冬の温かい色たち

なじらね~

温かい色を持つものたち。

e0156339_19530618.jpg
(今年の収穫)


もう何年前になるだろうか、社会人学生として新潟大学で学んでいた頃、たまたま立ち寄った和菓子屋さん、寺尾のにむら屋さんの女将さんと親しくなってその折に風船カズラの種をいっぱいいただいたのだった。

e0156339_04344901.jpg
(これがその時のもの)


その種をベランダに植え育て花を眺め緑の葉を愛でやがて小さな風船が膨らんで緑から明るい茶色に変わっていくさまを眺めるうちに春は夏へ夏は秋へと移ろいでいき風船を破って種を収穫するころにはすっかり・・・。

毎年繰り返すうちに風船は小ぶりになっていきその数も少なくなっていったが温かいその色は変わらず、女将さんとの出会いを思い出させてくれる。
ありがとうございます、女将さん。

e0156339_19530662.jpg
東京のかおりちゃんから今年もいただいた和菓子の亀十の詰め合わせも温かい色。
風船カズラの色と同じだ。
かおちゃん、何年も会ってなくても顔がパッと現れる、つやつやしたほっぺと額、そして元気な声とダイナミックな動き。
私にとっては子どもたちのための体操のお姉さん。
ありがとうございます、かおちゃん。

e0156339_19530609.jpg
東京に住む長姉から送られてきた手作りシュトーレン。
ドイツではクリスマスあたりに食すそうだが、夫婦二人の我が家では正月三が日までもちそう。
風船カズラと亀十の和菓子とも同じ温かい色。
東京に住むもう一人の姉も別府に住むすぐ上の姉も暮れにはあれこれと温かさを感じさせるものを送ってくれる。
ありがとうございます、姉さま方。


新潟の冬は厳しいが温かい色をもつものはいっぱいある。
子どもたちを鍛える厳しい冬にも感謝し、応援してくれるさまざまな全ての温かいものに感謝しながら大晦日を迎えた。

ありがとうございました、2017年!
支えてくださったすべての温かい心に100%の感謝を!
そして2018年が良い年でありますように!

e0156339_04344846.jpg



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-31 04:45 | ライフ | Comments(0)

北信越ジュニアチームバンコク遠征 リポート第4弾

なじらね~

北信越ジュニアチームバンコク遠征 リポート第4弾 が届いた。

体調不良を訴えていた者も回復し元気に練習をこなしているようだ。

明日は恒例の一日観光。

タイの歴史を見て感じて学んできて欲しい。

そして・・・異国の地での新年を迎える・・・

貴重な経験です!

たまにはコーチ陣の写真を。

見た顔が・・・!
e0156339_21212969.jpg

e0156339_21191014.jpg


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-30 21:22 | テニス | Comments(0)

北信越ジュニアバンコク遠征リポート笑顔フォト

なじらね~

e0156339_19524827.jpg

北信越ジュニアバンコク遠征フォトリポート、勝見志津コーチから。

素晴らしい笑顔!

どうやら鈴木貴男プロが後ろで笑わせていたらしい。

貴男君、ありがとう、素敵な笑顔を引き出してくれて!


e0156339_19524899.jpg

サーブの指導をしてくれる鈴木貴男プロ。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-29 19:56 | テニス | Comments(0)

バンコク遠征 リポート第3弾

なじらね~


北信越ジュニアバンコク遠征リポート第3弾が届いた。

バンコクも寒いくらいの天気のよう。
でも明日からは暑くなるという予報らしい。

23日の出発から数えると5日目なので、予想したとおり体調を崩すジュニアが出てきたようだがすぐに回復したようでホッとする。

アクセルとブレーキの使い分けができるようになるには今回のような経験が必要になる。

自分自身のこと、仲間のこと、言葉や行動には表れないあれこれを広い視野で見ることが必要なんだと分かってくるに違いない。

阿部コーチ、勝見コーチ、サポートよろしくお願いします。
e0156339_21590945.jpg




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-28 22:05 | テニス | Comments(0)

