2018ダンロップカップ全国選抜Jr北信越予選初日の結果

なじらね〜

2018ダンロップカップ全国選抜Jr北信越予選初日、ジャンボの4人は2勝2敗。


12歳以下男子
e0156339_19232052.jpeg
大塚隼人 6-2 1-6 1-6
県予選決勝で3-6で負けた相手と北信越予選でも対戦、第1セットを6-2で取って先行するが第2セットに入るとミスが増え、立て直せないまま続く2セットを落として惜しい負け。
負けはしたが大健闘と言える。
コンソレではすぐに反省点を修正することができた。
これからが楽しみ。

e0156339_19240222.jpeg
横堀陽太郎 6-2 6-0
おそらく一番大きな声でプレーしていた。
昨日の練習試合で私に注意されたことを今日はしっかりやっていた。
やろうと思えばできることを実戦で証明したのがナイス!

12歳以下女子
e0156339_19244211.jpeg
畑川ひかり 1-6 2-6
気負い過ぎたか、ミスが多すぎた!
攻撃とは何かを考えることが必要だ。
相手の嫌がることこそが最大の攻撃であるぞよ。
コンソレで早速修正して手応えを得たようだ。

14歳以下男子
e0156339_19253199.jpeg
信田航 6-2 6-2
強風にもかかわらずバランスを保ってプレーしていたのが成長の証し。
だが、まだまだ改良の余地あり。
大地からのパワーを運動連鎖という仕組みを使っていかにボールに伝えるかだ。

e0156339_22171659.jpeg
夜のミーティングではそれぞれがプレゼン。
今日はこうだった、では明日、どうする?



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-29 22:18 | テニス | Comments(0)

2018ダンロップカップ全国選抜Jr北信越予選初日の朝

なじらね〜

e0156339_07024818.jpeg

大会初日、快晴。
5時半からホテルの近くを流れる松川といたち川の合流点まで散歩。
朝食前のコンディショニングだ。
必勝祈願も忘れない。

川沿いの桜が咲き始めている。
去年はまだ蕾だった。
今年は早いようだ。

朝の爽やかな空気の下でランニングと素振り。
今日も元気いっぱいにプレーするぞ!

大きな鯉がまるでトビウオのように何度もジャンプをするのを見た。
初めての光景に驚く。



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-29 07:08 | テニス | Comments(0)

練習仲間は多いほどいいよね

なじらね〜

e0156339_19022818.jpeg


どうすればポイントを取れるか、どうやればゲームを取れるか、どんな展開にすればセットを取れるか、どうやって主導権を握り試合に勝つことができるか・・・、それを考え実行してみることは楽しいこと。

一緒に練習してくれる相手の存在がそれを可能にする。
ありがとう、みんな!






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-28 19:08 | テニス | Comments(0)

岩瀬コートは風が強いが快晴の爽やかさ

なじらね〜
e0156339_16480967.jpeg

e0156339_16484948.jpeg


11時前に富山に着きホテルに荷物を預けて近くの博多ラーメン店でランチ。
北口に出てライトレールで蓮町まで20分ほど。
そこから歩いて15分で岩瀬コートだ。

海が近いせいか、岩瀬コートは風のイメージが強い。
もちろんその風もテニスのうちだ。
風をいかに利用するかを考えるのが面白いこと。

午後1時から5時まで長野県チーム、上越チームも一緒に練習とマッチ。


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-28 16:42 | テニス | Comments(0)

2018全国選抜Jr北信越予選の地へ

なじらね〜

e0156339_07463997.jpeg
あの大雪が嘘のように、まるで5月のような陽気が続いている3月の終わり。
山茶花の花びらが陽光を受けて輝き、テニスコートの隅には土筆が伸びている。
ボールが当たって折れなければいいが。
南の方からは桜の開花のニュースも。

ダンロップカップ全国選抜Jr北信越予選が開かれる富山市に向かう特急列車の車窓から見えるどの木々もボワっとふくらんでいる。
どの枝にも新しい芽がどっさりとついているのだ。
新生のエネルギーを空中に放射する様はひょっとしたら宇宙の始まりはこんな感じか?

