<   2018年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2018ダンロップ全国選抜ジュニアテニス大会、最終日

なじらね~

e0156339_14044454.jpg
千葉県柏市・TTCでの2018ダンロップ全国選抜ジュニアテニス大会、最終日。

U14男子は昨年ベスト8だったジョーンズ 怜音(東海)が優勝。
第1シードの怜音と第2シードの森田皐介(関東)の決勝は 1-6 7-6(5) 6-3 で怜音が逆転勝ちで優勝した。
中島 暁はその怜音にQFで 1-6 6-7(4)でベスト8 。

U14女子はノーシードから第7シードと第1シードを破ってきた石井さやか(関東)と第6シードの虫賀心央(東海)が決勝で戦い、6-1 6-4 で虫賀心央が優勝。
昨年のU12優勝に続いての栄冠だ。
第8シードの久保結希凪(石川)はベスト8。

U12男子は第1シードを 6-7(8) 6-2 7-5 で破って勝ち上がった第5シードの本田尚也(関東)が第8シードの前田透空を 6-2 6-3 で下して優勝。

U12女子は第1シードの齋藤咲良(関東)が第4シードの中里亜優菜(関東)を 7-5 6-1 で破って優勝。
齋藤咲良は昨年の2回戦敗退からの躍進だ。

優勝者4人の内訳は関東2人、東海2人となった。

残念ながら決勝には残れなかった北信越勢だが、中島暁と久保結希凪がベスト8と健闘。
来年は決勝に進出するぞ!

U14男子QF
 中島 暁(長野) 1-6 6-7(4)

U14女子QF
 久保結希凪(石川) [8] 4-6 2-6

U12男子コンソレ2R
 奥出悠貴(福井) 3-6 6-1 [5-10]

U12女子コンソレ2R
 〇畠さゆり(新潟) 6-1 6-3
 コンソレSF
 畠さゆり(新潟) 1-6 6-7(3)

沖縄の宮里琉星はU12男子コンソレ2Rを 6-4 6-0 で勝ったあと、SFで 6-7(5) 6-0 [5-10] の惜敗。
2勝2敗で大会を終えたが来年に向けてよい経験を重ねた。

 

[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-20 18:56 | テニス | Comments(0)

強化練習会と全国大会、新潟と千葉

なじらね~
e0156339_16103326.jpg

e0156339_16103370.jpg

この土日は全中北信越予選に備えての練習会(新潟市テニス協会主催)を新潟市・メイワサンピアのハードコートで。
今日は8人が集まった。
ハードコートの特性をいかに生かすか、主導権をいかにして握るか。


片や千葉県柏市・TTCでの2018ダンロップ全国選抜ジュニアテニス大会、2日目。

北信越勢、勝ち残っているのは中島 暁と久保結希凪の2人。

U14男子2R
 〇中島 暁(長野) 6-2 6-1
コンソレ1R
 堀 宏成(富山) 3-6 0-6
 畑中温翔(福井) 1-6 4-6

U14女子2R
 〇久保結希凪(石川) [8] 7-5 6-2
コンソレ1R
 砂田未樹(富山) 0-6 1-6

U12男子コンソレ1R
 〇奥出悠貴(福井) 6-4 6-4
 渡辺翔太(石川) 1-6 4-6

U12女子2R
 吉澤心咲(長野) 0-6 0-6 
コンソレ1R
 〇畠さゆり(新潟) 6-0 6-0

e0156339_16103351.jpg
九州地域2位で出場の宮里琉星は本戦1R 7-5 6-7(4) 3-6 惜敗のあと、コンソレ1Rは 6-2 7-6(6)勝ち。

弾んで曲がるハードコートで勝つには?

1試合でも多く!

e0156339_16103310.jpg
会場を訪れた修造コーチと。

(撮影は2枚とも勝見志津コーチ)


[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-19 15:41 | テニス | Comments(0)

2018全国選抜ジュニアテニス選手権大会(柏市・TTC)初日

なじらね~
e0156339_14044454.jpg


2018全国選抜ジュニアテニス選手権大会(柏市・TTC、ハードコート)初日(5/17)

e0156339_09520547.jpg
(中島 暁:TTCのHPより、撮影:大澤カメラマン)


<北信越勢の試合ぶり:〇は勝ち>
U14男子1R
 〇中島 暁(長野) 0-6 6-3 6-0
 堀 宏成(富山) 6-7(1) 3-6
 畑中温翔(福井) 4-6 6-7(6)

U14女子1R
 〇久保結希凪(石川) [8] 6-4 6-2
 砂田未樹(富山) 2-6 2-6

U12男子1R
 奥出悠貴(福井) 0-6 7-6(3) 1-6
 渡辺翔太(石川) 2-6 0-6

U12女子1R
 畠さゆり(新潟) 1-6 6-3 3-6
〇 吉澤心咲(長野) 6-3 7-5 


弾んで曲がるハードコートでどう闘うか?