バンコク遠征 リポート第2弾

なじらね~

バンコク遠征 リポート第2弾が届いた。
元気いっぱいだ!

e0156339_21230729.jpg

e0156339_21210569.jpg




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-26 21:24 | テニス | Comments(0)

バンコク遠征 リポート第1弾

なじらね~

北信越ジュニアチームのバンコク遠征 リポート第1弾が届いた。
12/23夕刻、成田空港からバンコクへ。
年明けの4日まで元気いっぱいに練習してこ~い!
奈良くるみや鈴木貴男も全豪に向けてバンコク入りしたようだ。
会ったらちゃんと挨拶しろよ~!

e0156339_21583735.jpg


阿部コーチ、勝見コーチ、サポートよろしくお願いします!



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-24 22:05 | テニス | Comments(0)

2017北信越小学生団体戦

なじらね~

e0156339_21012596.jpg


金沢市での2017北信越小学生団体戦が終わってそれぞれ帰宅した。

新潟県チームは男女とも3位だったそうな。

順位はともかく団体戦という経験が大事。

そしてともに旅をするということが大事。

友だちいっぱい作ったかな。

石川県テニス協会の皆さま、ありがとうございました。

引率の高田コーチ、内山コーチ、お疲れ様でした。









[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-24 21:05 | テニス | Comments(0)

観察力を磨こう

なじらね~

e0156339_05561505.jpg

観察について考えてみたい。
観察・・・、ただ見るのとは違うのだろうか、違うとしたらどう違うのだろうか。
観と察が組み合わさったのが観察だとすると、この二文字の組み合わせに何か意味があるのではないかと思う。
その辺のことはまたの機会に考察するとしてテニスにおける観察に的を絞ってみたい。


テニスの試合中、選手は今この瞬間に、ショットの確率を重視すべき状況か、それとも攻撃性を重視すべき状況なのかを常に判断しなければならない、次から次へと。
攻めてばかり、守ってばかりではなく攻めと守りのバランスをどう取るかが勝利のカギだと言ってもいいくらい。
確率重視か、それとも攻撃性重視か、それとも・・・。

その判断をするのは・・・もちろん選手自身。
コートサイドにいる口うるさいステージパパでもなければ心配性の母親でもない。
コーチでも教師でもないのだ。
このことは誰もが理解し認めるところだろう。
プレーしている選手が誰の助けを借りることなくその都度その都度一瞬で決断するところに、つまり自分の運命(行動)を自分で決めるところにテニスのテニスらしさがあるのだと思う人は多いだろう、私もその一人だが。

となれば、であるからこそ、その選手個人のテニスに対する感性や日ごろから培ってきた姿勢が問われることになると思う。
決して大げさではなくこの一打一打に人としての全てが現れる、それがテニス。
たとえほんの一瞬の決断をする時でもそれまでに何を考えどう行動してきたかが大きく影響するものだしそれによってポイントが、ゲームが、そして試合そのものが左右されるということ。

さて、ではいつも良い判断のもとに良いプレーをすることができているかどうか。

その前に、良い判断をするには何が必要かを考えてみよう。

ここで必要なのが鋭い観察力だろう。
・相手の武器、
・自分の武器、
・相手の弱点、
・自分の弱点、
・相手の位置、
・自分の位置、
・相手の身体状況、
・自分の身体状況、
・相手の心理状況、
・自分の心理状況、
・太陽の位置、
・風の向きや風力、
・サーフェスによるボールのバウンドの特徴、
・プレー時間の経過によるボールの減り具合と飛び方の変化、などなど。

さまざまに変動する要因もあれば固定された要因もある。
それらの要因をよくよく観察して現在の状況を的確に把握しなければならない。
観察とは、言いかえれば、良い決断と行動をするために必要な事前の情報収集を意味する。
この注意深い観察から得られる正確な情報があってこそ、選手は次に取るべき的確な行動を決定することができる。

では、普段の練習の時からこれらの状況(自分と相手と環境)を注意深く観察する癖を付けているだろうか?
練習仲間全員のそれぞれの特徴(身体機能面や長所短所、癖など)を細かく説明できるだろうか?
自分のそれを正確に説明できるだろうか?
砂入り人工芝やハードコート、クレーコートなどの違いと特徴を具体的に説明できるだろうか?