航、隼人、ひかり、陽太郎が今回の遠征メンバー。
本来なら旺典もだが中学生新人団体戦で四国行きを選んだので旺典は別行動。
本人は残念がっていたがこれからもこういう選択はありえること、選んだ方でベストを尽くしてくれると信じている。

7時15分、新潟駅タマ公前に集合して切符を買い、いざ出発!
引率ディレクターの隼人が先頭を歩き、私は少し離れて後ろからついていく。
おや、新幹線の改札口の方に行ったぞと思いながら声をかけず気付くまで待つ。
改札機に切符を入れてブザーが鳴ったところで気付くか、それとも・・・。

改札の直前まで行ったところで気付いて戻って来る。
バツが悪そうに在来線の改札口の方へ。
ヨシヨシ、これで一つ学ぶことができた!

先頭に立って歩くことがディレクターの役割りで、ディレクト(ある方向に導く)をする重要性と難しさを体験するためのもの。
その意味では良い出だしだぞ、隼人。
私がディレクターをすれば簡単だろうがそれでは子どもから貴重な経験の機会を奪うことになる。
ジ ャンボのジュニアはこうして成長していく。

電車は長岡を過ぎた。
e0156339_08551596.jpeg
もうすぐ柏崎だ。
さすがにこのあたりはまだ雪が残っているが小川に沿って解けて始めているのが春らしい。

e0156339_09502237.jpeg

4人は静かに(?) トランプ をしている・・・。



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-28 08:56 | テニス | Comments(0)

身体能力をいかに巧みに使うか

なじらね~

e0156339_12400278.jpg

故障でしばらく練習を休んでいた照英が久しぶりにコートに現れた。

で、復帰記念としてパチリ。

いつもコートにいる顔が見えない寂しい期間が続いたが、その顔がその目が再びボールに注がれているのを見ると嬉しい限りだ。

高校進学後は部活が練習のメインになるだろうがこれまでジャンボで培ってきたことをベースに更にレベルアップしようと思って欲しい。

これからは故障の少ない丈夫な体作りが求められるのは言うまでもない。

やればできる!

やらねばできない!

だからやる!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-26 12:49 | テニス | Comments(0)

つくし・・つくす・・・ベストを尽くす・・・成長する!

なじらね~

e0156339_10471950.jpg

ジャンボの近くの中学校。

前庭には土筆(つくし)がいっぱい伸びている。

e0156339_10471939.jpg

e0156339_10475063.jpg

こちらもつくしんぼ。

これから姿を変えていく・・・!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-24 10:49 | テニス | Comments(0)

もう高校を卒業するときなの?!

なじらね~

e0156339_12593877.jpg
今日は小学校の卒業式。
隼人は朝練を途中で切り上げて学校へ。
中学校の制服が凛々しいね。
登校する前にパチリ。

e0156339_12593726.jpg
久しぶりに朝練に飛び入りの一生(いつき)と開(あくる)はもうすぐ大学生になる。


e0156339_13500717.jpg
2010年の楽天オープン観戦時の一生、開、かずあや。

e0156339_13522749.jpg
2012年の3人組。
いつも一緒だったね。
もう高校を卒業するときなの?!
e0156339_12593788.jpg
こんなに大きくなった!
私より・・・はるかに大きい!

e0156339_13584795.jpg

結芽乃も小学校を卒業し中学生になる。
黒板への書き込みに卒業への思い入れが・・・。

卒業は入学へのワンステップ。
踏み出すためのセレモニーだ。
更に前へ!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-23 14:04 | テニス | Comments(0)

ボールへの思いとボールへの責任

なじらね~


2018ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選でのあれこれ。
14歳以下男子決勝での一コマ。
航、5-2から5-4となった時のベンチ。

e0156339_17133398.jpg

e0156339_17133393.jpg

e0156339_17133399.jpg
6-4と航が優勝を勝ち取った。
5-4と追い上げられても平常心だったという。

e0156339_17133343.jpg
陽太郎は同じジャンボの隼人に準決勝で負けたが5-8位決定戦を2つ勝って5位で北信越大会に進む。

e0156339_17133307.jpg
ひかりは準決勝で負けるも3位決定戦で勝って北信越大会への切符をゲット。

e0156339_17222958.jpg
隼人は淡々と試合を進め決勝に進出。
優勝こそ叶わなかったが日ごろの取り組みがプレーに表れていた。


ボールへの思いが強く、ボールへの責任を持つ者はやはりそれなりの結果を出すのだと思う。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-22 17:26 | テニス | Comments(0)

