<   2014年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

どのコートにも成長の証しが

なじらね〜

e0156339_23165.jpg

高校総体新潟県予選の会場は南魚沼市大原運動公園。
天候に恵まれています。

団体戦は男子が東京学館、女子は長岡が優勝。
男子第一シードの新発田、女子第一シードの新潟第一は共に敗れました。

男子ダブルスは 第一シードの高橋颯・渡邊快組、女子は第二シードの
吉原里佳奈・小田爽佳組が優勝。

結果だけをこうやって書くのは簡単ですが、試合の内容を説明するのは
簡単ではありません。
よって省略します。

明日はシングルスです。
どの試合コートでもドラマが繰り広げられます。
テニスの好きな方はぜひ大原運動公園にお越しください。

心が震えると思います。
by jumbozaki-625 | 2014-05-31 23:24 | テニス | Comments(0)

元気にテニスを楽しもう

なじらね~

e0156339_01443248.jpg

e0156339_01443721.jpg


年に一度は田村伸也プロの日。
この日はいつにも増して元気にテニスを楽しむ日だ。
田村プロの言葉やデモにうなずきながら、
笑い声が飛び交い、それでいてボールを追う目は真剣。

熱が入り、今回もまた予定時間を大幅に越えての指導が
続いた。

沢山のヒントと実戦を重ねることができたのではと思う。
参加された皆さん、また次回!

田村プロ、ありがとうございました。







by jumbozaki-625 | 2014-05-31 01:52 | テニス | Comments(0)

華やかな舞台とそこに至る道と

なじらね~
e0156339_21292110.jpg

e0156339_21292519.jpg

朝練に行くと・・・そこはかとなく良い香りが・・・。
忍冬(すいかずら)です。

暑さのせいか忍冬の花がいつの間にか・・・。
長い冬を越して今年も咲いてくれます。
ありがとう。
顔を近づけると大好きなあの香り。

写真を撮っていると
後ろから
尾崎コーチ、おはようございますッ!と
元気な声。
SANAの登場です。
忍冬の爽やかな香りに負けないくらいの元気良さ!

e0156339_22214528.jpg

さて、
リー・ナそしてセレナ・ウイリアムスも敗退した2014全仏。
錦織も伊達もいない。
ただ一人残っていた奈良くるみも
第6シードのヤンコビッチに5-7、0-6で敗退。
やはりさびしいな。

でも、こんなニュースも。
石川県出身の斉藤貴史は高校を出たばかりのプロだが
スペインでのフューチャーズで
守谷総一郎と組んだダブルスで優勝。

決勝は第1セットを1-6で落としたが、
第2セットを1-3から挽回し6-4で取り返すと、
ファイナルのマッチタイブレークを10-6で取って優勝。

おめでとう!
勝ちは何よりの薬です。

斉藤貴史を応援する仕組みがあります。
こちらからどうぞ。
http://takashi-saito.net/index.html

もちろん私も応援してますよ。







by jumbozaki-625 | 2014-05-29 22:22 | テニス | Comments(0)

全仏の次はウインブルドンだ!

なじらね~
e0156339_23543082.jpg

e0156339_23543987.jpg

e0156339_23544510.jpg

e0156339_23544958.jpg
今日は午後から雨になった。

雨の日はIpadでもいい写真が撮れる。
ジャンボテニスの周りを飾ってくれる花たち。
葉も花びらもしっとりしている。
黄色のダリアの花びらには足の長いクモが。
生命が踊っている。

同じ雨のために
新潟市ジュニア強化チームの練習は残念ながら中止。

でもジャンボのジュニアはインドアでみっちりと。
全仏のレッドクレーでの試合をイメージして。
これ、けっこういい感じ。

e0156339_00074786.jpg


練習が終わって帰宅すると・・・錦織は1回戦で敗退。

次はウインブルドンだぜ!







by jumbozaki-625 | 2014-05-26 23:54 | テニス | Comments(0)

ベストを尽くすためのチャレンジ

なじらね~
e0156339_22005188.jpg
全仏2014、予選にチャレンジした11人の日本選手はだれも本戦入りを
果たせなかった。
残念!

全仏はレッドクレー、ウインブルドンは天然芝、全米と全豪はハード。
グランドスラムのコートサーフェスの違いはそれ自体が
テニスというスポーツを面白くしていると思う。

かつてフロリダのハリー・ホップマンテニスキャンプで
ジュニア合宿をしていた頃、1面だけ特別なコートがあることを
知った。

そのコートは"ヒンギスコート"と呼ばれていた。
全豪オープンで2000年から3年連続準優勝のヒンギスが
どうしても優勝したくて
そのために全豪オープンと同じサーフェスのコートを
練習用に自費で作ったのだという。

とても驚いた記憶がある。
優勝にかける執念、執念、執念・・・。

ジュニア選手がこのエピソードから学ぶことは何だろう。







by jumbozaki-625 | 2014-05-25 22:01 | テニス | Comments(0)

ローランギャロスを知らないって?