(続く・・・)


[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-22 06:00 | テニス | Comments(0)

埼玉国際2018本戦WC大会を振り返って

なじらね〜

e0156339_16395298.jpeg

埼玉国際本戦WC大会でのひとコマ。
ここが選手たちの溜まり場だ。

それぞれの夢や希望を抱いて集まってきたジュニアたち。
いきなりITFの大会には出られないのでフリーにエントリーできるこのようなWC大会にチャレンジすることになる。
本戦のWCを手にするのはたった一人、優勝者のみ。

それでも、ドアを開けない限りドアの向こう側には行けないのだからまずはドアに手をかけて開けようとすることだ。

4日間、毎朝、まだ暗いうちからホテルを出てバスで会場に向かおうとする、そのことがドアの向こう側を見るためには必要なんだと・・・。

次はどんなチャレンジをしようとしてるかな?







[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-18 16:49 | テニス | Comments(0)

ITF埼玉国際ジュニア2018本戦WC大会第2回 結果

なじらね~

e0156339_16231298.jpg

e0156339_16320429.jpg

e0156339_16320437.jpg
今日の結果。
北信越同士の決勝ならず!
試合に勝つのは容易ではないと知るべし。
が、高い山ほど登りがいがあるものだ。
低い山から登り始め必要なことを学び習得し準備し次の山に向かう。
それを繰り返すうちに次第に高い山を攻略できるようになっていく。
時には頂上間近から転がり落ちてもそれすら経験として活かせるようになるもの。
チャレンジをやめたら目指す山には登れなくなる。

チャレンジだ!

e0156339_16124481.jpg
e0156339_16124545.jpg

菜海が練習中に親指から血を出したときに「これどうぞ」と絆創膏を差し出してくれた林航平君が優勝しWCをゲットした。

航平君、ありがとう、そしておめでとう!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-14 16:38 | テニス | Comments(0)

ITF埼玉国際ジュニア2018本戦WC大会第2回

なじらね~

e0156339_07293427.jpg

e0156339_10013228.jpg

第1回大会でWCをゲットできなかった北信越勢3人に加えて三本茉美が参戦。
初日の結果は・・・


e0156339_07435199.jpg

茉美と菜海は奇しくも同じスコア6-8で2回戦敗退。

りりかとゆきなはベスト4に残り望みを残した。

e0156339_09593853.jpg

菜海は3-6から6-6まで追い上げた時は流れを掴んだかに見えたが逆転ならず。
ノーアドの試合では40-40になった時にいかにそのゲームを取りきるかが大事だと痛感したと思う。

今回の遠征は1勝2敗で終わった。
が、どれも接戦で、いい経験になった。
WC獲得は大きな目標だがテニスのレベルを上げることは更に大きな目標なので成果は確実にあった。
自分は何を持っていてこれから何を育てていけばいいのかがよく分かった4日間になったことと思う。


会場で選手を見ていてつくづく思ったこと。
ある男の子は練習の時から打点が後ろで常にのけぞって打っていた。
が、ショットにパワーはある。
試合でも同じで、時折いいショットを放つのだが打った後のポジションが常に後ろになり守備的になってしまう。
腕だけでの力任せのテニスは通用せず、すぐに敗退。

ある選手はきわどい所ばかり狙っていて決まればガッツポーズだが当然サイドアウトを連発しミスするたびに大きくうなだれてラケットをだらりと下げ何やら自分をなじるようなセリフを吐き・・・敗退。