朝練、くつろぎ、ランチ、駄菓子と赤い蝶

なじらね~

e0156339_20591629.jpg


春分の日の今日、14人が朝練に来た。
7時から9時50分まで、3面のコートを使い、体と頭をフルに駆使しての練習。
小3から中3までのテニス大好きジュニアは元気いっぱい。

e0156339_20375296.jpg

カミさんが休みなので近所のフルフルで一緒にランチ。
くつろぐ時間だ。


山茶花の花びらが一枚だけ残ってまるで赤い蝶のように見えるのをパチリ。

e0156339_20423367.jpg

ランチの後はデッキィ401でカミさんの買い物のお供。
駄菓子屋さんの品ぞろえがカラフルで思わず足を止める。
懐かしいお菓子が山ほど・・・。
おやつの森というネーミングがぴったりだ。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-21 20:48 | テニス | Comments(0)

いかにバランスを保つか

なじらね~

2018ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選でのあれこれ。

e0156339_11060018.jpg

良い打点に入ることはもちろん重要なこと。
でも、たった1球でポイントが決まることはそんなに多くはないので相手の反撃に備えるための良い準備が必要になる。

つまり、打ったあとのバランスをいかにうまく保つかだ。

e0156339_11114228.jpg


e0156339_11255349.jpg


e0156339_11132762.jpg

左右前後に走らされたりした後は守ることと同時にすぐに反撃に転じる準備が必要になる。
単に守るだけにとどまらず、次の攻撃のための守りだと思うことが大事。
であれば、いかにバランスを取るかはまさに楽しいことになる。

ピンチをチャンスに変えるかどうかは一見バランスを崩したように見える状況からの立ち直りにあると言ってもいいのだから。
ピンチをチャンスに変えることをジャンボではピンチャンと言っている。

写真はそのピンチャンだ。







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-21 11:15 | テニス | Comments(0)

大会において大事なもの

なじらね~

ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選でのあれこれ。

e0156339_11184395.jpg

e0156339_11184364.jpg
開会式において、北信越小学生団体戦の表彰伝達式を行ない、内山監督と高田監督から選手一人一人に賞状の伝達があった。
また、男女の各代表が報告を兼ねた挨拶も行なった。
オリンピックの表彰式でもそうだが、こういう晴れがましい舞台とそこでの挨拶(プレゼンテーション)も選手にとっては非常に重要な経験となる。
テニスにとっても重要だが人生にとっても同じく重要。
ボールを打つことだけがテニスでは決してないという事をこうした経験によって学んでいけばいい。
e0156339_11184385.jpg

開会の挨拶で私が協会を代表してご父母の皆さまにお願いした事は温かい目でプレーを見守っていただきたいということ。
緊迫した場面でのミスショットもあれば大事なポイントでのミスジャッジもあるに違いない。
たとえご父母の目から見て不甲斐ないプレーであっても本人は一所懸命でベストを尽くしているのでその姿勢を見て認めてあげることが父母の役割ではと思う。
試合に勝ったから素晴らしくて負けたからダメなのではなく、練習して来たことを試そうとするその気持ちと実行しようとする勇気を褒めることこそ温かい目となり選手の成長をサポートすることになる。

e0156339_11304973.jpg


e0156339_11471935.jpg

e0156339_11313644.jpg

e0156339_11301581.jpg

3/19、アメリカ・インディアンウエルズでのBNPパリバ・オープンにて、世界ランク44位の大坂なおみが決勝で同19位のダリア・カサキナ(ロシア)と対戦、大坂がカサキナを圧倒し6-3、6-2で下し、ツアー初優勝を決めたというニュースが届いた。
つい先日、ダニエル太郎がジョコビッチに7-6(3)、4-6、6-1で勝ったのもインディアンウエルズのハードコート。


