カテゴリ:テニス( 1788 )

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2019 での誕生日

なじらね~

e0156339_16410858.jpg

トルコでの W15 Antalya (ANTALYA)GDテニスカップ、内藤祐希(第8シード)は2回戦で清水映里に6363で勝ったあと、今日のQFは第4シード、Sloveniaの22歳 Pia CUK と2番コートで。

16:45現在、第1セットを75で取っているぞ。

ここまでファーストサーブの確率70%、その時のポイント取得率は74%で、これは祐希にとってはいい兆候だ。
ダブルフォルトもゼロ!
ただ、セカンドサーブは100%入れているのだがポイント取得率が20%でこれが痛い。

サーブが苦手だと思ってはいけない。
サーブが好きだ、サーブで主導権を握るのが楽しい、と思うようになるのが一番いい。

1番コートではスイスの18歳 Joanne ZUGERが第1シードに6262で勝利。
祐希が勝てば準決勝で対戦する。

佐藤久真莉とのダブルスも控えていて準決勝でルーマニアの Bejenaru, Karola Patricia /Gaspar, Ioana (WC) と対戦。


ところで今日2/16は祐希の18歳の誕生日だ。
おめでとう!
今日勝って明日のSFに臨みたいところ。

第2セット、現在5-1リード!
サービスゲームは3回ともキープしているしセカンドサーブでのポイント取得率も83%に上げている!

相手がサーブをキープして5-2で祐希のサービスゲーム。
40-15リードからキープして7562勝利!
おめでとう!

サービスゲームを4回とも取ってキープ率100%!
荒川晴菜との試合では勝ちはしたがキープ率46%だったから試合をしながら成長したと言ってもいいのでは。
ただ入れるだけのサーブから主導権を握るサーブにしなければプロの世界では通用しない。
その意味では良い経験だ。

レストのあとはダブルスが待っている。
ファイト!

(写真は私が撮ったなかでのベストショット:中牟田杯2015にて)



by jumbozaki-625 | 2019-02-16 17:31 | テニス | Comments(0)

上手に体を動かそう

なじらね~

e0156339_00495320.jpg

e0156339_00495336.jpg

ファンクショナルトレーニングをする。
テニスのレベルを上げるには欠かせない。

身体をうまく使わないと良い打点で打てるように走ることもできなければボールをまともに打つこともできない。

勝見コーチのデモをテレビで見ながら。
こんな時に一所懸命にやる子は強くなる!


e0156339_12042872.jpg

トルコでの W15 Antalya (ANTALYA)GDテニスカップの今週、内藤祐希は2回戦で清水映里と対戦し、6363で勝って現在ベスト8。

明日2/16は単複が組まれていて、単は第4シード、Sloveniaの22歳 Pia CUK との対戦。
佐藤久真莉とのダブルスは2R不戦勝、明日の準決勝はルーマニアの Bejenaru, Karola Patricia /Gaspar, Ioana (WC) と対戦。

試合をしながらサーブのレベルを上げていって欲しいな。




by jumbozaki-625 | 2019-02-15 23:59 | テニス | Comments(0)

2019ジャンボカップU18男子ダブルスの部

なじらね~

2/11、厳しい寒さをものともせずジャンボに高校生男子が集まった。
ジャンボカップ男子ダブルス大会出場者だ。

予選リーグを経ての決勝トーナメント、齋藤倖久・小林来翔ペア(開志国際高校1年)が優勝。
サーブとボレーが上手くできたと報告があった。

e0156339_12290347.jpg
e0156339_12290351.jpg

片や、トルコでの W15 Antalya (ANTALYA)GDテニスカップの今週、内藤祐希は1回戦でBurundiの17歳、Sada NAHIMANAと対戦し、6262で勝利。
ダブルスパートナーの佐藤久真莉もシングルス1R7564勝ち。

2人で組んだダブルスは初戦から第1シード、森崎可南子・奥野彩加ペアとの対戦となった。
6257のセットオールとなったファイナルセット、マッチタイブレークで相手のマッチポイント9-8をしのいで11-9で勝利。

内藤祐希・佐藤久真莉 62 57 [11-9] 森崎可南子・奥野彩加

2Rは何と次も日本人ペア、荒川晴菜・松田美咲だ。

遅い球足のレッドクレーコートでもサーブの重要性は同じ。
特にダブルスではセカンドサーブになるとアタックされることが多いのでファーストサーブで主導権を取る必要がある。
セカンドサーブになった場合でもえげつないサーブでないと攻め込まれるのは当然のこと。

サーブに工夫が必要だ。





by jumbozaki-625 | 2019-02-13 12:42 | テニス | Comments(0)

この一歩を忘れずに

なじらね~

e0156339_21262653.jpg

内藤祐希から写真が届いた。

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2019 優勝の表情。

闘いのあと、優勝者と準優勝者、二人のシューズはレッドクレーの赤い土にまみれている。

e0156339_21314047.jpg

軽んずるなかれ15,000ドル大会。
この一歩は大きな一歩となる。

GD Tennis Cup、1月から4月までの間、毎週開催されているのがすごい。

祐希は明日12日からの試合に備えているはず。
第3コートの3試合目に組まれている。
NB12:00、相手は Sada NAHIMANA(Burundi)、同じ17歳。


e0156339_21453013.jpg

それにしても GD Tennis Cup のように毎週同じ会場で開催されていると選手にとってはこんないいことはない。

日本でも!
と、思ったりする。






by jumbozaki-625 | 2019-02-11 21:32 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2019 優勝!