なじらね~
e0156339_08264958.jpg
全仏オープン予選1回戦(JTAニュースから)
●添田 豪[5シード103位] 7-6,0-6,1-4,Ret. ○A・パビッチ(179位クロアチア)
●伊藤竜馬[23シード131位] 3-6,6-4,4-6 ○L・ジュスティノ(215位イタリア)
●守屋宏紀(166位) 1-6,0-6 ○G・メルツァー(141位オーストリア)[30シード]
●杉田祐一[29シード140位] 4-6,2-6 ○P・スタラーチェ(イタリア)
●ダニエル太郎(183位) 3-6,2-6 ○M・ゴンサレス(アルゼンチン)[25]
●瀬間詠里花(186位) 6-7(2),4-6 ○A・コニュ(189位クロアチア)
●日比万葉(205位) 0-6,6-7(4) ○V・ドロンツ(122位セルビア)[14]

残るは穂積絵莉(157位)、森田あゆみ(172位)、尾崎里紗(174位)、江口実沙(191位)の4人。

予選から本戦のコートに足を踏み入れるのがいかに大変なことか。
錦織以外の男子選手、たとえデ杯日本代表でもランキングが一定の水準に達していなければ予選にまわされる。
男子は128人の戦いでそこから本戦に出場するのは8人だけ。
厳しく狭い門をくぐり抜けた者だけが更に厳しいステージにチャレンジできるのだ。

予選敗退の日本男子は既にウインブルドンへの準備を始めているに違いない。
チャレンジは続く、まさに"続く"のだ。

今月末には全国中学生大会の北信越予選が福井市で、6月に入るとすぐに全国小学生大会の北信越予選が松本市で始まる。
ともに全国大会は暑い夏に行われる。
本戦を目指して奮闘して欲しい。
ローランギャロスにつながる道だと思って。

え?
ローランギャロスを知らないって?








by jumbozaki-625 | 2014-05-23 08:27 | テニス | Comments(0)

心に刻んでいたいもの

なじらね~

e0156339_13395115.jpg
e0156339_13394737.jpg
DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会が
開催されたTTC(千葉県柏市)はオープンして25年に
なろうとしている。

オーナーの吉田宗弘さんと和子(旧姓:沢松)さんの
温かい人柄と人生哲学は折に触れて強く感じることが
できるが、さりげなく置かれている石碑にもそれが
表れている。

MAMIとYUKAが練習の合間にくつろいでいる藤棚の
脇のこのプレートに記されているのは
石井小一郎氏の言葉。

この中で、テニスクラブのありようとして
故小泉信三氏のいわれたスポーツの与える
三つの宝を紹介している。

第一に練習が不可能を可能にするという体験を持つこと
第二にフェアプレーの精神を体得すること
第三に人生の宝である"友"を得ること

説明はいらないだろう。
私はTTCを訪れるとこの石碑の所に子どもたちを連れて
行き、一緒に読むようにしている。

メモをする子もいる。
そう、心の奥深くにしっかり刻み込み、いつも反芻して
日々実践して欲しい。

日付は1980年5月。
TTCの前身の柏ローンテニスクラブがオープンした時の
ものだろう。
奇しくもジャンボテニスが新潟でオープンしたのが
同じ年の4月。
この年に生まれた子が早や35歳!
ともに時を刻んできたことになる。

これからも
大事な宝を心に刻んで・・・。


(写真は薔薇園の薔薇とプレートを合成しています)





by jumbozaki-625 | 2014-05-20 19:09 | テニス | Comments(0)

得た刺激を持続させ気付いた課題に積極的に取り組むには

なじらね~

2014 DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会
(千葉県柏市・TTC)
e0156339_19242725.jpg
e0156339_19243477.jpg


e0156339_19243896.jpg

e0156339_19244935.jpg

e0156339_19245866.jpg

e0156339_19245400.jpg
       (以上の写真は杉澤コーチからいただきました)

初日の試合しか応援できずに新潟に戻ってきましたが
前日の練習を含め貴重な二日間でした。

才能を発揮する場としての試合はやはりその場で見る
ことが大事だと思います。

誰もが懸命にプレーをし、何かを感じ掴み取ろうとする。
その姿にはいつも心を打たれます。

そしてそんな場を作ろうとする人たちの存在も。
子どもたちはこのことには気づかないかも知れませんが。
感謝する気持ちを教えるのはテニスの目的の一つ。



北信越勢の最終結果(5/18)

3位決定戦
坂詰 姫野 67(6) ,61,46   永田 杏里(東海 第3シード) 

コンソレ2回戦
森田翔一朗 68 大野 文也(九州)
河野 甲斐 80 福永 海斗 (北海道)
田中 瑛士 83 田中謙太朗 (中国)
谷井 涼香 82 佐藤 南帆(関西 第2シード)
南    成星 82 桑原 慶太(中国)
坂井 宥仁 38 中村 元(四国)
中島 由佳  86 濵永 花季(四国)
三本 茉美 28 五十嵐唯愛(東北)

