戦への扉を開けた!
陽太郎、おめでとう!



でも、もちろん、課題はたくさんある。
全小、そして全日本ジュニアまでにその課題に取り組んでいこうな。

陽太郎が大会から気づきを得るのと同じように、今回、私は陽太郎の試合ぶりを見ていてあることを教えられた。
課題として、それに取り組んでいく。

e0156339_21104747.jpg
表彰式では笑いを誘う陽太郎。

e0156339_21104820.jpg

e0156339_21104882.jpg


左から鈴木まこ:U14女子4位、畠さゆり:U14女子準優勝、土田映海:U12女子優勝、U12男子準優勝:横堀陽太郎
e0156339_21104879.jpg

e0156339_21104855.jpg
お母さんも一緒に。お母さんが手にしているのはベストマナーキッズ賞。











北海道での全小がおすすめ

なじらね〜

2019全日本ジュニア北信越予選、4日目。
e0156339_21585566.jpeg

ジャンボのジュニアで只一人残った横堀陽太郎、早朝のコンディショニングを終え、お母さんの運転する車で会場へ。

8時からの公式練習を終えて9時半から第7コートでシングルス準決勝に臨む。
相手は第1シード、中1の選手。
二人とも勝負服は赤・・・。
勝った方が全日本ジュニア出場確定となる大一番だ。

e0156339_22263103.jpeg

e0156339_22273037.jpeg

e0156339_22275480.jpeg
最初の3ゲームを連取した陽太郎、終始リードし6261で勝利、全日本ジュニア出場確定とした。
前日の夜のミーティングで立てたプランがほぼやれたようだ。
試合後のアンパイアへの握手とお礼もきちんとできたね。

ダブルスは残念ながら準優勝となった。
もうひと工夫が欲しかった。


ダブルスの試合が全て終わったので表彰式。

e0156339_21493856.jpeg
U12男子複準優勝:横堀陽太郎・犬井輝

e0156339_21505753.jpeg
U14女子複準優勝:半沢優羽・鈴木まこ

e0156339_21524173.jpeg

U14女子複3位:大関優和・小柴美波
U14女子複4位:三吉未優・畠さゆり


<辰口会場、今日の結果>
U12男子単:横堀陽太郎 SF6261 :決勝進出
U12男子複:横堀陽太郎・犬井輝 決勝2646 :準優勝
U14男子単:加藤駿一 5-8決1R 86 :5-6決へ
U12女子単:土田映海 準決勝6264 :決勝進出
U14女子単:小柴美波 5-8決1R1606 :7-8決へ
U14女子単:畠さゆり 準決勝76(3)76(8) :決勝進出
U14女子単:鈴木まこ 準決勝 67(3)67(8) :3決へ
U14女子複:三吉未優・畠さゆり 3決 5736 :4位
U14女子複:大関優和・小柴美波 3決 7563 :3位
U14女子複:半沢優羽・鈴木まこ 決勝1636 :準優勝

福井会場のU16男子ダブルス、斎藤ゆきひさ・小林来翔2R 4606

e0156339_22325231.jpeg


e0156339_22334734.jpeg




陽太郎、明日はシングルス決勝を戦う。

明日のオーダーオブプレー。

e0156339_22465740.jpeg


やっぱり北海道で全小を

なじらね〜

e0156339_20520171.jpeg

e0156339_21105115.jpeg
2019全日本ジュニア北信越予選、3日目。
U14U12会場の辰口コート、今日から種目によっては全国大会出場が決定する。
e0156339_22204656.jpeg

e0156339_20525962.jpeg

ジャンボの横堀陽太郎はシングルス準々決勝を6-46-1で勝って明日の準決勝にコマを進めた。
U12男子の全国出場枠は3人なので、明日の準決勝に勝つか、準決勝敗退の場合は3位決定戦に勝つかで全国出場が決まる。

e0156339_21140403.jpeg

続くダブルスでは、横堀陽太郎・犬井輝(T&S新発田ITS)ペアが準決勝を6-06-2で勝って全国への切符をゲットした。
おめでとう!
二人とも初戦から息の合った元気のいいプレーで勝っている。
決勝では更に元気を出して欲しいな。

<辰口会場、新潟勢の今日の結果>
U12男子単:横堀陽太郎QF6461 SF進出
U12男子複:横堀陽太郎・犬井輝 SF6062 決勝進出、全日本ジュニア出場決定
U14男子単:加藤駿一 QF466326 ベスト8 、5-8位決定戦へ
U12女子単:土田映海 SF576264 SF進出、全日本ジュニア出場決定
U14女子単:小柴美波 QF4646 ベスト8、5-8位決定戦へ
U14女子単:畠さゆりQF6464 SF進出、全日本ジュニア出場決定
U14女子単:鈴木まこQF6476(5) SF進出、全日本ジュニア出場決定
U14女子複:三吉未優・畠さゆり SF2616 ベスト4、3-4位決定戦へ
U14女子複:大関優和・小柴美波SF4636 ベスト4、3-4位決定戦へ
U14女子複:半沢優羽・鈴木まこSF6463 決勝進出、全日本ジュニア出場決定

福井会場のU16男子ダブルス、斎藤ゆきひさ・小林来翔1R 4664[10-7]

e0156339_21164917.jpeg

e0156339_21174069.jpeg
ところで明日の天気は・・・?




2005年新大入学生の結婚式に参列

なじらね~
e0156339_22230634.jpeg
イタリアはトリノでのITF25,000ドル大会で内藤祐希が単複優勝を成し遂げた。
おめでとう!