なじらね~

e0156339_12042872.jpg

新潟県テニス協会常任理事会で特別優秀選手賞としての表彰を決めたばかりだった。

その内藤祐希が ITFの15,000ドル大会 Antalya GD Tennis Cup 2019 で見事に優勝!
ジュニア大会ではないITFワールドテニスツアーのシングルスで初タイトル獲得!

おめでとう!

e0156339_23091982.jpg
Naito, Yuki [5] 623663 Zuger, Joanne (Q)

相手はスイスの18歳で予選勝ち上がりの選手。

祐希、第1セットをすんなり取ったのでこのままいくかと思われたが第2セットはどうやらサーブが乱れたようだ。
1st serveの確率が56%(相手は53%)。
2nd serveは79%(相手は67%)なのだがその場合のポイント取得率が7%(相手は50%)でこれはもどかしい。

女子の試合はサービスダウンが多いのだが、だから余計にサーブを強化する必要がある。
入れるだけのサーブから主導権を握るためのサーブと位置付けようとしない限りサービスゲームでは常に不安が付きまとうことになる。
平均的な日本人に大坂なおみのような長身は望め無いだろうがそれでも工夫の余地は大いにあるだろう。

プロとして生きていくにはほかの選手とは違うサーブを手に入れることが求められると思う。
ダブルスの敗戦も主因はサーブだったような。

とまれ、初優勝、良かった。
ファーストステップだ!

常任理事会後の懇親会の席上、みんなでITFのライブスコアを見ていて、優勝が決まった瞬間には祝杯を挙げたそうな。

たくさんの人が応援しているよ、これからもがんばろうぜ、祐希!




by jumbozaki-625 | 2019-02-10 23:41 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2019 決勝進出

なじらね~
e0156339_12042872.jpg

ITF Antalya GD Tennis Cup 2019、内藤祐希、SFで第1シードを破って決勝進出!
内藤祐希 630675 荒川晴菜

ジャンボの夜のレッスンをやっている間に試合が終わってしまっていた。
おかげでライブスコアを見ながらハラハラしなくても済んだ・・・!

現在ダブルスのSFが進行中。
相手は森崎可南子(筑波大学)/奥野彩加(フリー)のペア。

第1セットは前半リードしたのだがタイブレークに突入し、6-8で失う。

ヤマ場はゲームカウント65の内藤・佐藤ペアのサービスゲームだったか。
30-30、ここは何としてでも第1サーブを入れて40-30としたい場面。

ダブルスでは第1サーブの重要性が大きい。
特にノーアドの試合では。

ところがセカンドサーブとなり30-40、結局サービスダウンで6ゲームオールとなってしまった。


さあ、第2セット、どうするか?
まずはトイレットブレークだろうな。
(実際にそうしてました!)
ライブスコア、そこまでわかります!



by jumbozaki-625 | 2019-02-10 00:28 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2019 ベスト4進出

なじらね~
e0156339_12042872.jpg

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 単ベスト4進出!
Yuki NAITO (5) 64 63 Tayisiya MORDERGER(3)
第4コートで1時間45分の闘い。

このあと、レストを取って次はダブルスだ。
相手は第1シード、日本の森崎可南子(筑波大学)/奥野彩加(フリー)。
このペアは1月の同大会で優勝している。
相手にとって不足はないぞ!


片や、新潟市ジュニア強化練習会を城山運動公園屋内コートで実施した。
男女各3人、計6人が2面を使っての3時間は貴重な時間だ。

e0156339_16564762.jpg

メニューは考えてプレーするような仕掛けとした。

どうして?
どうすればいい?
やってみてどうだった?
次はどうする?

e0156339_16564774.jpg

e0156339_16564731.jpg

e0156339_16564862.jpg

e0156339_16564832.jpg

e0156339_16564684.jpg

練習の最後はあいさつで締めくくり。
テニスと同じくらい大事なこと。






by jumbozaki-625 | 2019-02-09 16:57 | テニス | Comments(0)