まだまだあるのだが、やはり日ごろ何をどうしているかが試合でのプレーを支配するということがこれらの例からわかる。

テニスは日常だとよく言われるのだが試合では日常のすべてが総合されて結果が左右されますよと言うことだろう。
試合の時だけいいテニスをしようと思ってもそうはいきません、日ごろからいいテニスをしようと努力しているかどうかですよと。
また、ボールを打つことはもちろん、それだけがテニスではないという意味でもある。

考えたいのは現在のレベルと目指すレベルとの差異を常に理解して行動しようとしているかだ。
・エッグボールを打つなどの打球スキルに関して・・・
・ポイント間に行なう行動に関して・・・
・フットワークなどの体力面に関して・・・
・ポイントやゲームやセットをどうやって取るかの戦略と戦術に関して・・・
・行動におけるスイッチの切り替えに関して・・・
・何をいつどのくらい食べるかの栄養補給に関して・・・
・挨拶や自己表現に関して・・・
などなど、何をどうしていけば目標に近づくことができるのかを常に考えて行動することはテニスにおいても人生においても最も重要なことだと思う。
心理学ではこの差異を認識することによってはじめてモチベーション(動機=やる気)が発生するという。


e0156339_09433003.jpg

りりかとゆきな、北信越勢同士の決勝になることを祈っている。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-14 09:05 | テニス | Comments(0)

埼玉国際WC大会 第2回目初日

なじらね〜

第1回大会で敗退した菜海、ゆきな、りりかは今日からの第2回目の大会にチャレンジ。

まだゲートが開く前に会場に到着し縄跳びでアップ。

e0156339_09102319.jpeg


りりかは2R、ゆきなは3R、菜海と茉美は4Rなので試合までの過ごし方が大事になるのは言うまでもない。
8時から公式練習。



e0156339_09253717.jpeg

e0156339_09280874.jpeg
青空と暖かい陽射し。
でも選手はみんな必死だ。

9時、試合開始!





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-13 09:34 | テニス | Comments(0)

埼玉国際WC大会2日目終了

なじらね〜

e0156339_18154180.jpeg

ゆきなの試合を応援し、そのあとの決勝を見る。
強い者が勝つということがよく分かる。
女子は第1シードの選手が優勝し、1月の本戦WCをゲットした。
準優勝者は予選のWCだ。

e0156339_21390062.jpeg
e0156339_21384258.jpeg

男子は第2シードの大分舞鶴の選手が優勝。
リードされていたが最後で逆転しての勝利。
これからビーンズドームでのJOCカップに出るのだという。


さて、残念ながら決勝に進めなかった北信越3人娘は13日からの次大会にチャレンジだ。
午前中2時間、昼食をとったあとは午後2時間、明日に備えて練習。
コートは落ち葉だらけなので落ち葉拾いをしながら。


e0156339_18005511.jpeg


午後からは茉美が合流。


e0156339_17595554.jpeg

目的を明確にしての練習の後はいつもの走り込み。
疲れていても必ずやります!


e0156339_17574059.jpeg


e0156339_18013461.jpeg
バス停まで歩いて草加駅前行きのバスを待つ。
歩くのもバスを利用するのも試合のうち、立派なトレーニング。

明日も早い。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-12 18:17 | テニス | Comments(0)

埼玉国際WC大会2日目、準決勝

なじらね〜

埼玉国際WC大会2日目、準決勝結果。


ゆきな、残念ながら決勝に進めずWC獲得ならず。
これで北信越からの出場者3人は明日からの2回目大会に再び臨むことになった。

空いているコートを借りて練習だ。


e0156339_11441290.jpeg

e0156339_11450968.jpeg

e0156339_12124146.jpeg

コートには落ち葉がいっぱい!




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-12 11:48 | テニス | Comments(0)

埼玉国際WC大会2日目

なじらね〜

埼玉国際WC大会初日の結果。

e0156339_10262335.jpeg

ゆきなの準決勝は3番コートで進行中。


明日のドロー。

e0156339_10214234.png



[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-12 10:32 | テニス | Comments(0)

晴れのち晴れ

なじらね〜

e0156339_08265251.jpeg

e0156339_08274837.jpeg


北陸は大荒れというニュース。

ここ埼玉は今朝もピーカン!