二人の飛躍は嬉しいニュースだが、ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選でのジュニアたちの奮闘ぶりも負けず劣らず素晴らしい。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-19 11:34 | テニス | Comments(0)

春めいてテニスコートに声響く

なじらね~

2018ダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選
(2018/3/17 新潟市庭球場)

e0156339_05305370.jpg
(朝の公式練習風景)


空気は冷たいが青空が広がり風も無く絶好のテニス日和となった。
e0156339_05314332.jpg
(開会式と選手ミーティング)

148人のジュニアが日ごろの練習成果を試すべく新潟市庭球場に集結。
・U14男子 36人
・U12男子 65人
・U14女子 21人
・U12女子 26人

試合開始に先立って北信越小学生団体戦の表彰伝達式が行なわれ、内山和子女子チーム監督と高田義典男子チーム監督から表書状が選手それぞれに授与された。

今大会の上位各6人が3月末の北信越大会(富山)にコマを進め、北信越大会での上位が5月の全国大会(千葉)への切符を手にし、更にそこでの戦績が世界に繋がる。
この県予選が世界を見据えるジュニアたちの第一歩なのだ。
大会運営の皆さま、大変ありがとうございました!
e0156339_17254043.jpg
ジャンボからは21人が出場した(うち一人は体調不良で欠場)。

北信越大会出場権獲得者は5人。
e0156339_05343120.jpg
(信田 航:U14男子・優勝)

e0156339_05343144.jpg
(山田旺典:U14男子・4位)

e0156339_05343008.jpg
(大塚隼人:U12男子・準優勝 / 横堀陽太郎:U12男子・5位)
e0156339_05343003.jpg
(畑川ひかり:U12女子・3位)


ジャンボからの出場者の全戦績。
勝っても負けてもベストを尽くしましたよ。

<U14男子>
信田 航:2R 6-0 3R 6-1 QF6-1 SF 6-1 F6-4
鈴木陽太:2R bye 3R 1-6
タッシュマイケル城:2R 1-6
齋藤葵平:2R 4-6
桑野夏海:2R 1-6
鈴木凱翔:2R 1-6
山田旺典:2R 6-0 3R 6-0 QF6-4 SF 1-6 3決 2-6
伊田 葵:2R 0-6
野崎遼平: 2R 3-6
藤塚有生:2R 7-6(3) 3R 2-6
松田大地:2R 7-6(4) 3R 1-6

<U12男子>
田中逢介:2R 6-0 3R 3-6 
小柳隼一:2R 6-1 3R 7-5 4R 4-6
大平遼太:2R 4-6
大塚隼人:2R 6-0 3R 6-0 4R 6-1 QF 6-3 SF 6-2 F3-6 
横堀陽太郎:2R 6-0 3R 6-0 4R 6-1 QF 3-6 5-8位決 6-0 5-6位決 6-4

<U14女子>
清原史乃:2R 2-6

<U12女子>
内山結芽乃:1R 6-1 2R 0-6
石山 玲:1R 0-6
小柳実彩:1R 1-6
阿部栞子:1R 1-6
石栗麗夢:1R 1-6
畑川ひかり:2R 6-0 3R 6-2 QF 4-6 3決 6-2

大会はまだまだ続く。
今回の試合で得た気づきをもとに気持ちを新たにして日々の練習に取り組もう。
チャレンジ!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-18 17:17 | テニス | Comments(0)

この試合は次の試し合いのための試し合い

なじらね~
e0156339_08095288.jpg


e0156339_07552007.jpg


第20回ヨネックスカップ北信越ジュニアオープンテニス大会
(石川県小松ドーム 2018/3/10、11)

ジャンボのジュニアを引率して毎年参加させていただいているが、この時季の大会はシーズン前の良い刺激となる。
20回目に当たる今年の参加者は286人!
紺谷先生はじめ大会運営の皆さま、本当にありがとうございました!

e0156339_08044453.jpg

また、大会とは別に辰口など4会場を使用しての練習マッチを行なったが、斎藤コーチ、田中コーチ、杉澤コーチ、後藤コーチ、大変ありがとうございました!