単複揃っての優勝は初めてのこと。
これで弾みをつけて更にジャンプアップ!


e0156339_22292385.jpeg
片やこちら、石川県能美市・辰口テニスコートでの2019全日本ジュニア北信越予選、U12U14、2日目。

ジャンボの横堀陽太郎、単複とも2回戦までをクリアした。
単:6360 現在ベスト8
複(犬井輝):6163 現在ベスト4

<新潟勢の単ベスト8>
U12女子単:土田映海
U14女子単:小柴美波、畠さゆり、鈴木まこ
U12男子単:横堀陽太郎
U14男子単:加藤駿一

<複ベスト4>
U14女子複:三吉未優・畠さゆり、大関優和・小柴美波、半沢優羽・鈴木まこ
U12男子複:横堀陽太郎・犬井輝

いよいよ明日から全日本ジュニア出場をかけての大詰めに突入する。
ファイトだ!


e0156339_22105190.jpeg
話変わって・・・石川県から新潟に舞い戻って2005年新潟大学入学の同期生の結婚式に参列。
新婦は、けっちこと、上島慶、長野県出身。
2005年当時、私は55歳、けっちを含む健スポ9人娘はみんな18歳。
机を同じくして4年後の2009年に学部を卒業し、けっちと私は揃って大学院へ。
院でまたまた机を並べて・・・2014年に院を終了。
博士号を取ったけっち、今はある大学の助教授だ。
そして新郎は同じ大学の准教授、宮崎県出身。

おめでとう🎉

結婚式っていいですね。
幸せのおすそ分けって感じで。

e0156339_22143174.jpeg
花嫁がお色直しに一旦退出する際のエスコート役を突然言い渡されてびっくりしました、我々夫婦。
嬉しいサプライズに我がカミさん、大感激、うるうるしながら・・・。

e0156339_22151693.jpeg
引き出物の中にこんなメッセージが。
これを見てまたうるうる。

はい、元気が出てきましたよ!

というわけで、新潟からとんぼ返りで辰口会場に戻って来ました。
明日もファイトだ!






だから全小を北海道で

なじらね~

2019全日本ジュニア北信越予選、初日。
陽太郎、麗夢、実彩の3人は5時半からホテルの横の広場でコンディショニング。
JR小松駅がすぐ目の前にある。
e0156339_23432065.jpg
体を動かして内臓を刺激したところで朝食、そしてタクシーで会場へ移動。

U14U12会場である辰口丘陵公園は緑の中。
熊を見つけたら公園事務所に連絡を!という看板があちこちに置かれているぞ。
e0156339_23441196.jpg

e0156339_00302846.jpg
朝の公式練習は20分間。
どんな内容にするかは自分たちで決めます。

9時、試合開始。
シングルス、陽太郎の初戦の相手は・・・なんとダブルスのパートナー!
めちゃ元気のよい選手だ。
仲がいいだけに陽太郎の口ぶりではやりにくそう。
知らない人だと思って試合するのが一番だよ。
e0156339_23445963.jpg
第1セットを陽太郎が6-0で取ったところで女子のコートの応援に行き、しばらくして戻って来ると、あれれ、2-3。
1セットを6-0で取ったあとはしばしば起こることではある。

両者ともサービスゲームをキープできずシーソーゲームの展開。
が、4-4のあとの第9ゲーム、相手サーブの40-15という場面を何とか切り抜けると再び流れを引き寄せ、7-5で取り、6-0 7-5の勝利。
e0156339_00120939.jpg
二人で組んだダブルスは危なげなく6-2 6-2で初戦突破。

e0156339_00123880.jpg

e0156339_00130138.jpg
石栗麗夢のシングルス初戦は第6シードとの対戦、2-6 0-6。
佐藤瑠璃・石栗麗夢のダブルスは初戦0-6 0-6。
e0156339_00132384.jpg

e0156339_00133672.jpg
小柳実彩のシングルス初戦は第8シードとの対戦、2-6 2-6。
小柳実彩・小柴結衣のダブルスは初戦4-6 0-6。

麗夢と実彩にとっては良い経験となった一日だ。
経験から何かを掴み取ること!

e0156339_00184350.jpg
1番コートの後ろにテニス大好き人間登場!
男子の教え子さん、単複ともにがんばってます。

e0156339_00214934.jpg
カマキリがロービングアンパイア。
9ゲーム終わったら、だからあ、ボールチェンジですよ~!と言ってるような・・・。



福井会場のU16U18、齋藤倖久はシングルス6-3 6-4で初戦突破。
小林来翔・齋藤倖久ペアのダブルスは明日が初戦だ。
ハードコートの特性を生かして!




やっぱり全小を北海道で!

なじらね〜

金沢駅前からバスに乗って約1時間、全日本ジュニア北信越予選会場である辰口丘陵公園に到着!
横堀陽太郎、石栗麗夢、小柳実彩の3人。

e0156339_19443362.jpeg
テクテクと坂道を登ってコートに辿り着くと、どのコートも練習するジュニアで満杯。
引率ディレクターの麗夢が事務所でコートの確認と支払いを済ませ、練習コートに向かいアップを始める。
e0156339_19480244.jpeg
e0156339_19505992.jpeg
しっかりアップをしておかないと思うように身体が動かず練習効果が上がらないだけでなく怪我にもつながる。
汗をかくぐらいにやることだ。

2面を使っての練習開始。


e0156339_19542365.jpeg
午後4時、本部でドロー抽選会。
さあ、どんな対戦が生まれたか?
e0156339_22185389.jpeg
完全抽選なのでどんな対戦になっても誰も文句は言えません!

それぞれの思いを秘めてまたコートに戻って練習再開。
一緒に練習していただいたジュニアの皆さん、ありがとう!

5時半頃、練習を終え、小松駅行きのバスに乗ってホテルへ。

e0156339_22220344.jpeg


e0156339_22225829.jpeg


いつものように入浴、夕食、ミーティング。

e0156339_22275088.jpeg

明日は新しい一日!