内藤祐希、ITF Antalya GD Tennis Cup 2回戦突破

なじらね~

e0156339_12042872.jpg

トルコのAntalyaでのITF女子15,000ドル大会(Clay)、 GD Tennis Cup に出ている内藤祐希(WTA621位)、単複共に初戦を突破したあとの2回戦は天候不良で順延となっていたが、今日2/8、第3コートで行なわれた。
相手は今大会ダブルスパートナーでもある佐藤久真莉。
手強いぞ。

AntalyaのGDテニスクラブは海沿いの高級リゾートの中にあり、山側には広大なゴルフ場が広がっている素晴らしい会場だ。

ITFの本大会はライブスコアがリアルタイムに表示される。
映像がなくスコアだけ!
これがまた見る者をいやがおうでも緊張させてくれる。

62で第1セットを先取した後、第2セットを67(5)で落としてのファイナルセット、51で祐希のサーブ、ダブルフォルトもあったりしてブレークされ52となる。
ここまでで2時間18分が経過。

久真莉のサーブで15-0、15-15、30-15、30-30、40-30、40-40、AD祐希、40-40、再びAD祐希となり、ここでゲームセット&マッチ。
62 67(5) 62、2時間23分のドラマだった。
2回戦突破、おめでとう!
e0156339_23384986.jpg


第2コートでは第1シードの荒川晴菜が予選勝ち上がりの相川真侑花を相手に622656から66にするという接戦。
こちらはすでに2時間43分を過ぎている。

タイブレーク序盤は取って取られてのシーソー状態だったが3-5の相川サーブをミニブレークした荒川6-3マッチポイント、自分のサーブをキープした荒川が勝利、622676(3)。
予選勝者の選手が第1シードをここまで苦しめる、これが世界の15,000ドル大会だ。
ランクが多少上だからと言って油断はできないし下位ランクの選手にも常にチャンスがある。

要は、この場にいることが大事。

e0156339_23384941.jpg

祐希、QFの相手は第3シードのTayisiya MORDERGER、ドイツの21歳、WTA569位。

順延だった影響で試合が続く。
シングルスQFは現地時間で本日NB17:30。
あと2時間ほどで試合開始だ。
と思っていたら、すでに試合は始まっていた。
現在1-1。

3セット分の疲れがあるのは当たり前。
そこから大いにファイトして欲しい。




by jumbozaki-625 | 2019-02-08 23:42 | テニス | Comments(0)

2019新潟市スポーツ協会ジュニア表彰式

なじらね~



2019新潟市スポーツ協会新年祝賀会がホテルオークラ新潟で催され、優秀ジュニア表彰式が行われた。

ソフトテニスで2018インハイ女子団体準優勝の北越高校も表彰されそのメンバーに木村美月がいた。
おめでとう!

姉の美月はソフトテニス、妹の木村天音は硬式テニスで二人とも素晴らしい選手だ。
姉の受賞に妹も刺激を受けることだろう。

また、美月、祐希、亜美、みんな仲良しだ。
美月と亜美は大学へ、祐希はプロと、進路は違っても仲間としての絆は変わらないだろうから、つくづく出会いの大事さを思う。

e0156339_22485828.jpg

e0156339_22485889.jpg
(後列左から6人目が美月)



e0156339_22485827.jpg

新潟市テニス協会の面々。

200人以上が集うこの祝賀会は他種目の協会関係者にも会える貴重な機会でもある。

今回も多くの人と交流できた。

1年に1度、この会でしか会えない人もいる。

出会いを大事にしたい。





by jumbozaki-625 | 2019-02-07 23:13 | テニス | Comments(0)

トルコでのプロサーキット、内藤祐希の闘い

なじらね~

e0156339_12042872.jpg

トルコのAntalyaでのITF女子15000ドル大会(Clay)に出ている内藤祐希、単複共に2/5の初戦を突破した。

Yuki NAITO (JPN) [5] 7-6(2) 6-2 Yana MORDERGER (GER)

Yuki NAITO (JPN) / Himari SATO (JPN) 6-4 7-5 Marie METTRAUX (SUI) / Joanne ZUGER (SUI)

単DAの日本女子はこの5人。
①Haruna ARAKAWA (JPN・WTA495位)
⑤Yuki NAITO (JPN・WTA621位)
⑥Kanako MORISAKI (JPN・WTA643位)
Ayaka OKUNO (JPN・WTA715位)
Himari SATO (JPN・WTA810位)

約3か月ぶりの試合となる祐希、第5シードでの出場だ。

予選からはこの3人。
Chinatsu SHIMIZU (JPN)
Chihiro TAKAYAMA (JPN)
Mayuka AIKAWA (JPN)

ダブルスのパートナーであるHimari SATOも初戦を644664で勝っているが、この二人が2回戦で対戦する。

2/6のOOPには組まれていないようなので2回戦は2/7だな。

e0156339_12042935.jpg

写真はともにインスタグラムから。

開志国際高校部活でのスナップをこうしてみると17歳だなあと思う。

3月には卒業だ。




by jumbozaki-625 | 2019-02-06 12:08 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る