コンソレ3回戦
河野 甲斐 63,62 石槫 元晴 (東海 第7シード)
田中 瑛士 46,46  星木 昇 (中国 第4シード)
谷井 涼香 62,64 犬塚あおい(関東)
南    成星 84 木原 啓汰(関東)
中島 由佳  28 黒崎 早絢(北海道) 

コンソレ4回戦
河野 甲斐 61,60 高羽 蓮 (東海)
谷井 涼香 16,36 杉山 歩(関東)
南    成星 85 鈴木 久統(関東)

コンソレ SF
河野 甲斐 62,62 清水 一輝 (関東)
南    成星 82 金田 諒太(九州)

コンソレ F
河野 甲斐 57,61,64 伊藤 竹秋 (関東 第8シード)
南    成星 83 間仲 啓(関東 第4シード)

大会運営の皆さま、本当にありがとうございました。

e0156339_22573144.jpg

        この影は?





        河野甲斐のサーブでした!







by jumbozaki-625 | 2014-05-18 22:58 | テニス | Comments(0)

負けた時こそ伸びるチャンスと思えるかどうか

なじらね~
e0156339_16020103.jpg
e0156339_16011183.jpg
e0156339_16022635.jpg

e0156339_16013715.jpg

2014 DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会
北信越勢、ここまでの戦績(5/17現在)。

1回戦
坂井 宥仁 16,16 金田 諒太(九州)

2回戦
森田翔一朗 76(5),36,46 田島尚輝(関東 №1シード)
河野 甲斐 63,26,46  白石 光  (関東 №3シード)
田中 瑛士 26,36 市川 泰誠(関西 №5シード)
谷井 涼香 06,26 宮本 愛弓(関東 №1シード)
坂詰 姫野 61,63   細木 咲良(中国)

南     成星 16,46  三井 駿介(東海 №8シード)
中島 由佳  06,36  武部 せな(関東 №1シード)
三本 茉美  46,26 カジュール オヴィ(関東 №5シード)

3回戦
坂詰 姫野 60,62   横山 祥子(中国)

SF
坂詰 姫野 26,06   佐藤久真莉(関東 №4シード)

フィードインコンソレも進行中です。





by jumbozaki-625 | 2014-05-17 16:02 | テニス | Comments(0)

世界に通じる道

なじらね~
e0156339_10474739.jpg
e0156339_10475135.jpg


2014 DUNLOP CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会が
TTCで始まりました。

雨のため室内コートでオープンセレモニー。
ジュニアにとっても引率のコーチや父母にとってもこのような儀式
経験は大事だと思います。

運営のTTCの皆さま、本当にありがとうございます。

さて1回戦。
HIMENOはまたとない機会、緒戦の相手が第2シード。

昨年の12歳以下の優勝者だ。
e0156339_13354210.jpg

e0156339_13370261.jpg

e0156339_13363874.jpg

e0156339_13361389.jpg


結果は・・・勝利。
ファイナルセットのマッチタイブレークを10-7。
おめでとう!

スコアは64、36、10-7。
負けなかった強さを発揮することができたと言えばいいか。

第1セットは競り合いの末6-4で取る。
第2セットは3-1(3-2?)リードから3-6で落とす。
・・・流れから見るといやな雰囲気です。
ところがマッチタイブレークになって
再びHIMENOが流れを掴んだ。
リードを保ち10-7で突き放す。

9-7での相手サーブはバックサイドに来た。
それを正確なバックハンドでリターンすると
センターにリカバーしようとするHIMENOの逆を突くように
相手は回り込んでまたHIMENOの右サイドを狙う。
フォアバック共に両手打ちの相手はコースを読むのが難しい。
普通は慌てる場面だがこの時のHIMENOの反応が素晴らしかった。
ボールはサイドラインぎりぎりに襲ってきたのだが
すでにディフェンスの位置に下がっていたHIMENOは
体を右に飛ばしながらもクロスにカウンターショットを放つ。
このショットのあまりのバランスの良さに
私は思わずワオッと唸ってしまった。
かつてのエナンの姿を思い浮かべていた。

相手はそれを今度はオープンコート、HIMENOのバックサイドを
狙い打つ。
このあとの攻防がスリリングだった。
HIMENOは左右に振り回されながらもチャンスをうかがう。
そして相手のただ1球の浅いボールを見逃さなかった。
するするとベースラインの内側に入り放ったフォアが
試合を決めるショットとなった。
それまでの6球はこの1球のチャンスのためにあったかのように。

実はこのマッチポイント、
相手は常にベースライン近くか
やや内側にいたのだ。
片やHIMENOは常にベースライン後方を走らされていた。
マッチポイントを握られていても攻め続けようとする
相手の攻撃精神は実に素晴らしいものがある。
これこそ勝者が敗者から学ぶ点だ。
e0156339_23054833.jpg
この大会は世界に通じている。
でも1回戦を勝ち抜かねばその道はない。
その第一歩を
踏み込んだ。



 


by jumbozaki-625 | 2014-05-16 23:14 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る