e0156339_07552090.jpg

ジャンボから参加した20人のジュニアの結果・・・

U12GS(59人)
内山結芽乃 1R 6-0 2R 7-6(5) 3R 2-6
阿部 栞子 1R 6-4 2R 0-6
石栗 麗夢 1R 3-6
小柳 実彩 1R 1-6
畑川ひかり 1R bye 2R 6-1 3R 6-3  QF 6-2  SF 6-3  F 1-6

U12BS(112人)
大塚 隼人 1R 6-0 2R 6-2 3R 6-1 4R 3-6 
横堀陽太郎 1R bye 2R 7-5 3R 0-6  
森田 陽久 1R 2-6

U14GS(43人)
遠藤 梨加 1R 1-6 
清原 史乃 1R 1-6

U14BS(72人)
鈴木 陽太 1R bye 2R 6-1 3R 0-6 
齋藤 葵平 1R bye 2R 1-6
信田  航 1R bye 2R 6-3 3R 6-0  4R 2-6
藤塚 有生 1R bye 2R 3-6
鈴木 凱翔 1R bye 2R 6-0 3R 3-6
山田 旺典 1R bye 2R 6-1 3R 5-7
伊田  葵 1R 0-6
野崎 遼平 1R bye 2R 1-6
松田 大地 1R 5-7
タッシュ マイケル 城 1R bye 2R 2-6

この土曜日にはダンロップカップ全国選抜ジュニア新潟県予選が開催される。
小松での経験で得た気づきを生かしてベストを尽くそう。







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-15 08:10 | テニス | Comments(0)

朝の意気込みが満ち溢れて

なじらね〜

e0156339_08262707.jpeg


2018年3月14日。
昨日はまるで5月のような陽気だった。
今朝は朝焼けが見られたので今日もきっといい天気だろうね。

朝練には9人が来た。
菜海、ひかり、史乃、航、諒平、詠史、有生、マイケル、大地の9人。

それぞれにとっての課題を自分で強く意識して練習する。
貴重な、とても良い時間だ。

朝練を終えて学校の宿題に取り組む子もいた。
明るい陽射しがまばゆくなり、ジャンボのエントランスの金のなる木も満開。

学校に向かう子らの、行って来ます!という元気な声が響き、誰もいなくなったコートには子どもたちの残像。

そして私はコーヒーをすする。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-14 08:37 | テニス | Comments(0)

生きるために必要なことをテニスが教えてくれる

なじらね~


第20回ヨネックスカップ北信越ジュニアオープンテニス大会
(石川県小松ドーム 2018/3/10、11)
e0156339_20342114.jpg

e0156339_20403773.jpg

e0156339_20351602.jpg

e0156339_20415914.jpg

e0156339_20351720.jpg

e0156339_20351622.jpg

新潟から特急電車と新幹線、タクシーを乗り継ぎ旅をする。
電車の切符を買うことも電車の乗り継ぎもホテルに泊まることもすべてテニス。

ボールを打つことだけがテニスだとは私は考えない。
まだ暗いうちから起きての早朝のコンディショニングも食事もテニス。
集合時刻に遅刻することもあるだろうし、切符や財布をなくすこともあるだろうね。
旅をすると実にいろいろなことが起きるがそれらも含めて全て良い経験となり経験を通じてしか成長はあり得ない。

今回の引率ディレクターは旺典、中学1年生。
集合から解散まで良くやってくれた。

ジャンボのジュニアたちの旅はこれからも続く。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-13 20:43 | テニス | Comments(0)

春一番の大会のゆくえ

なじらね〜

e0156339_13443571.jpg

第20回ヨネックスカップ北信越ジュニアオープンテニス大会
(石川県小松ドーム 2018/3/10、11)

大会運営の皆さま、大変ありがとうございました!

