人気ブログランキング |

ジャンボ尾崎のなじらね倶楽部

<   2010年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

感謝と冥福

e0156339_17381282.jpg

e0156339_17381247.jpg

これから新幹線で長岡に向かいます。

新潟県テニス協会の会長が急逝され、今夜はお通夜なのです。

何年か前、アニメのテニスの王子様はなぜ新潟では放送しないの?見たいのに!という周りのジュニア達に動かされてテレビ放映すべく奔走した時に、いち早く賛同し協力して下さったのが大宮会長でした。

面識のない私を社長室に招き入れ、じっくりと話を聞いてくださいました。

これをきっかけに結局、私は10社から協賛をいただき、テニスの王子様を三年半に渡って放映し子ども達の希望に応えることができました。

新潟県の、特に男の子を刺激しテニスを始める子が急増したのは大きな喜びです。

当時はまだテニス協会の会長ではありませんでしたが、この春に新会長として就任されたばかりです。

全く突然の訃報にだだ驚くばかりですが、あの時の力強いお話を思い出し、今更ながら感謝の気持ちでいっぱいになっています。

これからお別れをしてきます。

合掌。

大地と光の恵み

e0156339_17104933.jpg

e0156339_17104918.jpg

e0156339_17104963.jpg

今年初めていただく西瓜です。

甘くてみずみずしくて、生き返るような美味しさ!

採りたてのとうもろこしもいただきました。

とうもろこしは水から茹でるんですよ、とのおまけ付き。

大地と光の恵みですが、育てた方のお気持ちもしっかりいただかなければ、とも思います。

ありがとうございます。

暑さゆえ人あるがゆえの我が命

e0156339_17541623.jpg

福井の大会会場で細川さんにいただいたおばあちゃん手作りのカシスジュース。

金沢のホテルの朝食に出てきたカシスジュース。

新潟のいきつけの美容院でもいただきました。

しかも2種類。

どちらかが米酢と黒砂糖を使ってます。

さあ、手前でしょうか、奥のでしょうか。

福井、金沢、新潟×2・・・違う味わい。

4つとも味わいは違っても、どれもみな元気が出ます!

e0156339_1755846.jpg

元気が出るもう一つ。

えりこちゃんの笑顔。

大学進学後は2年に一度くらいしか会えなかったのに、

新潟に戻ってきたので毎週この元気な笑顔に会えます。

e0156339_17591047.jpg

もう一つ、山吹の花。

店先に可愛く咲いていたのを先程の美容院の先生が手折ってくださったのをグラスに活けました。

季節外れですが、これも元気が出ます。

どれもみな、ありがたいものです。





つまらないスピーチ

e0156339_1691923.jpg

表彰式の最後にウィナーズスピーチがあった。

最初の一人が、
大会を開いて下さった関係者の皆様ありがとうございました、
全国大会では上位に入れるよう頑張ります…と言うと、
続く選手もみんな判で押したように同じことをしゃべるではないか。

おいおい、それでいいのかよ、そんなのありかよ~と思う。

それで、テニスも金太郎飴みたいになものになってしまうのか・・・。

前の人が言ったことと違うことを話そうという気にはならないのかい?




試合が始まる

e0156339_155898.jpg

試合が始まるとき、

得も言われぬ緊張が走る。

鼓動は速まり、視野は狭くなるのに、

隣りのコートのボールの音だけは

まるで集音マイクで拾ったように大きく

鼓膜を震わせる。


スコアボードの数字がじっと見ている。

・・・ゼロ対ゼロ。



試合が始まった。




大会最終日2010北信越ジュニア

e0156339_7512367.jpg

e0156339_751235.jpg

トーナメントは最終日が一番盛り上がるはずなのに、
なにせ勝ち残っている選手が少ないのだから、
当然ながら会場は淋しくなる。

トーナメントの宿命とは言え、
この寂しさは何とかできないもんかいな。
あんなにいっぱいいたジュニア達はどこへ消えたのだろう、
と思うくらい…。


私達が勝手にアパ公園と名付けたホテル近くの公園での朝のコンディショニングも
今日が最後となった。

残る選手も三人に。

公園の入り口に記念タイルがたくさん貼られていて、
様々な想いが刻まれている。
大会中、
この公園のおかげで毎朝コンディショニングができた。

ありがとう、
アパ公園!




再び金沢へ

e0156339_1975481.jpg

毎年大阪で開催される全日本ジュニアテニス大会。

北信越からの14歳以下シングルスの出場枠は5人。

祐宇は準決勝でこっぴどくやられはしたが5位決定戦で勝ち抜いて最後の1枠をゲット、大阪への切符を手に入れた。

続くダブルスも準決勝を勝ち全日本確定。

12歳以下ダブルスの準決勝、孝浩&唯人の楽しいペアは6-4、4-6、4-6で惜敗、明日の3位決定戦に残る切符をかける。

というわけで夕暮れの越後平野を突っ走って私は再び金沢へ向かう。

もちろん突っ走っているのは電車で私は座席に座っているだけなのだが。

雲が広がり、天気は下り坂のようだが、明日も熱中症に気をつけねば。

明日の朝は何時から散歩とコンディショニングかな?と電話で聞くと、6時からです、との返事。

よしよし。
私がいない時でもちゃんとやれるようになってきた。
良い習慣になってきたぞ。






ちびっこテニス教室

e0156339_13142135.jpg

さて、月に一度の西蒲区テニス教室。

子ども達がいっぱ〜い。

コートに来てまずすることは自分で自分の名前シールを作ること。

大きい字を書けるようになってきましたね。

北信越ジュニアの会場とは違う喜びに満ちてます。




ダブルスは二人で作るもの

e0156339_17223417.jpg

孝浩と唯人のペアのダブルスは見ていて楽しい。

ダブルスってこんなに面白いんだ!と思わせるに十分なプレーを繰り広げる。

トップスピン、スライス、ロブ、ドロップショット、ストレートアタック、ワイドサービス、その他あれこれ。

思い付くものを全部やってしまうようだが、普段からやってないとできる筈もないのだ。

ファーストセットをすんなり取ってのセカンドセット、5-2となって、すんなりいかないのもこのペアのいい(?)ところ。

まくられてタイブレークで…落としてしまう。

しかし、取るべき所はしっかり取って5-3のサービスゲーム。

マッチポイントでここぞとばかりにサービスを打ち込み、カモン!と拳を挙げたのは唯人だった。

もちろんダブルスは二人で作るもの、そこまでの流れも二人で作ったのだ。。

そして、相手ペアも終始笑顔と真剣さを欠かさなかった。

とても良い試合。

両チームにエールを!

孝浩と唯人ペア、只今ベスト4。




太陽と大地の恵み朝ごはん

e0156339_16372090.jpg

フルーツの果糖は脳をパッチリと目覚めさせてくれる。

そして、カシスジュース。

見た目の鮮やかさだけでなく口にした時のシャッキリ感が朝の食卓にふさわしい。

ホテルの朝食もビュッフェ形式だといろいろな食材が並ぶのでそれらをネタにまた色々な話ができるので楽しいテーブルにすることができてよい。

だが私の好きなカシスジュース、どうやら子ども達には不人気なようだ。