[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-18 09:54 | テニス | Comments(0)

2018全国選抜ジュニアテニス選手権大会スタート

なじらね~

e0156339_14044454.jpg


2018全国選抜ジュニアテニス選手権大会が柏市・TTCで始まった。

ジャンボからの出場はないが新潟からは畠さゆりが、沖縄からは宮里琉星が出ている。
柏市の今日(5/17)の天候は曇り、27℃とある。

ハードコートでの厳しい試合が予想されるがさゆりと琉星がどんな工夫をするかが楽しみ。
精いっぱい考えて、精いっぱい動いて、精いっぱいファイトするに違いない。


ローマでは男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマで錦織圭がフルセットでディミトロフに逆転勝ちした。
眠いのを我慢しながらWOWOWオンデマンドの深夜ライブ中継で見ていたがレッドクレーでの試合は簡単にはポイントが決まらないので見ているこちらも疲れてくる。

6-7 7-5で迎えたファイナルセット、2-4となり流れは一旦ディミトロフに行ったように見えたが錦織圭には諦める様子がない。
チャンスは必ずある!と信じているのだ。

3ゲーム連取で5-4となったところでボールチェンジ、ニューボールで相手のサーブ。
それまで8本のエースを取っているディミトロフ、ニューボールでのサーブとなればキープして5-5に持ち込むだろうな、と思っていると案の定、ディミトロフから40-15。
ところが、そこに至るまでの錦織圭のすべてがディミトロフにプレッシャーをかけているのだろう、ファーストサーブが入らない。
デュースに持ち込み最初のマッチポイントで勝利を決めた。

2-4から4ゲーム連取して6-4での勝利だ。

テニスに諦めるという言葉はいらない!
まさにその通り。

さゆりと琉星もそうするに違いない。
ファイトだ!





[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-17 10:35 | テニス | Comments(0)

対戦相手に敬意を払うことの意味

なじらね~

e0156339_19265982.jpg

e0156339_19265969.jpg

e0156339_19265938.jpg

e0156339_19372897.jpg

e0156339_19372800.jpg

e0156339_19372895.jpg

e0156339_19372864.jpg

どれもいい光景ですね。

試合前に握手をして挨拶をする。

対戦後に握手をして挨拶をする。

もちろん、パートナーとも。

これが心からできるようになって欲しい。

対戦相手は敵ではない。

テニス仲間だ。

相手がいて初めて自分が成長し、自分が成長すれば相手もまた成長する。

試合の結果も成長も、お互い様なのだ。

それがテニスの挨拶。


そうすると・・・こんな笑顔になる!

e0156339_19430131.jpg



[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-15 19:43 | テニス | Comments(0)

努力が実を結ぶ日が来るのを信じて

なじらね~

e0156339_08261493.jpg
(南魚沼市・大原会場)


全国大会に出るにはほとんどの場合、県予選、地域予選と勝ち抜いていく必要がある。
U14の航は中学生大会シングルスでは県予選の段階でそれを逃した(ダブルスは準優勝で地域予選へ)。
第5シードでの敗退だったから悔しかったに違いない。

そして1週間後。
全日本ジュニアに繋がる新潟県ジュニアでは単複とも優勝を勝ち取り北信越大会への道を切り拓いた。


高1になったU16の菜海は今大会、前日のダブルスで4位となり地域予選への道を逃す(開催県枠で北信越大会への出場の可能性あり)。
第1シードで決勝に行けなかったこともそうだが何よりも思うようなプレーができなかったことが悔しいだろう。

そして翌日のシングルス・・・優勝。
たった一日でプレーが劇的に良くなることはないだろうが苦しみながらでも勝ち抜いたことは自信につながると言える。


菜海も航も負けようと思って試合に臨んでいるわけではない。
それは誰も同じ。
しかし勝敗は自分の 思い だけでは決まらないことを知るべし。
ならば、それ以外のことを可能な限り強化することだ。
可能な限り強化すること、つまり最大化。


大原会場にいた私はジャンボのジュニアたちの奮闘をつぶさに見た。
早朝に起き宿の近くのゲレンデまで散歩し様々なコンディショニングを行い、戻って朝食を摂り、会場に移動してオンコート練習、そして試合。

試合なので勝つ者、負ける者が出るのは当然のこと。
要は、そのあとの行動だ。
e0156339_10171372.jpg

e0156339_08261469.jpg

はるとは負けたあと、あの試合を見てごらん、と私に言われ、コートの後ろでじっと見つめる。
見て学ぶ・・・見学だ。

e0156339_10172884.jpg

e0156339_08261402.jpg
U12、あきひさは1回戦を4-6で惜敗すると自分でコートを借りて、はるとと練習を始めた。
(初めての大会で負けたあとの感想が「あんなにミスばっかりしちゃダメだ!」だったのを覚えている。)