早めに会場に来てアップ。




[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-12 08:29 | テニス | Comments(0)

埼玉国際WC大会初日

なじらね〜

e0156339_21564788.jpeg


新潟は大荒れだというのにここ埼玉・グリーンテニスプラザはポカポカ陽気。

草加駅前からバスに乗ったのはいいが違うルートに乗ってしまい・・・終点の川口駅前まで行ってしまうというアクシデント。

これが旅よ!

余裕を持って出発したので練習には間に合った!

菜海の初戦は8-4勝利。
りりかは8-6で、ゆきなは9-8でそれぞれ勝利。

菜海の3回戦は4-8で、りりかの2回戦は0-8で敗退。
ゆきなは8-6勝利でSFへ。
3者3様の経験。

菜海は接戦の中、4-5で迎えたサービスゲーム、5-5にできるポイントをダブルフォルトで落としてdeuce、ノーアドでストロークをバックアウトし4-6にしてしまったのが痛かった。

勝ち抜こうという強い意志と、使える武器とそれを駆使するための戦略が必要だ。
強い者が勝つのは当たり前。
負けるのは弱いから。
ではどうすればいいかを考えるためには経験が要る。

e0156339_22154971.jpeg
菜海とるりかは居残り特訓。
もちろんでしょう。
弱ければ強くなるのみ!








[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-11 22:18 | テニス | Comments(0)

埼玉国際WC大会へ

なじらね〜

e0156339_22010356.jpeg


分かってはいるが三国トンネルを抜けた途端に広がる青空に驚嘆!

大宮で乗り換えて川口まで。
ランチを食べてバスで会場に向かう。
e0156339_22022391.jpeg

グリーンテニスプラザは住宅地の中にある。
緑がいっぱい。

りりかとゆきなと合流。
にぎやかだ。
2時から4時まで6番コートで練習。
ハードコートに慣れる。
コートの特性を理解して攻略を考えることが大事。

e0156339_22034376.jpeg

練習後は菜海のリードでファンクショナルトレーニングとクーリングダウン。

e0156339_22054930.jpeg

e0156339_22072945.jpeg

会場を後にしてホテルに向かう。
歩きとバスだ。
これもテニスのうち。


夕食はこんな感じ。
幸せそう・・・!
これもテニスのうち。

e0156339_22085869.jpeg

e0156339_22122481.jpeg


明日は6時にホテルを出発だ。
ミーティングをして早めに寝る。





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-10 22:12 | テニス | Comments(0)

温かい蜜柑色に心が染まる

なじらね~

e0156339_18435945.jpg


ふるさとの友だちから蜜柑が届いた。

温かい色だ。

母を亡くしてからというもの冬の定期便が途絶えていた。

すぐにお礼の電話をかける。

だろうと思ってね、それで送ったんよ~、と電話口での友の声。

とても嬉しい。

ありがとう。

母の顔と、冬の蜜柑山と友の顔を思い浮かべながら、ゆっくりと皮をむき、そっと口に入れると・・・、

温かい蜜柑色に心が染まる。






[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-09 19:23 | テニス | Comments(0)

雪は宇宙からの贈り物?

なじらね~

e0156339_00374921.jpg



雪が降る光景は不思議に思える。

南国九州育ちだからだろうか。

桜の花びらが舞い落ちるのを何度見ても不思議だとは思わなかったのにね。



白新線は中条駅前の桜。

真っ白な姿にはすでに桜の花の満開の予感。


e0156339_00373992.jpg





[PR]
# by jumbozaki-625 | 2017-12-09 00:42 | テニス | Comments(0)

人と人との出会いを紡ぐテニスが大好きです!


by jumbozaki-なじらね
プロフィールを見る
画像一覧