ジャンボの畑川ひかりは今大会U12女子第2シード。
12月の同じ小松ドームでの大会で負けた相手と再び対戦したが今度は快勝して決勝に進出した。

決勝の相手は第1シード。
結果は ・・・準優勝だったが来週のダンロップカップ全国選抜大会新潟県予選の前哨戦として充実したものになったと思う。

ここでの気付きをこの1週間でどこまで調整するか、それが見ものだ。
この年齢では1週間でもテニスがガラッと変わることがしばしばある。
それだけまだ未熟である証明でもあると言えなくもないが変わる又は変えることに対して過剰な恐れを持つことが少ないからだろう。
言い換えればチャレンジ精神が旺盛なのだ。

課題発見・・・チャレンジだ!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-11 22:42 | テニス | Comments(0)

やってみよう試してみよう臆すことなく

なじらね〜

e0156339_10564657.jpg


第20回ヨネックスカップ北信越ジュニアオープンテニス大会
(石川県小松ドーム 2018/3/10、11)
初日の今日(3/10)はU12男子単(112ドロー)とU14女子単(43ドロー)が行われた。

e0156339_10575808.jpg

e0156339_10575890.jpg


e0156339_10564665.jpg


e0156339_10575880.jpg


e0156339_11045726.jpg


ジャンボからは U12に大塚隼人、横堀陽太郎、森田陽久の3人が、U14に遠藤梨加と清原史乃が出場し、日頃の練習成果を試した。

秋から冬のあいだに取り組んできたことがどれだけ通用するか?
それを試す絶好のチャンス。
せっかく一所懸命にやってきたことなんだもの、使わなきゃね。
1週間後には全国選抜ジュニアの県予選があるのでちょうど良い腕試しとなる。

春先の変わりやすい天候に左右されずに試合ができる小松ドームはとてもありがたい。
テニスコート10面で試合ができるのだからすごい。

陽久、梨花、史乃は初戦で負けたが内容の濃い試合をし良いチャレンジだった。
隼人、陽太郎は8決めで負けたが隼人は隼人らしく、陽太郎は陽太郎らしいプレーを展開し成長ぶりを見せてくれたのが嬉しい。

e0156339_00023311.jpeg


試合後は走り込みをし、空いたコートを借りて気づいた課題に取り組んだ。
負けから何を得るか?
それこそ大事。

明日(3/11)の試合はU14男子単(72ドロー)とU12女子単(59ドロー)。
ジャンボからの出場者は合わせて16人だ。

チャレンジするぞ!






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-10 23:59 | テニス | Comments(0)

旅で知る人の営み世の情け

なじらね〜

e0156339_00283714.jpeg

e0156339_00335060.jpeg

金沢から北陸本線敦賀行きに乗り換え、粟津で下車、20人と2人がタクシーに分乗し小松ドームに到着したのは夕方6時過ぎ。

見ると、コートの設営はすでに終わりどのコートでも練習が始まっていた。
4、5人のグループに分かれてコートに散らばる。
6時半から8時過ぎまで練習したあと、予約しておいたタクシーでホテルへ移動。

チェックインしたら部屋に荷物を置いて、すぐに夕食だ。
バイキングスタイルの夕食が賑やかに終わるとそのままミーティングに移る。
引率ディレクターの山田旺典がテキパキとタクシー代の精算を済ませたあと、明日の予定、試合組と練習組で場所が違うこと、それぞれの注意事項を確認し解散。

明朝は5時半から散歩だ。
朝早くから行動するのも大会のうち。
良い習慣を身につけることは試合に勝つ事と同じくらいかそれ以上に大事なこと。
しっかり寝よう!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-09 23:59 | テニス | Comments(0)

荒海やどこへ旅立つ白き鳥

なじらね〜

e0156339_15432538.jpeg

上越妙高駅に着くと北陸新幹線に乗り換えるのだが、改札出口で先ず特急しらゆきの自由席特急券を駅員に渡す。
渡したら改札を出て次に北陸新幹線の改札口に移動して、粟津までの乗車券と金沢までの新幹線指定席券を重ねて改札機に入れて、出てきた切符を取り、エスカレーターでホームに移動する。
何でもないことのようだがやったことのない者には結構大変なのだ、これが。
だから、私が席をまわって電車の中で練習する、ひと通り。
それでもいざその段になると・・・。
まあ、そんなものです。

でも、無事に乗り換え完了!
やったぜ!



次の乗り換えは金沢駅だ。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2018-03-09 15:42 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