その後、姿が見えないなと思っていると二人で壁打ちコートに行きエッグボールの練習をしている。

ほかのジュニアの試合を見た後また壁打ちコートに行くと・・・あきひさ、まだ続けている。
雨が降っても気にする風はない。
何時間続けただろうか。
やって学ぶ。

偉いな、と思う。
これが必要だと思う。
自分からやろうとする気持。
自ら最大化を図ろうとする意志。

北信越大会への出場権を勝ち取った者も惜しくも逃した者も、やろうよ最大化。
自分の能力を、どこまで、伸ばすことができるか。

Just do it!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-14 10:27 | テニス | Comments(0)

2018新潟県ジュニアテニス選手権大会は小雨決行

なじらね~

2018新潟県ジュニアテニス選手権大会、大会2日目は小雨のなか、決行。
e0156339_20542020.jpg

e0156339_20542041.jpg

e0156339_20542050.jpg

e0156339_21212221.jpg

14歳以下男子ダブルスの部で信田航(・加藤駿一)ペアが昨日のシングルスに続いて優勝し、単複ともに栄冠を得た。
12歳以下女子シングルスの部では畑川ひかりが準優勝、12歳以下男子ダブルスの部では横堀陽太郎(・馬場貴大)ペアが準優勝。
北信越大会出場を決めた。

また新潟会場での16歳以下女子シングルスの部では沼野菜海が優勝し、北信越大会出場を決めた。

大会運営の皆さま、雨のなか大変ありがとうございました!



e0156339_20542021.jpg
14歳以下男子ダブルスの部・入賞者

e0156339_20541917.jpg
12歳以下男子ダブルスの部・入賞者

e0156339_20541958.jpg
14歳以下女子シングルスの部・入賞者

e0156339_20541942.jpg
12歳以下女子シングルスの部・入賞者


e0156339_21220965.jpg
16歳以下女子シングルスの部・入賞者



引率のご父母の皆さま、内山コーチ、お疲れ様でした。






[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-13 21:08 | テニス | Comments(0)

早朝の爽やかさ!

なじらね〜

新潟県ジュニアテニス選手権大会、大会2日め。

e0156339_06404638.jpeg


e0156339_06401582.jpeg



e0156339_06412710.jpeg

舞子高原スキー場のゲレンデでコンディショニング!

今日も元気いっぱい!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-13 06:43 | テニス | Comments(0)

仲間同士、互いにアドバイスし合う

なじらね〜

e0156339_23122784.jpeg

e0156339_23132869.jpeg

e0156339_23144130.jpeg
表彰式を終え、宿のバスで戻ってまず入浴だ。
そして夕食、これが楽しみ。
夕食の後は大事なもの、そう、ミーティングです。

北信越大会にコマを進めた航、陽太郎、隼人、ゆめ、ひかりに明日のためのアドバイスをお願いする。
う〜ん、非常に的を得た、適切なものだった。
感心した。
なにしろ、今日の自分の実体験をもとにしたアドバイスだけに重みがある。

あとはそれぞれがどう受け止めるか。
こんな時、チームであることの良さ、素晴らしさを感じる。
仲間って・・・いいな!


e0156339_22551660.jpeg

e0156339_22555708.jpeg

e0156339_22562207.jpeg

e0156339_22564305.jpeg

明日も早く起きてゲレンデでコンディショニングだ!



[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-12 23:16 | テニス | Comments(0)

新潟県ジュニアテニス選手権大会 U12、U14の部

なじらね〜

この大会は全日本ジュニアテニス選手権新潟県予選を兼ねていて、シングルスは6位まで、ダブルスは3位までが北信越大会への出場権を得る。

内山結芽乃・畑川ひかりペアは準決勝で第1シードを破ると決勝では第2シードにも勝って優勝!
北信越への切符をゲットした。


e0156339_19034169.jpeg
12歳以下女子ダブルスの入賞者。


e0156339_19043054.jpeg
14歳以下女子ダブルス入賞者


14歳以下男子シングルスの部では信田航が優勝!
e0156339_19062266.jpeg
14歳以下男子シングルスの入賞者


12歳以下男子シングルスの部では横堀陽太郎が3位、大塚隼人が4位で北信越への切符をゲット。

e0156339_19054318.jpeg
12歳以下男子シングルス入賞者


ジャンボチームのメンバーは全員大いに気を吐いた。

明日は女子がシングルス、男子がダブルスだ。

チャレンジするぞ!






[PR]
by jumbozaki-625 | 2018-05-12 19:07 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